• 締切済み
  • 困ってます

ニッケル薄板研磨について

ニッケル200×300×5tから3tに研磨しましたが、反りがひどく困っています。図面指示では、ソリ0.02以内です。研削材のクランプ方法、砥石の種類、切込み量など教えて下さい。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数289
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

ニッケルの研削点温度は高くなります. そのため、いかに熱を逃がすかがポイントです. そのため熱伝導性の良い砥粒としてCBNを利用するのはどうでしょう?WA,GCにくらべて約10倍の熱伝導性の良さがあります. 研削速度は、インバータ(大変安い)で自由に変えられますから、研削点温度を下げるために、1000m以下を利用してはどうですか. 一般に超砥粒のドレッシングは、立形ロータリドレッサを使用すれば精度良く、短時間で可能です. 水のかけ方も重要です. さらに詳しい情報はohta-inc@po.harenet.ne.jpまでご連絡下さい.

参考URL:
http://www.ohta1.co.jp

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

電解研削をご存知ですか SUSとかNiとか研削し難い材料でも簡単に応力の無い加工が出来ます。 正確には電解複合研削と言い、微電流を流しながら研削すると、金属表面が変質して砥石の消耗の非常に少ない加工が出来ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

勉強になりました。ありがとうございます。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

1度の研磨切込量は、いくつでしょうか? 素材の反り(平面度)は、測定されたでしょうか? とにかく荒研磨回数を増やすことを検討して下さい。 できれば、毎回加工後の反り(平面度)を確認しな がらやれば、必ず加工回数に伴って反りが小さくな ることが確認できるハズです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

(両面から加工されていたら読み飛ばしてください)  研削にしろ切削にしろ、片面からの加工だと加工応力が加工面に偏ってしまい結果的に反ることになってしまいます。  両面から研削をかければ、加工応力は両面均一になるので、ほとんど反りがなくなると思います。また、できる限り加工量も両面均一にするといいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

両面から加工していました。ニッケルは、ヤッカイです。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • アルミの研磨について。

    アルミの研磨について質問させて下さい。 アルミを平面研削盤で研磨加工するのですが、 みなさんはどういった砥石の種類を使っておられるのですか? アルミの研磨加工は経験がないもので。 宜しくお願い致します。

  • 研磨の凹凸面とは?

    砥石の種類は35R、砥粒WA,粒度46,結合度J。機械は岡本工作所のPSG-105DXです。 研磨した時に研削面が凸面になったり、凹面になってしまうことが多いのですが、それはどんな原因が考えられるでしょうか?また、直す対処法などあれば是非しりたいのですが?

  • センターレス段付き円筒研磨で1周のキズが消えません

    センターレス段付き円筒研磨で1周のキズが消えません 研削機:ミクロン製 ワーク:φ11とφ10で長さ480mm 取り代:片肉0.03mm 砥石:クレトイシ 調整側 ZA150RRS-11A 研削側 GC8 0JV021A 試したことは、 切込み0.03でドレスを何十回も行い 0.001で仕上げを行い ブレード交換を行いましたが同じ場所に1周のキズが残り困っています。 どうすればなおるでしょうか?

  • 7ミリのアングルの片面研磨がうまくいきません・・・

    厚み7ミリのアングルの片面を研磨して平面度0.01にいれなくてはいけないのですが、なかなか交差が出ません。測定台に置いて、ダイヤルの針を当て、研磨面を押したときに、針が0.01から0.02動いたりします。私が行った研磨の方法は、マグネットテーブルとアングルの間に2本の2ミリの丸棒を入れ浮かせて、研磨する面の下にジャッキを入れてバランスをとり、周りをブロックで囲んで研磨しました。荒取は0.003ぐらいで研削し、仕上の際に一度磁石を脱磁してジャッキを一つずつゆるめては、締めなおしを繰り返しました。そして、再び磁石をかけドレスをかけ0.002ぐらいで全面が削れるまで研削しました。少しでも、砥石が面に当たる時間を減らそうと品物を斜めに段取りして研磨しました。ジャッキの使い方、磁力についてなど,その他、直したり、試した方が良いアドバイスなどあれば是非ご意見を下さい。 最初の質問で足りなかったことを、指摘していただいたので、追記します。砥石の種類は35R、砥粒WA、粒度46、結合度J。岡本工作所のPSG-105DXです。今回、研磨した材料の大きさは、9ミリの厚みのL形アングルを幅70ミリ長さ380ミリ厚み7ミリにフライスで加工後、その片面を研磨しました。

  • S45Cの研磨仕上げ

     CNC立形研削盤で、φ300・高さ350の円柱状ワークの外径研削トライを行っております。被削材はS45C(生材)、砥石はノリタケ製のCXY80I・φ205・厚み50を使用しています。    困っていることは面精度です。図面指示 1.6z に対し 2z ぐらいにしかなりません。加工・ドレス条件はいろいろ変えてトライを重ねてきましたが 2z で行き詰ってしまいました。    S45C(生材)で 1.6z を満たすことはやはり難しいのでしょうか?何でも構いませんのでアドバイスよろしくお願いします。

  • バフ研磨について

    最近バフ研磨にTRYしているのですが、加工方法【加工条件】がさっぱりわからないのですが、本来どのようにして行うものなのですか?現在下記の方法で行っているのですが・・勘に頼ってやっているのでどなたかアドバイス等を下さい。 加工使用機械:ワシノ NC成型 加工使用砥石:不織布研磨材ファブリックホイール(ナイロンたわしを圧縮して押し固めたようなもの、番手にして#800程度)  湿式で加工 P.S 普通の研削盤【研磨機】ではだめなのかな?

  • アルミ材に硬質クロムメッキ処理したロールを円研で…

    アルミ材に硬質クロムメッキ処理したロールを円研で切り込めない 初めて参加します。宜しくお願いします。 アルミ材、外径φ100・内径φ80・長さ1200の材料に硬質クロム メッキ処理した材料を、円研で全面砥石が当たるまで研磨し、その後バフ 加工してます。円筒度は10μm。 困り事は、円研で全面砥石が当たるまで(総切込み0.1~0.2mm) 研磨するのに時間が掛かることです。1本3~4時間の加工時間。 1日で2~3本の加工です。 何故、時間が掛かるかと言うと切込み量を1トラバース1μmにしている ためです。プランジでも同じく1μmです。 何故1μmしか切り込めないかというと、母材のアルミが砥石に押されて 逃げるのと、アルミ材が研磨中、急に砥石にくい込むためです。 加工状況は、 1、使用砥石:GC#60又は、CBN#170 2、砥石幅 :GC#60は35mm、CBN#170は15mm 3、切込み量:1トラバースに1μm(1プランジに1μm) 4、振れ止め:2箇所取り付け 約100本を円筒研削するので、加工に1ヶ月では・・・・・ そこで、アドバイスを頂きたい事は、 1、加工時間を短縮出来る円研の加工方法 2、円研では通常掛かる加工時間なので時間をかけて加工するしかない。 3、この様な材料は、センタレス研削でやるべき。   センタレス研削での加工方法。 4、その他、 センタレス研削盤は保有してませんが、時間短縮が可能であれば設備導入 も検討課題します。 加工終了日程の予定が立てられず困ってます。 良きアドバイスをお願いします。

  • 平面研削盤について

    現在355φ内径76.2厚さ38のWAの砥石を使用しています。 超硬研磨するために砥石を選択したのですが、355φでは内径が127のGC砥石しかありません。内径を76.2の研削盤に取り付ける方法はないでしょうか? 何かアタッチメントでもあるのでしょうか?お教え下さい。 かなり古い岡本の平面研削盤を使用しています。

  • SUS・アルミの平面研削によるソリ

    こんにちは、いつも質問や回答を見て参考にしております。 SUSオーステナイト系、マルテンサイト系の焼入れ無し材とアルミ材の平研中にソリが発生し材料が食い込み焼けが出る症状が長年改善されずにいます。 材料の厚さは5mm~30mmで形状は平板や中央が開いている等、多々あります。 今まで加工条件で実施したこと。 1、ハイポーラス砥石の組織を変える。 2、砥石幅を35mm~20mmまで段階的に細くした。 2、切削油を大量にかけて切込み量を1~2μ。 3、砥石周速度1200m~1700mの範囲で研削調整。 4、材料のチャッキングは真空チャック固定、両面テープ固定、磁性材で4方向から固定。 研削抵抗を極力抑えて材料に負荷をなるべく与えないような加工方法で挑戦してきたのですが、研削中に反りあがる症状は改善されません。 約0.05mm研削あたりから症状があらわれ、約0.1mm研削時には材料の料端が跳ね上がってきます。 加工方法、工具、材料(熱処理?)の面から良い方法がありましたらご教授願います。

  • 平面研削盤のテーブル研磨がうまくいきません・・・

    0.02ぐらいを0.001ずつ切り込んで、仕上てみたのですが。テーブルの端と端で0.01の傾きが発生してしまいました。初心者なので、原因が機械の癖のようなものなのか?方法が良くないのか?何かコツのようなものがあるのか?ご意見が聞ければありがたく思います。 初めての質問で、条件など大事なことを書いていませんでした。申し訳ありません。砥石の種類は35R、砥粒WA粒度46結合度J。岡本工作所のPSG-105DX。テーブル速度は、25m/min。マグネットチャックを研磨しました。0.02ぐらいの削りを0.001で削って最後にスパークアウトをして仕上げました。表面は少し光っていて、所々、細かいびびりがあります。研削液は、出光興産のダフニーアクールCCを使用しています。測定は、回転を止めて、砥石ガイドの上にマグネットのダイヤルゲージを使用してテーブルの端から手動でスライドさせた数値がテーブル中央で0.005ぐらいで端で0.01ぐらいになっていました。