• 締切済み
  • 困ってます

穴あけ加工のついて

Φ3.8の深さ31.0抜き穴加工をΦ3.0深リブ用フラットエンドミル(有効長35.0)で加工しているのですが回転数、送りを遅くしたり切り込み量を減らしたりいろいろためしましたがどうしてもうまくいきません。 やり方がまずΦ3.6ドリルで穴を開けてからエンドミルで加工です。 加工は マシニングセンターV33iを使用して ヘリカル加工で取り代0.02ずつ広げています。 その時の加工条件はS4200 F200 切り込み0.015です。 当方未熟ものですので何かアドバイス等頂ければと思います。 宜しくお願いいたします。   そうですよね。すみませんでした。 加工面のビビリが酷くゼロカットをしても取れず 入り口から半分ぐらいまで0.01ぐらい大きくなってしまいます。 (ピンゲージで計測しました) 加工面の精度も要求されています。 よいアドバイス宜しくお願いします。 ワーク材はNAK80です。 リーマでは寸法修正の時に対応出来なくなるため刃物加工で仕上げを考えています。 使用刃物はユニオンツールのHLS3.02枚刃有効長35です。 ダウンカットでおこっています。 等高線加工も考えましたヘリカル加工の方がZ切り込みと送りが同時なので綺麗に仕上がるような気がしてヘリカル加工にしています。等高線加工の方がいいのでしょうか? フラットエンドミルよりブルノーズエンドミルの方がいいのでしょうか?2枚刃より4枚刃の方がビレが出にくそうですがどうなのでしょうか? 宜しくお願いいたします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数327
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

ダウンカットでおこなってますか? また ヘリカルなのでZ切り込みながらなので 送りを遅く F50 ぐらい 早いとZ 切り込みで 食い込む 可能性がある まあ普通は 等高線で Z切り込み 円弧 で加工 (ダウンで) テーパーになるので最後 Z全部おろして アップ 深さ31.0だと Z全部おろして アップ  きついかな 数回に分けて 加工したほうがいい >>加工面のビビリが酷く >>入り口から半分ぐらいまで0.01ぐらい Φ3.6の下穴で φ3.8 仕上げ エンドミルが φ3 なので キリコ の しかも深さが 31 なので キリコの排出が 非常に悪いです 加工中 ピキピキ とか いってませんか? ヘリカルで切り込んでいくと ダウンカットでも  エンドミルが小径なので 暴れる可能性があります 上記の等高線の方がいいと思います G83 みたいに 一度 抜くと いいんでしょうけどね 抜き穴なので リーマーがベストですけど 工数がなければ 放電で開けてしまう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

材質が不明ですが...V33iということで金型関係のワークと 仮定すると http://www.mitsubishicarbide.com/mmc/jp/product/pdf/b/b137j_200811.pdf のようなドリルもあります。 あとは、リブ用エンドミルでは難しいので、回答(2)(3)と同様にリーマを 推奨します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

材質が不明ではなんとも言い難いが 私が加工するなら 回答 2)さん同様 やはり、リーマかな 下穴は3フルート(φ3.7) http://www.nachi-fujikoshi.co.jp/web/pdf/2235.pdf 仕上は超硬リーマ(F1リーマ) http://www.dijet.co.jp/catalog/pdf/milling/05.pdf 欲を言えば、ドリルだけで仕上がって欲しいが・・・無理だろうな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

径の12倍ですからね・・・むずかしいでしょうね。 ちなみに、ワークの材質と使用されている工具は何なのでしょう? V33ですと、最低回転数は3000くらいですかね?? 超硬リーマーはダメなのでしょうか? もしくは・・・精密ワイヤーとか。。。 ユニオンさんは、刃持ちは悪いがキレは良いといった私のイメージなので工具的には問題と思います。 ところで前半部分の径が+0.01というのは、シャンクが干渉している可能性はないですか? 後半部分との引き目は同じでしょうか? それだけ長いと工具がかなり撓んでいると思われます。 撓んでいるため、穴の前半部分はシャンクが干渉しているのでは?と感じたのですが。 日進さんのMHRや、日立さんのエポックディープの方が若干首径が細いので、シャンクが干渉しにくいかも・・・細い分、さらに撓みやすくなりますが。。。 もし、どうしてもと言うことで私なら・・・同じように等高線でなく抵抗が均一になるようヘリカルで、かつZ切込みは0.005くらいでいくかな。。。 首下も35ミリでなく、30ミリのを用いて足りない分はシャンクのテーパ部分を逃してもらうでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ワイヤーは壊れてしまい使用回数少なくなってしまったため直していないんですよ・・。 マシニングを導入してまだ浅いものでドリル等怖くて出来ないですよ。フライスの方で何度かドリル折ってるので(笑) リーマは寸法修正の時に対応出来なくなるため考えていませんでした。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

当方、加工は詳しくないのですが、何がどううまくいかないのかを 具体的に書き込まないとアドバイスのしようがないのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですよね。 これではアドバイスの使用がないですよね。 どうも有り難う御座いました。

関連するQ&A

  • 焼き入れ後のエンドミル加工

     こんばんわ。 なにか良いヒントをお聞きできないかと思い、投稿させて頂きました。 宜しくお願い致します。  HPM-38やSKD61を、HRC53位にしてます。 例えば、100×100のワークの天面を、研磨ではなく、φ10のフラットエンドミルで綺麗に仕上げたい(理想はNAK80のように・・・)。又、安定した中仕上げ加工をしたいです。  現在は、焼き前に0.15手前で加工してます。 そして焼き後に、強捻れの6枚刃のエンドミルや、普通の4枚刃のエンドミル で0.015手前で削って、2枚刃のランドの付いたエンドミルで仕上げてます。  厚み寸法はそれなりにでるのですが、面が途中からきたなくなります。 条件は、NAK80より回転、送り共に50%落としてます。    又、0.015手前の中仕上げ加工も、NAK80より50%落としてます。こちらのほうは、刃が全然もちません。 例えばピンカドの刃だと、やはりもっと刃がもたないでしょうか?。 ボールで中仕上げできる時はそうしてますが、立壁などが絡むと、出来るだけ フラット1本でいきたい為、フラットでやってます。

  • 加工面

    エンドミルなどの刃物でミーリング加工をした場合、側面や底面に刃物の目が残りますが、この目が残らない様な加工の仕方はあるのでしょうか?自分なりでは、送りをおとすしかないのかと、思うのですが、いい加工方法があれば教えてもらえないでしょうか。

  • スクエア(フラット)工具での荒取りでのチッピング…

    スクエア(フラット)工具での荒取りでのチッピングについて SUS440CやSKD11の生材を四角から荒取りする場合に等高線加工でアプローチはRの大きなヘリカルにて5度の角度でワークに入るようにしていますが、加工が終わるとこの2つの材質のみφ10スクエアエンドミルの角がボロボロになっています。2枚刃ですので、2枚とも。(ALや銅は軟いため問題ありません。)Z切り込み量や回転数や送りを替えてみたのですが、やはり同様の結果でした。おそらく、アプローチ時にチッピングが起こっているのでは?と思っているのですが、よいアプローチがありましたらご教示ください。もしくは、このような場合は最初からボールで加工されますか?(ちなみにφ10R1のラジアスでやってみましたが、これもチッピングしました。)

    • 締切済み
    • CAM
  • 旋盤 穴加工について教えてください

    初めて質問をするので優しくしてもらえると嬉しいです NC旋盤を使っています。 11.5πの径でL寸が16.5の止まり穴加工で穴底を平らにするとき、 11.5πのドリルで穴をあけた後、11.5πのハイスのエンドミル(二枚刃)で平らにするやり方をしました。 エンドミルをいれ、穴底近くでドリルの山を削るとき、ゴゴゴという嫌な音がします。 これはしょうがない音ですか? 刃が欠けそうな感じに聞こえます。 材料はSNCM8です。 ちなみに11.5πのドリルの時、切削速度12、送りが0.1でやりました。 エンドミルは切削速度12、送りを0.05にしてやりました。 これは間違っていますか? 一般公差なのでドリル穴でいいという図面です。 個数が多いので困っています。 回答おねがいします。

  • フライス加工全般について

    初心者です。汎用フライスでの加工をしていますが、刃物が少ししかありません。加工を頼んでくれる鉄工所から図面と一緒に刃物も借りて加工している状態です。借りた刃物と同じものを都度購入していこうと思っているのですが、 先日φ9.05リ-マという穴加工とかがあり、どこまでそろえればよいのか悩んでいます。 エンドミルは2枚刃とか4枚刃とかありますが、どちらがどうなのかよくわからないし、ラフィングは小径(たとえばφ4とか)必要なのか、リ-マにブロ-チリ-マというものがありますが、普通のリ-マとどちらが良いのかとか・・・。どなたかアドバイスお願いします

  • ポケット粗加工

    初歩的は質問で恐縮なのですが、フラットエンドミルによる ポケット粗加工についての質問です。 材 質:S50C/NAK80/STAVAX 形 状:□50~100?×深20?(底は角)程度のポケット加工 超鋼4枚刃/径10.0?でS1200/F100/Z1.5?くらいで加工しています。 しかし、これでは先端のみ磨耗し、すぐに工具がダメになってしまいます。 メーカーに再研磨を依頼したところ新品を購入するのと金額的に差がない といわれました。当初2枚刃で加工していましたが、再研磨をしないため 4枚刃が余ってしまい、これで加工しています。 メーカーの条件では4枚刃の場合、Z方向に1.0~1.5D、側面の切り込みを 0.3~0.5?でかなり高い送りが記載されていますが、 これをポケット加工にあてはめられないでしょうか? ポケット中心にドリルで穴を加工し、そこから側面切削で内から外に 加工したいのですが、1番最初の加工負荷はかなりになるので 怖くて加工できません。トロコイドパス検討したのですが、 CAMが対応していませんでした。また、ボールエンドミルで粗加工し、 底Rをフラットで加工しても良いのですが、 余っている4枚刃を有効に使用したいのです。 なにか、アドバイスがあれば宜しくお願いします。 お礼 アドバイスを頂いた方々へ たくさんの方から貴重なアドバイスを頂き有難うございました。 それぞれの意見を参考に良い方法を検討してみます。 また、お世話になるかもしれませんが、宜しくお願いします。 有難うございました。

  • アルミ鋳物の穴加工について

    初めましてお世話のなります。アルミ鋳物の穴加工精度について(どのくらいの限界までいけるのか?)お聞きしたいのですが初心者なので意味不明なことを聞くかもしれませんが宜しくお願いします。。 加工内容は 素材/アルミ鋳物HB40~50 100角ブロック材 加工穴/8・10・12・16 深さ各径に対して二倍 狙う加工精度は 真円度、円筒度0.003 面粗度1.6以下(鏡面) 直角度(100角に対して)0.003 現在の作業条件 使用MC/オークマMC60VA(工場中は寒い14度くらい?) 使用刃具/ミスミBSC(バックテーパ0.03~0.1と書いてある。二枚刃で直刃 底刃フラット) 切削液/ネオス・ファインカット(水溶性) 測定具/シリンダーゲージ、 現在の加工条件(12MMの穴) 下穴/各径に対してマイナス0.4(片側0.2)エンドミルで突く  仕上げ/回転4000 送り40 戻り送り40 上記の条件で加工したところ(自分が測定したのでどうかと思うが・・) 真円度0.012(穴入り口でXY、45度方向を測った差)  円筒度0.015(穴の入り口最大径と穴奥最大径の差 だいぶテーパになってる。。)面粗度・・見た目鏡面にはなってるけど光沢に均一性がない、微妙に白っぽい) 直角度は測り方わからなかった。。 現状はこんな感じです。回転をS2000送りF20にすると真円度、円筒度は0.003~0.005くらい上がったのですが光沢が全くなく白いです。油性の油の方がいいと言われたのですがそうもいかず、刃物もニチアロイのNVリーマも試したのですが白くマダラになってうまくいきませんでした。何かいい方法があれば宜しくお願いします。 最後にここまで読んでいただいてありがとうございました。。。

  • no.22198テーパー穴の加工についての結果

    タイトルどおり、質問ではなく結果のお知らせです。 no.22198の質問を締め切ったつもりでしたが締め切れず、 結果をどうお知らせしてよいものか判らなかったので、こちらの質問に投稿させていただくことにしました。 材質はHPM38 下穴φ4貫通 テーパー角度1.5度 テーパー穴の先端径φ6 テーパー穴深さ23.3 の加工を皆さんのアドバイスを基に (1)φ5.5キリ深さ22まで加工 (2)φ4キリ貫通 (3)荒取り?…φ5エンドミル(超硬)にてヘリカルしながらピッチ0.2でテーパー加工(マクロにてプログラム作成) (4)粗取り?…φ5×1.5°エンドミル(超硬・刃長20mm・首下24mm逃がし)にて、深さを4段階に分け、それぞれの深さごとに加工径を変えながら円弧切削(仕上げ代0.01~0.02残し) (5)仕上げ…φ6×1.5°エンドミル(ハイス2刃・刃長25mm)にて周速4m/min、送り0.01mm/revにて仕上げ という方法を試すことにしました。 結果、(3)の状態でほぼ仕上がりの形状に近くなり、(4)の状態で面相も非常によく、深さごとによる段差もほとんど見られませんでした。 ただ真円度に不安があったので(4)まで行いました。 (4)加工後は少し白っぽくなりましたが、心配していたビビリも発生せず(粉状の切粉でした)概ね良好な結果を得られることができました。 回答者のみなさん、本当にありがとうございました。

  • ボールエンドミルでの穴あけについて

    R1.5のボールエンドミルでΦ6mmの穴をヘリカル加工したときに 穴がテーパ状(入り口穴径>出口穴径)になってしまいました. 現状ではゼロカットで対応してますが,テーパになる原理がわっていませんので 質問させていただきました 工具の倒れが原因とも考えたのですが,ボールエンドミルはバックテーパ(逃がし)があるので 加工深さが浅い部分でも深い部分でも切削関与長さは変わらず,切削抵抗も変化しないため 工具倒れ量も一定ではないかと考えています. クーラントはミストを使用しています. 加工手順は,荒加工→中仕上げ→仕上げで±5μm以内に加工するために仕上げ加工を数回行っています. 初心者でありレベルの低い質問で申し訳ありませんが,お願いいたします.

  • 斜面への穴加工。

    斜面への穴加工をします。 使用工具:611きり 材料硬度:40±3HRC 使用機械:立型マシニングセンタ(BT40) 斜面角度:約30度 加工肉厚:3.5mm程度 穴の拡大は0.5mmまでOK 穴の曲がりは、0.20.3程度 このように加工したいのですが、 お勧めの加工方法、工具などがありましたら、 ご指導願います。 ドリル加工ではなく、エンドミルによる、 コンタリング、ヘリカル加工も考えています。 コンタリングではなくエンドミルによる、 ランピング、ヘリカル加工でした。