• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

質問

中国共産党政権はウイグルやチベットに侵攻し自国化しましたがなぜ北朝鮮は自国化しなかったのですか? 清国はウイグル、チベット、ベトナム、朝鮮、モンゴルを保護国としましたが完全に自国化しませんでした 中国共産党はなぜウイグルやチベットを自国化したのでしょう?

noname#147444
noname#147444

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数111
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • sudacyu
  • ベストアンサー率35% (687/1961)

<北朝鮮だけの話ですが>  北朝鮮は、中国共産党政権が誕生した当時、事実上ソ連の傀儡政権でした。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1261909452 <昭和二十年八月、ソ連軍は日ソ不可侵条約を破って満州になだれ込んできますが、数日後に日本が降伏した後もソ連軍は満州に居座り続けました。 連合国の秘密協定では満州を中華民国に引き渡すことになっていました。 国民党軍は当然の権利として満州への進軍を申し入れましたが、ソ連はそれを拒み続けて毛沢東率いる共産党軍のみを引き入れました。 アメリカはこの動きを見て、ソ連の南下を防ぐために5万人の海兵隊を華北に送り込んで睨みを利かせました。 帝政ロシア時代には満州はロシア領同然でしたから、最初から国民党に満州を素直に渡すつもりはなく、スターリンはここに共産党による傀儡政権を置いて事実上のソ連領にするつもりでした。 そしてご存知のように同じく北朝鮮にも傀儡政権が置かれそれが朝鮮戦争の悲劇へと直結しました。 こうなることが分かっていたから、日本も敗戦まで満州から手を引くに引けなかったわけです。 あきれたことにソ連軍は満州にあった日本企業の重工業施設の機械や物資を戦利品として収奪して本国に送り始めました。 さらには水力発電機やセメントや石炭、木材までも奪いました。 学校さえも収奪の対象になり、机、消しゴムや鉛筆まで持っていかれました。便器まで剥ぎ取って送ったそうです。 まさに強盗国家ソ連の面目躍如です。 当時満州には日本人の資産が500億円ありましたが(現在の価値なら100兆円を下らないでしょう)、そのかなりの部分がソ連本国に持っていかれました。 その間のソ連軍兵士による、日本人居留民への暴行・強姦・殺戮、国際法違反の日本軍兵士シベリア送還はここで言うまでもないでしょう。 1946年初頭に共産党支配の基盤がある程度固まった段階でソ連軍が引き上げると、国民党軍と共産党軍は満洲各地で争奪戦を行いますが、1948年には赤軍が満州の支配を確立して今日にまで至ります。 ただし旧満州鉄道の共同管理権と大連港だけは以後もソ連は手放そうとせず、これらすべてが新生中国に返還されたのは1952年になってからのことです。>  1950年、朝鮮戦争が始まって当初、押しまくられた韓国・アメリカ軍でしたが、本格的反攻により、北朝鮮の主要部分を占領するに至りますが、『中国義勇軍』(建前上)が参戦するに至って、戦争開始時点の勢力ラインに押し戻され、1952年1月に事実上、停戦が始まり、1953年に休戦協定が結ばれました。  従って、ソ連の代わりに中国が戦い(軍需物資はソ連が供給)、その見返りに旧満州鉄道の共同管理権と大連港を返還したということで、この時点でも北朝鮮は、ソ連の影響が強かったと見てよいでしょう。その後、中国国内の政権基盤が確立されるにつれ、実際に多くの兵を出した中国の影響力が、段々と強くなります。 <ベトナムについて>  ベトナム戦争が一番激しかった頃、ソ連と中国はあまり仲が良くなく、軍事衝突まで起きました。 中ソ国境紛争 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E3%82%BD%E5%9B%BD%E5%A2%83%E7%B4%9B%E4%BA%89  そのような状況の下で、アメリカと戦っていた北ベトナムは、ソ連・中国双方から援助を受けていました。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • tanuki4u
  • ベストアンサー率33% (2764/8360)

中華人民共和国は中華民国の後継を主張しています。 中華民国は清朝の後継を主張しています。 清朝皇帝は 五つの地域権力のトップです 女真族のトップ モンゴルのハーン 形式上は 元の後継 中国本土の清朝の皇帝 明への反乱軍を征伐するために入関しています ジュンガルの征服者 チベットの大旦那 朝鮮に対しては宗主国の立場であって、地域権力のトップにはなっていない。 清朝の後継としての正当性を主張できないところには、自国化していません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました

  • 回答No.1
  • tomo328
  • ベストアンサー率29% (33/112)

北朝鮮の自国化について、よく言われている話は、アメリカと同盟している韓国と国境を隣接したくないから、というのがありますね。 ウイグルやチベットの件は、過去の最大版図の復活と、地下資源の確保があるのではないかと言われています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました

関連するQ&A

  • 中国の領土について教えてください。

    中国の領土について教えてください。 チベットやウイグル自治区では しきりに中国からの独立欲求がなされております。 自治区とは言え名ばかりで 中国共産党の支配下にあります。 チベットやウイグルの土地は もともと独立国としてのチベットやウイグルの土地なのでしょうか? それとも中国共産党が侵略した土地なのでしょうか?

  • 中国共産党政権を解体する、最適で一番効率の良い方法を教えてください

    中国共産党が嫌いです。チベット人を殺す、ウイグル人を殺すなどヒドすぎます。中国共産党政権を解体する、最適で一番効率の良い方法を教えてください そして中国の民主化を進めるべきだと思います。やはり、内部の共産党の腐敗を追及するのが良いでしょうか

  • 外務省は中国・韓国・北朝鮮にべったりなのは、なぜ?

    最近、外務省は評判が悪いですね。 機密費の横領とか。 特に、アジア局というところが評判が悪いです。 朝貢外交のように中国へODAを出したり、拉致疑惑の北朝鮮に食糧を援助したり。 (ODAとか、食糧援助は外務省の問題ではなく、政治の問題なのでしょうか?) でも、私は、外務省って、すごく頭がよくって、悪代官のように悪賢く日本の国益を図っているのかも?と推理小説のようなことを考えているのです。 それで、私はこのような「外務省陰謀説」を考えました。 (1) 中国が民主化すると共産党政権がつぶれる→そうなると中国は分裂する→中国からおびただしい難民が日本に押し寄せる→そのようなことのないように共産党政権を金銭面で支え、中国に民主化が起きないようにしようと企んでいる。 (2) 南北朝鮮が統一すると「統一して」過去の問題について日本を責めてくる恐れがある→南北は内部で喧嘩していてくれたほうが日本の得である→北朝鮮に食糧援助をして金正日政権が崩壊しないようにし、南北分断を企んでいる。 これはいくらなんでも考えすぎでしょうか。 私の陰謀説とは逆に、「外務省アジア局は、中国共産党日本支部だ」という悪口も聞きますが、実際のところ、どうなのでしょうか。 私の与太推理はともかくとして、外務省は(1)やっぱり中国共産党や韓国・北朝鮮にべったり (2)したたかに国益を図っている のどちらなんでしょうか。 事情通の方、教えてください。

  • 新型コロナウイルス

    新型コロナウイルスの感染者は、世界で1500万人を超えましたが、中国共産党は、その発生源や原因について情報隠蔽して、WHOの査察も拒否しています。 これは、漢民族以外を抹殺するジェノサイドではないでしょうか? ジェノサイドではないとしたら、なぜワクチン開発もなにも協力しないで、ウイグルやチベットの弾圧や南シナ海、尖閣諸島の侵攻ばかりしているのでしょうか?

  • 中共は、実は崩壊の危険があるのか?

    アメリカのアルカイダ殲滅にしようと、躍起にやるほど、免疫性を高めて濃く暗躍してきて、輪をかけて免疫力のある抵抗力のもった回避力の高い組織が残ってしまいます。 このことを参考にすれば、中国は烏丸兵をウルムチの民族を弾圧しているようですが、アメリカと同じようになってくるのではないか? と気づかないのでしょうか? 中国に、陸の端っこから、導火線に火がついてきているのではないでしょうか? そうというのは、アルカイダもイスラム国という形にかえて、規模も大きくなってきています。 これを、ウイグル族などにあてはめれば、中国がよく弾圧していますが、だんだんと免疫力を高くしていって、具体的にはウイグルは、さらに外と結ぶようになり、武器などを入れるようになってくる。 だんだんと装備してくるというのとで、ウルムチがイスラム国のようなウイグル国というものをつくり、イスラム国と同盟し中国を脅かすのではないでしょうか? 中国としても、目が届くのもせいぜいウイグルの範囲内ですから、その外の国までは目がいかないところが免疫力をあげてくるところとなります。 チベット国などもウイグル国と結びやすい共通の痛みを患っていますから、チベット国、ウイグル国、イスラム国と三國軍事同盟をされて、中国は境地に追い込まれないでしょうか? そうなれば、結託をした三國が、比較的ゆるい地方の北平や西涼の地方から攻められると大きく領地を失いかねないのではないでしょうか? 中国は海沿いには強いかもしれませんが、内陸からの攻めには受けにくい体制ではないでしょうか? 一応核がありますから、ウイグル国などに一発打ち込めばいいわけですが、しかし、自国の領土に打ち込むというのも、さぞかし国際社会に対しても恥ずかしい限りですし、できないのではないでしょうか? それが免疫力なわけで、ウイグル国にしては。 そういう弱みを穴を掘り進むように掘ってくると次第に大きな組織になってきた、いまでは香港も文句を言ってきていますから、意外と海外からもベトナムからフィリピン、タイまで結託して、ウイグル国、チベット国、イスラム国、タイ、ベトナム、フィリピン、モンゴルもむかし領土問題で中国に悔しい思いをさせられてますから、モンゴルは北朝鮮と国交は豊かなので、まさか北朝鮮までもが中国を狙い、陸海空から、中国はクチャっとやられてしまいかねないのではないでしょうか? 日本も包囲網の網を張っていますから、日本は水面下でミャンマーなどにも支援してますから、バングラデシュでさえあのローラを率いて応援してますから、日本が中国の周囲国を支援できる体制が整っているのではないでしょうか。 内陸にはアメリカから日本からヨーロッパからの工場が立ち並び蜂起の合図とともに総裏切りにされてしまうので、国内からも不満が噴出している国民からしてもヨーロッパ諸国のメンバーと共同する形となり、中共がものすごい音とともに崩れるのではないでしょうか? これは、今までの中国の行いのしっぺ返しが、太りに太ったその象徴とさえいえる習近平の腹をみれば、豚の腹をかっ割くように周りの国から噛みちぎられていくのでしょうか?

  • 渡部昇一、田母神と中国共産党って似てませんか?

    渡部昇一、田母神と中国共産党って似てませんか? 渡部昇一、田母神俊雄も中国共産党も両方嫌いだという方はいませんか? 渡部昇一、田母神俊雄も中国共産党も同レベルだと思います。 自国にとって都合の悪い部分には目をつむり、負の歴史を断罪しようとすると「愛国心がない」などと言って批判する所とか。 渡部昇一は、中国共産党のことを「ちゃんと過去の歴史を反省してない」とかいってよく批判してますが、あんたも同じだろと言いたくなります。 渡部昇一や田母神俊雄が中国に生まれていたら「中国が来る前のチベットは酷かった。中国のおかげでチベットは発展した」なんて言ってそうですね(笑)。

  • チベット問題に対する中国の主張に対して質問です。

    チベット問題に対する中国の主張は、私の知っているとおり以下の通りです。 ・人民解放軍はチベットの民衆を農奴制の苦しみから解放した。 ・チベットは元や清の時代には中国の一部だった。だからチベットは昔から中国の一部だ。 他に中国側の意見はありませんでしたか? そして、上記の主張に対して疑問があります。 まず第一に、私の記憶が正しければチベットって遊牧民族によって構成された地域でしたよね?遊牧民族でも農奴制は成り立つものなのでしょうか?それとも、私の記憶が間違いで、チベット人は遊牧民族ではないのでしょうか? それ以前に、もしチベットに農奴制があり得たとしても、チベットの民は中国など他の地域や国に助けを求めたのでしょうか?もしチベットの誰も農奴制からの解放を求めていないのに中国が独断で人民解放軍を送ったとしたら、それは単なるおせっかいじゃないんですか?中国共産党からの弾圧から国民を解放するなんて言って日本が今から軍隊を中国に送っても誰も喜びはしないと思いますが。 そして第二に、元や清は共に漢民族による国家ではないですよね? 元はモンゴルが宋(中国)を支配して作り上げた国家なのだから、チベットはあくまでモンゴルの一部なのであって中国の一部ということにはならないのではないのでしょうか?もしこの理屈が通るなら、韓国は台湾の一部、リトアニアはベラルーシの一部と言う事になりません? それとも、元時代のチベットはモンゴルに支配されていた中国が支配したものであって、モンゴルが直接支配したわけではないのですか?元と中国とチベットの関係や当時の国家のシステム自体がよくわかりません。 そして、清は満州民族が築き上げた国家ですよね?それは、満州民族が明を滅ぼして漢民族を支配したものなのでしょうか?それとも、多民族国家である明の後を満州民族が継いで、それを清と呼び名を変えただけのものなのでしょうか?前者と後者では意味が違うように思えます。 また、中国が主張するチベットが中国の一部だったという時代は元や清以外にないでしょうか?

  • 民族と中国史

    中国って歴史的には、周辺に朝鮮、トルコ系、チベット系、ベトナムなどあります。(現在の国境は別として) 中には、契丹や女真族などがあります。 1、中国史に組み込まれるのはやはり地理上というのが大きいでしょうか。 組み込まれている民族で、漢民族に関わらず他の民族も中国の国を作ってます。 それで、北のトルコ系などは牧畜で馬を養成したりして、戦争に強かったですね。 2.中国の歴史的に周辺的な民族っていろんな対応していると思うのですが、やはり服従、そむいて独立、抗戦、駆け引きなどありますが。ウイグル、チベット、朝鮮、ベトナムとどんな特色があるといえますか?インドの文化をうけた国と中国の文化を受けている国も含まれますが。

  • 中国共産党も嫌いだが勝谷政彦も嫌いと言う人はいますか?

    中国共産党も嫌いだが勝谷政彦も嫌いと言う人はいますか? 僕は、中国共産党のおこっなっているチベット、ウイグルでの民族浄化や 自国民に対する人権弾圧は許せませんが、勝谷政彦はやたらに過激で柄悪く やたらにタカ派傾向な所が嫌いです。最近テレビで在日米軍を追い出し 日本は核武装し竹島を武力奪還し、そうすれば東アジアは安定するとかむちゃくちゃなことを言ってましたし。 こういう人はマイナーですか

  • チベット・ウイグルの悲劇と南京大虐殺

    南京大虐殺があったかどうかについては もうすでに歴史と言う学問に属するモノであって いまさら感情的に議論するべきではないと思います。 まぁ、自称”生存者”が感情的になるのはしょうがないですが。 歴史教科書にはハッキリあったことが証明されないと書きこんではいけません。 そんな歴史の範疇に属する南京大虐殺よりも 今現在も続いているチベットやウイグルの悲劇をなぜ注視しないのでしょうか? すくなくとも日本のメディアは無視しています。 彼らは口先では市民の味方みたいにかっこつけていますが マスメディアが伝えなくて誰が伝えるのでしょうか? メディアの社会的責任は権力の監視であると言われています。 日本国の総理が漢字を読み間違えたとか、韓国のタレントが契約で揉めて解散するのかとか、 そんなことに時間を割くのではなく 日本のお隣の中国共産党がやっている”民族浄化”を日本国民に伝えることが マスメディアの責任であるはずです。 チベットやウイグルで中国共産党がやっていることを見て見ぬふりすることは マスメディアとして「共犯」にも等しい行為だと私は思います。 みなさんはこの現状を打開するにはどうするべきだと思いますか?