• 締切済み
  • 困ってます

焼き入れは表面のみ?浸炭焼き入れとの違い

焼き入れ処理について質問があります。 S45CやSKDやSKHに焼き入れがありますが、 その焼入れは表面だけなんですか? 例えば、ビデオテープくらいの大きさのSKDがあるとします。 S45Cは350mlのシュースの缶くらいの大きさの材料があったとします。 これらの焼入れは、完全に中まで焼きいれは出来てないかもしれませんが、 少なくとも半分くらいの深さまで焼入れできていると思っていました。 それに、浸炭焼入れというものがありますよね。 これは、深さをコントロールできますよね。 そしてこの浸炭焼入れは、表面部分の焼入れに使いますよね。 と言うことは、焼き入れは結構深くまで焼き入れ、または完全に全て焼き入れし、表面のみは浸炭焼き入れと解釈していました。 焼入れが表面のみと言うのなら、浸炭焼き入れをかわらないからです。 でも身近な人で、焼入れは表面のみ、と言った人がいました。 それを聞き、え!?そうなの? と思いました。 更にその人は付け加えて、焼入れしてあるものでも、切削できると言いました。 私には???です。 基本的に出来ないと思っています。出来たとしても放電加工などで、 消してフライスや旋盤では無理と思っています。 旋盤にくわえて、ダイヤモンドペーストで長時間かけてというなら、 微妙に寸法はかわりますが・・・・ その人が言うには、焼入れは表面のみだからそこの部分をダイヤモンドペーストを使って剥がしてやり、焼入れしてない部分が出てきたらそこを旋盤やフライス盤で加工できると言っています。 最初の話にもどりますが、 焼入れは、表面のみなんでしょうか? どなたか教えてください。 宜しくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 金属
  • 回答数5
  • 閲覧数1084
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

鉄鋼の焼入れに関して、書籍等で勉強して下さい。 簡単な、入門篇もあります。貴殿で確認して下さい。 さて、鋼の焼入れ硬度は、基本的には炭素含有量で決まります。 <他の元素も炭素量に換算し、焼入れ硬度や溶接割れ等を判断します> 叉、焼入れ性は…。 等々が、以下の資料に記載されています。確認下さい。 http://www.netushori.co.jp/story/index.html 他にも、 http://www.daiwakg.co.jp/TECHHEAT.htm http://www.atuen.com/sub230.htm http://www.tobu.or.jp/yasashii/kouzai/book/03.htm http://www.forming.co.jp/database/index.html 尚、浸炭は、炭素量が比較的少ない鋼材の表面に炭素を浸炭させ、 焼入れ硬度等を向上させる事です。 浸炭なので、表面のみや、不要部はマスキングをして、対処をして、 表面は硬く、内部は軟らかい靭性に富んだ材料ができ。歯車等に 使用されます。 <比較的炭素量が少ないのは、SCM435とかS45Cとかです>

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

自己紹介から始めます。 コウホウと申します(中国人)。 10年以上の経験で、現在は 中国のある日系企業で熱処理担当しています。 日本京都での熱処理経験あり、 答え: 先ず、二種類の処理を区分けしなければなりません。 ?ズブ焼入(無酸化焼入)、  鋼をある一定の温度まで加熱、保持した後に焼入する。  材質、質量によって温度、時間が異なる。全体を焼入する方法  S45CではΦ30限界で、これ以上は芯部の硬度保証ができない。  硬度は最高55HRCまでだと思います。 焼入性の良い材料はもっと深く焼が入る。クロモリ、軸受け材 ?浸炭焼入  加熱、均熱(900℃前後)、浸炭、焼入の順になる。  低炭素鋼(SCM415、SNCなど)を高炭素鋼にし、焼入する操作、  つまり、鋼の表面にCを浸透させて焼入する事です。  深さは0.8mmが普通で、時間が長いほど、温度が長いほど、  カーボンポテンシャルが高いほど深さが深くなります。  表面硬度が60以上、  芯部硬度が30HRC前後です。  浸炭焼入品は硬度の入って欲しく無い部分に  防炭も可能です。 なにかあったら直接メールしても良いですよ!  kouhou1029@yahoo.co.jp     

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

>例えば、ビデオテープくらいの大きさのSKDがあるとします。 >S45Cは350mlのシュースの缶くらいの大きさの材料があったとします。 >これらの焼入れは、完全に中まで焼きいれは出来てないかもしれませんが、 >少なくとも半分くらいの深さまで焼入れできていると思っていました。 大筋それで合ってますが、S45Cでその太さだと、蓄えられてる 熱量が大きいので、表面の冷却速度もあまり速くならない=硬さが上がらない と思います。 >焼入れしてあるものでも、切削できると言いました。 最近は、超硬工具の性能が大変よくなっており、SKDの焼きいれ品でも 切削で加工できてしまいます。工具の寿命は厳しいですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

SKDの焼き入れで見ますと要は製品の大きさと関係してきます。 ふつうは油で冷却しますが板のような薄い物は全部焼きがはいりますが、 厚いものな表面と内部では冷却に掛かる時間が違いますそのため焼きは 全部はいるのですが硬度が表面と内部では違います。 それと焼きはあまり高く入れません。あまり高くすると脆性の問題が出てきますので、その兼ね合いで硬度指定をします。 このため、焼きが入っていても超硬バイトで削れますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

焼き入れとはマルテンサイト変態によって硬くなった状態を 言いますが、冷却速度が速くないと焼きは入りません。 従って、大物の試料では中心部ほど冷却速度が遅いので 焼きは入り難くなるか、全く入りません。 なお、同じ焼き入れ条件でも鋼種の違いで焼きが入る深さ は異なります。 浸炭焼き入れは表層部分のみ炭素量を上げて焼きを入れると 表層は硬く、内部は粘り強くなるので、S45CやSKDなどとは 使用目的が異なります。 以上、参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 浸炭焼入れ焼き戻しというものがありますが、焼入れ焼き戻しせず、浸炭だけ

    浸炭焼入れ焼き戻しというものがありますが、焼入れ焼き戻しせず、浸炭だけして炉冷しても 表面は硬くなるものなのでしょうか。また、浸炭炉冷して、高周波にて部分的に硬さを入れることは可能でしょうか。(低炭素材)

  • S55Cを浸炭焼入れしたら・・。

    すごく低レベルな質問だと思うのですが、 S55Cを浸炭焼入れしたら、どうなるのか教えてもらえないでしょうか? 「S55Cに浸炭焼入れは普通しない」とは聞いたのですが、 なぜしないのか?の理由が自分としてはつかめていないために、 納得できないでいます。 モノはt=1.5mmの薄い板材で、通常はオーステンパーを施しています。 他の部材との摺動を伴うので、高い表面硬度と、 繰返し荷重や他の部材との衝突を伴うので、じん性も必要です。 浸炭焼入れを施せば、S55C材でもU字型の硬度分布が得られ、 オーステンパーよりも高い耐摩耗性とじん性を得られる (そういう熱処理条件がある)のではと期待するのですが。。。 ご面倒かとは思いますが、どなたかご教示の程 よろしくお願いいたします。

  • 浸炭焼入れの処理について

    SCM415の材質の物で、溶接をしてタップ加工してある物に浸炭焼入れを行いたいのですが、焼入れを行う際に「ぼうだん」?(漢字が分りません)を行わないといけないと聞きましたが、どのような処理でしょうか? 溶接部やタップ部分を保護して焼入れするように思うのですが、具体的にどのようにするのか御存知の方教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • 浸炭焼入れの処理について

    SCM415の材質の物で、溶接をしてタップ加工してある物に浸炭焼入れを行いたいのですが、焼入れを行う際に「ぼうだん」?(漢字が分りません)を行わないといけないと聞きましたが、どのような処理でしょうか? 溶接部やタップ部分を保護して焼入れするように思うのですが、具体的にどのようにするのか御存知の方教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • 極少品の浸炭焼入れ方法

    約0.3mm角極少品の浸炭焼入れで 硬度ムラが発生する懸念があり、浸炭焼入れ後に更に焼入れ処理を行っています。 浸炭焼入れだけで硬度ムラの発生が無く、出来るだけ多くの量を処理する事が可能な浸炭方法?ってありますか? 出来れば浸炭後の洗浄が不要だと Goodなのですが。。。。 アドバイスいただき大変感謝致します。 質問が分かりづらかったので。。。補足させてください。 形状についてですが、0.5mmの球状形で部分的に歯型のように500μm幅の加工がされています。材質はSPCCで。。。浸炭焼入れ後の冷却は油冷です。1チャージの投入量としては100万個と多く、硬度ムラの発生率は約0.1%です。焼ムラを検出するのが困難なことから。。浸炭焼入れ後、再度焼入れ処理を行っています。 浸炭後の洗浄が無くなれば。。オイルレスとなり合理化にもなるのですが。。。。真空浸炭?は難しそうですし。。。(品物が小さいので)

  • 焼入れと変形と材質の関係

    機械設計をしておりますが、普段焼入れするような部品をあまり使わないので熱処理に対しての知識があまりありません。装置の設計の中で、耐摩耗性を考慮する為又は強度が必要な為等で焼入れをしていますが、ほとんどがS45C又はS50Cに高周波かタフトライドかたまに真空焼入れというレベルなんですが、ひずみを嫌って浸炭・ズブ焼き等はほとんど使っていないのですが皆さんはどの材料に対してどのような点に注意して材料と焼入れの選定をされているのでしょうか??? 例えばSK-3は熱処理をするとひずんで当たり前とかと言うのも目にして事があるんですがそうなんでしょうか??? S45C→S50C→SK-3→SKD-11の順に硬くて高価というイメージがあるのですがどうなんでしょうか??? また高周波は表面だけの(もちろん硬化層はありますが)部分焼入れで200mm300mm位の物はもう全面は焼けない???とかもちろん使用目的条件によって色々あるのは承知であえて一般論をどなたか教えて頂けないでしょうか??? 特に判らないのがSKとかSKDのような高価材料(SSとかS**Cとかではなく)に対しての知識がありません。 すいませんがよろしくお願いいたします。

  • SUJ2とSKD11の焼入れ歪

    鋼球を使ったクイックジョイント(クイックチェンジ?)のような物を設計しました.(鋼球をテーパ面で押し付けてチャック力を得るような物) この鋼球がテーパ面に当たる部分の材質をSUJ2の焼入れ焼戻しで硬度HRC60~64を狙うように製作を仕掛けました. ところが加工メーカさんよりSKD11を使った方が焼入れ歪が無く研磨工程が減らせて大幅に加工費が低減できると提案を受けました. 調べ方が悪いのかなかなか有益な情報が得られず,なぜSKD11の方が歪が小さくなるのか(できるのか?)が理解できずにメーカさんに回答ができておらず大至急回答しなければなりません. なぜSKD11の方が歪が小さくなるのかを教えて下さい.ここを見れば解るなんてサイトがあると大変助かります. 以下に情報をまとめます. ★SUJ2  【硬度】HRC60~64  【加工工程】   旋盤→焼入れ→研磨→穴あけ(治具研)→仕上げ   ・焼入れ時に歪が出るため,研磨範囲が多くなる(ほぼ全面研磨) ★SKD11に変更  【硬度】HRC60~62と条件を満足  【加工工程】   旋盤(精度仕上げ)→焼入れ→穴あけ→仕上げ   ・焼入れ歪が無い為,旋盤で精度を出すことができ,    研磨の工程が減る.材料価格UPでもトータルコスト下げれる.

  • S45C SKD61

    お世話になります。 例えば、φ600、厚み100のS45CとSKD61があるとします。 S45Cは調質はできますか?焼き入れ性が良くないので、表面しか焼きが入らず、調質自体ができないのか?と思いました。 SKD61は焼き入れ性が良いと思うので、調質ができると思うのですが、焼き入れ焼き戻しが一般的と聞きます。焼入れ焼き戻しでHRC53ほどあるらしいですが、加工は問題なくできるものでしょうか?(SKD11では焼き入れ焼き戻しでHRC60ほどあるから、加工はできないと聞いたことがあります。ですので加工をする際は焼きなましをしてから荒加工し、焼き入れ焼き戻しをしてから表面研磨で仕上げるとのことでした。)

  • S45C焼入れ材は溶接できますか?

    焼入れしたS45C材とSS材の溶接を検討しています。 そもそもこの焼入れしたS45C材の溶接はでるきものでしょうか? S45C材は浸炭焼入れし、焼きの入った表面の一部(あらかじめ溶接用に削りシロを設けた部分)を1~2mm程度削り落として地を出し、そことSS材を溶接しようと考えいます。 この溶接はできるものでしょうか? また溶接強度は従来通りの強度が得られるものでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 硬質クロムメッキ仕上げ と SKD-11の焼入れ…

    硬質クロムメッキ仕上げ と SKD-11の焼入れ処理 金属のスピニング加工用ローラー(φ90、巾50、先端R形状)の製作を検討しています。 現在、以下の2点を考えております。 ?S55Cに硬質クロムメッキ仕上げ ?SKD-11でローラー先端に焼入れ処理 どちらもローラ先端硬度はHRC60くらいになりますが、加圧したときに、どちらのほうがワーク表面の剥離を起こしにくいと考えられますか? というのは、当初SKD-11の焼入れ焼き戻し材料の加工ローラーで検討していましたが、同じような用途のローラーを見てみますと、硬質クロムメッキとおもわれる処理がなされていました(?のS55Cは適当なのです)。 硬度が必要ならば、焼入れ処理をすればよさそうですが、表面処理がなされていることから、硬質クロムにはワーク表面を剥離させにくいような効果があるのか?と思ったわけです。 ご教授いただきたく思います。