• ベストアンサー
  • 困ってます

刑法における責任能力の根本思想

刑法において、心神喪失の被告に対して減刑か無罪が言い渡されることがありますよね。 哲学と刑法の関わりを勉強しているのですが、この責任能力の問題と関連して、 ・法は誰の為にあるのか 何のためにあるのか ・法における人のアイデンティティとは何か(例えば薬物によって心神喪失になった人が殺人を犯して無罪を言い渡されるなら、私達は何を行為するかではなく何を思うか/何を意図するかで定義付けられることになると思います) この辺りについて、現行の刑法が採用している思想、その思想を定義した哲学者、またそれが呈示された著作など、知っていたら教えてください!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数347
  • ありがとう数15

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7191/21831)

"刑法において、心神喪失の被告に対して減刑か無罪が言い渡されることがありますよね"     ↑ 心神喪失なら無罪ですね。 減刑はありません。 減刑されるのは心神耗弱です。 ・法は誰の為にあるのか 何のためにあるのか     ↑ 刑法のこと、と理解してよろしいですか? 刑法なら、犯罪を侵した者を罰することにより 特別予防と一般予防を図り、もって社会の秩序を 維持する為にあります。 特別予防、というのは犯人が再び、犯罪を侵さない ようにすることです。 一般予防というのは、犯罪予備軍を威嚇して そいつらに犯罪を侵すことを諦めさせることです。 ・法における人のアイデンティティとは何か     ↑ 質問の意図というか意味がよく解りません。 それで 「刑法における責任能力の根本思想 」 について回答しやす。 犯罪を侵した場合、どうして犯罪者を処罰できるのか、 と言えば、彼は、犯罪を侵す、侵さない選択肢があった 訳です。 それなのに、あえて犯罪を侵す道を選んだ。 そこに彼を非難できる根拠がある。 だから処罰できるのだ、ということです。 これが通説で「非難可能性説」といいます。 もう一つ、どうして処罰できるのかと言えば、そんな奴が 社会にいては困るからだ、という説もありますが、 これは少数説です。 これを「社会防衛説」といいます。 それで通説に従った説明をします。 通説によれば、選択が出来たのにやった、ということが処罰の 根拠ですから、 選択できなかった場合は処罰出来ないことになります。 選択できなかった場合というのは、いくつかのモノが考え られますが、責任能力もその一つです。 事理を認識したが、精神に疾患があって、犯罪を侵さずに済ます ことが出来なかった、という場合には、その人を非難できず 処罰も出来ないことになります。 心神喪失がその例です。 ”この辺りについて、現行の刑法が採用している思想、その思想を定義した哲学者、  またそれが呈示された著作など、知っていたら教えてください!”     ↑ この程度のことは、刑法の教科書には皆、書いてあります。 ”薬物によって心神喪失になった人が殺人を犯して無罪を言い渡される”      ↑ これについて、少し説明します。 薬物によって心神喪失になり人を殺した場合。 薬物を服用すれば、そういう状態になることを知って やった場合は、殺人罪になります。 これの理論構成は専門的になりますので省略しますが 刑法理論では「原因において自由な行為」の理論 と言われているもので、刑法を勉強した人なら 皆知っています。 尚、そういう状態になることについて、過失があれば過失犯 になる訳です。 過失も無い場合に、晴れて無罪になります。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

詳しい解説どうもありがとうございます。 言い訳になるかわかりませんが、いま高校に在籍していて「刑法の教科書」というのがどのあたりのものを指すのかよくわかりません。 司法試験を受けるわけでもないので、そこまで詳しい内容はいらないのですが、分かりやすくさわりを教えてくれるようなお薦めの教科書はないでしょうか。

関連するQ&A

  • 犯罪者の責任能力

    よく、犯罪が起こると、精神病と責任能力の有無などが取沙汰されます。 そこでふと疑問に思ったのですが、 1.犯罪者が健常者(精神病を患っていない)場合でも、犯罪等において心神喪失や心身衰弱が認められることは、実際に(現実的に)はあるのでしょうか。あるとしたら、具体的にはどういった場合でしょうか。 2.犯罪者が精神障害者(精神病を患っていた)場合、心神喪失や心身衰弱が認められるのは、具体的にどのような症状でしょうか。

  • 刑法39条って憲法違反じゃないの?

     車で5人殺傷の被告に無罪 大阪地裁「心神喪失状態」2007年02月28日 のニュースを見て 刑法39条 を知ったのですが、心神喪失者とそうでない人間で 同じ犯罪に対して受ける罰に差がある(というか心神喪失者は罰せられない)って憲法14条に定められた 法の下の平等 に反しないのでしょうか?  的はずれな質問かもしれませんが、(法律に関しては高校現代社会程度の知識しか持っていないもので・・・これからもっと勉強します)どなたか教えてください。

  • 6歳と26歳で罰を変える理由 心神喪失と責任能力について

    結果が同じであれば6歳と26歳に同じ重さの罰を与えるべきだと思いませんか? 責任能力と言う言葉で子供と心神喪失を保護する理由は何ですか?

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
  • kurinal
  • ベストアンサー率10% (128/1194)

こんばんは。 >「薬物によって心神喪失になった人が殺人を犯して無罪を言い渡される」 そうした「結果(例では「殺人を犯す」かもしれない)」を予見しながら、 それでも「薬物によって心神喪失になった」という場合、 その責任は問える(無罪とはならない)、というのが現行の刑法と思います。 犯罪者というのは、民事責任の上に刑事責任まで負うので、はありますが、 教育刑的な発想から「更生」を、ということもあるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

>・法は誰の為にあるのか 何のためにあるのか  あなたの為にあります。あなたの権利を守るためです。 >・法における人のアイデンティティとは何か   まず、法人を除きますが、生きている人である限り、その状態がどうあれ権利の主体です。刑事責任の主体も人となり、どう判断して何の行為を行ったのかが問われます。  人というのは公理にあたるもので、定義は生物学的に人であることです。「何を思うか/何を意図するか」は、人に存在するものであって、これによって人が定義されるということではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7191/21831)

#3です。 高校生でしたか。 ”いま高校に在籍していて「刑法の教科書」というのがどのあたりのもの  を指すのかよくわかりません。”     ↑ ゴメンナサイね。大学の法学部の教科書です。 ”そこまで詳しい内容はいらないのですが、分かりやすくさわりを教えてくれる  ようなお薦めの教科書はないでしょうか。”      ↑ う~ん、申し訳ないがそういう教科書は 見たことがありません。 法律とは、というのは結構難しく、 法学部を卒業した人でも、よく理解していない 人が多いです。 私の友人で、法学部卒てのが何人かおりますが、 皆ダメですね。 それに法理論てのは、かなり難しいです。 それこそ、かなり腰を入れて勉強しないと 理解できないです。 司法試験の受験生あたりでも、理解して いないひとがけっこういます。 尚、刑法の基本を、応報とするか、教育とするか 日本のみならず、欧米でも争われてきましたが 応報が基本とされています。 これを古典主義といいます。 教育とする説を近代主義といいます。 違いですが、古典主義では、いかに社会に都合が 悪くても、悪いことをしない限り刑法は適用されない ということになります。 これに対し、近代主義では、悪いことをしなくても、 社会に都合が悪ければ、刑法を適用してよい、 ということになります。 それで、現代では、古典主義を中心にしつつも 近代主義を取り入れた刑法になっています。     

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • psytex
  • ベストアンサー率21% (1065/5004)

日本の刑罰は、報復ではなく矯正のためである事は知られています。 その最たるものが、未成年の犯罪に対する対応です。 一人前の社会的判断の未熟な段階での犯罪は、当人の罪というより 保護者の問題であり、即刑務所の前に、鑑別所や少年院といった 保護処分=矯正を中心とした処遇が優先されるのである。 この「社会的判断の未熟」が、未成年であれ疾病であれ同じ事で、 正しい判断力のない人間に罰を下しても、それによって矯正されないと 考えられる。 もちろん放任すれば再犯する恐れがあるので、心の病気なら入院、 病気でなければ保護観察下において、長期的に矯正を図るのである。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 こんにちは。  くわしく知らないので 知りたい・はっきり確認したいと思って投稿します。  心神喪失と見なされるということは 通常の意志行為の能力を そのとき 持たないと判定されることではないのですか?  つまり その行為が 犯罪として有罪か無罪かと判断されるという問題ではなく そうではなく有罪無罪となりうる犯罪行為じたいをおこなう能力も心の状態をも持たないと決定されることではないのですか?  つまりは つうじょうの人間の社会生活をおこなう人間の状態にはいないと見なされたことを意味しませんか?  つまりその行為をおこなっているとき その人は 人間ではないと見なされた・つまりは動物と同じだと見なされたことなのではないですか?  犬や猫に有罪判決をくだしても 仕方がありません。  したがって人間に復帰するまでときを俟つという結論になると。  哲学カテにおける議論が そのような人間以前の思考能力と意志(対話能力)との状態にある人も あんがいいますよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#222486

法は誰の為にあるのか 何のためにあるのか 法は万人のためにあり、万人は法の下に平等自由です。 心神喪失等で無罪となった場合、 「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律」(通称・医療観察法) により、処遇が決められます。 他害、自害の恐れがある場合は、処置入院させ治療にあたり、 そこまでの恐れが無いだろうと判断された場合は、保護観察官等により通院治療と観察(監視)が行われます。 他害した人が心神喪失として無罪とされても、即座に無罪放免とういうことではなく、あくまでも、刑事責任を問わずに治療に当たるというのがその趣旨です。 ただ、無罪と成った訳ですから、プライバシーの問題から実際のところはわかりません。 参考までに(精神障害のある人の人権 関東弁護士会連合会編 明石書店など参考著作も載っています) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%BB%E7%99%82%E8%A6%B3%E5%AF%9F%E6%B3%95

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

法を犯したことを罰するというよりは、更正させることを優先するということでしょうか。 どうもありがとうございました。教えてくださった本読んでみます。

関連するQ&A

  • 法律上の責任能力について、、

     刑法上は心神喪失状態でした行為は処罰されないことになってますね(原因において自由な行為の理論で処罰されるような例外的な場合を除いて)。  では、電車の中でべろんべろんに酔っ払った客が吐いて汚物により、自分の所有物が汚されてしまった場合、民事上もなんら責任追及できないのですか?確か民法にも責任無能力状態の行為については責任を負わないという規定がありますが。

  • 裁判での弁護側の「心神喪失」の多用

    既に出ているかもしれませが、凶悪な殺人事件の裁判で、計画的に凶器を用意したり、被害者宅への進入路を調べたりと、実に冷静に犯行を練っていることが証拠によって明らかなのに、弁護側は「被告は心神喪失状態で、責任能力がなかったので、無罪」を主張することがありますが、なぜですか。また、とんでもないへ理屈をこねるのはなぜですか。弁護士の人、教えてください。

  • 「刑法39条」と「裁判を受ける権利」

     私は精神科医(精神保健指定医)です。  皆さんご存じの通り、刑法39条第1項「心神喪失者の行為は、罰しない。」に基づき、精神分裂病の病気に基づく触法行為は起訴されません。(起訴されずに精神保健福祉法に基づく措置入院の必要があるか精神保健指定医2名の診察が行われます。)  ところが、最近、障害者団体などから、「精神障害者にも裁判を受ける権利がある。精神科医でなく、裁判長に裁かれたい。」という議論が出ております。    私は「裁判を受ける権利」とは、「裁判を受けることなく有罪とはされない権利」と解釈しています。  また、起訴するかどうかは、検事の裁量と考えています。  そこで、法律にお詳しい方にお尋ねします。 1.触法行為をした心神喪失者が起訴を望んでいる場合や、裁判を受ける権利を主張している場合、どう説明すべきものでしょうか? 2.起訴前簡易鑑定を翻して、下記のように検事が起訴・不起訴の決定をすることは現実にあるのでしょうか?  (1)心神喪失による責任無能力でなく、心神耗弱で限定責任能力あるいは完全責任能力を認める鑑定結果でも、検事の裁量で不起訴にする。  (2)逆に、簡易鑑定で心神喪失による責任無能力でも検察の裁量で起訴に踏み切る。 3.不起訴の場合、検察は被疑者に不起訴の通知をすることになっていると思いますが、不起訴理由を述べる義務はあるのでしょうか?実際に触法時心神喪失の被疑者が不起訴処分に関して「何で起訴してくれないんだ?」と質問した場合の検察側の対応はどうなってますでしょうか? 4.被疑者自身が不起訴処分不服の申し立てはできるのでしょうか? 5.裁判を受ける権利とは、「裁判を受けずに有罪となることのない権利」以外の意味はあるのでしょうか? 6.不起訴処分の被疑者が「裁判を受ける権利がある」というのは、法的にいかがなものでしょうか?  

  • 責任能力喪失や心身喪失だったから「無罪」というのは、論理的におかしいと思いますが。

    裁判員制度がまもなくスタートします。少し気になることがあります。それは犯罪事実がはっきりしていて、その被告に罪を償って貰わないとならない時、被告の犯罪行為時の状態が「責任能力のない状態」であったとか、病気などにより「心身喪失の状態」であったため、これを無罪とするなど、という判決例を耳にしますが、これって少し変だと思います。責任能力が欠如していようが、病的に本人の精神状態が正常でなかったのであろうが、被告本人が手を下した犯罪行為が事実であれば「無罪」である筈がありません。確かにそういう状態ならば、罰することはできませんが、たとえば「懲役何年相当の有罪」と判決した上で執行猶予に相当する医療観察や保護観察措置をとって被告人の再犯防止を図るべきです。「無罪」だと手を下す人によって犯罪行為自体が「犯罪」ではないものとなってしまい、不合理であり、犯罪被害者やその家族・遺族の納得は永遠に得られないと思います。皆様のご意見、ご教示よろしくお願いします。

  • 弁護士の人に質問。「心神喪失なので無罪」

    ちょうど2年前の2016年8月に起きた千葉県連続女性殺傷事件の犯人、大野駿被告に懲役刑の判決が出ました。母親が「息子は重度の知的障害」と言ったと報道され、弁護側は「心神喪失で無罪」を主張したということですが、普通に考えれば、埼玉県から切符を買って電車に乗って千葉県まで行き、お金を払って買ったナイフの切れ味を試そうとして人を二人刺した、しかも弱そうな若い女性を狙って、というのはどう考えても心神喪失ではありません。なぜ、このような事件でアホの一つ憶えのように「心神喪失で無罪」を主張するのでしょうか。法学部の授業で、弁護士になったらそうせよと教えられるのでしょうか。

  • 刑法39条改正すべきか、否か

    刑法39条とは、心神喪失者を罰しない、または減刑することを記した刑法です。 しかし、命に関わった場合もこの刑法が適応されます。 例)山村新治郎殺人事件 よって、改正すべきだという意見も出ています。 そして、私は「命に関わる場合のみ、適応すべきでない」ということに改正すべきだと考えました。それは、「殺人」と「放火」の事件数の合計2066件のうち、精神障害者が起こした事件数は400件であるからです*。つまり、命に関わる犯罪のうち、約5分の1が精神障害者が起こした犯罪であるということ。 この「命に関わる場合のみ、適応すべきでない」という考えを確立させるために、ぜひ意見、又は「刑法39条は現状維持のままでよい」という意見の反論を聞かせてください。 この考えは実現しにくいから、他の考えに変えたほうがいい、という意見でも構いません。 よろしくお願いします。

  • 冤罪や心神喪失でも、無罪になる可能性はどれぐらいですか?

    冤罪や心神喪失でも、無罪になる可能性はどれぐらいですか? また、無罪になったとしても国から損害賠償をどれぐらい取れるんですか?

  • 心神喪失で無罪にされるのはなぜ

    人を殺して死刑になろうと思った、悪魔に命令されてやったという男が最近2人を自動車で轢き殺して逮捕され裁判で心神喪失とされ無罪となりました。 ピサロさんのときは悪魔に命令されてもこんなことにはならなかったはずですが、やはり道具を介して間接的に殺す場合は罪が軽くなるのですか? それとも心神喪失はすべてをチャラにするほど絶大なものなのでしょうか?

  • 心神喪失とは?【『アンネの日記』破損事件に絡んで】

    アンネの日記を破った事件の被疑者が、 心神喪失により不起訴になる見込みであるという記事を見ました。 そもそも、心神喪失とはどういう状態なのでしょうか。 正常な判断ができない・状況が分かっていない、ということとは 違うのですか? (例えば、認知症のご老人が万引きして捕まっても、 なぜ捕まったのか理解できないように) 本を手当たり次第に破っていったということだと、 なんとなく理解できるのですが、 『アンネの日記』とその関連本だけを狙っているということは、 その本がどういう本で、社会的にどのような評価を受けているか きちんと理解しているということだと思います。 思想を持ち、それによって ある一定の意味のある行動をしている人が、 心神喪失なのかな、という疑問がわきました。 ほかの事件の例でもよいので、 できれば具体的に 心神喪失とはなにか?ということを わかりやすく説明していただける方がいらっしゃいましたら、 教えてください。

  • 「罰しない」=「無罪」?

    以下、新聞記事の引用です。 大阪府茨木市で平成16年、自殺の道連れにしようと乗用車で自転車を次々とはねて2人を殺害、3人を負傷させたとして、殺人と殺人未遂の罪に問われた元新聞配達員の男(25)に大阪地裁(西田真基裁判長)は28日、無罪(求刑無期懲役)の判決を言い渡した。 元新聞配達員は起訴事実を認める一方、「自殺の道連れにやったのではなく、悪魔に命令された」と述べ、弁護側は犯行当時、心神喪失状態だったとして無罪を主張していた。 ~~~ 多分弁護側の主張が認められ、「犯行当時、心神喪失状態だったから無罪」という理由だったのでしょう。 もしそうだとして、私にはちょっとこの辺の法解釈が理解できません。 刑法第39条に「心神喪失者の行為は、罰しない。」とあるのは知っています。 そこで質問なのですが、この「罰しない」という言葉はどういう意味なのでしょうか?「普通だったら有罪だけれど、無罪だよ」という意味なのでしょうか? 私はこの手の判決でいつも思うのですが、そもそも無罪ではないのではないかと思うのです。「あくまで有罪だけど、心神喪失者なので刑には服させない」と解すべきではないかと思うのです。 当然プロの法律家による判決ですから、私の考えは間違っているのでしょうが、スジとしてはそうしないと被害者側はやるせないと思うのです。どうして「罰しない」=「無罪」なのでしょうか?「罰しない」=「刑には服させない」という風な解釈は成り立たないのでしょうか? 同条第2項で「心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。」とありますが、この場合はあくまで「有罪」なんですよね?多分。