• 締切済み
  • 困ってます

フラットエンドミル加工について。

 宜しくお願い致します。  私はプラ型の製品部のMC加工を担当してますかずぼうです。  フラットエンドミル加工について、とても悩んでます。アドバイスをいただけたら幸いです。    材質はNAK80などで、側面テーパ_底面フラット_面交差部エッジ のいわいる2.5次元的な加工です。ボールで可能な所をしあげて、最後に底のエッジ部をフラットで仕上げてるのですが、すでに仕上がり済の底面に当たらないように、長補正を+0.02から+0.03ほど上げて加工するのですが、底面に-0.015くらい食い込みます。加工前に30分から1時間程度の暖気(実加工回転数)はしてます。パスは、角度がキツければ等高線加工で、ユルければZ軸を斜めに駆け上がる加工です。 感じ的には、駆け上がり加工のほうが、より食い込むようです。また、高回転のほうが食い込むようです。 Z軸運動が多い為、Zサーボの熱変位だと思いましたが、検証の結果は違うような感じです。主軸の暖気はしてるのですが、例えば「ボールよりフラットの方が、工具自体が伸び易く、さらにZ軸アプローチを繰り返すうちに底面に垂直に接触して食い込む」のではないかと思うのですが、いまいちシックリきません。 仕上げの人たちに怒られて困ってます。かといって、できるだけ無人で仕上げないと、社長がおこります。 どなたかアドバイスを宜しくお願いいたします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数213
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

スケールフィードバックを過信してわいけませんアプローチの動きとバックラッシュなど補正信号の入るタイミングによっては補正量分Z軸が動きますので注意がひつようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

実はZ軸に関しては、スケールを疑ってます。疑うというか、若干変な現象が起きてる時があるような感じがします。Z軸をダイヤルで読む時、器具に当ててそのままZマイナスに下げていくのですが、ゼロ手前で0.01や0.001送りにしてゆっくりしてるのですが、その時に針が滑らかな動きから一瞬ビビっとZマイナス方向に振れる時があります。改めてメーカーに聞いてみます。有難うございました。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

私も似たような現象を体験した事があります。 その時は、M菱重工業へ、調査依頼したのですが、 機械にZ軸の熱変異の自動調整制御がついているのですが、 その値と、実際の変異量に誤差が有った事と。 その制御は基本的、恒温室で使用する事を前提にしているため、 昼夜をまたぐ、24時間運転時は、さらに制御値にズレが出る。と回答がありました。 恒温室の工場ではないため、制御値を修正してもらい、 多少は良くなったのですが、バッチリ!とは言いがたいため、 実際には、仕上げ工程が終わった後、実測して工具長補正を修正し、2回目を掛けています。 注意する点は、仕上げ終了後、即実測、即2回目開始をしないと、きっちり仕上がらない事でしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

自動調整制御とは、制御機がセンサーより読まれた温度を元に、その機械の熱変位傾向に習ってソフト的に プラスやマイナスに調整する機能ですか?。その機能でしたら、うちにも付いてます。その機能も疑ってるのですが、例えばボールでフラット面を仕上げたりする加工をした時にはフラットよりも明らかにマシなような気がします・・・。現状は私もTOYさんと同じような仕上げ方をしてるのですが、私の加工のZの誤差は暖気後としては大きい気がしてなりません。ボールは納得範囲の誤差なんですがね・・・。もう一度、熱変位補正機能を一から洗い直してみます。ちなみに マキノとかはZに関するこういう現象とかはないのですかねぇ。とにかくもう一度しらべてみます。有難うございました。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

エンドミルのZ喜基準だしはどうしてますか?ボールと差がありませんか?フラットはロングですか。ロングは回転によっては振られることがありますのでショートのロングシャンクとかボールをつぶしてフラットにするとか、ロングは側面と底は同時につかわないとか、注意が必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Z長補正は、ダイヤルのついた器具を使い、最終的に加工ワークにサラっと当てて測定してます。工具はレギュラーのエンドミルで、振り回しはダイヤルの範囲ですが、かなりシビアに見てます。が、いろいろ難しいですね。有難うございました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

こんばんは Z軸のバックラッシュではありませんか?。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます!。 スケールフィードバックがついてるので、恐らくバックラッシュではないと思います。年式は2002年です。フラットエンドミルの高回転時に多いので、私としては、なんかフラットエンドの特性とかではないかと思ってるのですが・・・、なかなかシックリきません・・・。でも、z軸の精度をもう一度あたって見ます!。有難うございました。

関連するQ&A

  • 焼き入れ後のエンドミル加工

     こんばんわ。 なにか良いヒントをお聞きできないかと思い、投稿させて頂きました。 宜しくお願い致します。  HPM-38やSKD61を、HRC53位にしてます。 例えば、100×100のワークの天面を、研磨ではなく、φ10のフラットエンドミルで綺麗に仕上げたい(理想はNAK80のように・・・)。又、安定した中仕上げ加工をしたいです。  現在は、焼き前に0.15手前で加工してます。 そして焼き後に、強捻れの6枚刃のエンドミルや、普通の4枚刃のエンドミル で0.015手前で削って、2枚刃のランドの付いたエンドミルで仕上げてます。  厚み寸法はそれなりにでるのですが、面が途中からきたなくなります。 条件は、NAK80より回転、送り共に50%落としてます。    又、0.015手前の中仕上げ加工も、NAK80より50%落としてます。こちらのほうは、刃が全然もちません。 例えばピンカドの刃だと、やはりもっと刃がもたないでしょうか?。 ボールで中仕上げできる時はそうしてますが、立壁などが絡むと、出来るだけ フラット1本でいきたい為、フラットでやってます。

  • ボールエンドミルの補正のかけ方!

     いつもお世話になってます。  今回はボールエンドミルの補正のかけ方です。平のエンドミルに径補正は径の半分ですよね。しかし、ボールエンドミルの径補正は切削している面よって変わってくるのはわかるのですが、どのようにかければいいのでしょうか?もちろん、Z軸も違いますよね?  少し考えたところ、径補正は「r*cosθ」、Z軸は「r*sinθ」でよいのでしょうか?しかし、変数を角度で指定してないときにはどのようにθを定義してやればいいのでしょうか?(2.5次元加工を想定して考えています。)  どうか教えてください!  2.5次元加工で、傾斜で降りている場合は、Z軸を変数にして、径補正「z*tan〆」(〆:傾斜の角度)ですよね?   上記は、円(半円を含む)で降りていく場合です。(いつも説明不足でごめんなさい)

  • 3Dリブ加工について

    3Dのリブ加工をマシニングで等高線のパスで加工しているのですが底面が形状によってダクダクになります。最後に稜線加工をしているのですが取りきれません。何かよい加工方法はないでしょうかちなみにリブの加工は等高線加工しかうまくパスがでません。また、リブの加工が得意なCAMはありませんか教えてください。加工形状は幅1.1ぐらい抜き勾配1°工具はR0.5〔*1°)、深さは10ぐらいで加工材質はNAK80です。

    • 締切済み
    • CAM
  • 穴あけ加工のついて

    Φ3.8の深さ31.0抜き穴加工をΦ3.0深リブ用フラットエンドミル(有効長35.0)で加工しているのですが回転数、送りを遅くしたり切り込み量を減らしたりいろいろためしましたがどうしてもうまくいきません。 やり方がまずΦ3.6ドリルで穴を開けてからエンドミルで加工です。 加工は マシニングセンターV33iを使用して ヘリカル加工で取り代0.02ずつ広げています。 その時の加工条件はS4200 F200 切り込み0.015です。 当方未熟ものですので何かアドバイス等頂ければと思います。 宜しくお願いいたします。   そうですよね。すみませんでした。 加工面のビビリが酷くゼロカットをしても取れず 入り口から半分ぐらいまで0.01ぐらい大きくなってしまいます。 (ピンゲージで計測しました) 加工面の精度も要求されています。 よいアドバイス宜しくお願いします。 ワーク材はNAK80です。 リーマでは寸法修正の時に対応出来なくなるため刃物加工で仕上げを考えています。 使用刃物はユニオンツールのHLS3.02枚刃有効長35です。 ダウンカットでおこっています。 等高線加工も考えましたヘリカル加工の方がZ切り込みと送りが同時なので綺麗に仕上がるような気がしてヘリカル加工にしています。等高線加工の方がいいのでしょうか? フラットエンドミルよりブルノーズエンドミルの方がいいのでしょうか?2枚刃より4枚刃の方がビレが出にくそうですがどうなのでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • HPM-38の焼き入れ後の3次元形状加工について…

    HPM-38の焼き入れ後の3次元形状加工について・・・。  はじめまして。「かずぼう」と言いまして、プラ型の製品部加工を担当しております。  携帯電話の型とかでのHPM-38の焼き入れ後の加工で、刃もちや仕上がり面や精度で、普段よりあまり納得いきません。焼き入れMC加工をよくやっておられる方々の様々な加工方法や考え方を教えて頂きたく、質問させて頂きました。  とても困ってます。どうか、参考になるご意見を聞かせて頂けないでしょうか・・?。 (例えばNAK80より、回転・送り・走査線ピッチ・等高線ピッチ・スキャロップハイトを何パーセントくらい上げるとか下げるとか・・。)  硬度は52から54位で、焼き入れ前に形状的に可能な限り片側0.1まで攻めてます。  刃物はミラクルですが、他にも試したく思ってます。  スピンドルはS12000までのBT40です。  主に携帯電話金型なので、とにかく小径(0.2Rボールとか)ですが、3Rボールとかも使います。  フラットエンドミルも同様に悩んでます。  こんな未熟者ですが、宜しくお願い致します。

  • フラットドリルについて

    汎用旋盤でφ9.3のドリルで下穴を開けてφ9.5のフラットドリルでh7の公差が出ますか? 汎用旋盤では回転数不足は解っていますが細い刃物では逃げる様でテーパーになります エンドミルでは腹に刃が有る為穴が公差大になりますリーマーも有りません 他にいい加工方法があれば教えて下さいお願いします

  • スクエア(フラット)工具での荒取りでのチッピング…

    スクエア(フラット)工具での荒取りでのチッピングについて SUS440CやSKD11の生材を四角から荒取りする場合に等高線加工でアプローチはRの大きなヘリカルにて5度の角度でワークに入るようにしていますが、加工が終わるとこの2つの材質のみφ10スクエアエンドミルの角がボロボロになっています。2枚刃ですので、2枚とも。(ALや銅は軟いため問題ありません。)Z切り込み量や回転数や送りを替えてみたのですが、やはり同様の結果でした。おそらく、アプローチ時にチッピングが起こっているのでは?と思っているのですが、よいアプローチがありましたらご教示ください。もしくは、このような場合は最初からボールで加工されますか?(ちなみにφ10R1のラジアスでやってみましたが、これもチッピングしました。)

    • 締切済み
    • CAM
  • アンダーカット形状が加工できる3軸CAMはありま…

    アンダーカット形状が加工できる3軸CAMはありますか 3次元形状モデルの一部にアンダーカットがあります。このアンダーカット部を5軸加工機をつかわずに、たとえば5度から7度くらいに逆テーパーが変化している曲面に対して、10度のバックテーパのついた刃物で3軸で等高線加工することができないか、と考えています。 Tスロットとかロリポップ工具でアンダーカット部を加工する3軸CAMはどこかで見たことがあるような気がするのですが、任意のバックテーパ形状工具が使える3軸CAMはあるのでしょうか? http://ameblo.jp/cadcam/

    • ベストアンサー
    • CAM
  • ボールエンドミルの送り方向による切削性の違いにつ…

    ボールエンドミルの送り方向による切削性の違いについて ボールエンドミルで曲面を加工するとき、等高線加工等のXY平面上で工具が 移動する場合と面沿い加工等でXYZ同時に工具が移動する場合があります。 これら2つのケースで切り込みの面積が同じとき、切削性に違いは出るのでしょうか? 極端な例としてX方向のみ移動する場合とZ方向のみ移動する場合(完全な縦送り)ではどうなるのでしょうか?送り速度はどちらも同じで切り込みはボールエンドミルの径に対して十分に小さいとします。また側面刃は考えないこととします。X方向のみの移動の場合ボールの底面付近で削っていくのに対してZ方向のみの移動の場合側面で削っていくことになります。 切り込んだ状態のボールの絵を書いたとき2つの例でまったく同じ状態になります(実加工径が違うので切削速度は異なりますが)。1回転あたりに切り込む量も同じです。 ボールエンドミルの仕上げでどのような加工方法をとるか悩んでいます。自分一人で考えていてもなかなか答えが出ないので質問させていただきました。 よろしくお願いします。

  • ランピング加工について

    いつも当サイトにて勉強をさせていただいております。 早速ですが・・・ この度、3軸の縦型MCにてランピング加工に初挑戦をしております。 機械はMAZAK製MTV-655です。 通常プログラムは、対話で作成をしておりますが、ランピング加工につき、タンドウでプログラムを組みました。 そこで、質問なのですが、プログラムは無事作成できたのですが、工具の選定に戸惑っております。 まず、ワーク形状ですが、巾250×180(厚さ50)のSUS304です。 加工は、ワーク中心より左右60のところからワーク端まで14.109°のテーパーにするというものです。  __ /  \ ←こんな感じです。 治具の作成の選択肢もあったのですが、ランピング加工でいこうと思っております。 テストカットで、コロミル390(32?)で加工したところ、加工面が波を打ったような面になってしまいました。 Y軸方向へ移動した距離分、波を打っています。 Y軸方向へのパス距離を少なくしては加工時間がネックになります。 ( ( ( (    ←大げさに言うとこんな感じです。 また同様に、ボールエンドミルでも、加工時間がかかりすぎてしまうので、できれば違う方法で加工したいのですが、ランピング加工に何かお勧めの工具はありますでしょうか? 検討中のものとしては、丸チップのラジアスミルを検討してます。 また、フラットエンドミルで加工するとなぜ、上記のような加工面になってしまうのでしょうか? わかりにくい質問内容かと思いますが、よろしくお願いいたします。