• ベストアンサー
  • 困ってます

日本語と朝鮮語が分裂した時期について

安本美典氏の「新・朝鮮語で万葉集は解読できない」を読んでいます。 その47から48ページに次のような趣旨が記されています。 (1)58の言語の距離の近さを数字で測定した。 (2)東京方言と首里方言の近さの度合いはフランス語とスペイン語との近さの度合いよりも低い(遠い) 英語とドイツ語との関係ん度合いよりも高い(近い]) (3)(2)はフランス語とスペイン語とが1500~600年前に分裂し、東京方言と首里方言とが1700年前ごろに分裂し、英語とドイツ語が2000年前に分裂したことによく対応している。 (4)日本語と朝鮮語との関係は、「日本語と台湾のアタヤル語」「日本語とカンボジア語」「日本語と中国語」との関係よりも低い。 (5)日本とと朝鮮語が同じ祖語から分裂したとしても分裂の時期は少なくみても6~7000年以上のむかしとなる。 (5)に6~7000年以上前とありますが、この数字はどのようにして導きだされたのでしょうか。 (説明がありません。)

noname#163492
noname#163492

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 歴史
  • 回答数6
  • 閲覧数493
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15292/33006)

1。この数字はどのようにして導きだされたのでしょうか。(説明がありません。)          おそらく、言語年代学(glottochronology)、語彙統計学 (lexicostatistics)などの数字でしょう。方法については下記などをご覧ください。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%80%E8%AA%9E%E5%B9%B4%E4%BB%A3%E5%AD%A6     安本氏の批評には下記などがあります。     http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn5/005_03nihonngo_no_kigenn.html 2。朝鮮半島には、はじめて中国の歴史に出る『魏志』の時代でさえ、複数の言語「群」があり、そのうちの1言語(半島の東南隅の新羅語)が現在の朝鮮語となったわけで、それと日本語を、比べても、数字は出るが、いったい何を意味するのか、と言う点では問題がありそうです。     これだけでも、朝鮮語で万葉集は解読できない、のは明らかです。    

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「基礎的な語彙は比較的一定した速度で変化する」という仮定のもとに、2つの言語が共通祖語から分岐した年代を、C14による有機物の年代測定と同様に、推定された語彙の「半減期」から算出するのですね。 はっていただいたサイトはとても興味深いです。 じっくり読んでみて、あらためて補足のところにお礼を書かせていただきます。 回答ありがとうございました。

質問者からの補足

http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn5/005_03nihonngo_no_kigenn.html 上記、サイトじっくり読ませていただきました。 欧米で発展した比較言語学をふまえて、日本語のルーツを探ろうとする研究がなされていることなどわかりました。 ただ、やはり言葉が別れた年代などの算出方法が明確に示されていないですね。 また、言葉の変化といったものには個別の事情があるのではないか、 このようなものに数学はどれだけ有益なのか、数学では計算できないのではないか、と思ったりもします。 あと基礎語彙の一致についてですが、言葉には単語のほかに文法もあります。 基礎語彙の研究においては文法は無視されていますが、文法も計算にいれて考えないといけないのではないかと思ったりもします。 大変参考になりました。ありがとうございます。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15292/33006)

    #3です。補足です。 >>>基礎語彙自体に、自己矛盾がある可能性もあります。 >>すいません、これは調べてはみたんですが、ちょっと意味がわからないんです!基礎語彙の自己矛盾とはどういうことでしょうか?よろしくお願いします!     これは僕個人の意見ですが、「基礎語彙」と言うのはどのような文化にも共通して存在する(はずの)語彙、と言う事でもともと、Morris Swadesh (下記)が作った物です。 http://en.wikipedia.org/wiki/Swadesh_list     一寸考えれば実在するようですが、もう一寸、考えるとそんな物はあるようで無い。と言うのが僕の意見です。それを基礎にいくら数字を積み重ねても、いわば砂上の楼閣のような気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度もありがとうございます! なるほど、そういわれてみれば、基礎語彙に数字というのがありますが 数字のない文化というのもあるかもしれませんね。 まあ、それは極端な例としても、おっしゃる通りと思います。 ありがとうございました!

  • 回答No.5
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15292/33006)

    #3です。補足です。 1。>>やはり言葉が別れた年代などの算出方法が明確に示されていないですね。     僕はこの本を読んでいませんが、数式はかなり単純なものだったと記憶しています。著者は前著を読んだものと予期して書かなかったのか、題からしてポピュラーな旧著の反論ですから、読者には興味が無いと判断(これは著者の判断か出版社の判断かは分かりません)ま。学問の正面から向き合う人は対象でないのかもしれません。 2。>>また、言葉の変化といったものには個別の事情があるのではないか、このようなものに数学はどれだけ有益なのか、数学では計算できないのではないか、と思ったりもします。     おっしゃる通りです。 3>>あと基礎語彙の一致についてですが、言葉には単語のほかに文法もあります。基礎語彙の研究においては文法は無視されていますが、文法も計算にいれて考えないといけないのではないかと思ったりもします。     そうですね。文法も数千年の間には変わりますので(英語が数百年の間に屈折語尾の大半を無くしたのはその例)何とも言えませんが、、、、 4。  もうひとつ、基礎語彙自体に、自己矛盾がある可能性もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度もありがとうございます。 なるほど、数式はあるにはあるのですね。 ネットなどで探してみることにします。 英語は屈折語尾の大半をなくしたんですか。 屈折語尾って初めて聴きましたが、 ウィキペディアなどで調べてなんとなくわかりました。 >基礎語彙自体に、自己矛盾がある可能性もあります。 すいません、これは調べてはみたんですが、ちょっと意味がわからないんです! 基礎語彙の自己矛盾とはどういうことでしょうか? よろしくお願いします!

  • 回答No.4

 各言語の距離の近さを数字で測定したというのであれば,単純にその数字から割り出したのではないですか。  著者としては,おそらく「日本語と朝鮮語の関係性は低いことから,両者が同じ祖語から派生した可能性は低く,仮に派生したとしても分裂したのは相当昔のことだろう」と言いたいだけであり,数字の根拠について特に説明がないということは,根拠もそれほど具体的なものはないと思いますよ。  歴史上,ローマ帝国・ラテン語という共通の祖先があったことの明らかな英語・ドイツ語・フランス語・ドイツ語などの類と,そういった共通の祖先がない東アジアの言語を数値化して単純比較すること自体,かなり杜撰な研究だと思いますし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 単純に数字からわりだしたのかもしれないですね。 安本さんは計算方法を示しておくべきでしたね。 こうだ、と結果だけ押し付けられても納得できる人は少ないでしょう。 > 著者としては,おそらく「日本語と朝鮮語の関係性は低いことから,両者が同じ祖語から派生した可能性は低く,仮に派生したとしても分裂したのは相当昔のことだろう」と言いたいだけであり, 相当昔のことだと言うためには、年代が重要になってくると思うんです。 >数字の根拠について特に説明がないということは,根拠もそれほど具体的なものはないと思いますよ。 そうかもしれませんね。 説得力に欠ける本だという印象を持っています。 > 歴史上,ローマ帝国・ラテン語という共通の祖先があったことの明らかな英語・ドイツ語・フランス語・ドイツ語などの類と,そういった共通の祖先がない東アジアの言語を数値化して単純比較すること自体,かなり杜撰な研究だと思いますし。 同感です。 安本氏自身、日本語はヨーロッパの言葉の形成とは異なっていると名言しています。 形成がちがうのに、なぜヨーロッパの言語の研究手法を用いるのかと思います。 また、イヨンヒ氏の著書の批判においては、 イヨンヒ氏の万葉集の訳はエロだ、文学はエロではない、したがってイヨンヒ氏の訳はまちがいである といっています。 しかし、これを言うためには文学はエロではない、ということの証明が必要だと思いました。 もちろん日本語は韓国語から生まれたなどとは思っていませんけれどね。 たいへん参考になりました。

  • 回答No.2

>説明がありません。 御指摘通りです。 論法が幼稚でありますし、当時同じであったと言う説得力がまるでありません。 逆に、 万葉集の時代には、日本人と朝鮮人とは通訳なしでも話が通じたとか、 万葉集は朝鮮人が作ったと言う本もあります。 これを否定する本もバカ本の一種です。 東京方言と首里方言(沖縄方言)は姉妹語とみなされています。 それを、仏語スペイン語や英語ドイツ語と比較しています。 日本語と台湾のアタヤル語、日本語とカンボジア語、日本語と中国語 との類似点も指摘があり、研究が盛んに行われています。 逆にバカ本も1から10まで全て嘘ではありませんから読むにも学力が人一倍必要です。 http://mitsusima.jugem.jp/?eid=243 東南アジアとは古くから分離していますし、半島とは1万年以上前から分離していますから 6~7000年前と言う根拠には疑念が生じます。 また、 台湾島とは更に古代より分離していますから比較法にも疑問があります。 中国からの文字輸入や文化交流、東南アジアとの貿易。 こう言った歴史的認識を持った著者の本を読みましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>御指摘通りです。 ということは、安本氏は何の根拠もなく、日本語と朝鮮語が分かれた時期を推測されているのでしょうか。 安本氏は自分の本は売れないのに、こじつけ本がベストセラーになっていると 愚痴っておられますが、 安本さんの本が売れないのは、説明不足だからではないかと、読んでいて思いました。 (日本語が韓国語から派生したものだなどとは思っていませんが) > 東南アジアとは古くから分離していますし、半島とは1万年以上前から分離していますから 6~7000年前と言う根拠には疑念が生じます。 Verhaltenさんがおっしゃることは筋がとおっていて、はるかに説得力があると思いました。 >中国からの文字輸入や文化交流、東南アジアとの貿易。 こう言った歴史的認識を持った著者の本を読みましょう。 たとえば、どのような研究者の本がおすすめでしょうか。 よろしければ教えて下さい。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

朝鮮語同系説や高句麗語分裂説ですね。 しかしながらこの説は言語の比較研究をされた上で支持者は少なく、 否定的な学者のほうが多いですよ。 ここで言う学者とは日本・韓国・朝鮮の学者だけでは無く日本や韓国・朝鮮とは関係の無い他の国の学者も含みます。 但し、両言語ともアルタイ語起源説を支持する学説の支持者が多いです。 因みに、言語学上で日本語の起源や系統はかなり謎だそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 安本氏も支持はしていないようで、 「もしも、分裂したとするなら」と前置きしています。 知りたいのは彼がどのように計算して 6~7000年以上のむかしとしたのかについてです。 支持者が多いとか少ないとかいうことを言ってもしかたないです。 支持者が多ければ正しいなどとは言えませんので。

関連するQ&A

  • 琉球語と日本語が分かれた時期

    今、安本美典氏の「新・朝鮮語で万葉集は解読できない」を読んでいます。 「沖縄の諸方言と本土の諸方言が分裂したのは、『万葉集』の編纂された奈良時代よりもおよそ500年ほど前である。(p40)」 (上記より引用) なぜ、このように考えられるのかについては記されていません。 ウィキペディアには次のようにあります。 琉球語(琉球方言)の文字による記録は、古い石碑に記された仮名書きで見ることができる。 例えば、1494年の小禄墓[18]、1501年の玉陵の碑文、1597年建立の 『浦添城の前の碑』がある。 また、尚円王(金丸)の直筆書状も現存している。 15世紀からのいわゆる琉球王朝では、公文書は漢字ひらがな交じり文で書かれた。 また、歌謡集『おもろさうし』もひらがな主体の表記をとっている。カタカナはほとんど使用されなかった。 文字の記録は15世紀までしかさかのぼれないようです。 安本氏はどのような根拠から 沖縄の諸方言と本土の諸方言が分裂した時期を奈良時代よりも500年ほど前だとしておられるのでしょうか。

  • なぜ「朝鮮語」と呼ばないのでしょうか。

    複数の国で使われている言語はたくさんあります。英語、スペイン語、ドイツ語、フランス語などなど。アルゼンチンの人は、別に「自国の文化がスペインに従属している」と思ってスペイン語を使っているわけではありません。言語名は、もっと客観的・学問的に付けられるものです。 私は「朝鮮」という呼び方は、とても美しいと思いますが、なぜ教育機関やマスコミでは「朝鮮語」と呼びたがらないのでしょうか。 また、なぜ「ハングル講座」などと呼ぶのでしょうか。

  • 朝鮮語と日本語

    ドイツ語や北欧語の方が朝鮮語と日本語との関係よりずっと近いはずです。 朝鮮語と日本語は言語の分類では違う語族の筈ですが。

  • 第二外国語

    大学に無事進学する事だできました。 しかし、入学前に第二外国語を決めなければなりません。 ロシア語、朝鮮語、中国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語 があるのですが、いまいち何を選べばいいかわかりません。 個人的にロシア語、朝鮮語はあまり興味がありません。 第二外国語は実用できると思うな。とよく言われてますが 観光に行くときに使える程度なんでしょうか?? 観光になるとフランス、ドイツ、スペインに絞れます。 この3つはどれも興味があるので本当に悩んでます。

  • 第二外国語

    こんにちは。 以前も何度か質問させていただきましたparanoidです。 何度か質問が出ていたようなのですが、 大学で選択する第二外国語の事で悩んでいます。 フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、朝鮮語があります。 フランス語と朝鮮語は完全に興味がなく、ドイツ語は興味はあるのですが、私が進学する学部とあまり関係がないというか・・・。 だから残りのスペイン語と中国語で悩んでいます。 私は将来、国際機関で働きたいと思っているのですが、 そうするとスペイン語は必須じゃないですか。 大学では3年生になると専門分野に分かれるので、 日米関係、アメリカ史を専攻しようと思ってます。 そうするとスペイン語を知っている方が良いと思いまして・・・。 ただ、あまりスペイン語になじみがないもので、どういう言葉なのかも よく分からないんですよね。 日本人が習得する場合には難しいのでしょうか。 次に中国語。 国際機関に就職することはすごく厳しい道ですので、 もし一般企業に就職となった場合に、需要があるのは中国かなと思います。 スペイン語だと企業ではどうなのかなーと思ったり・・・。 二つですごく悩んでいます。 この二つの言語の難易度など教えていただけたらうれしいです。

  • 日本語話者のL1の能力をあげるものは何語?

    日本語話者(大きく東、西、九州と方言を分ける考えもありますが)が英語をうまく使えても英米などで育ったとかなければL2でつかっていると思います。 英語で聞いて、日本語に翻訳して考えて、英語で話す。 英語ってインターフェイス的に使ってますね。 L1の能力を上げるとして、どこまでだと思いますか? 翻訳の負担が少ないか、L1を拡張しているからかわかりませんが、日本語話者が朝鮮韓国語を話すのは英語を話すより負担が低いともある本でよんだことがあります。 句を埋め込む形でフランス語など向上するかもしれませんが。L2の種類をふやしていることになるかと。 違う地域の方言、津軽弁などの独特な方言、琉球の方言(琉球語)、朝鮮韓国語、中国語、あるいは音素がにているスペイン語など。

  • 日本分裂

    ドイツではヴェルサイユ条約で国土を15%近く分断されたと言っています。 ですが、日本は大東亜戦争後もっと多くの5割近くという空前絶後な領土分断を連合国にされたんじゃないんですか? 朝鮮はさらに2つに分裂され、貴重な台湾も分裂され、樺太・千島は共産主義化されてしまいました。 それなのに分裂統治は免れたとか言うのはなぜですか? 実際、大戦前の正式な日本領土であり、内地扱いでした。 現代文や古文教科書にも台湾、朝鮮、樺太、千島などが日本の内地で、同じ歴史を歩んだことを示す地図や記述がありません。あくまでも外国扱いです。なぜですか?

  • 日本語を外国語に訳したいです。

    『忘れるな』っていう日本語をドイツ語、イタリア語、フランス語、スペイン語、ロシア語、英語に訳すとなんていいますか? わからないので教えてください。どれか一つでもいいのでよろしくお願いします。

  • 日本語のある方言からの似ている段階

    この前、九州の方言を話していたスポーツ選手がいて、一部意味がわからなかったです。 言語と方言の分類ですが、似ていて違う分類はイタリア語とスペイン語、中国語の普通話と広東語やビン語など、あるいはドイツ語でも低地ドイツ語やスイスドイツ語といわれるような分類がありますね。 これらにも段階があると思いますが。 日本の方言も大きく何区分かされたりしますが、実際はおおきな区分以上に方言はさらに分かれたりもしますね。 日本語のある方言区分、日本語族の派といった分類、文法や語彙で共通部分があるアジアの言語などニュアンスの違いや微妙な発音の差から、違う言語といえるまでどのような段階があるのでしょう?

  • 日本近隣の外国語

    スペイン語やフランス語、ドイツ語など実際は遠い場所の言語ですよね。 中国語や朝鮮韓国語、そしてロシア語などがまだ近いかもしれませんけど。 これ以外の地理的に近い言語で有望であったりする言語って何でしょうか?