• 締切済み
  • 困ってます

電気回路の問題

(2)のテブナンの等価回路が分かりません。まずキャパシタCを開放したときの電圧を求め、次に1-1′より左側の電流源をショートしたときの抵抗を求めようとしたのですが、抵抗の方が分かりません。電圧は(1)で求めたv2かなと思うのですが、抵抗の方がさっぱりです。回答よろしくお願い致します。

この投稿のマルチメディアは削除されているためご覧いただけません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数39
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1

gって抵抗なのかしら? 普通はコンダクタンスですが。 解き方は、先ずテブナンの定理を適用するために、電流源と電圧源の等価変換を行います。 つまり、I//g→V+rとします。 このとき、V=I/g, r=1/g なお、gはコンダクタンスとしています。 テブナンの等価回路を求めると、 等価電圧は、(2/3)V=2I/(3g) 等価抵抗は、(2/3)r=2/(3g) ですね。 だから、vcの定常解も vc=(2/3)V=2I/(3g) ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電気回路の問題を教えてください。

    画像の回路に関する問題の、解法と答えを教えてください。 (1)電気回路(a)において、端子a-b間の開放電圧V0を求める。 (2)電気回路(a)をノートンの等価電流源(b)に変換する時、定電流源J0と内部抵抗R0の値を求めよ。 (3)ノートンの等価電流源(b)の端子a-b間に抵抗R=500Ωをを接続した場合に、この抵抗に流れる電流Irを求めよ。 以上です。

  • 電気回路

    画像の一番上の回路の右端の矢印を流れる電流の量を求める問題なんですが i)自分の解法では抵抗cとdが並列なので、合成させてその合成抵抗をc-dとし 電流源と直列接続の抵抗をショートさせ、2番目の回路図になりました ii)そして抵抗aと抵抗bはそれぞれ電圧源と並列なので各々をショートさせ 抵抗無限の電流源と電圧源が直列で接続したので電圧源をショートさせ3番目の回路図になりました 3番目の回路図はショートさせたところも残したのですが この3番目の図をみて思うのですが、矢印部分にを含めて3通りの経路があり こういう時はどういうことを考えれば矢印部分の電流がわかるのでしょうか? 3番目の回路図は普通に描くと、抵抗c-dと並列で下向きに流れるように電流源が配置され 矢印部分がどういう風に考えたらいいかわからなくなってしまいます・・・・ また、最初の回路図で抵抗dを経て、矢印部分に電流を流れ込むことも考慮しないといけないのでしょうか? ほかの場所で別の方がこの問題と全く同じものの質問をされて、 Jという電流が流れるらしいことは知っているのですが 解説の意味が完全にはわからなかったので質問させてください 根本的にアプローチが間違っている場合はどういう方法でといたらいいかを教えてください ちなみにVは電圧源、Aは電流源で電流はJとなっています  よろしくお願いします

  • 電気回路の問題

    質問させていただきます (1)図5の回路における電流Iを求めよ (2)図8の回路におけるIを求めよ (1)の解答 電流源から見た合成抵抗は R=4//(4+4//4)=2.4 電流源を電圧源に変換する E=2.4×8=19.2 電流Iは I=3.36 (2)がぜんぜん分からなくて困ってます 節点方程式が楽そうですけど・・・・

  • 電気回路の問題

    質問させていただきます 図3の回路において節点方程式を用いてV1,V2,V3を求めよ。 ただしV4=0Vとせよ。 私の解答 まず内部コンダクタンスを抵抗に変換する 内部コンダクタンスをgとすると r=1/g という関係があるので変換して、節点方程式をたてる ここで電圧源を直流電源に変換する 電圧源は直列に内部抵抗をもっていて 電圧源を抵抗で割ると電流源に変換できるのですが、 ちょっとどこが直列なのか自信ないので(2Ω?)2Aとしておきます・・・ 節点方程式は -1=(V1-V3)/4+(V2-V1)/2 (v2-V3)/4=(V3-V1)/5+V3 2=(V1-V2)/2+(V1-V3)/5 電圧源の変換がいまいち理解できないので、教えてくださると助かります

  • 電気回路:キルヒホッフの法則の使い方で困っています。

    (1) 各抵抗に流れる電流I1,I2,I3の大きさを求めよ。ただし矢印の向きを電流の正の向きとする。ここで、電圧源V=1V、抵抗R=1Ωとする。     I1→ ←I2   ―R― ―R― +|    | I3  |  V    R↓  | -|    |    |   ― ― ― ― ここでは閉路にかかる電圧の和について式を考えたのですが、 E-V1-V3=0 E-V1+V2=0 V2+V3=0 しかしこの式だけでは、解を得ることができません。何か見落としているのでしょうか? (2) 各抵抗に流れる電流I1,I2,I3の大きさを求めよ。ただし矢印の向きを電流の正の向きとする。ここで、電流源A=1A、抵抗R=1Ωとする。    I1→ ←I2   ―R― ―R―  |     | I3  |  |     R↓  A↑  |     |    |   ― ― ― ― ここでは閉路にかかる電流の和について式を考えたのですが、 I2=1 I1+I2=I3 これも何か足りないんですよね(汗) (3) 各抵抗に流れる電流I1,I2,I3の大きさを求めよ。ただし矢印の向きを電流の正の向きとする。ここで、電圧源V=3V、電流源A=2A、抵抗R=1Ωとする。    I1→ ←I2   ―R― ―R― +|    | I3  |  V    R↓  A↑ -|    |    |   ― ― ― ― これは(1)と(2)がわかればできるのかもしれませんが、手つかずの状態です。 (4) (3)の回路において、3つの抵抗で消費される電力の合計Pを求めよ。また、電圧源と電流源が供給している電力PvとPcはそれぞれいくらか。 たぶん(3)の電圧×電流で求まるような気はしますが、電圧源と電流源が供給している電力が別々になる意味が良く分からないです。 図がややこしくて大変申し訳ありませんが、考え方を教えて頂けると嬉しいです。 よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 大学・電気回路の問題(鳳・テブナン)

    大学の教科書に載っていた演習問題です。 テブナン等価回路として、右側を開放して、電圧を求める問題です。 解答はE+RJとなっているのですが、電流の向きを考えるとE-RJになる気がするのですが、何故E+RJなのでしょうか?

  • 電気回路の問題の解法と答えを教えてください。

    『図の電気回路について。 端子電圧a-b間の開放電圧Vabを求めよ。ただし、交流電圧電源の角周波数ωとする。』 という問題です。画像を添付しております。 Eは交流電圧源 Lはコイル Rは抵抗です。 こちらの問題の解法と答えを教えていただきたいのです。 よろしくお願い致します。 また、この問題の後、この回路をテブナンの等価電圧源に変換したときの、交流定電圧源E0と内部インピーダンスZ0を求める問題があるのですが、『EとE0の違い』と『E0とVabの違い』についても教えていただきたいです。 どうかよろしくお願いいたします。

  • 電気回路についての問題なのですが。

    ○--□Z1--●G--Zf□-P●--┐ ↑         | ↑      |   | ↑ |         | |      ☆rp  | | E1        Zq□ Eq     |  Re☆  E2 |         | |      ★aEq  | | |         | |      |   | | ○------●k----- ●--┘ ●は接続点(右下のには記号がついていませんでした) ☆は抵抗 ★は電圧源 □はインピーダンス この回路に書いてある記号は全てベクトル(記号の上の黒点)は外してあるのでご了承ください。 と言う回路があります。この回路のE2/E1を求めます。 これをミルマンの定理を利用して解きたいのですが、 ミルマンの定理は図を等価電流源回路で表し考えていきます。そこでこの回路を等価電流源回路にしたいのです。 KG間で利用した場合と、KP間で利用した場合で考えてそこから求められた電圧を割れば答えが出ます。 そこでこの回路が上記二通りの場合どのような回路に書き換えれるのでしょうか?お手数だと思いますが図、よろしければ解法のヒントなどいただけたらとおもい質問しました。

  • 院試 電気回路 LC回路 過渡現象がわかりません!

    電気回路の過渡現象に関して困っています。LC回路のキャパシタにかかる初期条件(定常状態)がわかりません。問題文、回路図に関しては画像に添付させて頂いています。今回の問題では交流電流源を用いており、定常時では、キャパシタには電流が流れていないため、開放でき、インダクタンスに関しては、短絡できると考えました。しかし交流電流源のため、コンデンサに溜まる電荷がわかりませんでした。そこで、皆さんに質問です。問(a),(b)解答、導出過程をお願いします。またLC並列回路や直列回路などの初期値を求めるコツなどがありましたら、宜しくお願いします。

  •  電気回路についての疑問です。

     電気回路についての疑問です。  つい先日、図の左側のような回路について問題を出されました。 「図の電圧制御型電流源において、Vi=5V、R1=R2=2キロオーム、gm=0.5mSで、viは交流であり実効値が1Vrmsである時、出力は直流分Vbと交流分voが出力される。  このときの交流分voを求めよ。」  というものです。  自分は、交流分のみに着目すれば図の右側のような回路に書きかえることができると考えました。  ia=vi×gm=1V×0.5mS=0.5となるけれど、求めたい電圧は抵抗の後ろになるので、求める電圧は0[Vrms]になるのではないかと考え、その通りに回答しました。  しかし、答えは、  vo=(2k×2k)/(2k+2k)×0.5=0.5[V]  となっていました。  自分なりに教科書や参考書を見ましたが、どうにも分かりません。  教授に聞こうにも、明日がテストなので時間的に厳しいです。  できれば回答をお願いしたいと思います。