• 締切済み
  • 困ってます

焼入れ鋼へのリジッドタップ加工できますか?

SKD61の焼入れ(HRC50)及びSKD11の焼入れ(HRC60)にタップをたてたいのですが、リジッドタップで加工された方がおればタップの種類、条件等を 教えていただけないでしょうか? SKD61は可能と考えておりますが、SKD11は 放電じゃないと無理かなと思っております。 どうぞ公開できる方はよろしくお願いします。 ちなみにミスミのカタログに載っています「超硬ねじ切りカッター」なるものはHRC62まで可能とありますが、加工経験などがある方は実際どうなのか、ご教示ください。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.7
noname#230359
noname#230359

ミスミの“超硬ねじ切りカッター”は、タップではなく、スレッドミル(ねじ切りフライス)です. このテの工具なら高硬度鋼に対するねじ切りや、易削材になら無垢からのねじ形成ができるものもありますが、 ある種の総形フライスですから、リジッドどころかフロート式タッパーでもねじは立ちません. 独エムーゲのカッター類と同じ系統のものです. ねじ切りフライスは、ねじ山の形状が刻まれただけのフライス工具で、 タップと違って山が螺旋になっていません. 要は、外周刃をギザギザにしたエンドミルみたいなものです. タップの場合には、穴に食い付けばあとは回転力だけでねじが立ちますが、 ねじ切りフライスは、穴に押し込んでも、穴が拡がるか工具が壊れるだけです. 逆にタップはエンドミル的に使っても、とくに山も谷もできませんが、 ねじ切りフライスは外周刃の当たったところが、セレーションの様に山あり谷ありのギザギザ状になります. ねじ切りフライスでねじを形成する場合、工具をねじの溝に合わせて動かす必要があります. タップは直線運動と回転でねじが立ちますが、 ねじ切りフライスの場合には工具の回転とともに螺旋運動が必要になる訳です.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ミスミの“超硬ねじ切りカッター”は、タップではなく、スレッドミル(ねじ切りフライス)です. <<とりあえず雌ねじがたてば良いのですが・・。 加工方法はこだわりません。 ある種の総形フライスですから、リジッドどころかフロート式タッパーでもねじは立ちません <<おばかですみません。上記の意味がわかりません。総形フライスとは何でしょうか?リジッドや、フロート式タッパーでは焼入れ鋼にはタップを立てるのは無理とのことでしょうか? 丁寧なご説明ありがとございました。 今後も宜しくお願いいたします。

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

ウチではプレス金型の設計製作をしています。 タップのサイズはいかほどでしょうか? タップの数は? ウチならばタップの数が1個とか2個ならばそのまま加工します。 ですが、生の状態と同じように加工はしません。 下穴は必ず大きくしてタップ加工します。(そうしないとすぐにタップは折れます) もし、負荷が大きくかかるタップであったり、タップの数が多い場合は 迷わず鋼材を「なまし」ます。 費用から考えても放電は高い。 十分に「なまし」「焼き入れ」の費用はでます。(おつりが出ます) 参考になれば幸いです。 M5,M6,M8であればM8が一番ベストでしょうね。(一番折れにくい) 回転数は工具が何かが分からないので答えようがありません。 カタログで推奨値を参照してください。 (もちろん超硬ドリルを使いますよね。S500ですか。 少し遅いような気がします。ウチならばS800ぐらいで様子を見ます)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

サイズはM5,M6,M8のいずれかで、まさに数は1、2個です。 (緊急のみ対応したい) 御社がやっているのであれば、下穴を0.1,0.2程度大きくしてTRYしてみます。 ちなみに回転数はS500程度で良いでしょうか?

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

エムーゲフランケン社の超硬ネジきりカッター ZBGF という商品はHRC60のワークにムクの状態からネジ切り加工ができます。 ネジピッチ分ヘリカルしながら下がっていく加工です。 安定して加工できますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

HP見てみました。初めてきく会社でしたが、有名なんですね。 無垢からとは少し怖い気もしますが、参考にしてみます。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

無理じゃないですか?タップをたてる労力とその結果に対しても。 丸ナット状態の物を * 圧入(焼きバメ) * 段付き穴の反対側から、丸ナットを軽く圧入   <横からセットビスで固定> 等々を考慮した設計に変更した方が良いのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

>リジッドタップ リジッドタップとはどういったものですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

2社が出してます。 加工経験はありません。でも30~60個でアウト、付きっきり、折れたら? となると、型屋さんなら放電が遥かに気楽でしょう。

参考URL:
http://www.nc-net.or.jp/morilog/m111927.html http://www.osg.co.jp/products/tap/list.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

過去質問など教えていただきありがとうございました。 通常は当然、熱処理前なのですが、設変時、設計ミス時の対応として 可能かどうか知りたかったです。 現状はやはり放電で対応している状況です。(時間がかかりますが)

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

無理じゃないんですか。 穴なら、両方あけられますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 焼き入れ材料に超硬タップ加工

    材料SKD11のHRC58程度の材料に超硬タップ(主にM3)を加工する仕事が あります、タップがよく折れます(YAMAWAの超硬タップ使用) 何かアドバイスあれば教えてください

  • SKD11 M3タップ加工

    SKD11の焼き入れ材(HRC60)にM3タップ加工をする予定ですが最適な条件がわかりません。 回転数と潤滑油は何を使用されているのか教えて下さい。

  • SKD11焼き入れ後断続加工

    いつも拝見勉強させていただいています。 このたび、SKD11焼き入れ鋼の加工以来を受けました。 φ246 L290 端面 外径 ともに削り代 0.5mm 端面 外径 ともにタップ等の加工済み 熱処理後高度 HRC45-47 お勧めの加工チップ 条件 等ご教授願います。

  • 焼き入れ材の直彫り加工

    こんにちは。私はコネクターなどの金型をメインにやっています。金型は総焼入れなので、現在の加工方法は成形研削、型彫り放電、ワイヤ放電などがメインです。 次期設備で焼き入れ材(SKD-11種、HRC5658)をマシニングで直彫り加工し、コアピンを製作できないかと考えております。私は放電関係が専門であまり切削加工については知識がありません。 どのような刃物で、最小径はどれくらいで、どのくらいの大きさのコアピンを製作できるものなんでしょうか? 抽象的な質問ですが、焼き入れ材の直彫り加工の経験のある方、経験談も交えてお話頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

  • ミーリング 加工条件

    こんばんわ。 ミスミの超硬4枚刃(TSコート超硬スクエアエンドミル)のミーリング加工でカタログに載っている条件で加工しようとしたのですが、うまくいきません。(キーンという高い音が鳴ったり、ビビりが発生)条件が違うのでしょうか。 加工材・・・YXR7の生材 あと焼入れ材の条件もあれば教えてください。

  • HRC45焼入後リーマ加工

    現状 ・SKD61焼入材HRC45 ・焼前にφ8で100mmドリル加工済み(0.2前後芯ずれの可能性あり) ・焼前φ8に直角に側面穴が貫通 加工内容 ・φ12リーマ加工深さ50mm~80mmで加工 手順 φ11.9を深さ20mmNC加工でガイドを作成 φ11.9超硬ドリルで80mmステップ加工  S1000 F120 φ12.3超硬ドリルで50mmステップ加工  S1000 F150 φ12.0超硬リーマで50mm~80mm加工 S132 F19 (カタログ値) 焼前にφ8&側面に貫通穴があるため、超硬ドリルや、 リーマが逃げそうです。 以上の内容で加工可能でしょうか? なにか良いアイデアがあれば教えて下さい。

  • 焼入れ鋼の端面加工

    NC旋盤での端面切削加工やポケット加工での底面切削で、中心部がどうしてもきれいに仕上がりません。というより、中心部に突起が残ったりチップが割れたり、ワークがむしれるような感じになったりしてしまいます。私は放電加工も担当しているため、どうしても放電に逃げてしまいます。旋盤加工において、焼入れ鋼(SKD11等)の中心部に至る端面加工は無理なのでしょうか。それとも世間では当たり前のように旋盤加工されているのでしょうか。初心者ですのでよろしくお願いいたします。 大変申し訳ございませんが、追記させていただきます。質問で、(SKD11)と記載し、大変参考になる回答をいただきましたが、例えば、他の材質(生材)(M9)(SKD61)等でも同じ回答を頂けましたのでしょうか。(HRC)でいう所のいくら位の硬度までならば、中心部の端面切削が可能なのでしょうか。ぜひ回答をよろしくお願い申し上げます。

  • タップを折れにくくするための工夫について

    金属加工を始めて約1年になります。 M3,M4,M5などの細いタップをボール盤で加工しているときに良く折れてしまいます。その度に、放電や、超硬で折れたタップを取り除くのですが、時間と労力がかかるために、無駄が多いです。 そこで、みなさんが行っているタップを行うときの工夫や、タップが折れたときの取り除きかた等ありましたら、教えてください。 ちなみに、材質はSS400、S45C、SKD11などをメインに加工を行っています。

  • SUJ2とSKD11の焼入れ歪

    鋼球を使ったクイックジョイント(クイックチェンジ?)のような物を設計しました.(鋼球をテーパ面で押し付けてチャック力を得るような物) この鋼球がテーパ面に当たる部分の材質をSUJ2の焼入れ焼戻しで硬度HRC60~64を狙うように製作を仕掛けました. ところが加工メーカさんよりSKD11を使った方が焼入れ歪が無く研磨工程が減らせて大幅に加工費が低減できると提案を受けました. 調べ方が悪いのかなかなか有益な情報が得られず,なぜSKD11の方が歪が小さくなるのか(できるのか?)が理解できずにメーカさんに回答ができておらず大至急回答しなければなりません. なぜSKD11の方が歪が小さくなるのかを教えて下さい.ここを見れば解るなんてサイトがあると大変助かります. 以下に情報をまとめます. ★SUJ2  【硬度】HRC60~64  【加工工程】   旋盤→焼入れ→研磨→穴あけ(治具研)→仕上げ   ・焼入れ時に歪が出るため,研磨範囲が多くなる(ほぼ全面研磨) ★SKD11に変更  【硬度】HRC60~62と条件を満足  【加工工程】   旋盤(精度仕上げ)→焼入れ→穴あけ→仕上げ   ・焼入れ歪が無い為,旋盤で精度を出すことができ,    研磨の工程が減る.材料価格UPでもトータルコスト下げれる.

  • 焼入れ品の仕上げ加工について!!

    業務でおもに、機械加工を担当している者で、プレス金型の製作に、たずさわっています。 最近、SKD-11の総焼き後の加工が、増えてきており、仕上げ加工に時間が、かかり困ってます TiAlN系のコーテイングの超鋼2刃ボールを使用していますが2度がけ、3度がけしないと、取りきれません。 よい刃物(エンドミル)はないでしょうか?? また、加工条件等も参考にしたいので 同じような加工を、されてる方が、あればよろしくお願いします *(生の状態で0.5mm残しまで加工後、研磨にて  基準面の加工をおこなってます) 焼入れ高度は、HRC58-60です 加工種類は、形状加工(3D加工) 取り代(切り込み量)は、0.2mm-0.3mm 形状加工のピックは0.5mmでS6000のF3000前後で行ってます 使用機械は、オークマ製の門型です 説明が、乱雑で、わかりにくいかも、しれませんが、よろしくお願いします