• ベストアンサー
  • 困ってます

琉球語と日本語が分かれた時期

今、安本美典氏の「新・朝鮮語で万葉集は解読できない」を読んでいます。 「沖縄の諸方言と本土の諸方言が分裂したのは、『万葉集』の編纂された奈良時代よりもおよそ500年ほど前である。(p40)」 (上記より引用) なぜ、このように考えられるのかについては記されていません。 ウィキペディアには次のようにあります。 琉球語(琉球方言)の文字による記録は、古い石碑に記された仮名書きで見ることができる。 例えば、1494年の小禄墓[18]、1501年の玉陵の碑文、1597年建立の 『浦添城の前の碑』がある。 また、尚円王(金丸)の直筆書状も現存している。 15世紀からのいわゆる琉球王朝では、公文書は漢字ひらがな交じり文で書かれた。 また、歌謡集『おもろさうし』もひらがな主体の表記をとっている。カタカナはほとんど使用されなかった。 文字の記録は15世紀までしかさかのぼれないようです。 安本氏はどのような根拠から 沖縄の諸方言と本土の諸方言が分裂した時期を奈良時代よりも500年ほど前だとしておられるのでしょうか。

noname#163492
noname#163492

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 歴史
  • 回答数6
  • 閲覧数1029
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15292/33006)

>>安本氏はどのような根拠から沖縄の諸方言と本土の諸方言が分裂した時期を奈良時代よりも500年ほど前だとしておられるのでしょうか。     おっしゃる通り書いたものでは15世紀までですが。クラシックな方法と20世紀中葉以後の言語年代学(語彙統計学とも)があります。     クラシックは、インドヨーロッパ祖語再構成(下記)の手法です。     http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%94%E8%BC%83%E8%A8%80%E8%AA%9E%E5%AD%A6     言語年代学の方法は、服部四郎『日本語の系統』(岩波1959)などに見られます。     http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%8D%E9%83%A8%E5%9B%9B%E9%83%8E

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 比較言語学についてはわかりました。 それでも、安本氏が琉球語と日本語の分裂時期を奈良時代よりも500年前としておられる理由がわかりません。 服部四郎氏の『日本語の系統』を読めば理解できるのですね。 図書館で探してみますね。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15292/33006)

    #5です。夕食の時間で慌て、大切な事を忘れていました。      書いたもので調べるのは文献学(Philologie, philology 系統の言葉)で、それより前はクラシックな比較言語学や20世紀第三4半期に流行した言語年代学などによります。     安本美典氏は、以前にも似たような著作がありますので、この数字は、多分、比較言語学や言語年代学の業績を踏まえたものかとおもいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度も回答をありがとうございます。 比較言語学、現代年大学の業績をふまえて、どのようにして奈良時代より500年前と出したのかを 安本氏はきちんと説明する必要がありますね。 この説明がきちんとできていなければ、日本語と朝鮮語が分離した時期についても語れず、 日本語と朝鮮語は姉妹語ではないと、言うことはできないと思います。 こじつけ、語呂あわせだらけのベストセラーを完膚なきまでの論破、と帯に書いてありますが、どこが~、と思いましたね。 (日本語と朝鮮語が姉妹語であるとは思ってはいませんが) ああ、こんなこと書くとまた誰かに怒られそうだ(笑) 安本さんは一般人には計算方法など理解できないと思っておられるんでしょうかね。

  • 回答No.4

>こういう説明がきっちりさなされていないので、彼の本は読んでいてもどかしさを感じますし、説得力がなく感じます。 だから 著書の数冊を読むことです と言っているではないですか 努力もしないで、理解もできないで 御託をならべるのは如何なものかと(敢えて言えば能力不足を棚にあげて) これは 他の質問にも言えることです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

安本さんの本は4冊ほど読みました。 けれど、その中にこの疑問を解く記述はありませんでした。 努力していないといわれればそのとおりです。 早く知りたいもので。 なまけものだと笑って下さい。

  • 回答No.3

言語学的には硬い(時間の経過に依存する要素の少ない)単語・語彙と柔らかい(時間の経過と共に變化し易い)単語・語彙が存在することが判明しています それを検証できる文献に当てはめて、そこから推測します 安本氏はその分野の専門家ですから現代の本土と琉球のことばにあてはめて推測しています (詳しくは安本氏の著書数冊をお読みになることです)他の回答者が言っているようないい加減なものではありません 数理統計学の検証もクリアしている仮説です この考えは 日本語と朝鮮語や、各種言語の近しさの研究にも多用されています

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >それを検証できる文献に当てはめて、そこから推測します その推測の方法をお尋ねしています。 こういう説明がきっちりさなされていないので、彼の本は読んでいて もどかしさを感じますし、説得力がなく感じます。

  • 回答No.2
  • mekuriya
  • ベストアンサー率27% (1118/4052)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 別れた時期についての説明はないようですね。

  • 回答No.1
  • mekuriya
  • ベストアンサー率27% (1118/4052)

琉球方言と本土方言は,共通の祖先(日本祖語)から弥生時代を上限とし古墳時代頃までの時期に共通の祖先から分かれたと推定されています。 安本美典氏本人に直接問い合わせるのが筋ですが、安本氏は言語学の推定をそのように解釈したのでしょう。これは歴史学のテーマではなく、言語学のテーマです。言語学と歴史学はアプローチが違います。言語学では史料に基づかない、言語分析的アプローチで推定するといった手法が許されています。もちろん何百年前といった具体的な根拠は何も無い。そういったところで、どうせ無知蒙昧な読者には何もわかりませんから、読者にわかりやすいように勝手に万葉集の500年前などと書いているのでしょう。 その本は万葉集古代朝鮮語説といった似非科学の与太本に対する批判ですから、それがさほどの問題でもない。もともとの万葉集古代朝鮮語説こそが、それこそ何の根拠もないわけで、単なる語呂合わせとこじつけの寄せ集めなわけで。 どっち側の論者も歴史学的アプローチではないのです。ですから根拠は?と問う意味もない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>琉球方言と本土方言は,共通の祖先(日本祖語)から弥生時代を上限とし古墳時代頃までの時期に共通の祖先から分かれたと推定されています。 その理由を知りたいのです。 具体的な根拠はなくとも、そう推定されたということは、何か理由があるわけですね。 回答をありがとうございました。

関連するQ&A

  • 日本語と朝鮮語が分裂した時期について

    安本美典氏の「新・朝鮮語で万葉集は解読できない」を読んでいます。 その47から48ページに次のような趣旨が記されています。 (1)58の言語の距離の近さを数字で測定した。 (2)東京方言と首里方言の近さの度合いはフランス語とスペイン語との近さの度合いよりも低い(遠い) 英語とドイツ語との関係ん度合いよりも高い(近い]) (3)(2)はフランス語とスペイン語とが1500~600年前に分裂し、東京方言と首里方言とが1700年前ごろに分裂し、英語とドイツ語が2000年前に分裂したことによく対応している。 (4)日本語と朝鮮語との関係は、「日本語と台湾のアタヤル語」「日本語とカンボジア語」「日本語と中国語」との関係よりも低い。 (5)日本とと朝鮮語が同じ祖語から分裂したとしても分裂の時期は少なくみても6~7000年以上のむかしとなる。 (5)に6~7000年以上前とありますが、この数字はどのようにして導きだされたのでしょうか。 (説明がありません。)

  • 琉球文化とアイヌ文化の違いはどこにあったのでしょうか?

    北海道も沖縄も、元々は日本ではありませんでした。 共に日本に吸収された本土とは異なる民族という特徴を有しますが、北海道と沖縄には根本的に異なるものがある気がします。 まず、沖縄の方言である沖縄弁は琉球語をほぼ引き継いだ形となっています。沖縄の風習も琉球王国時代の風習が色濃く残っており、食文化などに流暢に現れています。このように、沖縄の文化には琉球王国時代の名残が大きく残っていると思います。 ですが、逆に北海道の方言はアイヌ語を引き継いでいるわけではありません。本土から移住してきた和人の言語を引き継いでいるために、他の地域と比べて特異性がある方言というわけでもありません。これは風習や文化でも同じです。沖縄の文化がネイティブから引き継いだものであるのに対し、北海道の文化はネイティブから引き継いできたものではありません。 この違いは一体何なのでしょうか? また、北海道民には混血を含めてアイヌはそんなにいないように感じられます。逆に沖縄県民における琉球人の割合は大半を占めるように感じられます。 この違いは何でしょうか?それとも私の気のせいですか?

  • 戦後、沖縄は琉球国復帰を望まなかったのか?

    戦後、沖縄は琉球国復帰を望まなかったのか? 戦後、沖縄県はアメリカ軍政下に置かれました。 そして、本土復帰運動が盛んになりましたが、琉球王国復帰の声はきかれなかったのでしょうか。 琉球処分からまだ100年も経っていないのに、しかもアジア太平洋戦争に住民が多数巻き込まれ、旧日本軍の言いなりに総力戦を強制されたのに、不思議です。 琉球人というより、日本人としてのアイデンティティーがもう確固たるものだったのでしょうか。 この機会に再度独立を果たそうという勢力はなかったのでしょうか。

  • 沖縄は独立したほうが幸せなのでは?

    沖縄の歴史を考えると、やはり本土に侵攻された歴史と考えざるを得ません。 15世紀に琉球王国成立後、17世紀薩摩藩が侵攻し支配下に入る。奄美大島の民が激しく抵抗したりいろいろあったようですが、力及ばず。以後、薩摩に徹底的に収奪されたようです。 19世紀、日本政府が強制的に琉球藩設置し、琉球王国滅亡。 1945年アメリカ軍の占領下に。1972年に日本本土復帰。 江戸時代は明や清にも朝貢してましたが、これもやむにやまれずだったんでしょう。 第二次大戦時は本土防衛の盾に使われて罪もない民衆が無数に殺され、戦後は日本の米軍基地の大部分を押し付けられ、騒音、米兵の不祥事、墜落事故などで再び犠牲にされてます。 本当は、本土復帰でなくまた琉球として独立したほうがよほど幸せだった気がするんですが。 無論、当時の実情を考えれば事実上無理だったでしょうが、果たして沖縄の人々は心底本土復帰を望んでいたのか非常に疑問です。アメリカ支配よりはましだと考えた消極的な考えが多かったんじゃないのかなと。 基地が既成事実化してしまい、その仕事で食ってくしかないから米軍撤去には反対という人も多いようです(このへんは、原発と似てますが)。しかしそれは、いまさら他の仕事もみつからないからしょうがないという理由であって、もし条件が変われば、好き好んで戦争に関わる場所で働きたい人は少ないと思います(一部の好戦的な人は別ですが)。 こんなに長い間、本土から虐げられてきたことを思うと、可能性は別として少なくとも理念として、再び昔の琉球国家として独立したいと思うのも当然な気がするのですがどうでしょうか?

  • 沖縄は独立ではなく日本復帰で良かった?

    まもなく沖縄県の日本復帰50周年を迎えます。 ここで少し疑問となるのが沖縄はその昔琉球王国という独立国であり、言語も日本語の方言というには多すぎるくらいの日本語との違いがあったり、和人とは多くの違う風習があるようで、1972年の日本復帰に際して沖縄の人たちは日本復帰ではなく独立して琉球国再興という方向には向かわなかったのでしょうか。また、沖縄の皆さんは日本の一部で良かったと感じていらっしゃるのでしょうか。 沖縄の方の思いを知りたく質問させていただきました。

  • 沖縄の人々は多民族的ですか?

    沖縄の写真を見ていったり、動画を見たりするのですが、顔の種類が豊富な気がします。 (琉球だった頃の明治辺りから沖縄になって現代までの写真と記録映像見てなんですが・・・。) 本土に編入されただけだし、歴史や文化や民族(遺伝子的)に違いがあるわけですし、それもあるのでしょうけどね・・・。 沖縄の人々(本土系移民者は除く)は南方系又は東南系、コーカソイド系(中東系欧州系他)、ネグロイド系、オーストラロイド系などが大部分を占めていて、北方系は多分、大陸方面からの影響なのかな・・・。 大陸や本土より少ない部類ですが、いるようです。 多種多様です。 台湾には少数民族がたくさんいます。 だから、台湾に近い沖縄もそういう感じなのかな・・・。 もしかして、沖縄は多民族的なのかなと思って・・・。 (沖縄が琉球だった頃の時代の歴史をあまり詳しく知らないから、分からず言ってるけども、写真や映像を見ても、北方系が大陸や本土に比べると少ないし、北方系が少ないながらも多民族だったりするからね・・・。)

  • 「かなの誕生」という文章を読んでいますが...

    私は外人です。いくら読んでも分からないのですが助けてください。 片カナも平がなも、万葉がなから発展して生まれたものである。奈良時代の末、つまり八世紀の中ごろ以降には、万葉がなはおおむね一字一音節のものに洗練されて、かつてのように金(コム)(・・・来む)・兼(ケム)(・・・ けむ)のように二音を表わすものなどは姿を消してしまった。 質問(1)「かつてのように金(コム)(・・・来む)・兼(ケム)(・・・ けむ)のように二音を表わすものなどは姿を消してしまった。」このセンテンスは全部分からないのですが、分かりやすい言葉で説明してくださいませんか。お願いいたします。

  • 薩摩の琉球王国侵攻について

    薩摩による琉球侵攻についてですが、 ・なぜ薩摩は琉球に侵攻したのか。 ・侵攻による利益,不利益は何か。 がわかりません。ぜひご教授いただければと思います。 そして、 ・現在につながるもの、遺跡....etc.... なども紹介していただけると助かります。 よろしくお願いします。 -------------------------------------------------------------- 最後に、一応・・・・・ 以下、wikiのコピペ 薩摩による琉球侵攻 16世紀後半、豊臣秀吉が明とその進路にある李氏朝鮮を征服しようとし、琉球王国に助勢を命じたが、明の冊封国であったため国王は一旦拒否した。しかし、実際に文禄・慶長の役で日本が朝鮮半島に攻め込んだ時には、琉球は日本軍に食料を提供し、日本軍の兵站の一部を担った。 1609年(琉球暦万暦37年・和暦慶長14年)、薩摩藩の島津氏は3000名の兵を率いて3月4日に薩摩を出発し、3月8日には当時琉球王国の領土だった奄美大島に進軍。3月26日には沖縄本島に上陸し、4月1日には首里城にまで進軍した。島津軍に対して、琉球軍は島津軍より多い4000名の兵士を集めて対抗したが敗れた。4月5日には尚寧王が和睦を申し入れて首里城は開城した。 これ以降、琉球王国は薩摩藩の付庸国となり、薩摩藩への貢納を義務付けられ、江戸上りで江戸幕府に使節を派遣した。その後、明を滅ぼした清にも朝貢を続け、薩摩藩と清への両属という体制をとりながらも、琉球王国は独立国家の体裁を保ち、独自の文化を維持した。琉球王国が支配していた奄美群島は、薩摩藩直轄地となり分離されたが、表面上は琉球王国の領土とされ、中国や朝鮮からの難破船などに対応するため、引き続き王府の役人が派遣されていた。

  • 沖縄移住について何でも良いので教えてください。

    沖縄移住を考えています。年齢も年齢ですし、移住するにはかなり決意が要ります。 私の移住しようと思っている理由は、地方の方が東京にチャンスを求めに行くのと同じように、沖縄にチャンスを見つけたからです。 就こうと思っている仕事に就けないかもしれないことがとても心配です。 色々厳しい意見も聞きます。教えてほしい事と言うのは (1)5万人移住して3万人は本土へ帰る と聞きました。理由はやはり職がない。沖縄の生活、文化、気候が合わない。でしょうか? 2年内に帰って行く人が多いと聞きますが、そうなんですか? (2)ウチナーンチュは観光客にはやさしいが住むと厳しい。と聞きました。どういった点でしょうか? (3)もし住むなら宜野湾か浦添に住みたいと思っています。最初は安い宿に泊まりながら現地情報を収集しようと思うのですが、移住した人はいきなり部屋を借りていますか? (4)沖縄移住について詳しいサイトがあれば是非教えてください。 (5)特に苦労したこと等教えてください。 (6)その他、情報があればお願いします。

  • 「なな」と「しち」の使い分け方

    昨年NHKの連続テレビドラマで放映された「ちゅらさん」。ビデオの整理を行っていたら、昨年録画してた第一回目を見つけました。 このドラマは1972年(昭和47年)の沖縄の離島を舞台に、冒頭オバァ(琉球方言で婆さんの意)のナレーションで始まるのですが、そこで気付いた疑問。 オバァは19「ななじゅうに」年、に続き昭和「よんじゅうしち」年と読んでいました。 西暦の時は「なな」、元号では「しち」を用いるなどと使い分けの法則があるのでしょうか?それとも沖縄独自の読み方でしょうか?