• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:商標登録拒絶された。)

商標登録拒絶!ロゴマークの商標問題について

このQ&Aのポイント
  • 商標登録の申請をしたが拒絶された。再度申請しても拒絶される可能性があるのか?
  • 商標登録せずに使用し続けるとどのようなリスクがあるのか?リスクが生じた場合の対処方法は?
  • 現在の商標登録の状況と今後の取り組みについて

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
回答No.1

弁理士です。 (1)出し直しの出願を行った場合、過去に拒絶されたという事実は拒絶理由ではないので、100%拒絶される訳ではありません。別の審査官に割り振られ、別の判断がされる可能性はあると思います。同じ審査官に割り振られる可能性ももちろんあります。 (2)リスクは2つです。他人が同一又は類似のロゴマークを使用することと、他人が同一又は類似のロゴマークについて商標権を取得することです。 前者は、質問者様のロゴマークが周知著名なものであれば、不正競争防止法によって差し止めることができる可能性もありますが、かなり有名である必要があります。そうでない場合は、他人の使用を止めるのは難しいです。 後者については、他人が同一又は類似のロゴマークを出願し、優しい審査官に当たって、登録されてしまう可能性があります。その場合、質問者様が商標権侵害であると言われる可能性があります。 先使用権という制度があるので、使用を継続できる可能性がありますが、「周知性」が要件ですので、質問者様のロゴマークがかなり有名になっている必要があります。 また、無効審判請求を行なって、他人の商標を無効にすることもできますが、多額の費用がかかります。

takahathi
質問者

お礼

>出し直しの出願を行った場合、過去に拒絶されたという事実は拒絶理由ではないので、100%拒絶される訳ではありません。 安心しました。 >優しい審査官に当たって、登録されてしまう可能性があります。 この点は非常にあり得る話だと思いました。 とりあえず意見書を出してまた考えたいと思います。 的確な回答ありがとうございました。多謝。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 【特許法】補正と拒絶査定不服審判について

    あまりあいまいでまだ良くわかっていないのですが、 「拒絶査定不服審判の請求前にした補正は却下の対象にならない(159条1項)。」 とテキストに書いてありました。 そこで、以下二点質問なのですが、 【質問1】 拒絶査定不服審判の請求前というのは、 拒絶査定謄本送達日から30日以内にする補正でしょうか。 【質問2】 拒絶査定不服審判の請求前ならば、どのような補正でも、 最後の拒絶理由通知を受けたときよりも緩い制限で、 17条の2柱書の特許すべき旨の査定の謄本の送達前と同様の補正が許されるのでしょうか。 その場合、前置審査において意味不明な補正について審査しなければならなくなりませんか? 青本を読んでもよくわからなかったので、 なぜそうなっているのかの理由も含めてご回答いただければ幸いです。 よろしくお願い致します。

  • 審尋で拒絶査定の理由となる拒絶理由があると判断した場合

    審尋で拒絶査定の理由となる拒絶理由があると合議体が判断した場合は、あらためて拒絶理由が通知され補正の機会が与えられるとありますが、 (1)拒絶査定→不服審判の後の拒絶理由とは拒絶査定前に逆戻りするのでしょうか? (2)しんじんは補正はできないとあります。補正の機会が与えられるとは矛盾ではないですか? (3)拒絶査定の理由となる拒絶理由があるというのは拒絶した理由に更に拒絶する理由を発見することであり、拒絶査定の根拠を強めるものと思います。それなのに補正の機会が与えられるのはおかしくないですか?

  • 前置審査における補正却下

    審査段階においてなされた最後の拒絶理由に対する補正違反を看過して、拒絶査定し、拒絶査定不服審判→前置審査に係った場合についてお伺いいたします。 拒絶査定不服審判においては、審査段階でなされた補正違反に対しては補正却下できないとあります。(159条1項)そしてその補正違反が新規事項の追加の場合、拒絶理由を通知すると参考書にあります。 これと同様に、前置審査において、審査段階でなされた補正違反に対しては、補正却下せず拒絶理由を通知するのでしょうか。 ちょっと細かい内容で恐縮ですが、宜しくお願い致します。

  • 拒絶査定後の補正について

    拒絶査定を受けてから、その査定の謄本の送達のあった日から30日以内に拒絶査定不服審判を請求することが出来いますが(121条)、補正はその期間も出来るのでしょうか?また、その根拠条文は何条から読めるのでしょうか? ちなみに、拒絶査定不服審判の請求の日から30日以内について補正が出来ることはわかります(17条の2 一項4号)。 以上のことから、補正は合計60日出来るという解釈は成り立つのでしょうか? どうぞ宜しくお願い致します。

  • 拒絶査定不服審判係属中に補正が却下された場合

    「拒絶査定不服審判係属中に補正が却下された場合は、その処分を補正却下決定不服審判の対象にすることができない」ととある参考書に書いてありました。 そこで疑問に思ったのですが、では拒絶査定不服審判係属中の補正の却下に不服があった場合にはどのような不服申し立ての手段があるのでしょうか?

  • 不服審判について質問です。

    特許法には、拒絶査定不服審判などの不服審判制度がありますが、これは、行政不服審査法もしくは行政事件訴訟法に基づく不服申し立てになるのでしょうか? それとも、別個独立したものなのでしょうか? また、意匠・商標法における「補正却下不服審判」は、どういった分類になるのでしょうか? 詳しい方教えてください。

  • 補正しない拒絶査定不服審判の請求は可能でしょうか?

    拒絶査定不服審判を請求する際に、明細書や図面、特許請求の範囲を補正するものだと思いますが、そうした補正を行わずに、拒絶査定不服審判を請求することは可能でしょうか? もしそうだとすると、「イヤなものはイヤ。認められない」といっているに過ぎず、請求は却下されてしまいますか? 解答例 「補正なしでも、できないことはないが、まず通らない」 よろしくおねがいします。

  • 特許法 延長登録出願の拒絶査定不服審判時の差戻し

    特許権の存続期間の延長登録出願についての拒絶査定不服審判においては前置審査は行われないと認識していますが、その場合でも審判において、さらに審査に付すべき旨の差戻し審決がなされることがあるのでしょうか? そうであれば、その審査は何なのでしょうか?

  • 【特許】拒絶査定不服審判係属中に補正

    拒絶査定不服審判係属中に新たな拒絶理由が通知され、意見書提出の機会が与えられた際には明請図の補正はできるのでしょうか? 17条の2の1項を見ると拒絶査定不服審判係属中に受けた拒絶理由通知に対しても補正ができるように読めます。 もしできるとしたら17条の2の3項、4項より新たな拒絶理由(ファーストアクション)に対する補正は単一性を満たす限り出願当初の明請図の範囲でできることに・・・。 どうもすっきり理解できません。 詳しい方教えていただけないでしょうか。

  • 商標権の申請をしたら、「拒絶」されてしまったのですが・・・・・・

    「○○○まくら」という名前で枕の商標登録申請をしたのですが、本日「拒絶理由通知」が届き、拒絶されてしまいました。 拒絶理由は下記のとおりです。 この商標登録出願に係る商標は、その構成中に「まくら」の文字を有してなるものですから、出願人がこれをその指定商品中「まくら」以外の商品に使用するときは、商品の品質について誤認を生じさせるおそれがあるものと認めます。 したがってこの商標登録出願に係る商標は、商標法第4条第1項第16号に該当します。 以上 そこでお伺いしたいのですが、 1.この名前では商標は無理だということなのでしょうか? 2.仮に意見書を提出した場合、どのような「意見の内容」を提示すれば登録できる可能性が出てくるのでしょうか? なお現在の状況の詳細は下記のとおりです。 ●もうすでに「○○○まくら」という名前で枕を販売している。 ●○○○まくらの発売後に類似名として「○○○ピロー」「△△△ピロー」等が発売されている。 ●【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】は「20」、家具及びプラスチック製品であって他の類に属しないもの,まくら として出願。 ●弁理士等は利用せず個人で申請。ただし私自身の申請ではなく、申請者方から「登録」された場合に利用する権利を譲ってもらっている者です。 文章的にわかりづらい表現が多いかとは思いますがご了承ください。その他、不足事項がありましたら追加させていただきます。何卒よろしくお願いします。

このQ&Aのポイント
  • 産後11ヶ月の私のホルモンバランスのせいか、夫婦仲が悪化しています。喧嘩ばかりの日々で、離婚を考えることもありますが、子どものためにも仲の良い夫婦に戻りたいと思っています。
  • 夫は私のホルモンバランスの乱れが原因として、病院に行って治療してみることを勧めています。私もそう思いますが、もし治療しても改善しなかったらどうしようと心配です。
  • 私はどうしてこんなにイライラしてしまうのか分かりません。言葉をかけてもらえるだけでも助かります。
回答を見る