• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

日本はお金が余っているのでしょうか?足りていないの

日本はお金が余っているのでしょうか?足りていないのでしょうか? 国債はお金が余っているから買われるわけですよね?国は国債を大量に発行し続けている。なぜなら国民がお金を余っているから。 それなのに、一方でお金を大量に発行するために税金を高く、高く、高くしている。 日本はどっちを目指しているのでしょう? お金の供給量を減らして(税金を低くして)、国債の発行量を減らしたいのか、お金の供給量を増やして(税金を高くして)、国債の発行量を増やしていくのか。 いまの日本政府は、お金の供給量を増やして(税金を高くして)、国債の発行量を減らそうとしている。これって、お金(税金)と国債の流通量で矛盾が生じていませんか? おかしくないですか? 政府は何がしたいのでしょう?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数226
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1554/5677)

少なくとも資本主義国ではお金は民間人(民間企業および国民一人一人)が持つのが基本だということをご理解下さい。国は予算を組むのに国民などから税を払って貰うか、(国民または外国から)借金をして手に入れるしかありません。余っているお金とは国民が銀行に預けているものです。年金基金も(個人の預金とはいえませんが国民全体が持っている)一つの預金の形です。 個人は給与以外に住宅ローンをしたりして生活していますが、国も同じです。 国家財政は税金でまかなうのが経済的には最も健全な姿です。 でも日本では税を上げるのは国民の反発が怖いので借金を膨らませて来ました。でも借金は利子を付けて返さねばなりません。海外からは危険だと指摘され、消費税増税が始まっています。 まだ増税額は焼け石に水みたいな感じもなきにしもあらずで、今後は予算をもっと減らしたり、そうでなければさらなる増税が必要です (財政健全化)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 日本はお金が余っているのでしょうか?足りていないの

    日本はお金が余っているのでしょうか?足りていないのでしょうか? 国債はお金が余っているから買われるわけですよね?国は国債を大量に発行し続けている。なぜなら国民がお金を余っているから。 それなのに、一方でお金を大量に発行するために税金を高く、高く、高くしている。 日本はどっちを目指しているのでしょう? お金の供給量を減らして(税金を低くして)、国債の発行量を減らしたいのか、お金の供給量を増やして(税金を高くして)、国債の発行量を増やしていくのか。 いまの日本政府は、お金の供給量を増やして(税金を高くして)、国債の発行量を減らそうとしている。これって、お金(税金)と国債の流通量で矛盾が生じていませんか? おかしくないですか? 政府は何がしたいのでしょう?

  • 日本銀行は無限にお金(日本銀行券)を発行できるのですか?

    日本銀行は無限にお金(日本銀行券)を発行できるのですか? 日本の国際について友人と話していた時に気づいたのですが、ちょっと頭の中で矛盾しているような気がするので教えて下さい。 国債の返済額は年々増加していますが、これってほとんど日本円ですよね?だから財務省が紙幣の発行を命令すれば、いくらでも返済できる(ただし流通するお金が増えるのでインフレ傾向になる)はずですよね? これが当然だと思っていたのですが、1つ疑問があるのです。 そもそも、日銀が発行したお金は政府の物ではなく、日本銀行から民間金融機関に貸し出されたお金のはず。なので民間金融機関が新たに国債を買わないと政府はお金を調達できないはずです。 という事は、景気が回復して税収が増えないと、日本銀行は無限にお金を刷り続ける必要があります。 ・・・それって現実的に可能なんでしょうか?お金が無限に増えるなんて・・・。 確かに、お金の発行額を決めた「最高発行額制限制度」はすでに撤廃されています。 以下のURLにもあります。 http://www.boj.or.jp/oshiete/money/05100002.htm じゃあ、本当に発行額の上限は無いのでしょうか?何かに制限を受けて、発行できないという事は無いのでしょうか? 物凄く気になる疑問です。うまく使えば一発でデフレ解消、いやインフレを起こせるんじゃないのかなとか思います。

  • 日本のお金がどのように国民に行きわったたのか

    日本の明治維新以降から現在まで、政府がどのようにお金を国民に配って現在に至っているのか考えても分かりません。 具体的に分からないところは現在お金を配るとき、国債と常に同額だと思うのですが、現在の政府の借金と国民のお金は同額になっていません。 現在の借金は約1000兆円で国民のお金はそれ以上あります。 誰か日本のお金と国債の差がどのように発生したのかの経緯を交え、どのようにお金が国民に行きわったたのか教えてください。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

なにか、借金には利子を付けて返さなければならないという とぼけたことをおっしゃる回答がありますので・・・・ 国債を日銀が購入すれば、日銀に利子を払います。 日銀の儲けは国庫の歳入となります。 ということで、日銀に国が払う利子は国の収入となるのです だから日銀には実質的に利子は払っていません。 国債を100%日銀が引き受ければ、ほとんど利子を払う必要が ないお金を無尽蔵に政府はGETできるのです。 ずるいですね・・・・・ で、一般の国がこんなことをするとその国の通貨が大暴落します。 日本の円も黒田総裁の国債引き受けによって80円未満から100円 以上に円安となりました。 しかしそのおかげで輸出産業の業績が向上し、株価が上昇したので 多くのお金持ちが、いっそうお金持ちになり消費が増え景気が 向上しました。 国債の日銀引き受けを反対していた経済評論家さんの言うこととは まったく違う結果になったのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

お金は、増えて行きます。経済の封建社会では、豪商が出来あがり貧しい者が出来あがります。貧しい者は、足りない現象、豪商は、余り現象が出て来ます。問題は、生産量の維持と向上でしょうか。生産無くしてお金の意味はありません。だから、生産力を付けることこそ、生き残る条件になるのです。市場を封建社会にして置くのかですが、自然に協調社会にするには、余る現象のほうが良い。問題は、何に使うかです。生き残る為に使っているかが重要なポイントでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

国も企業も経営は借金で動いています。借金は必ずしも悪いものではなく、経済の潤滑油です。借金のない経営は必ずしも健全とは言えません。と前置きして、 >日本はお金が余っているのでしょうか?足りていないのでしょうか? 余っています。その金で多額の国債が買えているのです。日本の国債残高は100兆円を超えましたが、、国民の資産は1500兆円あります。 >一方でお金を大量に発行するために税金を高く、高く、高くしている。 税金はお金(1万円札)を大量に発行するためではありません。すでに市中に廻っている1万円札を回収して国が予算として使うためです。誤解してはいけません。それが足りないのでやむなく国債を発行しているのです。国債発行を止めるためには税金を、それも高い税金を取るしか方法がありません。 >日本はどっちを目指しているのでしょう? もちろん国債を減らすことを目指しています。しかしそれには税収を上げねばなりません。税収を上げるためには景気をよくしなければなりません。それがアベノミクスです。景気をよくするためには、お金が要ることが頭痛の種です。 >お金の供給量を減らして(税金を低くして)、国債の発行量を減らしたいのか、お金の供給量を増やして(税金を高くして)、国債の発行量を増やしていくのか。 あなたの誤解の元はこれですね。お金の供給(日銀の通貨発行)と税金は関係ありません。まったく別のことです。繰り返しますが、税金はすでに発行されている通貨(1万円札)を回収するために行うのです。考え方を一から変えて下さい。そうしないと何も理解できません。 >政府は何がしたいのでしょう? 政府はあなたを含めた国民がしたいことをするのです。別の国が勝手にやっているわけではありません。国債残高が千兆円にもなったのは、国民がそうすることを望んだからです。税収が少ないのに、それ以上の贅沢を望んだからです。だから政府は返せる当てもない借金をしたのです。それが分かっているのに、国民は止めようとしませんでした。もっともっと贅沢をさせろと要求したのです。その結果、全国に新幹や高速道路が出来、ダムや原発が出来、高い生活保護を受けられる様になり、子供手当が出来、高校無償化が出来たのです。 今国債発行を辞めたら、暴動が起きるでしょう。国の予算が半分以下になって、国民が望む豊かな生活が出来なくなるので。国債残高はあくまで国民の責任です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

>日本はお金が余っているのでしょうか? 日本人はお金が余っています。 一方、日本政府と言う名の組織には金が無く、なんとか日本人の預貯金を巻き上げようとしておりますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

GDPってお金のまわってゆく総量なんです。 ですからみんながお金を使えばGDPが上がります。 これが景気が良くなるという状態です。 みんながお金を使えば物が売れます。 物が売れると儲かります。 儲かると給与をいっぱい払います。 給与をいっぱいもらった人は物を買いに行きます 物が売れると儲かります。 以下繰り返し・・・・ という具合に景気が拡大するのです。 ですが、いま日本は、守り社会・お母さんお価値観になり 何となく元気がないのでお金を使いたがらないのです。 そこで、国が国債を発行して、みんなの代わりに、どんどん お金を使って景気を向上させようとしているのです。 これを読んで納得したら、ショッピングモールに行って お買いものして、おいしいものを食べてガソリン入れて 帰ってきてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 国民から借りた国債を日本政府は返せるのか?

    日本の国債は、元本保証の観点で安全な商品なんだそうです。野村証券とかで売ってるんだよね。株や外貨や投資信託や何処かの社債などは値下がりのリスクがあり、払い戻しで元本割れしやすいけど、国債はそれ相応の利子付きで元本は戻って来るんだとか。 だけど、百万円分の国債を買ってる国民が全額の払い戻しを求めたとき、日本政府はそれを返せるの?財源は何?そのお金は何処から用意するの? 日本政府が国債を発行して国民からお金を借り入れると、それは支出に回ってしまうのでは?例えば、議員や官僚に給料を支払うとか。例えば、道路建設費とか。例えば、防災にとか。こういう支出は税収の範囲でやりくりするのが自然かと思うのですが、それよりも出費の方が多いから、国債を発行しているんですよね。 財政難とかよく聞くけど、だったらなおさら日本政府に国債を返すだけの体力があるのかが疑わしいです。 日本政府が金儲けしていれば、その利益を財源に国債を返せるかもしれませんね。国立博物館の入場料収入とか。だけど、そんなの少額なのかと。 たぶん、国債の払い戻しでお金は返って来るけど、財源は何も無いんじゃ。。。ってことは、「オレが買った百万円分の国債を全部売却するから、返してね」って言った後に受け取る百万円は、ニセ札みたいなものなのでは?その福沢諭吉が本物か偽物かと言われれば本物なのだろうけど、ヘリコプターマネー的発想で国営印刷局でプリントしただけのような気がする。 1万円札のプリント費は、1枚20円くらいだったでしょうか。ホログラムが付いてて、それのプリントが高いんだとか。だけど、日本政府お墨付きだから、その1万円札は本物だよって、そんなのアリなのかしら? だったら、国債なんか発行せずに、単に1万円札をプリントして、それを関係各所に配れば良いのでは?公務員の給料はヘリコプターマネー、道路建設で土木屋さんに支払う事業費もヘリコプターマネー、老人ホームで働いている介護士に支払う給料もヘリコプターマネー。こんな感じの方がまだ合理的かと。

  • 事実上日本政府の借金はゼロではないか

    日本政府の借金が1000兆円を越して世界を驚かせているようですが、 その国債を購入している大部分が日本の銀行つまり日本国民であり全て円建てのようです。 ならば、1000兆円分のお金を刷ってチャラにしてしまえばいい話じゃないでしょうか。 ギリシャも借金が多くあるようですが通貨がユーロですから自国で発行することができません。 (池上さんの番組で日本人の預金を使って0にすることができると言っていました。ゲストは自分の預金がなくなると騒いでいましたが、政府がだれに借金をしているかの視点が抜けています。政府が借金をしているのは国民なのですから国民の預金を使って国民にお金を返すのだからプラスマイナスゼロになるはずですね) 何で日本政府は借金という単なる数字をゼロにしてしまわないのでしょうか。 ・借金がたくさんあると思わせて増税したい。 ・ただでさえお金があるので借金を0にすると円高になる。 そんなところでしょうか?

  • 日本政府には紙幣(お金)の発行権がないですか?

    日本政府には、どうして紙幣(お金)の発行権がないのですか?

  • 日本経済

    今までは、国債発行してじゃんじゃんもの作って、国債返すのにまた国債発行して… 気がついたら借金が数百兆もあるじゃないですか。 年収の10倍も借金があったら普通は破産です。日本政府がそうならないのは、国民から借金しているからだと思います。最近になってようやく借金を返そうとしていますが(利子があるから大変)、 ・もし、借金を借金で返すことを続けて、何千兆と借金が増え続けたらどうなると思いますか?? ・ここまでほったらかしにされた原因は何でしょうか?誰でも借金を借金で返したら膨らみ続けることはわかるでしょうに。 ・借金を返すための一番いいプランと思われるものを教えてください。 どれかひとつでも結構ですので、よろしくお願いします。

  • 中国に対するODA(円借款)と日本の国債

    とあるホームページに 「中国に対して、ODAで日本政府はお金を貸して儲かっている状態(円借款)だから、胸をはれない」 みたいな内容が記載されていたのですが 実際、どの程度の金利で円借款を行っているのですか? また、日本政府はどの程度の金利で国債を発行しているのですか? よろしくお願いします

  • 日本政府の借金が1200兆円になったそうです。

    日本政府の借金が1200兆円になったそうです。 1、2年前に1000兆円の国の借金になるという話があって、たった2年でさらに200兆円の借金が積んでいるのはなぜですか? 毎年100兆円ずつ借金が増えていくのは1000兆円の借金の利子が年間100兆円? 年利10%で日本国債を発行して国民に借金してるってことですか? 恐ろしいペースで借金が増えてて、これって返せない上限を越えてしまっているのでは? 大丈夫ですか? 個人が借金して返せる限度額は200万円で、200万円を越えると利子に苦しんで返せなくなるそうです。 もう日本政府は理論上、個人の返せない上限を越えてしまったのではと思ってしまいました。 どうなんでしょうか?

  • 日本の副総理の麻生太郎先生が「日本のの1000兆円

    日本の副総理の麻生太郎先生が「日本のの1000兆円の借金は国民に日本政府がしているもので、いつでも国民から没収出来るので安心だ」と言っていて、略奪される側の国民が「なんだ安全なのか」と自分の財産を没収される被害者側なのに日本政府を信用して安心仕切っている。 日本政府はいつでも国民の積立金を没収出来ると言っているのに何を安心しきっているのですか? 国が国民のお金をいつでも没収できるから日本政府の借金は安全って言っているんですよ? 財産が没収されるんだ良かった良かったってどういう神経をしているのでしょう? 国民年金ですら積立金を没収されている。 そして政治家を選挙で選んだのは国民。選挙で選んだ国民が悪いと開き直っている。

  • 日本はどこから借金をしているのですか?

    日本はどこから借金をしているのですか? 国債からと聞いてのですが、 国債=日本国民 つまり、日本の政府は日本国民から借金をしていることになりますよね? でも、国民は税金を納めてるじゃないですか(50%ほど)、 残りは政府の借金なのに、それは国民から・・・? 意味がわかりません!汗 できるだけ易しく教えてください。。。 難しいコトバはよくわかりません、説明ふっていただけると幸いです。 よろしくおねがいします。

  • 国債がないと困ることってありますか?

    たとえばの話ですが、日本政府が何らかの方法で大もうけをしたとします。 そのお金で発行されている日本国債を全て償還し、市場から日本国債が全く無くなってしまったとしたら、何か困ることはありますか?

  • 日本国民の全財産が1500兆円で現在の日本政府の借

    日本国民の全財産が1500兆円で現在の日本政府の借金が1200兆円。 年間100兆円ずつ日本政府の借金が増えていっているので国民の全財産と日本政府の借金が等分になるのが3年後の2019年。 4年後の2020年に国民の財産と国の借金がプラマイゼロからマイナスになっていきますが大丈夫ですか? 2020年の東京五輪で国民の目を逸らすつもりですか? 国民の財産より国の借金の方が多くなったらどうなりますか?