• 締切済み
  • 困ってます

焼き入れ後のエンドミル加工

 こんばんわ。 なにか良いヒントをお聞きできないかと思い、投稿させて頂きました。 宜しくお願い致します。  HPM-38やSKD61を、HRC53位にしてます。 例えば、100×100のワークの天面を、研磨ではなく、φ10のフラットエンドミルで綺麗に仕上げたい(理想はNAK80のように・・・)。又、安定した中仕上げ加工をしたいです。  現在は、焼き前に0.15手前で加工してます。 そして焼き後に、強捻れの6枚刃のエンドミルや、普通の4枚刃のエンドミル で0.015手前で削って、2枚刃のランドの付いたエンドミルで仕上げてます。  厚み寸法はそれなりにでるのですが、面が途中からきたなくなります。 条件は、NAK80より回転、送り共に50%落としてます。    又、0.015手前の中仕上げ加工も、NAK80より50%落としてます。こちらのほうは、刃が全然もちません。 例えばピンカドの刃だと、やはりもっと刃がもたないでしょうか?。 ボールで中仕上げできる時はそうしてますが、立壁などが絡むと、出来るだけ フラット1本でいきたい為、フラットでやってます。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

毎度。 三菱マテリアルから出ている「インパクトミラクル」エンドミルを試してみてはどうですか。 一応高硬度用とうたっていますので。 以上

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

はじめまして。 参考になるかどうかわかりませんがCBNはどうでしょうか? 以前、R1のボールで、材質はSTAVAX(HRC53)を切削しました。 加工面は良好でした。工具寿命もかなりいいです。 フラットにあてはまるかどうかわかりませんが・・・ あと、OSGのラジアスエンドミルです。加工面はNAKとまでいきませんがHRC60でも直彫りが可能なので加工時間は短縮できると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

ミラカットはむくです。ちなみにうちでは25Φ以下はむくの通常エンドミルです。サーメットは各メーカーから出てます。ミラカットは確かosgだったと思います。高硬度材は刃物の材種を硬度の高いものにしてそれなりの速度で加工しないとかえってきれません。以前も書きましたが高速で刃先温度を上げて材料の軟化温度以上にして加工する為。

参考URL:
http://www.t-yamakatsu.co.jp/zaiko/osg_ce.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

焼き入れ後の底面加工、いやな条件ですね。サーメットは試されましたかミラカットとかいおいろなメーカーからでてます。底刃専用を謳ったものもあります。あと新品のピン角をダイヤモンド砥石でちょっとC面をつけるように殺すともちがよくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 有難うございます。 どちらかと言うと、工具径が2や4が多いので、チップはほとんど 使った事がありません。 底刃専用というのは、やはりチップですか?。 ちなみにチップは最小何パイまであるのですか?。 チップだと、綺麗にいきますか?。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

はじめまして。 あまり、高硬度ワークは加工しないのですが、刃もちの件については、最新の超硬EMとコーティングの物を選ばれたらいいと思います。 使用工具がφ10と指定されているみたいですが、もし、加工上φ12の刃物が使用可なら、超硬チップも検討されてはいかがでしょうか。ノーズRは0.5~0.8となりますが。 あと、切削油の濃度や種類によって圧倒的に差が出る時があるみたいです。 このような内容でヒントにならば、いいのですが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそくアドバイス有難うございます。 工具とコートは、それなりに新しいものを使ってるのですが、 なかなか・・・。 とくに底面仕上げなんかは、思うようにならなくて。 切削油は油性を使ってます。 有難う御座いました。

関連するQ&A

  • HPM-38の焼き入れ後の3次元形状加工について…

    HPM-38の焼き入れ後の3次元形状加工について・・・。  はじめまして。「かずぼう」と言いまして、プラ型の製品部加工を担当しております。  携帯電話の型とかでのHPM-38の焼き入れ後の加工で、刃もちや仕上がり面や精度で、普段よりあまり納得いきません。焼き入れMC加工をよくやっておられる方々の様々な加工方法や考え方を教えて頂きたく、質問させて頂きました。  とても困ってます。どうか、参考になるご意見を聞かせて頂けないでしょうか・・?。 (例えばNAK80より、回転・送り・走査線ピッチ・等高線ピッチ・スキャロップハイトを何パーセントくらい上げるとか下げるとか・・。)  硬度は52から54位で、焼き入れ前に形状的に可能な限り片側0.1まで攻めてます。  刃物はミラクルですが、他にも試したく思ってます。  スピンドルはS12000までのBT40です。  主に携帯電話金型なので、とにかく小径(0.2Rボールとか)ですが、3Rボールとかも使います。  フラットエンドミルも同様に悩んでます。  こんな未熟者ですが、宜しくお願い致します。

  • 小径エンドミル加工について

    被削材はNAK80等のプレハードン鋼で、仕上げ加工でR0.1やR0.15といった小径のボールエンドミルを使用して例えば携帯電話のボタン部の様な加工をする場合、特にコーナー部の様にエンドミルの刃が面当りしてしまう箇所でどうしてもビリが出てしまう傾向があります。ビリを全く無くすまではいかなくても、なるべく抑える方向にもっていく事は可能なのでしょうか。その後のみがき工程に影響してしまうので非常に困っています。

  • 超硬エンドミルの母材について

     いつも御世話になっております。 超硬エンドミルの母材について教えていただきたく思います。 カタログを見ると、「微粒子合金」と「超微粒子合金」とありますが、 実際の使用レベルでは、ハモチその他の差はあるものなのですか?。 もしあるとすれば、実加工で気にする程の差なのか、又は学問的レベルの差 なのか、どちらなのですか?。 私の削ってるものは、プラ型の形状部品で、NAK80のHRC40 やSTAVAX,HPM38のHRC53,HPM31のHRC58です。 カメラや、携帯電話、自動車電装部品などの金型で、 カメラや携帯電話は精度は結構うるさいです。 もし実加工レべルで差が無ければ、微粒子合金のエンドミルの方が安い ので、変えようかかなり迷ってます。 どうか良きアドバイス宜しくお願い致します。

  • 焼入れ品の仕上げ加工について!!

    業務でおもに、機械加工を担当している者で、プレス金型の製作に、たずさわっています。 最近、SKD-11の総焼き後の加工が、増えてきており、仕上げ加工に時間が、かかり困ってます TiAlN系のコーテイングの超鋼2刃ボールを使用していますが2度がけ、3度がけしないと、取りきれません。 よい刃物(エンドミル)はないでしょうか?? また、加工条件等も参考にしたいので 同じような加工を、されてる方が、あればよろしくお願いします *(生の状態で0.5mm残しまで加工後、研磨にて  基準面の加工をおこなってます) 焼入れ高度は、HRC58-60です 加工種類は、形状加工(3D加工) 取り代(切り込み量)は、0.2mm-0.3mm 形状加工のピックは0.5mmでS6000のF3000前後で行ってます 使用機械は、オークマ製の門型です 説明が、乱雑で、わかりにくいかも、しれませんが、よろしくお願いします

  • 焼入れ可能な鋼材と焼入れ不可能な?鋼材

    今年高校を卒業して4月にプラスチックの成形会社に入社したものです。S55C、PXZ、HPM7、PX5、HPM1、NAK55、NAK80、DH2F、HPM38、STAVAX ESR、SK3、SKS3、SKD11、HPM31、PD613、RIGOR、SKD61等など色々な鋼材が双葉の本に載っていますが、焼入れして問題ないものと焼入れすると問題がある鋼材ってあるのでしょうか? 双葉のレッド本のなかでSTAVAXは焼入れ焼戻して硬さアップと書いてあり、NAK80は窒化すると硬さアップするというデータが出ています。NAK80は焼入れ出来ないのでしょうか?先輩方、教えてください。

  • SUJ2とSKD11の焼入れ歪

    鋼球を使ったクイックジョイント(クイックチェンジ?)のような物を設計しました.(鋼球をテーパ面で押し付けてチャック力を得るような物) この鋼球がテーパ面に当たる部分の材質をSUJ2の焼入れ焼戻しで硬度HRC60~64を狙うように製作を仕掛けました. ところが加工メーカさんよりSKD11を使った方が焼入れ歪が無く研磨工程が減らせて大幅に加工費が低減できると提案を受けました. 調べ方が悪いのかなかなか有益な情報が得られず,なぜSKD11の方が歪が小さくなるのか(できるのか?)が理解できずにメーカさんに回答ができておらず大至急回答しなければなりません. なぜSKD11の方が歪が小さくなるのかを教えて下さい.ここを見れば解るなんてサイトがあると大変助かります. 以下に情報をまとめます. ★SUJ2  【硬度】HRC60~64  【加工工程】   旋盤→焼入れ→研磨→穴あけ(治具研)→仕上げ   ・焼入れ時に歪が出るため,研磨範囲が多くなる(ほぼ全面研磨) ★SKD11に変更  【硬度】HRC60~62と条件を満足  【加工工程】   旋盤(精度仕上げ)→焼入れ→穴あけ→仕上げ   ・焼入れ歪が無い為,旋盤で精度を出すことができ,    研磨の工程が減る.材料価格UPでもトータルコスト下げれる.

  • 焼入れ後の仕上げ加工について

    いつも大世話になっております。 S45C焼入れ(HRC50)の外内径の旋削加工しておりますが、寸法が安定しなくて 悩んでおります。 特に内径はφ30±0.01で溝が入っており、テーパーになったり、溝の手前と奥で寸法が変わったりします。 現在チップはKBN05M(京セラCBN)で 取しろ片肉0.1、Vc=150 、F0.06です。 材料を測ると±0.02のばらつきで、100個に1個0.1くらいのが出ます。 また溝の手前と奥で0.01ほど差があります。 内径を安定させる為に粗加工して寸法を整えようと思っていますが いかがでしょうか。 送りを下げても寸法は安定しないですよね。 よろしくお願いいたします。

  • 穴あけ加工のついて

    Φ3.8の深さ31.0抜き穴加工をΦ3.0深リブ用フラットエンドミル(有効長35.0)で加工しているのですが回転数、送りを遅くしたり切り込み量を減らしたりいろいろためしましたがどうしてもうまくいきません。 やり方がまずΦ3.6ドリルで穴を開けてからエンドミルで加工です。 加工は マシニングセンターV33iを使用して ヘリカル加工で取り代0.02ずつ広げています。 その時の加工条件はS4200 F200 切り込み0.015です。 当方未熟ものですので何かアドバイス等頂ければと思います。 宜しくお願いいたします。   そうですよね。すみませんでした。 加工面のビビリが酷くゼロカットをしても取れず 入り口から半分ぐらいまで0.01ぐらい大きくなってしまいます。 (ピンゲージで計測しました) 加工面の精度も要求されています。 よいアドバイス宜しくお願いします。 ワーク材はNAK80です。 リーマでは寸法修正の時に対応出来なくなるため刃物加工で仕上げを考えています。 使用刃物はユニオンツールのHLS3.02枚刃有効長35です。 ダウンカットでおこっています。 等高線加工も考えましたヘリカル加工の方がZ切り込みと送りが同時なので綺麗に仕上がるような気がしてヘリカル加工にしています。等高線加工の方がいいのでしょうか? フラットエンドミルよりブルノーズエンドミルの方がいいのでしょうか?2枚刃より4枚刃の方がビレが出にくそうですがどうなのでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • φ8のリーマ加工

    こんにちわ。SKD11焼入れ後φ8のリーマで仕上げをしようとしたら、途中で折れてしまいました。リーマは岡崎の超硬(ノンコート)、穴は貫通で加工の長さは8ミリ、固定サイクルG81で300RPM、送り30ミリ/min、下穴φ7.9、ドライカット、材料の硬度はHRC56、このような条件で加工したのですが、7ミリぐらいのところで折れました。折れずにできるのでしょうか?リーマ加工は無理なのでしょうか?リーマが折れてなくなったので、エンドミルで回ったのですが、できればリーマで加工したいです。よろしくお願いします。

  • 焼入れ キー溝加工 

    深さ10ミリ 幅18ミリ 長さ320ミリ 計8本のHRC45~55の焼入れが入ったキー溝加工をしたいんですが 既に荒どりはしてある状態での加工で仕上げをするのにOSGのPHSでの加工仕上げを考えています。刃の持ちやら気になってますが、他におすすめの工具はありますか?御伝授下さい。