• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

助動詞mustとwill

「明日晴れるだろうな」という英文はIt will be sunny tomorrow.が普通だと思うのですが、mustは間違いない、絶対という話し手の気持ちがこめられてるので、It must be sunny tomorrow.「明日絶対晴れるね。」といったように使うことはできるのでしょうか?また、willも確信度合いがmustに並んで強いと認識しています。しかし、この2つのイメージは似通っていてよくわかりません。どう2つを分けていいか教えてください。 以上2点をよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数6
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15293/33009)

    #2です。補足です。 >>willとmustなのですが、私はwill=強推量・強意志、must=絶対という認識でいいのかなと今思っているのですがどうでしょうか?     僕はぬるま湯的なのかも知れませんが、will=普通の憶測、must=~ないと困る、ぐらいだと今思っています。    It must be sunny tomorrow.  明日、晴れてくれないと東大に落ちる(生きるか死ぬか)    It will be sunny tomorrow. 明日、晴れると思うよ。(少し入れこみ)    It is sunny tomorrow.     明日、晴れるよ。(自然体)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足回答ありがとうございます。それぞれの特徴がなんとなくつかめてきました。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5689)

http://www.englishforums.com/English/ItMustFineTomorrow/zmdvq/post.htm の議論をご覧下さい。 It will be sunny tomorrow. It should be sunny tomorrow. は似たような意味ですが、 It must be sunny tomorrow. となると意味が変わります。「もし天気でないと(例えば結婚式が)ダメになる」といったニュアンスになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。論議についてはまだ見れていませんが、参考にします。

  • 回答No.5

助動詞は can にしても,能力的にできるわけだから,現在の can でも 今しているというより,これからする,という未来的な響きがあったりします。 しかし,must の「違いない」というのは,現在しか表しません。 明日晴れるに違いない,は It is sure to be fine tomorrow. It will certainly be fine tomorrow. I'm sure it will be fine tomorrow. のように,will や不定詞を用いながら,sure/certain などで確実性を高める ことになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。異なる視点からで、勉強になります。

  • 回答No.3

It will be sunny tomorrow.  直訳 「明日晴れになるだろう。」 これは今日以前の状況や 天気予報、 自分の経験 などをベースにして 推測したものです。 It must be sunny tomorrow. .直訳: 「明日は晴れなければならない。」 これは 明日が子供の運動会、自分の結婚式など 重要なことをやるときに強い意願望とともに使うことが多いですね。(気象に関するベースが無くとも使える) 実際はどちらも自由に使っているケースが多いようですが。。。(will beが一般的かも。。) 訳す時はどちらも 「明日はきっと晴れるよ」 と訳しても間違いでは無いとおもいます。(状況によって訳し方が違ってきますが。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。willの方で「自分の経験等に基づいた予測」というのは聞いたことがありました!

  • 回答No.2
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15293/33009)

    まあお天気と言うものは、別に人間が「降れ」といっても「照れ」と言っても、全然無視して、勝手にやってくれるものです。ですから結論から行けば、何とおっしゃっても効き目はありません。 1。It will be sunny tomorrow.「明日晴れるだろうな」 2。It must be sunny tomorrow.「明日絶対晴れるね。」 ですから、気合いの入れ方の相違は表現できますが、何と言っても効き目ゼロです。     2は、○週間溜まった洗濯物が乾かなくて黴が生え、まさにキノコが繁殖せんとしており、「明日は、何が何でも、カンカン照りでなくては、わたしは切腹して果てるほか無い、      既に辞世の句も『明日ありと思う心の仇桜、夜半に雨がじゃあーじゃあー降るかも』を用意した」というような、切羽づまった思いを託すにはいいと思います。     1のほうは、2に比べて、かなり温度の低い表現です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。違いについてわかりやすい例をだしていただき、面白く(笑)理解ができました。willとmustなのですが、私はwill=強推量・強意志、must=絶対という認識でいいのかなと今思っているのですがどうでしょうか?

  • 回答No.1
noname#179823
noname#179823

ジーニアス英和辞典によると、mustの方が、より確信度が高いようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。must>willということですね。学校英語であてはめた訳を覚えさせられたものですから、それぞれの違いがなかなか理解できなかったのです。

関連するQ&A

  • mustはこれでいい?

    「明日は雨が降るに違いない.」は[It must rain tomorrow.]でいいのでしょうか? 「明日は雨が降るかもしれない.」は[It may rain tomorrow.]でいいと聞きましたが,mustだけまだわかりません.[must be going to]でなくてもいいですよね?

  • "will fine" と"will be fine"の違いは??

    「明日は晴れて欲しい」の英文をネットで調べたら、”I hope it will fine tomorrow”と”I hope it will be fine tomorrow”の2通りあったのですが、”be”は必要ですか?? それとも、別の言い方をするのでしょうか?

  • Must、Can、Will の使い方について

    例えば「明日~しなければならないだろう」という文の場合、 I will have to do my homework tommorow. I must be going to do my homework tomorrow. はたまた、「明日~できるだろう」などという場合、 I will be able to go there. I can be going to go there. どちらの表現でも正しいのでしょうか? それともどちらかが文法的に間違っているのでしょうか? 理由などわかりやすく教えて頂きたいと思っておりますので、お願いします。

  • willは未来なのか

    英語では、文にtomorrowなどの未来を表す単語が入っていても、なぜwillなどを使わなければいけないのですか? また、明日晴れると願う。は、I hope(that) it will be sunny tomorrowになりますが、このwillはthat以降の文が未来であることを表すために使っているのですよね?でも、願うのは明日晴れることだから、別にwill入らないと思ったのですが、 未来であれば必ずwillを使わないといけないということなのでしょうか、、 willは意志、推測の意味だと教科書などに載っていたので、未来のことはわからないから、未来のことを言う時はあくまでこのことは予測しているのだということを表すために、willをつかい、結果的にwillは未来を表すようになった。という様な解釈をしていたのですが、私の解釈は間違っているのでしょうか 長々と分かりづらい文章ですみません

  • 英語 willとbe going to

    明日晴れだといいなを英語にすると、 I hope it will be sunny tomorrowですが、 willをbe going toに変えてもあってますか? 未来のことを表す時はwillかbe going toを使うと習いましたが、どう使い分ければ良いのですか? 例えば、あなたはケンが明日学校に来ると思いますか?は、Do you think Ken will come to school tomorrow?になるらしいですが、willをis going toに変えても意味は同じになるのでしょうか。

  • be going toとwillの違いについて。

    be going toとwillの違いについて詳しく教えて下さい。 It is going to be rainy tomorrow.という英文と、 It will be rainy tomorrow.の違いが分かりません。どちらも文法的には合っているのでしょうか?? どなたか教えて下さい。お願いします。

  • willの使い方

    will your office be open tomorrow ? という英文があったのですが、文法書 で以前勉強した時は、未来の事柄などが確定しているときなどはwill でなくbe ing や will be ing などを使うと覚えたんですが。 Is your office open tomorrow とはならのいのでしょうか? willの推測での使い方について混乱しています・・。

  • willの有無

    参考書にI hope it rains tomorrow.(明日雨が降れば良いのになあ)という文章があるのですが、 I hope it will rain tomorrow.じゃなくていいの?と思ってしまいました。 どうしてwillが無いのでしょうか?

  • 確信度: will(現在推量用法)>mustでは?

    現在の推量を表す助動詞は、その確信度(強~弱)に従って並べられたものを辞書や文法書で見かけます。(例えば『ジーニアス英和辞典(第4版)』のmight(助)の(1)) このうち代表的な助動詞4つ (1)may, (2)should, (3)will, (4)must を取り上げると多くのものは以下の順になっています。 (4)must > (3)will > (2)should > (1)may 例えば、Ron is tired after all that hard training. (疲れている)を基準とすると、 (4) Ron “must” be tired after all that hard training. (~に違いない) (3) Ron “will” be tired after all that hard training. (~のだろう) (2) Ron “should” be tired after all that hard training. (~はずだ) (1) Ron “may” be tired after all that hard training. (~かもしれない) (以上の例文は吉波和彦ほか『ブレイクスルー総合英語(改訂版)』[美誠社]、p.119)より) (1) 私の興味はこのうち (3)will と (4)mustの相互間の序列についてです。 高校生を対象にした文法書や英和辞典はほぼすべて (4)must > (3)will       (「説1」とします) となっています。 確かに、(3)will を「~だろう」、(4)must を~「に違いない」という日本語にするとこの順序になるでしょう。 しかし、文法書の中には (4)must < (3)will        (「説2」とします) としているものが一部あります。 (例えば、瀬田幸人『ファンダメンタル英文法』[ひつじ書房]、p.134) ただし、なぜそうなのかの説明がありません。 (2) 私の直感からすると、英語の感覚により忠実なのは説2のような気がします。 現在の推量を表すwillが、ある事態が未来において判明するという話者の揺るがぬ確信が基底にあるように感じます。ここに「確信度」の尺度で高い位置に置きたいという感覚が生まれるのではないかという気がするのです。 この感覚に基づいて上の文を、日本語の和訳を手助けにして考えなおしてみると、 Ron “is” tired after all that hard training.  (ロンはきつい練習の後で「疲れている」。) (3)Ron “will” be tired after all that hard training. (ロンはきつい練習の後で「疲れているんだ」。) (4)Ron “must” be tired after all that hard training. (ロンはきつい練習の後で「疲れているに違いない」。) ぐらいになるのではないでしょうか。 (3)willを「~んだ」としてみたことにご留意ください。 いかがでしょうか?

  • willとbe going to

    「次の文のisを適切な時制に訂正せよ。」という問題がありました。 How is the weather tomorrow? tomorrowがあるので、当然、未来形にすべきなのはわかりますが、willなのか is going to なのかがわかりません。 この文の場合はどちらが正しいのでしょうか? 参考書や辞書をみると It will be fine tomorrow.(明日晴れるだろう) It is going to rain. (雨になりそうだ)←この場合は雨雲を見て言っている。 などが書かれていましたが、結局どちらなのか判断がつきませんでした。 わかる方、是非教えてください。宜しくお願いいたします。