• 締切済み
  • 困ってます

牧野V33による荒加工について

牧野V33による荒加工でどうにか時間短縮できないかを考えております、マシニングの経験は浅いです、御願いします。 ワーク材質NAK80の200×200×70(厚み)です。これにφ100の丸を高さ40ストレートに削りだします。断面は凸みたいな感じです。 軸につけるホルダーはMSTコーポレーションのスリムラインA63-SLK12-75というタイプに焼きばめコレットを装着しています。 使っている工具は日進のMSX440のφ10のエンドミルです。 MSX440φ10=ヘリカルでアプローチして回転2000 切り込みZ3mm径9mm 送り400でやっていますが1時間くらい削った所で折損、送りを200くらいにおとしてやったりもしましたが少しもちが良くなるぐらいで折れます、5Rで削るにしてもz0.5ずつくらいなのですごく時間がかかってしまいます、原因は何でしょうか?軸が弱いのですか?z3mmはかけすぎなのでしょうか? もっと見本市で見たように大きい刃物でバーっと荒どりできない物なんでしょうか、スローアウェイのチップ交換方式も考えているのですがφ16やφ20くらいになるとなんか怖いです、この軸で大丈夫かなと(根拠はないです)、先輩方はどのように荒加工していますか?できれば同じV33でNAK80の加工例、よろしければ工具や条件などアドバイス頂ければ幸いです。 CAMは牧野のFFCAMです,

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

工具はできれば、剛性のある一体型で突き出しをできるだけ短くする事。 スローアウェイであれば、最近、各社から出ているエンドミルタイプで刃先交換ができるタイプもあります。但し、ホルダーと一体型だと限られるかと思われます。私的にはサンドビックのコロミル316(ショートタイプ)一体型工具なども良いかと思います。 NAK材の加工は工具の消耗激しいですね。切削条件を式で求める事も大切ですが、感覚で削られるということであれば、モニターで機械の動力見ながら、切削条件を追い込まれるのが宜しいかと思います。私の場合、工具の切削条件はメーカーカタログ値の50%~80%の範囲で調整しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

回答(1)です。 回答(2)さんのご意見も小生と全く同一ですね(しかも刃先交換式 エンドミルは同じ工具を推奨)。 低切込み高送り加工は、おっしゃる通りワーク外でZ切込みを入れて、 ワークを等高線で加工します。切削抵抗が一定となり、安定した加工 が可能となります。 HRC55を超えるような高硬度材であれば。三菱や日立のソリッドエン ドミルがお勧めですが、NAK80であれば回答(2)さんの書かれている とおり、ユニオンでも良いかもしれません(おそらく価格が安い)。 スーパーエクセレントミニは ・超硬シャンク+焼嵌めHSKツール ・モジュラーヘッド+専用HSKツール のどちらでもOKです。ポイントは、主軸端から工具先端までの突き 出し長さをできるだけ短くすることです。 誤解されていらっしゃいますが、HSKの剛性は決して低くありません。 ただし、V33は高速主軸(これは一般の主軸よりも剛性が低い)で、小径 ツールを精度よく(HSKは求心性が高い)高速回転で使用することにより 高能率加工を実現させるコンセプトの機械です。 従って、高い切込みのいわゆる重切削的な加工はV33では避けた方が 無難でしょう。質問者さんが「限界が見えたような気がします」と 書かれているのは、的を射ていると思います。 HSKツールはテーパ部が中空になるので、BTに比べてコレットチャックや ミーリングチャックホルダの突き出しが長くなる欠点があります。 (エンドミルのシャンクをテーパ部内に収納できないため) そこで、機構の簡素な焼嵌めツールや、ねじ込み式モジュラーツールで、 主軸端からの突き出しを短くする工夫により、機械の性能を最大限に引き 出すことが可能となります。 切削条件ですが、NAK80であれば、メーカカタログの調質鋼・プリハード ン鋼の推奨切削条件×80%ぐらいから先ずは試してみては如何でししょう。 単純形状の加工なので、突き出し長をミニマムにすれば、推奨条件通りで もイケると思われます。 長文をお許しください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます、忙しくお礼が遅れました。 (ちなみに射出成形用金型造っております) ホルダの事色々と教えてくださり大変勉強になりました! これを機に加工についてもっと知りたくなりました、 回答者様は入社した時から先輩とかにすぐに条件出しの計算方法を教わりましたか?もしくは独学ですか?皆さん学校とかで教わるのでしょうか? 当方や社員、正しい切削条件の計算方法がわかりません、汎用フライス、NC加工、皆削った時の音や振動、切り子を見てとにかく早く綺麗に正確を目指しいわば「感覚」で送りや回転数を決めています。当方も入社した時から同じように感覚まかせです、色々見ていると回答者様やここにいる皆さんはやはりすべて計算にもとずいて切削条件をきめているんでしょうか(あたりめーだろ!と思うかもしれませんが)?やはり理屈に沿って加工しないと刃物や機械も最大限のポテンシャルを発揮できな物なんでしょうね。 回転数、切削速度、送り速度、切り込み量やワーク材質によっても変わってくると思いますがぴったりとあてはまる条件をだすには本当に基本的な事からはまず何を学ぶべきなんですかね? 学ぶ術を教えていただけませんか?すいませんよろしく御願いします。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

おはようございます。 私の個人的な感想ですが、MSX440と同タイプだと日立のTHパワーミル が最も優れているといった印象です。 ただ、V33でHSK(ですよね??)なら、ユニオンのラジアスエンドミル の方が向いている気がします。 Z方向の切込みは少ないですが、送りはF5000以上が可能なので効率的にも それほど見劣りしないのでは、と思います。 チップ持ちも今のところ、不満はないです。 ただ、ラジアスなのでRが残ってしまいますけどね。 ところで、凸形状の作り出しでヘリカルアプローチを使用というのが、よく わかりません。 全て素材の外からアプローチをして、常に切込み量を一定に保てれば今よりも もっと送りをあげて、なおかつ刃持ちも改善するように思いますけど。 あと、スローアウェイということは、ホルダーごと購入を考えておいでですか? 母材が超硬でないので、焼バメに使用できないのでは?? 日立のモジュラータイプで超硬シャンク、もしくはHSKアーバの組合せなら 可能かと思いますけど。 日立のスーパーエクセレントミニは、結構良いですよ。 何を基準に強いか弱いかと言われているのかわかりませんので、お答えする のは難しいのですが、少なくとも40番、50番台の主軸と比べると弱いです。 その辺りは、仕様書にトルク線図や動力線図がありますので、プログラマー の方と頭を悩ませてください。 私的には、導入する機械は加工するワークサイズで決めるのでなく、使用する 工具で決まってくるものと思っていますから・・・なかなか、上は理解して くれませんけどね。 ちなみに、弊社のV33は特殊仕様で、これらの工具はつきません。 切込みも最大で0.05程度までの主軸剛性しかありません。 なので、紹介した工具は主にBT40~50の主軸で使用しています。 さて、HRRSの条件ですが、私はカタログ条件の70~80%からスタート しています。 ただ、ユニオンさんのカタログ条件は、結構そのまま使える場合が多いです。 他社の工具もユニオンさんの条件を参考にする場合が多いです。 また、スーパーエクセレントの方はまだ入手して間もないので、まだそれほど 使い込んでいません。 ただ、この手の工具、私は大抵周速100m、一刃0.5~1.0で使っています。 あとは切込み側で調整してますが、こいつの場合はZ方向は最大で0.3mmと ありますので、0.3mmで固定しています。 ところで、もう一つ疑問があるのですが、立壁で40mmですよね? MSXはシャンクを逃がしているのですか? 紹介した工具も含めて、立壁だとするとスーパーエクセレントのφ12アンダー カットタイプか、φ10に超硬シャンクの組合せ以外だと、シャンク干渉します けど??

参考URL:
http://www.hitachi-tool.co.jp/j/products/new/epp-th/pdf/eppth.pdf http://www.uniontool.co.jp/pdf/hrrs2.pdf http://www.hi

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんばんは、回答ありがとうございます。 日立パワーミルですか、強そうですね、貴重な情報ありがとうございます!今度試してみます! はい、V33でHSKです(弱い軸ですか?)、ユニオンのHRRSで送り5000以上ですか、すさまじいスピードですね、見本市で見たような光景が自分の会社で見れると思うとワクワクします。いつもOSGの5RでZ0.5ずつの送り1500~2000くらいでしたから格段にはやくなりそうです!カタログ通りでいいのですか? TOMATO様お詳しいですがV33のHSKを実際お使いですか? ヘリカルアプローチですがおっしゃる通り素材の外からの一定切り込みの方が良いと思うのですが何故か素材の一番端の真上からヘリカル(半径分ワークを削ったりでたりしながらぐるぐると)降りていきZが3mm下がったとこでガーっと切り込むプログラムです、実はプログラムは上司がつくっていて何故かヘリカルを使うんです、折れるのはそのせいですかね?今日TOMATO様に指摘されたことを上司にいいました。「アプローチはワークの外からにしましょうよ!ヘリカルつかったら出たり入ったりでその時に刃がやられるんですよ!」と言ったら「そのせいかな~」なんて納得してました。相当レベル低くてすいません。会社自体がMC加工に関して本当に知識がないんです、お恥ずかしいです。 日立のスーパーエクセレントミニ、おっしゃっているのはモジュラータイプ+超硬シャンクを今使っているMSTのHSKホルダ+焼きばめコレットに装着して加工というということ合っていますか?日立HSKアーバとモジュラータイプの組み合わせは刃がφ20からになっているんですがV33での切削抵抗平気かなという思いがあります。 スローアウェイはOSG、タンガロイ、BIGと各社営業によくきます、日立はまだ聞いたことがなかったです、今日工具屋が来て話を色々したら「日立はチップがちょっと高いかな」なんていっていました、コストは上がるのかな?っと思ったりもしました、その中でも日立を進めて下さるのはやはりV33とHSKの軸の剛性の低さからでしょうか(日立は刃がφ8~ある)、TOMATO様はエクセレントミニ使用なさっていますか?もしよろしければ非常に恐縮なのですがV33に合った荒加工用のスローアウェイの刃径や組み合わせ、その時のNAK80に対してのZ&軸方向切り込み、回転数、送り速度など大まかに何かアドバイス頂けないでしょうか?すいませんよろしくお願いしますm(__)m 回答どうもありがとうございます。すいません忙しくお返事遅れました。 (ちなみに射出成形用金型造っております) 導入する機械は工具で決めるですか、、、納得します! 相当な加工経験者なんですね、正直回答者様みたいな先輩がいる後輩が羨ましいです、、、 ユニオンはカタログ通りですね、他社の工具に対しても参考にさせて頂きます、ありがとうございます。 >また、スーパーエクセレントの方はまだ入手して間もないので、まだそれほど 使い込んでいません。 ただ、この手の工具、私は大抵周速100m、一刃0.5~1.0で使っています。 あとは切込み側で調整してますが、こいつの場合はZ方向は最大で0.3mmと ありますので、0.3mmで固定しています。< とありますが周速100m、一刃0.5~1.0と、多分切削送りや送り、回転数などに関しての事と思いますが恥ずかしながら小生や社員こういった計算などしていなく皆「感覚」でしか切削しておりません、上の回答者様にも聞いたのですが他の会社の皆さんは計算方法を入社してすぐ教わるものなんですか、それともすでに学校とかで習った事なんでしょうか、もしくは独学でしょうか?当たり前に知らなくてはならない事を聞いて非常に恐縮なのですが、そういった計算方法などを回答者様どのように学びましたか教えていただけないでしょうか?

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

NAK80は工具寿命が問題となる加工が難しい材料です。 軸方向or径方向のどちらかの切込みは小さくして刃先温度の上昇を 抑えることが必要です。 φ10エンドミルで軸切込み3mm×径切込み9mmでは工具が折損するのも 仕方がないと判断いたします。 今の加工のトレンドは、軸方向の切込みは0.5mmぐらいにして、その分 切削速度と送り速度をUPさせる、低切り込み高送りです。 現在の焼嵌めホルダを活かすのであれば、URL例?のようなソリッド エンドミル、荒加工の工具費削減を目指すのであればURL例?のような 刃先交換式タイプが適しています。 V33の場合、メーカは刃先交換式エンドミルを推奨しませんが、例? のφ12×3枚刃ねじ込み式ヘッド+HSKホルダであれば、問題無く使用可能 でしょう。 貼付URLのカタログを熟読された上で、詳細は工具屋さんかメーカの フリーダイアルにご相談してください。

参考URL:
http://www.mitsubishicarbide.com/mmc/jp/product/pdf/b/b177j_201105.pdf http://www.hitachi-tool.co.jp/j/products/new/asm/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 そうですか、かけ過ぎですか、、、やはり荒は時間がかかるものなんですね。なにかV33の限界が見えてきたような気がします。調べたのですが軸のタイプもBTとHSKの2種類あるんですね。MCはすべてHSKって軸だと思っていました。そんなことも知らず作業していた自分が情けないです、BTのほうがテーパーの利き代が長く剛性が強そうですね。どうなんでしょうか? URL熟読致しました!ミラクルは値段高いですがSTAVAXの焼き入れやPD613の焼き入れの側面加工やエッジだしなどによく使い重宝しています、すごくイイですよね、MCの荒で使う事は想像してませんでした、なんかもったいなくて(>_<)今度試してみます!ちなみに条件表通りでいいんですかね?カタログ通りやって上手くいった試しないです、やっぱV33のHSK軸じゃ弱すぎなんですかね、、? 日立も熟読致しました!おっしゃっているのはモジュラータイプφ12の3枚刃+超硬シャンクを今使っているMSTのHSKホルダ+焼きばめコレットに装着して加工というということ合っていますか?ちなみにzaumaku様は使用していますか?よろしければNAK80に対してのZ&軸方向切り込み、回転数、送り速度などアドバイス頂けないでしょうか?

関連するQ&A

  • V56で荒加工

    よろしくお願いします。 牧野V56を使用しておりますが、まだ加工経験が少なく工具選定も困っているような素人です。 荒取り加工をする際に、使用する工具でよいものが無いか悩んでおります。 現在はハイスのラフィングで行っておりますが、刃の消耗が早く、加工速度もかなり遅くしております。 被切削材はSKD11やS50Cです。 お勧めの工具がありましたら、ぜひともお教えください。

  • ポケット加工

    はじめまして。こんにちわ。材料s50c 寸法160x20x18のポケット加工を径10mmの4枚刃のTiAlNの超硬エンドミルでZ切り込み・・・0.4mm xy方向・・・3.5mmの切り込みでS4900 F650の条件で、Z方向にヘリカルでおとして加工しているのですが、工具がかけてしまいます。 この条件はまずいでしょうか? 皆さんはどのように加工されていますか? ご意見をよろしくお願いします。

  • 斜面への穴加工。

    斜面への穴加工をします。 使用工具:611きり 材料硬度:40±3HRC 使用機械:立型マシニングセンタ(BT40) 斜面角度:約30度 加工肉厚:3.5mm程度 穴の拡大は0.5mmまでOK 穴の曲がりは、0.20.3程度 このように加工したいのですが、 お勧めの加工方法、工具などがありましたら、 ご指導願います。 ドリル加工ではなく、エンドミルによる、 コンタリング、ヘリカル加工も考えています。 コンタリングではなくエンドミルによる、 ランピング、ヘリカル加工でした。

  • 穴あけ加工のついて

    Φ3.8の深さ31.0抜き穴加工をΦ3.0深リブ用フラットエンドミル(有効長35.0)で加工しているのですが回転数、送りを遅くしたり切り込み量を減らしたりいろいろためしましたがどうしてもうまくいきません。 やり方がまずΦ3.6ドリルで穴を開けてからエンドミルで加工です。 加工は マシニングセンターV33iを使用して ヘリカル加工で取り代0.02ずつ広げています。 その時の加工条件はS4200 F200 切り込み0.015です。 当方未熟ものですので何かアドバイス等頂ければと思います。 宜しくお願いいたします。   そうですよね。すみませんでした。 加工面のビビリが酷くゼロカットをしても取れず 入り口から半分ぐらいまで0.01ぐらい大きくなってしまいます。 (ピンゲージで計測しました) 加工面の精度も要求されています。 よいアドバイス宜しくお願いします。 ワーク材はNAK80です。 リーマでは寸法修正の時に対応出来なくなるため刃物加工で仕上げを考えています。 使用刃物はユニオンツールのHLS3.02枚刃有効長35です。 ダウンカットでおこっています。 等高線加工も考えましたヘリカル加工の方がZ切り込みと送りが同時なので綺麗に仕上がるような気がしてヘリカル加工にしています。等高線加工の方がいいのでしょうか? フラットエンドミルよりブルノーズエンドミルの方がいいのでしょうか?2枚刃より4枚刃の方がビレが出にくそうですがどうなのでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • フラットエンドミル加工について。

     宜しくお願い致します。  私はプラ型の製品部のMC加工を担当してますかずぼうです。  フラットエンドミル加工について、とても悩んでます。アドバイスをいただけたら幸いです。    材質はNAK80などで、側面テーパ_底面フラット_面交差部エッジ のいわいる2.5次元的な加工です。ボールで可能な所をしあげて、最後に底のエッジ部をフラットで仕上げてるのですが、すでに仕上がり済の底面に当たらないように、長補正を+0.02から+0.03ほど上げて加工するのですが、底面に-0.015くらい食い込みます。加工前に30分から1時間程度の暖気(実加工回転数)はしてます。パスは、角度がキツければ等高線加工で、ユルければZ軸を斜めに駆け上がる加工です。 感じ的には、駆け上がり加工のほうが、より食い込むようです。また、高回転のほうが食い込むようです。 Z軸運動が多い為、Zサーボの熱変位だと思いましたが、検証の結果は違うような感じです。主軸の暖気はしてるのですが、例えば「ボールよりフラットの方が、工具自体が伸び易く、さらにZ軸アプローチを繰り返すうちに底面に垂直に接触して食い込む」のではないかと思うのですが、いまいちシックリきません。 仕上げの人たちに怒られて困ってます。かといって、できるだけ無人で仕上げないと、社長がおこります。 どなたかアドバイスを宜しくお願いいたします。

  • 旋盤加工をマシニングで

    いつもお世話になります。 現在FCD500の外径と内径加工、端面加工を旋盤にて行っていますがモデルが変わるとのことです。 そこで皆さんに教えて頂きたいのですが、現在の品物よりも加工径が大きくなり、加工長も長くなります。 一回り小さい現在の品物でもチップ寿命が短いのに大きくなるとさらに寿命が悪くなるのが目に見えて分かります。仕上げ加工のみマシニングで行いたいと思うのですが。 チップは1点で削っています。 2枚刃とか3枚刃のエンドミルを作りマシニングでヘリカル切削は可能でしょうか?公差は±0.01で面粗さは6Z以下です。 また、奥に逃げ溝がありますがこれもマシニング加工可能でしょうか?下図X軸とZ軸の角です。R0.4で深さが端面より0.5mm逃がし溝を入れます。 その後0.5mm逃がしを入れた所からXプラス方向、Zプラス方向へ0.5 30度の角度をつけます。外径加工です。 他にも何かありましたらお願いします。皆さんの知恵を貸して下さい。 | ------

  • 60°V溝加工

    現在、60°のV溝加工をしているのですが、工具の先端部がすぐに欠けてしまいます。加工条件が悪いと思うのですが、経験のある方のご意見をお伺いしたいと思い投稿しました。 以下に加工内容の概略を記載します。 *加工ワーク材質 SS400 *加工内容 60°のV溝 深さ0.8程度 (山の頂点の幅が1になります。)     溝長さが30で1mm間隔で400箇所ほどあります。(ギザギザになる) *加工機械 横中ぐり盤 BT50 最高回転数 8000 *工具 超硬コーティングあり φ8エンドミル2刃 先端径0.3以下 *試した加工条件 (実加工径φ1として)(工具カタログの加工条件を参考)  V=17程度(S5500)一刃当りの送り 0.035程度(F390) 深さ切り込み0.2ずつ V溝の加工経験がほとんどないため困っております。 小さなことでも構いませんでアドバイスをいただけるとありがたいです。 何卒よろしくお願い致します。 *水溶性切削液を使用しています。 回転数が上がらないのがネックなようです・・・。 切り込みも百分台にして。 コツコツやるしかないのか・・・。 夜間運転で急場をしのぎます。

  • 中ぐり加工?

    お世話になります。 以前質問させていただいた内容とカブル部分もあるかと思いますがよろしくお願いします。 ワークは□60mmで高さが40mmで上からのぞくとφ53mm深さ30mmの穴があいているのですが、これをφ54mm深さ35mmに追加工するという内容です。 現在15mmのエンドミルで約φ53.8mmで荒取り後ボーリングで仕上げているのですが、荒取りのエンドミルでかなりビビッテしまいます。(一応深さを2回に分けて加工しています。)そこでエンドミルに代わる工具を探しています。どなたかご存知の方は教えてください。ちなみにBT30でヘリカル補間は付いてません。

  • SUS304の階段加工 工具の選定等に困っていま…

    SUS304の階段加工 工具の選定等に困っています。 初めて質問させていただきます。(長文です) SUS304の板に階段加工をしたいのですが、 加工数量が多く、加工時間とコスト(インサートなどの消耗品) のことを考え、使用工具の選定に悩んでおります。 ☆ワーク☆ ・材質 SUS304 ・巾1200×長さ1200×板厚50 ・板の中心に800角の窓穴がレーザー加工により開いております。  (窓穴には5mmほど取りしろがあるので、実際には790角です) ・枚数 50枚 ☆使用機械☆ ・門型マシニングセンタ BT50 ☆加工内容☆ ・窓穴を軸方向(Z方向)5mm、径方向5mmの階段形状にする。 ・仮に、板の上面を基準とし『Z0』にしますと、   ※Z-50からZ-45までの窓穴は800角   ※Z-45からZ-40までの窓穴は810角   ※Z-40からZ-35までの窓穴は820角         ・         ・         ・   ※Z-10からZ-5までの窓穴は890角   ※最後のZ-5からZ0までの窓穴は900角  になります。 ・窓穴の4コーナーはR25です。(ですのでφ50以下の工具で加工を希望) ・窓穴の壁面・底面の面租は気にしません。 (ラフィングエンドミルの面租でも構いません) ・階段形状の壁面と底面をつなぐ、コーナーRはR3.5以下です。 ・面取りバリ取りはしません。 ☆段取り☆ ・板の外側から締め板で締めまくります。  切削負荷により、板が動いてしまう可能性があれば、  板の外周数箇所にストッパーをつけます。 ☆今の私の知識と経験での加工方法☆ ・使用工具  ■φ40のラフィングエンドミル(三菱のバイオレットコート) ・加工方法  ?軸方向1回で800角をつくる。(Z-50)  ?同じく軸方向1回で810角をつくる。(Z-45) ?同じく軸方向1回で820角をつくる。(Z-40)         ・         ・         ・  ?同じく軸方向1回で890角をつくる。(Z-10)  ?同じく軸方向1回で900角をつくる。(Z-5)    終了    ※窓穴の4コーナーの場所で相当な負荷がかかりますが、   そこは考えなくて構いません。 ・切削条件  カタログ通り S160 F100 程度。 ・ウェット(湿式)加工 ・私が考えるこの加工での欠点  ■このラフィングエンドミルを3~4本、もしくはそれ以上購入しなければならないのではないか。  ■その理由として、加工枚数が50枚あるのに、例えばエンドミルが磨耗し   研磨に出さなければいけなくなった時に研磨に数日かかってしまう為   常に数本ストックしなければならない。  ■さらに、普通研磨だとコーティングが取れてしまう。  (先端だけをカットする方法もあるが・・・)  ■再研再コートに出すと、1~2週間かかってしまう。  ■加工スピードが遅い。仮にF100で窓穴の1辺850mmとすると   850mm(辺)×4(辺)=3400mm(1周)   3400mm(1周)×10(周)=34000mm   34000mm÷100(F) = 340分 ≒ 5時間半   ・私が考えるこの加工での利点  ■夜中、無人で自動運転が可能。  ■日中であっても、放っておけるので他の作業が可能。 ☆いろいろと調べた結果での加工方法☆ ・使用工具  ■φ40のインサート式ラフィングエンドミル   (日立のアルファラフィングエンドミルAME型) ・加工方法(上記のラフィングエンドミルと同じ)  ?軸方向1回で800角をつくる。(Z-50)  ?同じく軸方向1回で810角をつくる。(Z-45) ?同じく軸方向1回で820角をつくる。(Z-40)         ・         ・         ・  ?同じく軸方向1回で890角をつくる。(Z-10)  ?同じく軸方向1回で900角をつくる。(Z-5)    終了   ※窓穴の4コーナーの場所で相当な負荷がかかりますが、    そこは考えなくて構いません。 ・切削条件  日立の技術センターに問い合わせたところ  カタログ通り S716 F458 で問題ないとのこと。  切削長10m程度はもつのではないかとの回答有。 ・ウェット(湿式)加工 ・私が考えるこの加工での欠点  ■切削長が本当に10mもったとしても、3周に1回はインサートの交換が   必要になる。(インサートの交換時間もバカにならない)  ■インサート購入費用が多額になる。  ■実際にこの工具を使用したことがないので、   技術センターの回答と実際加工した時のズレが不安。   (例えばインサートが2周分しかもたなかった、送りを70%に落とさなければ安定しないなど)  ■インサートの交換が必要になるため、無人運転は不可。     ・私が考えるこの加工での利点  ■加工スピードが早い。仮にF450で窓穴の1辺850mmとすると   850mm(辺)×4(辺)=3400mm(1周)   3400mm(1周)×10(周)=34000mm   34000mm÷450(F) = 75分 = 1時間15分  (先のラフィングエンドミルの約4.5倍のスピード) 以上のようなことが考えられます。 長々と書いてしまいましたが、私の不安をまとめますと ラフィングエンドミルでは ■とにかく時間がかかる ■研磨する日数の心配 ■何本新しく購入するのか。と、その費用。 インサート式ラフィングエンドミルでは ■インサートの「もち」(切削長)の心配 ■それにより、インサート購入費用のコスト ■さらに、インサート交換時間 ■経験が無いので切削条件の心配 があります。 そこで、お聞きしたいのが、 この他にもっと効率が上がるような さらに言えば私の不安を払拭できるような 加工工具、加工方法などありましたら是非ご教授いただきたいのです。 また、φ40のインサート式ラフィングエンドミル (日立のアルファラフィングエンドミルAME型)を 使用している方おりましたら、感想をお聞かせください。 皆様、どうかお知恵を拝借ください。 宜しくお願い致します。 高送りにも興味がありますが、全くの未経験なので踏み込めずにいます。

  • 小径エンドミル加工

    はじめまして。MC加工を担当している者です。 現在、材質が銅タンで、幅が0.4mm、深さが1.5mm、コーナーRが0.28、 底面のRが0.12のポケット加工をしていますが、 どうしても、底面のRがだれている状態で、綺麗なR形状になりません。 また側面も0.01ほど倒れています。 使用工具は日進工具のMRB-230 R0.2*3で荒加工をして 仕上げにMRB-230 R0.1*2を使用しています。 条件はR0.2 S20000 F200    R0.1 S20000 F160 機械は牧野フライス製 V33です。 どのようにすれば、R形状が綺麗につき、側面の倒れも0.005以内に 収まるのかアドバイスのほど、よろしくお願いします。