• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

新築建物価格認定基準表

ある冊子に課税標準の表が出ているのですがそこには 登録免許税のみまだ課税標準額が決まっていないので新築建物価格認定基準表で算定する。 とありそれは理解できるのですが この新築建物価格認定基準表と言うのは登録免許税のためだけに存在するのでしょうか? 固定資産税の場合でも新築住宅の場合はまだわからないのではないでしょうか? 年末ギリギリで竣工しても翌年の最初の納税時期が4月だから納付時期には存在すると言うことですか? また、 課税標準、課税標準額、固定資産税評価額、台帳価格 これらの用語は全て同じ意味なのでしょうか? 同じようなイメージなのですがいまいちよくわかっていません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数2948
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

補足5 http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/Taro12-1312.pdf ↓ (1)課税標準 市区町村役場で管理している固定資産課税台帳の価格がある場合は,その価 格です。市区町村役場で証明書を発行しています。 固定資産課税台帳の価格がない場合は,登記所が認定した価額です。不動産 を管轄する登記所の登記官にお問い合せください。 ↓ http://ace.wisnet.ne.jp/wada/wadai/zei/ninteikakaku.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 もうすこし勉強してみます。

関連するQ&A

  • 登録免許税の課税標準

    単純な質問なのですが、登録免許税の課税標準(税率をかける基)は固定資産税の「評価額」でしょうか?それとも固定資産税の「課税標準額」でしょうか? 【登録免許税の課税標準=固定資産税の課税標準】でよかったでしょうか?

  • 【保存登記の建物評価額】固定資産税の明細がまだない

    去年6月に完成した新築一戸建ての登記の手続きを、 今年になって始めています。 建物は今まだ未登記の状態ですが、 市の固定資産課の家屋調査は去年すでにありました。 ざっと金額の説明はあったようです(1000万)。 建物の所有権保存登記で、建物評価額が必要らしいのですが、 今のところ固定資産税の明細はまだ届いていません。 この状態で保存登記をする場合、評価額は 固定資産税を調べて記入するべきでしょうか、 それとも、法務局のHPで調べられるという 新築建物課税標準価格認定基準表の数字を使っていいのでしょうか。 認定基準表の数字だと850万ほどになると思うので、 登録免許税が多少は少なくてすむと思うのですが…。 去年家屋調査があったなら、やはり すでに決まっているであろう固定資産税の数字を使うべきでしょうか。

  • 登録免許税 新築建物課税標準価格認定基準の根拠

    建物について市役所等から評価証明書が出ない場合、 登録免許税は新築建物等評価認定基準表と経年補正率表を基に算出されると法務局のサイトなどに説明されていますが、 ・その旨を定めた法令、通知、事務連絡等の名称 ・都道府県毎に基準表と経年補正率表があり、適宜改定されていますが、改定を公布した条例、通達等はどこにあるのでしょうか 教えてください、よろしくお願いします。 総務省の法令データベースで検索したのですが見当たりませんでした。 また、国税不服審判所のサイトを見ましたが、判例が様々で、根拠とする法などが記載されていませんでした。 http://www.kfs.go.jp/service/MP/07/0102000000.html

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

補足3 では、最初にもどって >この新築建物価格認定基準表と言うのは登録免許税のためだけに存在するのでしょうか? そのとおり。 >固定資産税の場合でも新築住宅の場合はまだわからないのではないでしょうか? 家屋評価し縦覧後にしか公に 評価額の入った証明はでない。 よって、その間に保存登記する場合に 新築建物価格認定基準表のm2単価を採用するしかない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 なんども回答いただいていますが理解できずすみません。 自分には回答していただいてる内容が矛盾しているようにしか読み取れないのです。 新築建物価格認定基準表は登録免許税のためだけにあると言うことで まだ評価額が決まっていない固定資産税の算定には使うものではないと言う回答を頂いた。 しかしながら登録免許税のためだけにあるのに証明がでない間は固定資産税にも採用する???? さっぱりわかりませんです。

  • 回答No.3

補足2 >せっかく回答いただいているのですが それでは、丸投げで ↓ http://ace.wisnet.ne.jp/wada/wadai/zei/ninteikakaku.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度の回答ありがとうございます。 拝見しましたがこれは 新築建物価格認定基準表のことではないのでしょうか? いろんなHP見ましたがHPではボリュームが多くてよくわからないので ここで単刀直入に回答いただきたく質問しました。 登録免許税→まだ基準がわからないので新築建物価格認定基準表から算定 固定資産税→まだ基準がわからないので法務局の備え付けの単価から算定 新築建物価格認定基準表≠法務局の備え付けの単価 これがよくわかりません。 でも頂いたリンク先は新築建物価格認定基準表のことが解説されています。 さっぱり???です。

  • 回答No.2

補足1 >これは新築建物価格認定基準表とはまた違うのですね。 新築建物の 固定資産は縦覧後にしか評価額は確定しない。 よって、賦課期日の1月1日から縦覧時期後までは 公式な評価額は存在しない。 評価額の無い建物の免許税は 法務局の備え付け単価にしか 依存するしかない。 >なにが1.0倍なんでしょう? 土地の相続税算定は 倍率方式がある 土地評価額×倍率=相続税評価 建物評価額×倍率(1.0倍) と言うこと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 すみません。 せっかく回答いただいているのですが ある程度基本がわかっておられる方がわかる内容なんだと思います。。 私の場合ここまでの回答の意味が理解できるまでの知識もありませんので ご回答と質問がつながらないのです^^; 失礼しました。

  • 回答No.1

>固定資産税の場合でも新築住宅の場合はまだわからないのではないでしょうか? 評価額のない未評価の建物は 法務局の備え付け単価で免許税を算定する。 ↓ http://houmukyoku.moj.go.jp/saitama/static/nintei24.pdf >年末ギリギリで竣工しても翌年の最初の納税時期が4月だから納付時期には存在すると言うことですか? 市町村に課税時期を確認する必要があります。 今年度は税法改正で一月遅れの5月が多い。 >課税標準、課税標準額、固定資産税評価額、台帳価格 土地と違い、建物は1.0倍だから 一緒です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 意味がよくわからないのですが >法務局の備え付け単価で免許税を算定する。 これは新築建物価格認定基準表とはまた違うのですね。 >今年度は税法改正で一月遅れの5月が多い。 5月に存在すると言うことですか? ならなぜ上の備え付け単価があるのでしょう? この辺りの繋がりが頂いた回答から判断できません。 >土地と違い、建物は1.0倍だから一緒です。 なにが1.0倍なんでしょう? さっぱり意味がわかりません。 すみません私ど素人なんです。

関連するQ&A

  • 不動産取得税の課税標準について

    今年の10月に建物の登録免許税を支払いました。 その建物に関する不動産取得税を来年支払わなければならないのですが、この不動産取得税の課税標準は登録免許税を支払った時の課税標準×4%と考えてよいでしょうか? また、このようなことを解説しているサイトがあれば教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 新築住宅 不動産取得税

    新築住宅(木造2階建て)にかかる不動産取得税についてお尋ねします。 計算式は(課税標準額-基礎控除1200万円)×0.3%になるかと思われますが、建物評価額が分からないと計算できないため県税事務所に問い合わせをしたところ・・ 「評価はあくまでも建てたあとに市町村が調べて決めるものなのでわかりません。最大でも工事代で計算していただいてそれ以上にはならないとしか申し上げようがない」ということでした。 アバウトでも知っておきたいのですが(数十万円単位になってしまうのか、数万円になるかは大違いなので)、やはり県税事務所の方のおしゃるように工事代を前提に計算して見込んでおくのが無難ということになってしまうのでしょうか? ネット検索で「(○○法務局管内)平成30年度新築建物課税標準価格認定基準」という表を見つけましたが、これはあくまでも不動産登記の際の登録免許税のための計算根拠のようです。ここにはたとえば「木造/居宅⇒94000円/m2」という数値がありますが、不動産取得税(県税)を計算する際の評価額そのものがこれとは異なるということでしょうか? 見当違いな質問をしてしまっているかもしれませんが、アドバイスいただけることがありましたらよろしくお願いいたします。

  • 地代の目安(固定資産評価証明書の見方)

    地代の目安として、検索していると以下のような一部が矛盾(?)した式になっていて、混乱してしまいました。 1.「固定資産税課税標準額、都市計画税課税標準額」にそれぞれ税率をかけたもの 2.「課税標準の特例額」に固定資産税課税標準額、都市計画税課税標準額のそれぞれの税率をかけたもの 確かに固定資産評価証明書をみると、 固定資産税課税標準額 都市計画税課税標準額 課税標準の特例額 という項目がありますが・・・ 無知識なのかもしれませんが、混乱してしまいました。 ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

  • 登録免許税について

    会社で新工場を構築し10月に登記します。 予算申請で金額を把握しなければならないのですが、金額がわからずいくらで社内稟議を回すかこまっています。 登録免許税=課税標準×2%だと思いますが、課税標準がいくらになるのかがよくわかりません。 課税標準は市町村の固定資産課税台帳に登録されている価格のようですがそれがわからないのです。そもそも新築工場なのでまだ市町村の固定資産課税台帳にも登録されていないのではないかと思います。 課税標準はほぼ建物の取得価額と考えてよいでしょうか? そうすると取得価額は20億なので20億×2%=4000万円? 登録免許税ってこんなにかかるのでしょうか? 実際いくらかかるかは司法書士に聞くのがよいのでしょうか? 10月に登記した場合の支払時期についても教えてください。

  • 妻名義の土地に私名義の建物を新築する場合 

    妻名義の土地に私名義の建物を新築する場合  土地の使用貸借となりますので課税されませんと 回答がありました 普通なら 不動産取得税、登録免許税、固定資産税がかかりますね これのどれが かからないのでしょうか? これとは又別に 免除される税金があるのでしょうか?

  • 固定資産税の算出方法について

    昨年、マンションを購入しました。 今年度より、固定資産税を支払うことになりましたが、固定資産税標準額、都計課税標準額の算出方法がわかりません。 分かる方があれば、お教えてください。 課税標準の特例額が、73,109,700で固定資産税標準額、都計課税標準額がそれぞれ1,265,013と3,024,646となっています。 この部分の算出方法がさっぱりわかりません。

  • 固定資産税額について

    税率1・4%は理解できています。 店舗(1F140平米)兼住宅(2F135平米) 敷地180平米 公課証明を取り、建物の税額の計算は上記税率通りとなっていました。 ただ、土地の計算がよく分かりません。 200平米未満なら1/6という計算をとっても公課証明通りになりません。 公課証明の内容 価格         15617442 比準課税標準額     6922874 固定資産税課税標準額  6767557  (これに1.4%を掛けると下の算出額になるのは理解できます) 都市計画税課税標準額  8069011  (これに0.3%を掛けると下の算出額になるのは理解できます) 固定資産税算出額      94745 都市計画税課税標準額    24207 でも、価格となっている15617442円に1/6を掛けても比凖課税標準額にも 固定資産課税標準額にもなりません。  一体どうやって下記3つの価格を割り出しているのでしょうか。 比準課税標準額     6922874 固定資産税課税標準額  6767557  都市計画税課税標準額  8069011 

  • 相続のため固定資産評価額が知りたい

    相続税はかからないと思うのですが、概算で計算してみようと思い、「固定資産税納税通知書」を見ています。そこで、評価額なのですが路線価のあるところは、それに面積をかけて算出しました。倍率地域の倍率にかけるのはどの価格なのでしょうか? 明細書には「評価額」「固定資産税課税標準額」「都市計画税課税標準額」と3種類あり、物によっては7~8倍の違いがあります。 また、相続による登記の登録免許税の計算に使う固定資産課税台帳の価格もこれでしょうか? いずれ市役所で証明書をもらって手続きをすることになりますが、おおよそのことを知っておきたいと思い、お尋ねします。

  • 固定資産税の建物の評価額につきまして

     現在、軽量鉄骨で家の新築を検討中の者です。  新築した建物の最初の年の固定資産税の評価額というのは、一般的には実際の購入価格の何割位が目安になりますでしょうか。(あくまで目安で構いません。)どうぞよろしくお願い致します。  また、過去の回答で新築建物価格認定基準表のお話がありましたが、こちらのm2当たりの単価に建築面積をかけたものがひとつの目安と考えてもよいのでしょうか。こちらについてもご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂けると助かります。

  • 中古住宅購入時の登録免許税他

    H24年1月1日 中古住宅購入の場合で、名義変更に伴う登録免許税・借入時の抵当権設定の登録免許税・不動産取得税・固定資産税の計算方法・下記の場合の金額を教えて下さい。 ☆土地評価額6,249,420 ☆土地課税評価額1,594,140 ☆建物評価額・課税標準額1,083,593 ☆債務額630万 計算の流れも書いて頂ける方お願い致します。 登録免許税は納付済みですが、なぜこの金額になったかがわからない為、不動産取得税と固定資産税はいくらかかるか事前に知りたい為です。 よろしくお願いします。