• ベストアンサー
  • 困ってます

日本語と比較する言語

もともと比較言語学といえば、対照言語学とともに英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ラテン語、ギリシャ語など似た言語で、同じ語族なのはどれでどのように分岐して、またどの部分が似ていてどの部分が違うという学問で欧米ですすんでいると思います。 日本語は孤立語説があり、あるいはアルタイ諸語説、オーストロネシア語説などもあったり、中国語からの影響などもありますね。 日本で主に英語との比較、方言について、他時々韓国語との比較もありますね。 ただ孤立語説だろうとされても、あまり遠い言語と比較しても違う部分ばかりで変数が多いと結論が出しにくいでしょうし。方言や韓国語だけ扱ってもそれぞれ、個別の話です。 もし日本語と比較して、意味があるとすればどの言語になるでしょう?

noname#228303

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数281
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (14973/31951)

 どこで出来上がった学問がどんな材料を使ったかで決まります。結論から先に言えば印欧語が基盤だったので系統論は進んだが、伝播や混合による理論は混沌としています。  印欧式の音韻対応での方式は東アジアでは日本語と沖縄語、北米のアサパスカ諸語、中東やアジアのアルタイ語族、などに応用され成功しています。  でも枝分かれ図で説明できない場合や年代が古くなると、行き詰まっています。それまでは日本語と同祖語の親縁関係があるのは沖縄語だけでしょう。  陳寿の書いた魏志の、東方の後進族の話でも、朝鮮語という単一の言語が朝鮮半島に存在したという見方自体が2000年前という近さでも間違っているわけですから話になりません。  日本語、朝鮮語、アイヌ語は同じ語群だ、という人もいますがその証明に少数の印欧式対応を用いている点では、短い縄に重りをつけてマリアナ海溝の測量をするようなものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>印欧式の音韻対応での方式は東アジアでは日本語と沖縄語、北米のアサパスカ諸語、中東やアジアのアルタイ語族、などに応用され成功しています。 >どこで出来上がった学問がどんな材料を使ったかで決まります。結論から先に言えば印欧語が基盤だったので系統論は進んだが、伝播や混合による理論は混沌としています。 おっしゃるとおりで、くわしくありがとうございます。

関連するQ&A

  • 英語など

    英語、フランス語、イタリア語、スペイン語は、屈折語でしょうか、膠着語でしょうか、孤立語でしょうか、比較言語学に詳しい人教えてください。

  • 比較言語学と対照言語学の違いは何?

    大学の言語研究のレポートで、 「比較言語学と対照言語学の違いについてまとめる」 というのを書くことになりました。 百科事典で調べた程度でよいらしいのですが、 事典には比較言語学は載っていても、対照言語学については 書かれていないのです。 どなたか、比較言語学と対照言語学の違いについて わかりやすく教えていただけないでしょうか? また、そういうことについてわかりやすく書いてある 文献などがございましたら、教えていただければ幸いです。

  • 日本語と対照できる言語

    欧米の比較して対照言語で研究したりしてますが、日本語でも対照できる言語ってあるでしょうか? 日本語と英語などでは遠いので、いろんなところが違っていて、もっと日本語に近く、似ている部分がおおくての比較だと絞られてわかりやすいとか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

大野晋さんのタミル語との関連に関する研究はご存知ですか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

知ってます。 ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 第一言語(日本語話者とすると)の能力が拡大する言語

    第一言語が日本語話者だとすると、第二言語で切り替えて何か話しますね。 第一言語である日本語の能力をあげるものって 1.やはり日本語に近い言語(対照、比較言語学などで)でしょうか?だとすると何語でしょうか? 2.それともどの言語も能力を上げたりするものでしょうか? 3.やはり日本語に近い言語のほうが、第一言語の能力もあがるでしょうか? 4.他でしょうか?

  • 日本語からスイッチしやすい言語って?

    日本語を普段話していて、スイッチしやすい言語とそうでない言語ってあるでしょうか? 仮の例です。 英語はいろいろ違うからしにくい スペイン語は普段使っている音に似ているからしやすい 中国語は漢字の部分が似ているからしやすい 朝鮮韓国語は文法が似ているからしやすい もしくは反対に違うからしやすい、似ているからしにくいなど どうなのでしょう?

  • 日本語を「複数言語」に一括翻訳できるサイト?

    検索しているのですが、一向にひっかからないのでどなたかご存知ではないでしょうか? 日本語【単語】を、一括で複数の言語に翻訳できる無料サイトを探しています。 たとえば「太陽」といれたら、太陽の英語、スペイン語、ギリシャ語…が一覧となって 表示されるようなサイトです。 英語からの変換でも構いません。 以前あった気がするのですが、全然見つからなくて… 教えて下さい><

  • 英語と語順の似ている言語

    こんにちは。言うまでもなく英語は日本人にとって最も身近な外国語です。そして、英語は日本語と語順がまるっきり違います。 一方、世界には色んな言語がありますが、英語と語順の似た言語の方が多いと思っている人も多いでしょう。それでも、韓国語は語順も日本語非常によく似ていることはよく知られています。日本人にとって比較的馴染みのある中国語、フランス語、ドイツ語を例にとっても 日本語よりは英語の語順に近いですね。しかし、英語ともかなり違う部分もあります。 先ず、中国語には関係代名詞とかはなく、むしろ語順も日本語に近い部分もあります。フランス語は目的語の人称代名詞が動詞の前に置かれるなど、英語とも違うし、また多くの形容詞が名詞の後ろに置かれるというのは 英語とも日本語とも違う点です。イタリア語やスペイン語も基本的にはフランス語と同じですよね。そして、ドイツ語は英語と同じゲルマン語族なのに、不定形の動詞が名詞や代名詞の後ろに置かれるなど、英語とは際立った違いがあります。 そこで質問ですが、英語の語順のもっと近い言語って何語がありますか。つまり、原則的に形容詞は名詞の前に置かれ、動詞が定形であろうと不定形であろうと、また 目的語が人称代名詞だろうが名詞だろうが、SVOの公式を守っている言語です。

  • 日本語やヨーロッパ言語の言語距離

    http://developer.cybozu.co.jp/akky/2014/01/european-languages-lexical-distance-chart/ (ヨーロッパのそれぞれの言語はどれぐらい似ているのか、の図) を見つけました。 1.日本語と近いといわれる言語(韓国語や中国語)ってこれからすれば、どれくらいなんでしょう? 2.またスペイン語やフランス語やイタリア語って英語と何かよりも近い言語が多くて、一つわかれば他の言語にも有利になるので、学ぶことはそれも含むことになるのでしょうか?(ポルトガル語など4言語で7億6千万人くらい?) 私の感想では、スペイン語フランス語イタリア語くらいである程度似てくるというイメージですが。他のグループはよくいわれる方言感覚くらい?でしょうか? (よく似た例がドイツ語とオランダ語、スウェーデン語など北欧語、ポーランド語とチェコ語などのグループなど)

  • 何故日本語は述語の位置を動かせないのですか?

    日本語や朝鮮語、トルコ語は、てにおはの要素を持つにも関わらずギリシャ語やラテン語、スペイン語のような自由な語順はありません。なぜでしょうか?

  • バイリンガル・日本語に近い

    英語とフランス語の言語の距離でいえば、日本語とはどの言葉がはいるでしょうか。ゲルマン系とロマンス系で。欧米では2ヶ国語以上使える方がいらっしゃいます。 インドネシア・モンゴル・朝鮮・ベトナムなどありますが。 モンゴルはキリル文字、朝鮮はハングル文字を覚えないといけません。同じ単語があるといっても多分ほとんど、違うと思います。やはり孤立語でしょうか。

  • 語族・語派の関係:日本人が習得しやすい言語とは?

    最近どっかのホームページで「日本人が習得しやすい言語」の一覧みたいなものを見つけました。確かグループ1(易)から4(難)に分かれていて、グループ1の中には朝鮮語やインドネシア語などが含まれており、グループ4にはアラビア語やロシア語が含まれていました。 このグループ分けにはなにか法則があるかもしれないと思って、家で地図帳や世界史の語族・語派を参照してみたんです。そしたらグループ1~2にはアジアの言語やインド・ヨーロッパ語族のロマンス語派(ラテン語派)が比較的多かったです。そしてインド・ヨーロッパ語族の場合、難しくなるにつれゲルマン語派、スラヴ語派となっていきました。グループ分けの法則で見てみると(易)ロマンス語派<ゲルマン語派<スラヴ語派(難)みたいです。 ヨーロッパの人たちはおそらく語派が同じ言語をたくさん習得しているから3カ国以上使いこなせるのだと思うんですが、それだったら日本人も同じ語派や周辺地域の言語から習得していけばヨーロッパ人同様数ヶ国語使えるようになる、ということにはなりませんか?ちなみに日本語と同じ語族(か語派かどちらか)には朝鮮語が入っていました。(ただし「日本語(?)朝鮮語(?)」と書かれていましたが・・・。)ヨーロッパの言語に関しては、私たち日本人は世界共通言語として英語を頑張って習得しようとしていますが、ゲルマン語派の英語よりもロマンス語派であるスペイン語やフランス語の方が習得しやすいということはありますか?

  • Wがない言語

    フランス語では普通はWが入らないと随分前に聞いたことがあるのですが、 イタリア語でも見かけませんので、その他スペイン語なども含めたラテン語系の原語では、Wを使わないのでしょうか? ドイツ語辺りにとても多い感じで、英語でも普通にありますが、これはゲルマン語から派生した言葉にはあって、 ラテン語系にはないということですか? (西洋史専攻でしたので、ラテン語の文献も少し調べましたが、ラテン語にはなかったはずです。) ヨーロッパの言語を安易に○○語系と分類することは難しいかもしれませんが、 お分かりになる方、よろしくお願いいたします。

  • 他の言語と汎用性が高い言語は、ラテン語?

    ヨーロッパ各国の言語の語源はラテン語なのでラテン語が話せれば他の言語も大体は通じると聞いたことがあります。 私は、「英語、フランス語、スペイン語、中国語」を主に覚えたいのですが一番互換性の高い言語は何に当たるのでしょうか。 また、この言語を覚えれば他の言語とも似ているので通じやすいというもので一番汎用性が高い言語があればぜひ教えて下さい。 宜しくお願いします。