-PR-
解決済み

ルー・ドゥ・ラージュさんから質問:心の拠り所

  • 困ってます
  • 質問No.9359226
  • 閲覧数86
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 76% (5922/7779)

こちらはOKWAVEが主催するイベントカテゴリー
【特別企画】『OKWAVE Stars』からの質問です。
http://okstars.okwave.jp/

2017年8月5日公開の映画『夜明けの祈り』主演のルー・ドゥ・ラージュさんから質問です。

「皆さんは何を心の拠り所にしていますか。」

たくさんのご回答お待ちしています(^^)/


※参加にあたっては、下記リンク先の注意事項をご一読ください。
http://okstars.okwave.jp/

☆ルー・ドゥ・ラージュさんへの映画『夜明けの祈り』についてのインタビューも下記からどうぞ!
http://okstars.okwave.jp/vol677
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 21% (1044/4925)

他カテゴリのカテゴリマスター
長い間、「存在の本質」や「生きる目的」について、
学校教育や権威者の著作に納得できなかった。
しかし今や;
1.全ての素粒子は、超弦=量子定常波の励起状態として
  得られる。
2.その超弦が振動する空間は、我々の感じる時空4次元
  ではなく、リー群例外群E8✖E8という26次元。
3.それらが4次元の存在的確定性を得るのは、階層現象
  性(超弦(量子)<クォーク<素粒子<原子<分子<細胞
  <認識体(脳))の表面性に付随して、超弦(量子)の
  光速性の潜在化により派生する非光速性に基づく。
4.その仮想的な非光速性に基づき、自我仮説(記憶=過去
  (時間軸)=超光速)と環境仮説(予測=未来(空間軸)=
  光速下)の対発生は可能になっている。

・・・こうした「自己のスタンス」が明確になり、自我意識
が明確になって、虚構だらけの社会的価値や、自己顕示に
満ちた世評に惑わされる事なく、世界の中に自分の進むべき
道が見えるようになった。
お礼コメント
10q-OK

お礼率 76% (5922/7779)

ご回答ありがとうございます。OKWAVE Stars編集部です。
この図はなかなか難しいですが、まずは理解したいです!
投稿日時 - 2017-08-09 11:13:56

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 11% (24/216)

心の拠り所についてこれまで考えたことはありませんが、
わりと自分を信じている方だと思います。
お礼コメント
10q-OK

お礼率 76% (5922/7779)

ご回答ありがとうございます。OKWAVE Stars編集部です。
きっと自分に自信もあるということですね!
投稿日時 - 2017-08-09 11:08:26


  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 5% (1/19)

地に足つけて生活することですかね。
無理な背伸びをしない、よく分かってないことはしない、ちゃんと考える。
そんなところです。
お礼コメント
10q-OK

お礼率 76% (5922/7779)

ご回答ありがとうございます。OKWAVE Stars編集部です。
地に足つけて、いい言葉ですよね^^
投稿日時 - 2017-08-16 11:40:32
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 21% (1044/4925)

他カテゴリのカテゴリマスター
#2の者です。
先の書きこみの図には、多くの物理学的知見が先入しています;

1.相対性理論において、超光速によりエネルギーは虚数
  となり、時空相互作用の自乗においてマイナス=時間
  逆行の等価となる。

2.その時間逆行において、時間軸と空間軸は入れ替わる。
  その現象は、ブラックホールのシュバルツシルト境界
  の内外でも起きる。

3.超弦理論において、全ての素粒子(物体)は超弦=
  量子定常波の励起状態として得られる。
  量子定常波は、量子重力(負エネルギー)と量子波動
  (正エネルギー)の相補分化による量子的ブラック
  ホールであり、上記現象と相同である。

4.そうした「超光速=過去=記憶=時間軸」と「光速下
  =未来=予測=空間軸」の相補分化は、本質的な超弦
  =量子の光速を、階層現象的に潜在化(超弦(量子)<
  クォーク<素粒子<原子<分子<細胞<認識体(脳))
  する(表面的にいい加減(経験的)に捉える)事で
  生じる非光速性に依存している。

5.先の図の水平軸は、速度無限大=全宇宙に一瞬で到達
  する=全宇宙が一点=過去からの静止と等価。

6.過去への対発生を「過去からの静止」の等価とする上で、
  時間軸反転のCPT反転において、過去からの粒子は
  空孔となり、未来への粒子と過去の空間(粒子の外)が
  相同となり、そうした非光速性が本質的に超弦=光速に
  還元される事で、「中と外が連続=無」となる。

7.下の図は、超弦(量子ブラックホールでの量子定常波)を
  起源とした階層現象的表面は、「希薄なブラックホール」
  だと言え、その潜在的認識可能性の感受表面での「過去と
  未来&時間軸と空間軸の対発生」は、ブラックホールの
  シュバルツシルト境界での対発生(仮想的な)の等価だと
  言える(先のC(ライトコーン=仮想的時空への無の射影)
  事実を図式化したものである。(外周がシュバルツシルト
  境界、そこから光速で中心に落下する同心円が積層する過去、
  ハート型がライトコーン)

(後略)
お礼コメント
10q-OK

お礼率 76% (5922/7779)

たびたびのご回答ありがとうございます。OKWAVE Stars編集部です。
物理学的知見…ひとつひとつ学習させていただきますっ!
投稿日時 - 2017-08-16 11:42:22
  • 回答No.5
レベル10

ベストアンサー率 9% (27/271)

大きな判断をするような時の基準としては
「家族と友達を大切に」
といったことですかね。
そこに反することはしない、といったことで
普段の生活を送っています。
お礼コメント
10q-OK

お礼率 76% (5922/7779)

ご回答ありがとうございます。OKWAVE Stars編集部です。
「家族と友達を大切に」いいですね^^
投稿日時 - 2017-09-13 14:48:55
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ