• 締切済み
  • 困ってます

ステンレス架台の設計

プラント設計でステンレス製点検架台の設計を依頼されました。 鋼構造設計基準で強度検討しましたが、いままでステンレスでは、 やったことがないので不安です。F値は206N/mm2で行ないました。 これで良いのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数2081
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • ninoue
  • ベストアンサー率52% (1288/2437)

物理カテゴリの方が適していると思われます。 但し専門家からの回答は余り期待できないようですので、次のサイトで問合せる方が良いと思われます。 http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?&event=TE0001 技術の森 (概略寸法、架台上の物体重量等を追加された方が適切な答が得られると思われます)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ステンレスH鋼で溶接構造設計をする際の注意点は何…

    ステンレスH鋼で溶接構造設計をする際の注意点は何ですか? よろしくお願いいたします。 ステンレスH鋼で溶接構造のボート架台を設計しようと考えています。普段は鉄のH鋼で製缶後、ドブ漬けメッキをしています。客先からの要望で初めてステンレスを使うことになりました。ステンレスの製缶で強度を要求される場合、鉄との違いはどのようなことがあるのでしょうか。 耐力に対する安全率のあり方、溶接開先の考え方、耐食性の考え方など、あらゆる見地からの御助言をいただければと思います。 H鋼はSUS304を使用します。ボー架台は海岸に設置されます。総重量2トン程度です。ステンレス製缶は社内ではできないので外部に委託します。 何卒よろしくお願いいたします。

  • 煙突設計 ステンレス

    表題について質問させていただきます。 現在煙突の設計依頼を受けておりますが、現場の状況からステンレス製としております。但し客先より極力安くしてほしいとの事で接ガス部以外はC.S製とするように要望を受けております。具体的には、外部の梯子やステージはC.Sでよいとしても、排ガス接続部から下部構造物、本体接続フランジ、底部アンカーフランジ、埋め込みアンカー等をC.S製で検討するようにとの要望です。 ここで私が特に気になるのは異種金属溶接あるいは接触による腐食なのですが、これらを踏まえてお聞きしたいのは以下の通りです。  1.そもそも常識的にステンレス構造の煙突にC.S部材を組み込んで良いものか  2.全てステンレス構造とした時の埋込アンカーの材質  3.C.Sを組み込む事もあり得るとして、設計時にどういう事を注意すべきか よろしくお願いいたします。

  • 機械設計時の架台の選定

     お世話になります。 ここで何度か質問を投稿させてもらっているのですが、現在単軸ロボットやモーターを組み合わせた加工ラインを検討中です(設計段階) 動作部分はほぼ決定し、それらを設置する架台部分(3m×2m程度)の構想、設計を行っていましたが、一つ疑問が出てきたので教えて下さい。  社内の加工機の動作部分を除いた架台部分は、鋼板を組み合わせた構造になっています。剛性を高め加工精度をあげるためだと思います。  しかし、今回設計をすすめているラインにおいては、以下のような理由からアルミフレームなどを組み合わせた架台を設けるのも一つの手かと思いつきました。 1、駆動部の重量が最高でも30Kg以下であり、加工自体も現状では人が卓上切断機でおこなうようなものなので、フレーム構造でも問題は小さいと思われる。 2、コスト削減のため。加工機のような架台を設けようとすると社外に特注しなければならずコストがかかる。 3、たわみの計算、応力計算が容易 4、改修作業が容易。架台を一つの構造物として製作すると、突発的な改修を迫られた時に一から再作する恐れがある。 無論、機械設計に長けた技術者であれば、当初から発生が予測される問題は折込ながら図面を引けるのだとおもいますが・・・ 長くなりましたが、要はラインの架台を設ける際にフレームによる製作と一体製作による製作の短所、長所、判断基準などを教えていただきたいのです。 よろしくおねがいいたします。

  • 薄板の基準強度(F値)について

    過去自動車部品の設計をしており、現在は建築関連部材の設計をしている者です。 板厚2mmを下回る様な薄板鋼板の構造体を検討しており、それにあたり基準強度(F値)が必要です。市場性があるF値規定若しくは耐力規定の有る2mm以下鋼板は無いのでしょうか?宜しく御願い致します。 皆様はどの様な材を用いられているのでしょうか? <補足> 「鋼構造設計基準」及び「アルミニウム建築構造設計基準」でSS400等はF値=235N/mm^2等、アルミ板材であればA5052P-H112=110N/mm^2等決まっており、定められていないA1100P-H14等でも耐力と引張り強さが規定されているのでF値規定品に準じたF値設定は可能です。 が、建築に用いられる鋼板で2mm程度以下ではSS400材は無く、かといって耐力規定の有るSAPH材を指定しても市場性がなさそうな為、質問させて頂きました。 SPHCやSPCCでは強度計算のよりどころが無くこまっています。 「建築構造部材では2mm以下なんて薄板はつかわない!」ってことは無いですよね。支えるのが非常に質量が軽い部材で計算、実験で成立するなら薄板を使うでしょうし。耐震計算上、重いと余計不利になってしまいます。。。

  • コンクリートの設計基準強度について

    コンクリートの設計基準強度について、いろいろあるようですが、 どのような構造物にこの設計基準強度、などと、わかりやすく一覧になっている資料がありましたらお教え下さい。。

  • 機械架台強度計算実例集を探しています。

    機械設計をかじっている者ですが、 機械架台強度計算実例集みたいなものがあればほしいなーと思っています。 工学部の材料力学や構造力学の座学で使うような単純梁、ラーメン、トラスなど項目別に解説してあるようなものではなく、 例えばイラストなどで具体的に機械架台の構造が示されていて、この場合はこう考えるからこのような計算をしたということが記載されている物です。 よく圧力容器の設計に関する書籍で見るような、 はじめにタンクのイラストがあって、その後にここは圧力容器構造規格の第何条より、あるいはJISB8265附属書~からこの計算式を使った、ということが書かれているような感じの物です。 いちおう会社では設計担当ですが、やることといえば同じような装置で多少サイズが違うものをつくる場合がほとんどで、架台の部材の選定なども社内マニュアルが出来上がっており、ろくに計算もせずここから選んで製図だけしている感じです。 大学1年次の座学でやるような材力、構力の知識は少しあるつもりなのですが、実際の設計でそれをどう使うのかと詳しくつっこまれると、何も答えることができないなーと感じております。多少でも知識を増やしたいと思いこのような質問をしました。 宜しくお願いします。

  • ボルトのJIS強度と、鋼構造設計基準強度について

     SS400のフランジ同士を締結するボルト(引 張り・せん断を受ける)を選定する上で(図面 に指示する上で)、強度を検討していて混乱してしまったので教えて下さい。  JISB1180を調べると、呼び径六角ボルト(こ の場合は並目ねじ)については部品等級(A,B, C)毎に呼び径dに応じた強度区分が規定されて います。  その上で、JISB1051を調べると、各強度区分に ついて最小引張荷重および保証荷重が規定されて います。  例えば、「呼び径六角ボルト A M24 5.6」 について考えると、JISB1180 附表1.3より、 3mm≦d≦39mmであるので強度区分は5.610.9 であると読み取れ、5.6の強度を選定したとし ます。  次に、JISB1051の表7によると、M24の強度区 分5.6のボルトは、保証荷重は98800Nであり、 有効断面積は353mm2であるので、保証応力?を 計算すると約280MPaとなります。(ちなみに、 表6より同様に最小引張荷重を計算すると約499 MPaとなります。)  これに対し、建築学会の「鋼構造設計基準」 では、ボルトの許容応力度は引張りft0=1.2t/cm2 (約118MPa)、せん断τ=0.9t/cm2(約88MPa)と 決められており、これらが同時に掛かる場合は  fts=1.4×ft0-1.6×τ=24.4(MPa)   (且つ fts≦ft0) を許容引張り応力度と定めています。  つまり、JISではボルトの強度区分ごとに許容 応力が規定されているのに対し、鋼構造設計 基準では「ボルト」とひとくくり(高力ボルトは 除く)にしていると思うのです。また、上記の JISの値はせん断を考慮していないとはいえ、 せん断力を加味しても、鋼構造基準の方が許容 応力度として厳しすぎる様に感じます。  どのようにこれらを整理して考えたら良いの か、混乱しています。長くなりましたが皆様の 御意見を伺いたく、宜しくお願い致します。

  • 住宅のコンクリートの設計基準強度について

    地下1階(RC)地上2階(2×4)長期優良仕様にて新築中、現在掘削が完了したところです。 構造の仕様書を見ると、コンクリートの設計基準強度が24N(呼び強度27N)、スランプ18cmとなっています。 長期優良なので水セメント比は50%なのですが、設計基準強度の24Nは妥当なのでしょうか? ウェブで色々調べてみると長期優良の場合30Nと出てきたりします。 構造設計者に聞いたところ30Nはやったことがない、過剰設計であると思う、とのことでした。 水セメント比の規定はあっても強度の規定は無いようですが(24Nでスランプ18cmならOK?)、 実際、上記の仕様は妥当なものかご意見いただければ幸いです。

  • ステンレス、真鍮、金、銀の強度を比べた場合

    いつもお世話になっております!CADで石付き(爪留め)アクセサリーの原型データを作ります。普段18金やシルバー925を扱うため、強度を考えつつ厚みを設計できるのですが、 ステンレス(爪留のため粘りのあるSUS300番代?検討中)や真鍮の場合、強度はいかほどのものでしょうか。。強い順番だけでも知れればと思うのですが。。。私のイメージは下記ですが、間違っているでしょうか? ステンレス>金>シルバー>真鍮

  • 強度計算 ソフト

    鋼鈑製水槽やその架台、機械の架台の強度計算、アンカー引抜耐力計算ソフトの購入を検討していますが、取扱のよい製品をご存じでしたらご意見をお聞かせ願えないでしょうか。 ちなみに、製図ソフトはAUTO CADを使用しています。