• ベストアンサー
  • 困ってます

中国によるチベット侵略・・、中国へのお仕置きは?

中国による力の侵略は、モンゴルやウイグル侵略と同用に、チベットへの聞くも涙の凄惨な虐待を生み、今なお侵略の手を緩めず、チベット文明さえ抹消しようとしています。こんな状況を世界の秩序を理解する各国は、暴走中国に対し、なんのお仕置きもしないで傍観するのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数157
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • hekiyu2
  • ベストアンサー率35% (271/774)

国際関係は正義で動いているのではありません。 みな、自国の利益だけを考えて行動しているのです。 中国がチベットを侵略しても、欧米は痛くも かゆくもありません。 それどころか、中国を責めようなら、報復 されます。 つまり、欧米にとって害があるだけで 利益が無いのです。 だから、欧米はお仕置きをしません。 欧米がやらないから、日本は勿論、他の国も やりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

国として何らかの対応をしたいと思えば正式には国連人権委員会で調査議論して中国への不信任決議案や実行力を持つのであれば制裁決議案を提出するのでしょうが、決議どころか決議案の提出すら過去中国の妨害で阻止されています。中国の立場はチベット問題もウィグル問題も内政問題で、中国ほど国連で力を持ち、世界中に経済的な影響力を強めている国に対して国連として不信任や制裁でまとまることは非常に難しいと思います。残念ながらボランティア団体での抗議行動以上の事はできないと思います。国として単独で動いたらそれこそ内政干渉で軍事衝突も含めた大きな対立につながると思います。 中国が今ウィグルやチベットでやっていることは、同化政策で逆に言えば宗教やそれにまつわる風習を捨てて大量に送り込まれている漢民族に従って同化すれば虐待を受けずに平等に暮らしていけます。しかし新疆ウィグル自治区のイスラム教やチベットのチベット仏教は民族のアイデンティティの根幹でもあるので当然抗議や暴動が起こります。しかし形式的にはそれらの暴動を起こす人達が犯罪者で正当な取り締まりの対象。しかも完全に自由とは行かないまでも外国人の立ち入りも許可されていて、人権侵害が無いことをアピールしています。その辺がミャンマーのロヒンギャ問題などと比べてると中国の対応のうまいところで、時間が経てば立つほど同化が進んで沈静化してしまう可能性があると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.4

中国が金になるからです。それ以外理由はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.3

ご質問のタイトルで「中国によるチベット侵略」とされていますが、これは西側自由主義国家での認識です。 これに対して現在の中国共産党正負は「西蔵人民」の「帝国主義侵略勢力および国民党反動勢力」からの「解放」と位置づけています。 ここで西蔵という用語はチベット地方全域を指すものではありません。 現在日本人がヒマラヤ山脈の北部一帯に広がる地域をチベットと呼ぶようになったのは英文のTibetをそのまま使うようになった明治以降のことです。 歴史的にこの一帯は統一王朝というものが存在しませんでした。 険しい山岳地帯であることもあり常に複数の王朝が統治していてお互いに戦乱を繰り返していました。 ご質問で「中国による力の侵略は」とありますが清朝が滅亡した以降は孫文が建国した中華民国がやりました。。 モ沢東が建国した中国人民共和国が中華民国を大陸から台湾へ追い詰めた以降はこの一帯の区域を隣接する省に編入しました。 編入されずに残った地域がが西蔵です。現在は中国共産党の少数民族の支配をするための民族区域自治政策に基づきチベット自治区とされています。 チベットの人々は元々チベット仏教の敬虔な信者です。 中国共産党政府は宗教の存在を認めません。 宗教施設を破壊してしまいます。 敬虔で熱心なチベット仏教徒であるチベット人にとっては見逃すわけにはいきません。 必然的に抵抗運動が起きます。 抵抗運動が起きれば治安維持を責務とする政府は弾圧します。 宗教が絡んでいる上に民族も違いますので過激なものとなります。 >なんのお仕置きもしないで傍観するのでしょうか? 現在ダライ・ラマ14世がインドに亡命政府を作っていますが、これもヒマラヤ山脈北部一帯にあった複数の王朝の一つを継承しただけの存在です。 この亡命政府は現在ヒマラヤ山脈北部一帯に広がる全域を統一国家として認めるように主張しています。 これは中国共産党政府にとってはこの地帯に隣接する複数の省をそれぞれ分割して割譲することになりますので認める訳にはいきません。 現在妥協案として各省に分散編入されている地域と現在のチベット自治区を統合する案が提案されています。 インドをはじめ西側自由主義国家はダライ・ラマ14世を支持しています。 ダライ・ラマ14世もこの西側自由主義国家を訪問してチベト自治区の独立を訴えています。 ダライ・ラマ14世を支持しているとは言え第三国が下手に口出しをすれば歴史的な経緯もあり内政干渉となる恐れがあります。 現在シリアで政府側と反政府側と少数民族であるクルド人の武装勢力との三つ巴の戦闘が繰り広げられていますが、これとおなじような状態が生じる可能性があります。 とは言え傍観している訳ではありません。 国連人権高等弁務官事務所などが国連人権理事会を開催して議論はしています。 中国を相手取りますので軍事制裁はもとより満足な経済制裁もできないのが実情です。 突然武力でクリミヤ半島を併合したロシアに対して経済制裁は実施していますが顕著な効果は出ていません。 従来であればアメリカが中心的な役割を果たしてきましたが、新大統領はアメリカ第一主義を掲げていてアメリカに経済的な利益を齎さないような国際問題には関心を持っていません。 EUも中東の難民問題やイギリスの離脱問題を抱えていて身動きが取れません。 いかに経済力があっても自国の意思で軍事力を発動できない日本では対処できません。 つまり国際的に中国におしおきができる国はどこにもないということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.2

今は中国はお金を持っているので、みんな黙っているのです。ひと昔前はハリウッドスターがダライラマと会ったりしてチベットの人権問題なんかを取り上げたこともありましたが、今は聞きません。 なぜかっていうと、今や中国はハリウッドにとってアメリカ国内に匹敵する市場なのだそうですよ。だから中国政府や国民の感情を逆なでするようなことはできないというわけですね。シナリオも中国人ウケを意識して作られているとか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • agehage
  • ベストアンサー率22% (1699/7476)

日本が北海道や沖縄を侵略しても怒られないのと同じです 沖縄や北海道を侵略?と思うでしょう 中国や世界ではチベットを侵略?と思っています

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 清のチベット侵略

    チベットについての質問です。近年でさえも、中国の支配下にあるチベット!そんな国を昔から学んでいこうと思い、最近本を読んでいます。 チベットはモンゴル→清→中国とたしか、支配下にありましたが、清の時代についてのチベットが知りたいです(全部知りたいのですが・・・・)清はそもそも、なぜチベットを侵略し始めたのでしょうか? モンゴル帝国が支配していたときは、まったく彼ら独自の文化や宗教をうばわれなかったと聞きました、しかし清は多くの規制や圧力をかけ支配下に置いたと聞きました。 清のチベットへの侵略の動機を教えてください。

  • チベットに対する疑問

    チベットについての質問です、最近チベットに興味を抱き調べているのですが、解らないことがたくさんあるので、下記に書かれていることどれでもよいので答えられる方お願いします。 (1)モンゴルがチベットを侵略したとき、中国の侵略のようにチベット人を苦しめたわけではないのでしょうか?そこからダライラマの称号をもらったと聞いたのですが。この二者間について教えてください。 (2)チベットの最高僧の称号でもあるダライラマ、しかしその次に位が高い称号はパンチェラマ、両者の違いを教えてください。両者の称号は同じ時期からモンゴルによって与えられたのでしょうか? (3)このパンチェラマは中国がチベットに侵略後、中国側につき活動をしたと聞きましたが、なぜパンチェラマは中国に利用されたのでしょうか?(漠然としていてごめんなさい)。 以上まだまだ疑問はありますが、どなたかが答えていただければまたさらなる疑問が出てくると思います。 どなたか回答お願いします。

  • 中国の領土について教えてください。

    中国の領土について教えてください。 チベットやウイグル自治区では しきりに中国からの独立欲求がなされております。 自治区とは言え名ばかりで 中国共産党の支配下にあります。 チベットやウイグルの土地は もともと独立国としてのチベットやウイグルの土地なのでしょうか? それとも中国共産党が侵略した土地なのでしょうか?

  • 中国のチベット併合の合法性

    中国政府は 「漢民族は清国の旧領の全域を単位とする「中国」という枠組みを設定し、自身をその「中央政府」と位置づけ、その他の各地の政権に服属をもとめる」 と言う立場により、チベット併合を正当化しておりますが、 私は 韓国人のダブルスタンダード http://okwave.jp/qa/q6712906.html の質問で、 「清朝の消滅により、その支配下に入っていた諸国・諸民族はそれぞれ対等の別個の国家となるのが筋」 という考えを述べました。 私としては、内モンゴルも人民解放軍が解放と称して進軍してくるまではモンゴル人の自治政府があったので、内モンゴルも中国が不法に侵略した土地だと考えております。 チベット問題については、北京オリンピックの聖火リレーで各国の中国政府に対する批判があったことなどから、世界各国はチベット併合は不法行為だと考えているのかと思ったのですが、よく考えたらそのときに聞いたスローガンは「フリーチベット」ぐらいで、「侵略」という言葉は聞きませんでした。 国際的に中国のチベット併合は合法だとみなされているのでしょうか? また、もし合法であるのなら、各国がチベット問題で中国を非難することは内政干渉に当たるのではないでしょうか? 合法と言う見方が一般的だと分かれば、自分が質問で回答した内容の一部を撤回したいと思います。

  • なぜ中国は韓国を中華文明圏の仲間に入れてやらない?

    韓国に行けばわかると思いますが、国中どこを見ても中国そのまんまです。 ただ街中の文字がハングルというだけです。 例え華夷秩序というものがあったとしても、満州、モンゴル、チベット、東トルキスタンを中華とするならば、朝鮮だって中華文明圏の国だとしてもいいのではないでしょうか? それにも関わらず、なぜ中国は韓国、北朝鮮を中華文明圏の仲間に入れてやらないのでしょうか? 中国は韓国、北朝鮮を利用したい時だけ利用して、用がなくなれば、ポイッと捨てるなんてあんまりにも可哀想だと思います。 事情通のみなさん、どうなんでしょうか?

  • なんでもモンゴルなんかが中国を侵略できた?

    どうしてモンゴルなんかが人口や武器や文明や兵法が進んでいた当時の中国を侵略できたのでしょう? 馬や弓矢ぐらい遊牧民じゃなくたって練習すれば使えるし、そんなのがちょっと上手いからといって団結したくらいで勝てる相手だとは思えないのですし、馬の良し悪しぐらいで勝てるならそんな簡単なことはないでしょうし、勝因はどこにあったのでしょう? チンギスハーンの生涯を見ていると大征服者ではあるけども、戦が下手とは言えないけど上手いとも言えないように見えます。結構普通にしょっちゅう負けたり、天才的な策略で敵を破ったりっていうのはないです。武将としては並だと思います。 考えれば考えるほど、なぜ中国が原始人みたいなモンゴル人に負けたのかよくわからないです。 このことに詳しい人がいれば教えてください。

  • 質問

    中国共産党政権はウイグルやチベットに侵攻し自国化しましたがなぜ北朝鮮は自国化しなかったのですか? 清国はウイグル、チベット、ベトナム、朝鮮、モンゴルを保護国としましたが完全に自国化しませんでした 中国共産党はなぜウイグルやチベットを自国化したのでしょう?

  • 中国 内乱勃発。

    十二分にあり得る話と思いますが、仮に中国国内のウイグル自治区や、モンゴル自治区が同時に内乱を起こし、内戦状態になった場合、日本、アメリカ以外のEU各国や、ロシアはどうするでしょうか?ロシアが中国と手を結ぶと、各自治区はかなり可哀想な結果になる気がします。

  • 中華思想って中国共産党の思想ですか

    中華思想という言葉をよく耳にします。チベットやウイグルに対する強圧政策、南沙諸島や尖閣諸島への侵略政策、強硬な反日政策、反国家分裂法の採択等による中華民国(台湾)に対する圧力、侵略予備行動、反日デモの激化や軍事力の増強等は中華思想によってなりたっていると。 例えば台湾やチベット問題ですが、中国はいろんな国の領土を侵略して欲しがっています(彼らの考えは違うでしょうが)。これは中国の人民の思想というよりは、中国共産党の思想で台湾やチベットを欲しがっているということでしょうか?台湾や他の中国系の人はこんな大それた考えは持っていないような気がします。中国の人民も自分たちの暮らしがよければ別に台湾やチベットなんてどうでもいいと思っているような気がします。となれば中華思想で他の国が欲しいと思っている思想は共産党の思想とういことでしょうか?

  • 中国が学ぶべき日本人の性格

    中国は日本人の気質を学んだ方が良いのではないかと思うのですが、どうでしょうか? 最近ご承知のとおり中国の身勝手な振る舞いが目にあまります。尖閣諸島への執拗な侵入、尖閣を含む限りなく領空宣言に近い「防空識別圏(ADIZ)」の設定とか、チベットやウイグル人への人種差別、ベトナムやフィリピンの領海の強奪などなど。しかしどの国も、中国の購買力、経済発展にあやかろうとしてすり寄るばかりです。 英国のキャメロン首相はダライラマと会談したので1年あまり中国から相手にされず、その間、ダライラマとの会談をしなかったフランスのオランド大統領は中国が手厚くもてなしたそうです。またキャメロン首相は今月ようやく中国を訪問できた際に人権問題には何も触れず、一方、習氏一族の蓄財疑惑を報じた英国人記者が会見から締めだされた際に「憂慮」を表明しただけで何もしなかったそうです。 日本が戦後秩序を乱しつつあるなどと公言して各国との包囲網構築の動きをし、日本とは政府間の会合を持とうとしません。中国の意見を聞けば会ってやるよという姿勢です。 しかし、日本人は通常はニコニコしていますが、いざとなれば国際連盟を脱退して欧米と戦い、アジア各国の独立の機会を作ってきました。一方、中国へ攻め込んだ理不尽な軍部もいましたが。 また、かっての中国独立の英雄・孫文を手厚く保護したのも日本です。戦後復興期に手厚い援助をしたのも日本です。当時と今では日本人の気質は変わっている点があるかもしれませんが変わらない点もありそうです。 中国は日本人をあまりバカにしない方が良いのではないかと思うのですが、どうでしょうか?