• 締切済み
  • 困ってます

研磨の凹凸面とは?

砥石の種類は35R、砥粒WA,粒度46,結合度J。機械は岡本工作所のPSG-105DXです。 研磨した時に研削面が凸面になったり、凹面になってしまうことが多いのですが、それはどんな原因が考えられるでしょうか?また、直す対処法などあれば是非しりたいのですが?

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数76
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

どのような条件のもとで加工をされたのかがよく分かりませんが、 研磨をすると確かに凹面になりがちになると思います。 (凸面はなりにくいとは思いますが) 理由は研磨する際、熱の問題で起こると思います。 研磨する際、どうしても熱が発生し、ワークの中ほど熱で膨張します。 たとえ熱で膨張した状態で研磨してもワークが冷却されると当然真中が凹面になります。 この対策としては研磨する際、冷却液を今より多くする。(より冷やす) 研磨する際の一回にかける量を減らす。 ちなみに研磨する際、精度を出すコツは2面目より1面目に気を使うことです。 よく考えて加工をしていると思います。 ウチのやり方が果たして正当かどうか分かりませんがご説明します。 まず、考え方としてフライスでも研磨機でも精度を出すためにはフライスベッドや研磨機のベッドに直接取り付けることが一番の精度の出し方と考えます。 それをしておいてワークをできる限り冷却しながら加工。(仕上げの前に十分に熱を冷ますということでも良いと思います。) 貴方のやり方で理論的にはOKだとは思いますが、実際は80の台というのが問題になっているのかもしれません。 それと研磨機のベッド自信の精度は出ていますか?これをまず確認をしてから研磨をしてください。 ウチのやり方ですが、ワークはフライス加工後どちらかに凹面があるとします。凸面を加工面(上にして)として研磨機の磁石に吸着させます。 このときそのまま磁石に吸着させると凸面が磁力で吸い寄せられてあたかも水平で研磨をしているように思います。実際は磁石をはずすと水平である面が凸面になリます。 ウチではこの現象をできるかぎり抑えるために凸面の下に(真中に、部分的に)シム板(薄い鉄板で大体0.03mmから0.05mmぐらいかな)を挟んで研磨します。(ワークが磁石についていることを必ず確認をしてください。無茶をすればワークは飛んでいきます。) 2面目は普通にシム板なしで研磨すれば綺麗に精度は出ると思います。 参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。実のところ、数日前に具体的な方法を書いた質問を載せたのですが、書き方がまずかったのか?アドバイスが1件だけだったのでこの様に簡単に書いてしまいました。 実際に、やった方法は、材質:ss400 厚み:11±0.02 幅:450ミリ 長さ608ミリ。  公差:11±0.02 平面度0.02 平行0.02 上記のプレートを、4つ角に置いた80の台(研磨してある物)にのせて、プレートの下にジャッキをなるべく隙間なく並べて周りをブロックで囲んで研磨しました。 材料の削り代は0.5あったので、片面を0.2の削り代として研削して、反対面を全体が削れるまで0.003ずつ研磨しました。全体が削れたところで、磁石を一度脱磁して、ジャッキを、1箇所ずつゆるめては締めなおし,磁石をかけ、研磨しました。次にテーブルに地下置きにしてプレートの四つ角にダイヤルを当て手で押すと0.01ぐらい沈んだりしました。四つ角に入るスペーサを入れて研磨しました。反対面を下にして削り代0.03ぐらいを0.002ずつ研削して、仕上0.002を0.0005ずつ研削して仕上ました。全くの初心者の為、足りない点ばかりだと思うので是非アドバイスがありましたら、お教えください。 重ね重ねありがとうございます。ご指摘のとおり、80の台を使う方法は、やりやすい反面、厚みの薄い材料の場合、削っている最中に、まだら模様のように砥石が品物をえぐっているように感じる時があり、急激な曲がりを起こしやすいような気がしていました。ですので、最近は、荒取をベッドに直接置いて研削するようにしてから80の台などで浮かせるようにして片面を仕上、ベッドに置いてもう反面を仕上げる方法を試していました。それでも、質問にも書いたようにまだ凹面が発生するという欠点があったので、他の方はどういう方法で加工をされているのか?非常に興味がありました。アドバイスの方法のベッド直接に置く方法を教えていただき、本当に感謝しております。是非、この方法を試して少しでも良いものを作る技術を身につけたいと思います。本当にありがとうございました。これからも、質問を載せると思うのでまた是非、アドバイスいただけると非常にありがたいです。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

はじめまして。 文章から自分が自分が思うには、 1.砥石のバランスはとれてますか? 2.ドレッシングは適正に行われていますか?   ドレッサーはある程度行うと、音が変わるのでわかると思います。 研磨された面を見ることが出来ないのですが、他には、ベッドの送り速度にも影響されます。 ほとんど答えが出ているようですね。 自分からの答えは要らないと思いますが、バランスについて。 バランサーの目盛りを一目盛りの範囲以内に仕上げないと、それだけで研磨面に凹凸が出ます。 それと、送り速度は成型研磨をイメージされるといいかと思います。 実際の油圧の研磨は、それよりスピードが遅い程度です。 成型研磨にもスピードには個人差がありますが、参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。全くの初心者なので砥石のバランス、ベッドの送りの速度についても自信がない状態です。 最近行った研磨は、材質:ss400 厚み:11±0.02 幅:450ミリ 長さ608ミリ。  公差:11±0.02 平面度0.02 平行0.02 上記のプレートを、4つ角に置いた80の台(研磨してある物)にのせて、プレートの下にジャッキをなるべく隙間なく並べて周りをブロックで囲んで研磨しました。 材料の削り代は0.5あったので、片面を0.2の削り代として研削して、反対面を全体が削れるまで0.003ずつ研磨しました。全体が削れたところで、磁石を一度脱磁して、ジャッキを、1箇所ずつゆるめては締めなおし,磁石をかけ、研磨しました。次にテーブルに地下置きにしてプレートの四つ角にダイヤルを当て手で押すと0.01ぐらい沈んだりしました。四つ角に入るスペーサを入れて研磨しました。反対面を下にして削り代0.03ぐらいを0.002ずつ研削して、仕上0.002を0.0005ずつ研削して仕上ました。測定する際に真中の方が0.01ぐらい凹になっていて0.03ぐらいの平面度になってしまいました。普段聞くことができない、技術をお持ちの方にこの様にアドバイスがいただけることは非常にありがたいです。 アドバイスありがとうございます。砥石のバランスについて、どの程度の範囲が許容範囲であるのか?今回のご指摘でしることができ、為になりました。まだまだ知らないことばかりなので、機会を見て成型研磨についても調べてみようと思います。これからも質問を載せると思いますが、初心者で分からないことばかりですが、是非またアドバイスをいただき、知識を身につけていきたいと思っていますので、よろしくお願い致します。本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 研磨の砥石について知りたいです・・・

    鋳物(FC250など)の品物を良く研磨するのですが、どんな砥石を使えば良いでしょうか? 当社で使っている研磨機と条件は次の条件です。 砥石の種類は35R、砥粒WA,粒度46,結合度J。機械は岡本工作所のPSG-105DXです。 砥石は上記の一つしか使ったことがありません。 砥石について知識もゼロなので、色々なアドバイス(勉強になるサイトや、意見など) 是非お聞かせ下さい!

  • 11*450*608のプレート平行度0.02平…

    11*450*608のプレート平行度0.02平面度0.02の壁が・・・ 砥石の種類は35R、砥粒WA,粒度46,結合度J。機械は岡本工作所のPSG-105DXです。 材質:ss400 厚み:11±0.02 幅:450ミリ 長さ608ミリ。  公差:11±0.02 平面度0.02 平行0.02 上記のプレートを、4つ角に置いた80の台(研磨してある物)にのせて、プレートの下にジャッキをなるべく隙間なく並べて周りをブロックで囲んで研磨しました。 材料の削り代は0.5あったので、片面を0.2の削り代として研削して、反対面を全体が削れるまで0.003ずつ研磨しました。全体が削れたところで、磁石を一度脱磁して、ジャッキを、1箇所ずつゆるめては締めなおし,磁石をかけ、研磨しました。次にテーブルに地下置きにしてプレートの四つ角にダイヤルを当て手で押すと0.01ぐらい沈んだりしました。四つ角に入るスペーサを入れて研磨しました。反対面を下にして削り代0.03ぐらいを0.002ずつ研削して、仕上0.002を0.0005ずつ研削して仕上ました。しかし、平面度も平硬度も0.03で出せませんでした。 質問?プレートの,研磨の段取りの方法は??プレートの表面に凹凸が出来ていると思うのですが、なぜそうなってしまうのか?またその対処法は?凸面の対処法?凹面の対処法?

  • ドレッシングについて・・・

    当社で使っている研磨機と条件は次の条件です。 砥石の種類は35R、砥粒WA,粒度46,結合度J。機械は岡本工作所のPSG-105DXです。 機械の上部にドレッサーが内臓されており、普段はそれを使っています。しかし、テーブルに置いてドレッシングするツールに比べて品物の表面が縦に波うってしまったり、思うようにいきません。 皆様はどんなことを工夫されたり、気をつけたりしているか?教えてください。

  • 平面研削盤のテーブル研磨がうまくいきません・・・

    0.02ぐらいを0.001ずつ切り込んで、仕上てみたのですが。テーブルの端と端で0.01の傾きが発生してしまいました。初心者なので、原因が機械の癖のようなものなのか?方法が良くないのか?何かコツのようなものがあるのか?ご意見が聞ければありがたく思います。 初めての質問で、条件など大事なことを書いていませんでした。申し訳ありません。砥石の種類は35R、砥粒WA粒度46結合度J。岡本工作所のPSG-105DX。テーブル速度は、25m/min。マグネットチャックを研磨しました。0.02ぐらいの削りを0.001で削って最後にスパークアウトをして仕上げました。表面は少し光っていて、所々、細かいびびりがあります。研削液は、出光興産のダフニーアクールCCを使用しています。測定は、回転を止めて、砥石ガイドの上にマグネットのダイヤルゲージを使用してテーブルの端から手動でスライドさせた数値がテーブル中央で0.005ぐらいで端で0.01ぐらいになっていました。

  • 7ミリのアングルの片面研磨がうまくいきません・・・

    厚み7ミリのアングルの片面を研磨して平面度0.01にいれなくてはいけないのですが、なかなか交差が出ません。測定台に置いて、ダイヤルの針を当て、研磨面を押したときに、針が0.01から0.02動いたりします。私が行った研磨の方法は、マグネットテーブルとアングルの間に2本の2ミリの丸棒を入れ浮かせて、研磨する面の下にジャッキを入れてバランスをとり、周りをブロックで囲んで研磨しました。荒取は0.003ぐらいで研削し、仕上の際に一度磁石を脱磁してジャッキを一つずつゆるめては、締めなおしを繰り返しました。そして、再び磁石をかけドレスをかけ0.002ぐらいで全面が削れるまで研削しました。少しでも、砥石が面に当たる時間を減らそうと品物を斜めに段取りして研磨しました。ジャッキの使い方、磁力についてなど,その他、直したり、試した方が良いアドバイスなどあれば是非ご意見を下さい。 最初の質問で足りなかったことを、指摘していただいたので、追記します。砥石の種類は35R、砥粒WA、粒度46、結合度J。岡本工作所のPSG-105DXです。今回、研磨した材料の大きさは、9ミリの厚みのL形アングルを幅70ミリ長さ380ミリ厚み7ミリにフライスで加工後、その片面を研磨しました。

  • 平面研削用セラミック砥石について。

    現在、岡本工作機械製平面研削盤PSG-125DX 1997年製を使用して研削加工をしているのですが、新しくかなり硬いワークの研削を行うことになり、砥石メーカーと相談してセラミックと粒を使っている砥石を選定して頂いたのですが、といしのドレススピードをかなり速くして加工するとなんとか削る事は出来るのですが、少しでもドレススピードを遅くすると、研削焼けがあっという間に発生してしまいます。その後、砥石メーカーに相談すると、粒度を変えた物を提案して頂いたのですが、そのセラミック砥石も加工がうまくいきませんでした。弊社の研削加工されている先輩に聞いたら、砥石が機械に合ってないからそうなると言われました。砥石メーカーが、選定した物でも合わないことがあるのでしょうか?しかし、部品納期があるので、現在使用している砥石を使用して加工しているのですが、かなり目こぼれしてしまい、かなり削るのに時間がかかってしまうし、ドレスもかなりの頻度で必要です。加工内容の詳細を記載しますので、同じような加工経験がある方、使われていた砥石を教えて頂きたいです。使用されていた平面研削盤の型式もお願いします。※CBN砥石は金額的に不可能です。加工内容 材質 SK材 油焼入れ SCM材 高周波焼入れ 硬度 HRC60~65 現在のといし 粒度46 と粒PA 結合度 G といしメーカー ノリタケ、テイケン 取り代 0.5~0.8mm 切込み 5ミクロン 是非ともアドバイスをお願い致します。

  • 鋳物の平面研削加工について

    FC250の鋳物300×300の定盤を平面度5μ以内に入れようと平面研削(トラバース)していると砥石のもちが悪い(目づまり)ような気がします。研削後にキサゲ加工をするので荒仕上げ程度の表面粗さでいいのですが・・・研削砥石の営業マンとも話をしているのですがみなさんが使っている鋳物用の砥石を参考までに出来るだけくわしく教えてください。単純に結合度を軟らかく、組織を粗にしたらいいのか?よくわかりません。よろしくお願いします。  ちなみに、横形平面研削盤ナガセSGEー63 砥粒C 粒度46 結合度I 組織6 355×38×127 研削液はジュラロン S500N です。 

  • 平面研削盤について

    現在355φ内径76.2厚さ38のWAの砥石を使用しています。 超硬研磨するために砥石を選択したのですが、355φでは内径が127のGC砥石しかありません。内径を76.2の研削盤に取り付ける方法はないでしょうか? 何かアタッチメントでもあるのでしょうか?お教え下さい。 かなり古い岡本の平面研削盤を使用しています。

  • 円筒研削でプランジカットができない

    S45Cで、φ30程度のものを0、2ミリ研削します。 手動では普通に寸法に入りますが、そのあとポジティブストップで自動で研削すると大体0、02ミリ残ります。砥石台不良ではありません。なぜかs45cの焼きが入ってたり、ステンレスなどは寸分の狂いなく研削できます。 砥石はノリタケ 砥粒19A 粒度80 結合度K 組織8 ビトリファイド 345✖️75 で、周速は無負荷で2120、ワーク周速は135です。 よくわからないのは去年までは問題なく研削できていました。それが今年になって寸法に非常にバラつきがあります。なぜかS45Cだけ…。 ただ、今年から前工程を外注に頼むようになりました。センター穴不良も多少はありましたがそれ以外な気がします。砥石が小さくなったからでしょうか? もしくは実は材料が違っているとか…。 仮にS45Cより柔い材料の場合、上記の砥石で研削した場合、こんな症状は起こりますか? 何かおわかりになる方ご教授ください。

  • CBN砥石のツルーイングに関して

    はじめまして。 私は今年、工作機械メーカーに入社したものです。 教えて欲しいことがあります。 今、CBN砥石のツルーイングに関して勉強しているのですが、 ダイヤモンドツルアの粒度が大きいほど、工作物を研削する面(表面粗さ)が 良好なのですが、なぜでしょうか? 私の考えでは粒度が大きければ、砥石をよく切ってくれる分、工作物を転写する面の粗さが悪くなるというイメージがあるのですが・・・。 砥石の粒度が小さいほど、工作物の表面粗さがよくなるのはわかるのですが・・・、同じ砥石を使ってツルアの粒度が大きいほど表面粗さがよくなるという理由がわかりません。 下手な質問かもしれませんが、分かる方おりましたら教えてください。よろしくお願いいたします。