• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

中共は、実は崩壊の危険があるのか?

アメリカのアルカイダ殲滅にしようと、躍起にやるほど、免疫性を高めて濃く暗躍してきて、輪をかけて免疫力のある抵抗力のもった回避力の高い組織が残ってしまいます。 このことを参考にすれば、中国は烏丸兵をウルムチの民族を弾圧しているようですが、アメリカと同じようになってくるのではないか? と気づかないのでしょうか? 中国に、陸の端っこから、導火線に火がついてきているのではないでしょうか? そうというのは、アルカイダもイスラム国という形にかえて、規模も大きくなってきています。 これを、ウイグル族などにあてはめれば、中国がよく弾圧していますが、だんだんと免疫力を高くしていって、具体的にはウイグルは、さらに外と結ぶようになり、武器などを入れるようになってくる。 だんだんと装備してくるというのとで、ウルムチがイスラム国のようなウイグル国というものをつくり、イスラム国と同盟し中国を脅かすのではないでしょうか? 中国としても、目が届くのもせいぜいウイグルの範囲内ですから、その外の国までは目がいかないところが免疫力をあげてくるところとなります。 チベット国などもウイグル国と結びやすい共通の痛みを患っていますから、チベット国、ウイグル国、イスラム国と三國軍事同盟をされて、中国は境地に追い込まれないでしょうか? そうなれば、結託をした三國が、比較的ゆるい地方の北平や西涼の地方から攻められると大きく領地を失いかねないのではないでしょうか? 中国は海沿いには強いかもしれませんが、内陸からの攻めには受けにくい体制ではないでしょうか? 一応核がありますから、ウイグル国などに一発打ち込めばいいわけですが、しかし、自国の領土に打ち込むというのも、さぞかし国際社会に対しても恥ずかしい限りですし、できないのではないでしょうか? それが免疫力なわけで、ウイグル国にしては。 そういう弱みを穴を掘り進むように掘ってくると次第に大きな組織になってきた、いまでは香港も文句を言ってきていますから、意外と海外からもベトナムからフィリピン、タイまで結託して、ウイグル国、チベット国、イスラム国、タイ、ベトナム、フィリピン、モンゴルもむかし領土問題で中国に悔しい思いをさせられてますから、モンゴルは北朝鮮と国交は豊かなので、まさか北朝鮮までもが中国を狙い、陸海空から、中国はクチャっとやられてしまいかねないのではないでしょうか? 日本も包囲網の網を張っていますから、日本は水面下でミャンマーなどにも支援してますから、バングラデシュでさえあのローラを率いて応援してますから、日本が中国の周囲国を支援できる体制が整っているのではないでしょうか。 内陸にはアメリカから日本からヨーロッパからの工場が立ち並び蜂起の合図とともに総裏切りにされてしまうので、国内からも不満が噴出している国民からしてもヨーロッパ諸国のメンバーと共同する形となり、中共がものすごい音とともに崩れるのではないでしょうか? これは、今までの中国の行いのしっぺ返しが、太りに太ったその象徴とさえいえる習近平の腹をみれば、豚の腹をかっ割くように周りの国から噛みちぎられていくのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数115
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

経済のバブルは崩壊しても国家としての中共は崩壊しにくい。 周辺国は中国軍からの自衛のためのもので、中国の体制まで 崩壊せしめるような軍事力は国境を接している国の中で戦える のはロシアくらいでしょう。(数年後、数十年後はインドも) ウイグル、チベットよりも党内権力闘争と人民軍が制御不能に なって分裂する方が可能性があるとは思います。 しかし中国の国民が民主化を求めて共産党を打倒する可能性 は低いと思います。 孫文が中国人を指して「散砂」つまりさらさらと零れ落ちる砂と 表現しました。 中国人は個人主義が強いのです。 故にまとめるにはその統治はより強権的でないとバラバラに 砕け散ってしまいます。 民主的な多党政治になると四分五裂して現在の大国の座には いられないと考える人は多いでしょうから。 それにそんな国になって欲しくもない。 もし民主化に成功して なおかつ分裂を回避出来たなら、日本にとって今よりも手強い 国家になりますもの。  このまま世界の悪役でいてください。 民主化もせず党幹部は甘い汁を吸いながら、軍事費に金はか けながらハリボテ戦力と横流しで私腹を肥やす軍幹部がいて くれてハッタリは出来るが戦争の覚悟はない今のままで。 経済のバブル崩壊も隠蔽出来るだけして自爆する時の破壊力を 蓄積していって欲しいものです。 一部の最高幹部だけが実情を知っている今のままが一番。 戦前の日独伊、戦後のソ連、今の中国とテロ組織のような悪役 (世界を牛耳る国家群にとって)が必要なのです。 え? 次はどうなるかって? また国際金融資本だか軍産複合体 だか財閥だかが、どこかの国に資本を投入して軍事的脅威国を 作り上げるんじゃないですかねぇ。 だってソマリアの海賊に投資して略奪して大儲け企む奴らが世界 中にいるんですよ。  ファシズム、共産主義(社会主義)、イスラム…何か思想や体制の 対立なんかじゃない気がします。 結局は覇権争い。 でも、フランス革命後と同じで米国の世界秩序が崩壊したら、次は 恐怖政治か略奪横行しか想像できません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほどね。 李儒に 言わせてもらえば、 「ここは、待つのが得策かと…。

関連するQ&A

  • 質問

    中国共産党政権はウイグルやチベットに侵攻し自国化しましたがなぜ北朝鮮は自国化しなかったのですか? 清国はウイグル、チベット、ベトナム、朝鮮、モンゴルを保護国としましたが完全に自国化しませんでした 中国共産党はなぜウイグルやチベットを自国化したのでしょう?

  • ウイグル、チベット弾圧への国連の態度

    中国のウイグルやチベットの弾圧ですが、なぜ国連はダンマリなんでしょうか?

  • 安保条約が締結されていなかったら

    安保条約があったから日本な守られてきたと言われる。 もし締結されていなかったら日本はどうなっていたと思い ますか? 中国やロシアの属国になっていたでしょうか? そして今までアメリカ以上の金を搾取されていたでしょうか? そしてチベットやウイグルの様に自由が弾圧されたでしょうか?

  • 平和団体=中共の支持者?

    平和団体=中共の支持者? って騒いでる連中がいますが偏見ですよね。 ”平和団体はチベット弾圧を批判しない” というのをよく聞きますが、では、ロシアのチェチェン弾圧や グルジア介入を批判する声を聞いたことあるでしょうか? ほとんど聞きません。アメリカ関連だったらすぐ声を上げるのに。 この件では同志社大学の国際政治学の村田教授は、番組「たかじんのそこまで言って委員会」で「イラク戦争のときはあれだけ反対の声を上げていた平和団体は、グルジアの介入に対してはほとんど声を上げない」とおっしゃってました。 つまり ”アメリカ関連のこと以外はほとんど批判しない”が 実態ではないでしょうか? 中国のチベットやウイグル弾圧のみならず チェチェンでの ロシア軍の蛮行もほとんど批判しませんし(林克明や暗殺されたジャーナリストであるアンナ・ポリトコフスカヤの本を読めばわかります) アメリカの軍艦だの入港反対はよく見かけますが ロシア軍艦入港反対、ロシア大使館の前でチェチェンでの残虐行為はやめろ、と叫んでいる(チェチェン弾圧反対の集会の抗議行動は、とあるブログで見ましたが極めて小規模でした)のはほとんど見かけませんし、聞きません。 ですから、平和団体の多くは、実態は反米組織ではないでしょうか? べ平連もそうでしたし。

  • 中国によるチベット侵略・・、中国へのお仕置きは?

    中国による力の侵略は、モンゴルやウイグル侵略と同用に、チベットへの聞くも涙の凄惨な虐待を生み、今なお侵略の手を緩めず、チベット文明さえ抹消しようとしています。こんな状況を世界の秩序を理解する各国は、暴走中国に対し、なんのお仕置きもしないで傍観するのでしょうか?

  • 沖縄の人たちは左翼の言う通りしていると沖縄が

    悪い方に悪い方に向かってしまうことがわかってきたんですか? 中国が少しずつ沖縄に進出してきました。中国はチベット、ウイグルを見てもわかるように少数民族を弾圧しています。香港や台湾とも良好な関係ではありません。県民も算盤を弾いたのでしょう。 全然関係ないコリアンとか本土の左翼が一生懸命活動をしているのを見て「俺たちの望むこととちょっと違う方向に行っているぞ」と気付いたのでしょうか?

  • イスラム国が中国を攻撃する日

    中国の漢民族は、もういい加減にした方がいいのではないでしょうか? チベットやウイグルの人たちを無慈悲に弾圧し続けていると、今に大変なことになりませんか? 沿海部などの工場にこうした少数民族を連れて行って就職を斡旋するなど、一応は所得を向上させようという姿勢は見せている漢民族ですが、受け入れ先でも少数民族は露骨な差別や虐待に会っているようです。 ウイグルでは、中央政府の公共投資を内陸部に優先的に配分する政策もあって、公共工事が非常に活発になっていますが、そこで仕事にありつけるのは、ほとんど漢民族ばかりです。 ウイグル人は言葉が通じにくく教育水準も低いので使いにくいという理由があるそうですが、このままだと少数民族の居住地域のpもともとの住民の生活は向上せず、漢民族ばかりが豊かになって、少数民族の居住地と仕事の機会を奪うばかりです。 現地政府や警察も、現地の少数民族出身者ではなく、漢民族出身者がほとんどです。 さらに、少数民族と漢民族の結婚を奨励し、報奨金まで出して少数民族を漢民族に同化させようとしています。 このままでは、中国がウイグル族と同じくイスラム教を信じるイスラム国の攻撃の標的になるのは、時間の問題なのではないでしょうか? 中国が標的になると、中国に怨みを持つ人々が大量にイスラム国に集まってくるかもしれません。 極東地域の新たな不安定要因になりませんか? 日本企業は中国で安全に活動を続けられるのでしょうか?

  • チベット問題に対する中国の主張に対して質問です。

    チベット問題に対する中国の主張は、私の知っているとおり以下の通りです。 ・人民解放軍はチベットの民衆を農奴制の苦しみから解放した。 ・チベットは元や清の時代には中国の一部だった。だからチベットは昔から中国の一部だ。 他に中国側の意見はありませんでしたか? そして、上記の主張に対して疑問があります。 まず第一に、私の記憶が正しければチベットって遊牧民族によって構成された地域でしたよね?遊牧民族でも農奴制は成り立つものなのでしょうか?それとも、私の記憶が間違いで、チベット人は遊牧民族ではないのでしょうか? それ以前に、もしチベットに農奴制があり得たとしても、チベットの民は中国など他の地域や国に助けを求めたのでしょうか?もしチベットの誰も農奴制からの解放を求めていないのに中国が独断で人民解放軍を送ったとしたら、それは単なるおせっかいじゃないんですか?中国共産党からの弾圧から国民を解放するなんて言って日本が今から軍隊を中国に送っても誰も喜びはしないと思いますが。 そして第二に、元や清は共に漢民族による国家ではないですよね? 元はモンゴルが宋(中国)を支配して作り上げた国家なのだから、チベットはあくまでモンゴルの一部なのであって中国の一部ということにはならないのではないのでしょうか?もしこの理屈が通るなら、韓国は台湾の一部、リトアニアはベラルーシの一部と言う事になりません? それとも、元時代のチベットはモンゴルに支配されていた中国が支配したものであって、モンゴルが直接支配したわけではないのですか?元と中国とチベットの関係や当時の国家のシステム自体がよくわかりません。 そして、清は満州民族が築き上げた国家ですよね?それは、満州民族が明を滅ぼして漢民族を支配したものなのでしょうか?それとも、多民族国家である明の後を満州民族が継いで、それを清と呼び名を変えただけのものなのでしょうか?前者と後者では意味が違うように思えます。 また、中国が主張するチベットが中国の一部だったという時代は元や清以外にないでしょうか?

  • 中国のチベット弾圧について

    中国は最近日本に文句を色々つけていますが実際中国はチベット等に侵攻弾圧人権侵害を繰り返しています。中国がチベットに侵攻侵攻弾圧人権侵害している理由はなんなのでしょうか?表向きの理由と裏の本音の理由をおしえてもらえないでしょうか?

  • パスポートを盗まれたら!

    まだ盗まれたわけじゃないのですが、対処方法が分からないので。 このたび10日間の日程で中国国内を飛行機で周遊してきます。 今まで、アジアの奥地まで周遊してきましたが事故は無し、今回は中国でもウルムチや内陸を旅行することになります。(内陸はあります。) ウルムチに留学している友人曰く、治安は非常(他人が)しても見て見ぬフリが一番。万一声を上げたら何をされるか分からない。 スリに合う確立は非常に高く、現地の人も携帯を4台すられたとか。 スラれて一番困るのは、パスポート。 ウルムチに日本の大使館はないと思います。 在るとすれば、上海か北京などの大都市ですよね。もし、内陸で盗まれたら身分証明書がありません。 内陸からの移動は、数千キロ。飛行機でないと移動できません。飛行機で移動するにも、パスポートが無いと乗れないはずです。 こんな事態に陥ったらどうしようかと、今から心配しています。 旅行を切り上げるのは構わないのですが、なんとか期日中に帰国したいのです。