• 締切済み
  • 困ってます

CG会社の守秘義務について

今年CG制作会社に入社した者です。 制作しているものについて守秘義務があることはもちろんわかっていますが、会社に入った際に守秘義務に関する話をまったくされなかったのでいくつか質問させてもらいたいです。 ※メインではなく、外注などで一部制作に協力した場合と仮定します。 (1)すでに公開されているものについて 映画やアニメなど、すでに世間に公開されているものに自分の会社が関わっている(スタッフロールに名前が載っている)場合、これは自分の会社も作っているということは公言してもよいのでしょうか? (スタッフロールに流れてきた名前がみんな同じ職場の人だということを友人に言ってしまったことがありました…) (2)制作していることは発表されているが発売はされていないもの ゲームやアニメなど、現在作っているということが発表されている場合、内容を言ってはいけないのは当たり前ですが自分の会社が作っているということは言ってはいけないのでしょうか? (3)具体的なタイトルを出さない場合 制作すること自体が未発表(または(2)の質問の答えが"公言してはいけない"の場合)タイトルなどは出さず、「今はゲームのイベントムービーの案件をしている」「アニメのオープニングを作っている」などは言ってもいいのでしょうか。 会社によって違うところもあるかもしれませんが、問題になってしまうのは怖いのでお答えいただけると幸いです。 よろしくお願いします。

noname#222352
noname#222352

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数299
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • kuzuhan
  • ベストアンサー率57% (1497/2621)

1.公開されていることですので、守秘することがないと考えられます。 2.発売されていないということは発売元が伏せている情報になりますから、みだりに「何々と言うゲームは自分が作ってる」ということを公表してはいけないと考えられます。 制作会社として自社の名前が既に公開されている場合は「自分の会社で受注している」ことは問題ありませんが、「自分が何々に関わっている」となると微妙なラインになります。 3.特定のゲームや販売元が分からない状況であれば問題ないとも考えられます。例えば「アニメのOPを作っている」だけでは何のアニメのOPかは特定できません。しかし「7月放送開始のテレビ東京系列アニメのOPを作っている」では、特定される可能性を否定できなくなります。 製作そのものが「守秘」であるなら、SNSでの漏洩も考慮しなければならない都合上製作に入る前に口頭でも「口外しないこと」をきつく言われるはずです。 いずれにしても公開しても良いかは事前に会社に確認しておくべきでしょう。公開してしまってから問題になったらコトです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなってしまいすみません。 入社して半年ですが、社員でも認識が曖昧な人が意外と多いようで驚いています。 ゲームかアニメかでまたラインが違うこともあるようなので、SNS等でみだりに言ったりすることがないよう気をつけようと思います。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 守秘義務

    会社を退社するに辺り守秘義務は何処まで求められるのでしょうか?何気ない茶飲み話の中にも盛り込んでは往けないのでしょうか?(因みに会社とは守秘義務に付いては何も取り交わしておりません)

  • 守秘義務はちゃんと守られている?

    弁理士には守秘義務があると聞きますが、その守秘義務はどれだけ守られているのでしょうか? 弁理士が守秘義務を守らなくてはいけないといっても、弁理士が守秘義務を守ったというのは誰が判断するんでしょうか? あるアイデアを持ったAさんが弁理士にアイデアを相談したとして、そのアイデアを魅力的に感じた弁理士がAさんのアイデアを自分のアイデアとして出願してしまったら、アイデアを盗まれた!って分かるのはそのアイデアを弁理士に話したAさんだけということになります。 そのAさんがいくら『この弁理士は守秘義務を守ってくれませんでした。私のアイデアを盗んだんです。』と主張しても第三者はAさんが本当の事を言っているのか、それとも弁理士がアイデアを盗んだんではなくて元々弁理士のアイデアだったのかは分からないと思います。 実際にこういった事も起こりうると思います。 ですので、僕は弁理士に守秘義務があると聞いても不安が解消されません。 守秘義務に関する僕の見解は間違っているのでしょうか? そんな心配必要ないよという意見が聞けたらうれしいのですが、でもやっぱり確実な助言が欲しいです。 実際のところどうなっているんでしょうか?

  • 守秘義務がある会社に勤めている人

    会社で守秘義務がある企業に勤めている人 は、 一緒に暮らしている、ご夫婦とか、ご家族にも 絶対話しませんか? 守秘義務のことを話さないと 気まずくなる(例えば休日出勤の理由とか、、、)ような時、夫婦関係に亀裂とか、、、 それでも守秘義務については 話してはいけないのでしょうかね? みなさんの ケースを教えてください。 どんな守秘義務(同じ守秘義務を科せられている人がわかるような、差し支えない程度でいいですよ)で、家族に話した、話せなかったなど。 よろしくお願いします。

  • 守秘義務について

    守秘義務について ほぼ解雇に近い状態の自主退職した事務員がいました。 色々と問題があったので辞めていったのですが、この元事務員が会社の内部の情報をべらべらと他所で喋るって、辞めてからも守秘義務違反ということになるのでしょうか? また、そういうことがあればどのように対応すれば良いでしょうか? よろしくお願いします。

  • 会社の守秘義務

    近々、守秘義務の契約書を書かなければ ならないかもしれません それだけならよいのですが その中の項目に 「退職後1年間は同業の会社に勤めてはならない。 守れなければ、退職金をへんかんしてもらう」 との項目があります。 普通こんなことに同意しなければ、ならないのでしょうか。 非常に嫌です。 どうなのでしょうか。

  • 公務員の守秘義務

    上記タイトルについて質問があります。 先日、関係のあった会社の偽装請負について、労働局の方に 調査を依頼して来ました。 対応は、割と丁寧にして頂いたのですが、そこで一つ気になる ことを言われました。 「調査は概ね1ヶ月半後に開始されるが、その調査内容については、 公務員の守秘義務があるので教えることができない」 きちんと調査して、それなりの対応をして頂ければ何の問題 もないのですが、穿った見方をすれば、これは何も調査を しなくてもばれない…ということになります。 違った話になるのですが: 前に泥棒に入られた時に、警察に届けを出し、その捜査状況を 後から聞いたところ、守秘義務があるからと言って何も教えて 貰えなかった経験があります。その時の口ぶりや態度から 察するに、何も捜査をしていないように思えました。 守秘義務は、確かに守らなければ調査に支障をきたす部分も あるかもしれませんが、調査が終了した後に、その結果くらいは 教えて貰えないのでしょうか? 守秘義務と言うと、それらしく聞こえますが、情報開示という 切り口では不十分な気がします。今時、口約束で信用してくれ、 なんて解釈も間違っていると思います。 調査がどのように行なわれてどのような結果になったのか、 概要だけでも知りたいのですが、不可能なのでしょうか? また、このような相談をする機関があったら、是非教えて 頂きたいです。 宜しくお願い致します。

  • 守秘義務について

    守秘義務の内容は把握しているつもりなのですが、患者さんから「○○さんの様態はどうなの?」とか「○○さんて脳梗塞なんでしょ?」などと第3者に質問される場合があります。このときに自分なりに返事をしているのですが、いまいち納得して頂けないみたいなのです。そこで法律で・・・など、難しい言葉ではなくサラっと受け流しが出来るような答え方はありませんか?

  • 医療事務の守秘義務について

    教えてください。 働き始めたばかりでまったくわからないのですが、守秘義務の誓約書を署名しました。 医事課に配属されているのですが、守秘義務にはどういうものが含まれるのでしょうか? もちろん患者さんや、内部に関することを漏らすのはだめでしょうが、 たとえばブログに「こういう患者さんが今日きて、こういう事務の人がこういう対応をとっていた。 それについてよく思わなかった。」的なことも守秘義務にはいるのでしょうか? ぶっちゃけていえば、「ブログに愚痴を書きたい」ということなんですが。。。 病院名を出さなくても、自分が何県の出身とかいうのを過去ブログに書いてたら、 特定しようとしたらできるかもしれませんよね。。。 職場のことを書くこと自体、守秘義務でだめなのでしょうか?

  • 警察官の守秘義務について

    あるトラブルが発生したため、110番通報により警察官の臨場を願いました。警察官の到着後、突然、通報者である私の名前をトラブルの相手や全く関係のない第三者の前で大声で呼ぶことは、地方公務員法第34条などの「職務上知り得た情報」を漏らしてはならないことを禁ずる法律(守秘義務)に抵触すると私は考えています。 しかし、名前を大声で呼ばれたことに関しては、守秘義務の存在にかかわらず、職務上知り得た秘密を開示することが認められた「正当な理由」として、許されることなのでしょうか。 トラブルの相手に少々不安があるため、今後、報復など家族の安全に関し懸念があります。 警察官も法律上の守秘義務が課せられているはずですが、この問題に関しての対処法を教えてください。 私は法律には素人であるため、できれば法律の専門家の方の助言を宜しくお願いします。 

  • WEB制作の打ち合わせ時点での守秘義務

    はじまして。 このたび、新規事業を立ち上げるにあたり、いくつかのWEB制作会社さまと軽い打ち合わせをさせていただきました。 しかし、最初の打ち合わせ時点では、こちらの事業内容の核は何も話さずに、話を進めさせていただいたのですが、やはり詳細を伝えずに話を進めるには限界がありました。 そこで、こちらの事業内容を明かした上で話を進めていきたいと考えているのですが(現時点では発注は決まっていません。)、その際に事業内容やアイデアが外に漏れないよう守秘義務契約などを交わしていただけるのでしょうか? できれば、現在打ち合わせをさせていただいた制作会社さま全てとある程度詳細な構成等まで煮詰めて、制作な金額等を出してから、という流れになるので、詳細な打ち合わせをしたもののお断りするという前提で守秘義務契約を交わしたいと考えています。 さらに1つお聞きしたいのですが、そもそも守秘義務契約とはどこまで有効なものなのでしょうか? 人の口にチャックさせるようなことがこのような契約で可能なんでしょうか? 一般的な守秘義務契約の効果等などもあわせてお聞かせいただけるとありがたいです。 どうかよろしくお願いいたします。