• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

老人ホームの種類と年末調整

  • 質問No.8394009
  • 閲覧数1200
  • ありがとう数8
  • 回答数1

お礼率 30% (48/159)

年末調整を行っています。
老人ホームの種類により、同居の判断はできるのでしょうか?
以下に主だった、老人ホームの種類を上げました。
それぞれの特徴と同居になるかについて、ご存じの方がいたら教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

1.介護付き有料老人ホーム
2.認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
3.サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)
4.介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
5.介護療養型医療施設(療養病床)
6.介護老人保健施設(老健)
7.軽費老人ホーム(ケアハウス)

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 49% (653/1332)

基本的な考え方は、次のようなものです。

 医療施設  = 入院療養 ・・・・ 住所は自宅

 老人ホーム = 生活の場 ・・・・ 住所は施設

1 老人ホーム    別居
2 老人ホーム    別居
3 老人ホーム    別居
4 老人ホーム    別居
5 医療・療養施設  同居
6 医療・療養施設  同居
7 老人ホーム    別居

5、6、 は、介護保険でも「医療系サービス」に分類され、医療費控除の対象になりますが、
4、 は、1/2が医療費控除の対象です。
その他は、医療費控除の対象外です。
関連するQ&A
ページ先頭へ