• 締切済み
  • 困ってます

ステンレスH鋼で溶接構造設計をする際の注意点は何…

ステンレスH鋼で溶接構造設計をする際の注意点は何ですか? よろしくお願いいたします。 ステンレスH鋼で溶接構造のボート架台を設計しようと考えています。普段は鉄のH鋼で製缶後、ドブ漬けメッキをしています。客先からの要望で初めてステンレスを使うことになりました。ステンレスの製缶で強度を要求される場合、鉄との違いはどのようなことがあるのでしょうか。 耐力に対する安全率のあり方、溶接開先の考え方、耐食性の考え方など、あらゆる見地からの御助言をいただければと思います。 H鋼はSUS304を使用します。ボー架台は海岸に設置されます。総重量2トン程度です。ステンレス製缶は社内ではできないので外部に委託します。 何卒よろしくお願いいたします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数157
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

SUS304の0.2%耐力≒降伏点は205N/mm2以上、SS400(<16)で245N/mm2以上で 約16%程度SS400よりも低い。しかし引張りは520,400でSUS304の方が大きい これはSS400よりSUS304の方がより変形し易く破断し難く、粘っこいと言う またヤング係数もSUS304;193,SS400;206とこれも若干低いことから、 剛性も6%程度低くなる。以前はステンレスは上記のように構造部材としては 材料自体が高価な割に剛性が低いので余り考えられなかったが近年ではSUSの H鋼のメーカー迄ある。また熱膨張率も大きいので溶接の歪みも大きく注意 前回答者も言うように、海岸においてはステンレス(錆び難い鋼材)といえど も間違い無く錆びますので却って目立ち問題になる事が多いから要!注意です また鉄材とステン材はもらい錆びが生じるので工具なども分けるよう指示する レーザーカットした面は錆び易いのでG仕上などして酸化部分を削除指示必要

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

強度については他の回答者と同意見です。 初めてステンレスを使うというので気をつけることを記載します。 SUS304を溶接すると粒界腐食が発生する恐れがあります。 紹介したHPをご覧下さい。 海岸であればなおさら注意です。 客先の指定なので構わないでしょうがSUS304の不動態皮膜はclに弱いので海水には不利です。

参考URL:
http://www.asahi-kasei.co.jp/aec/e-materials/vol_1.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

Q1 ステンレス製缶で強度を要求される場合、鉄との違いはどのような事が あるのでしょうか? A1 あまり、大差はありません。以下を参照下さい。 http://www.tokukin.com/00common/matspec.html http://www5.kannet.ne.jp/~azumaseiki/azupa007.html そして、ステンレスの事とステンレス溶接の事は、以下を確認下さい。 http://www.hsk.ecnet.jp/sus-kaisetu.htm http://www-it.jwes.or.jp/qa/sitemap.jsp

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

材料強度に関してはSUS304は鉄に比べ,引張強さ耐力ともやや大きいのですが,大差はなくほぼ同じ考えで設計できると思います。溶接は溶接棒による電気アーク溶接ですかそれともガス溶接(TIG等)を検討されていますか。SUS溶接は溶接ひずみが出やすく,ひずみのでない溶接をするには 熟練を要します。また鉄粉等が付着すると錆の原因になりますので,鉄の加工とは隔絶された作業場での加工をお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ステンレス架台の設計

    プラント設計でステンレス製点検架台の設計を依頼されました。 鋼構造設計基準で強度検討しましたが、いままでステンレスでは、 やったことがないので不安です。F値は206N/mm2で行ないました。 これで良いのでしょうか。

  • ステンレス溶接

    機械のカバ-の部分で、ステンレスの水パイプを鉄板に溶接してしまい、その結果、ステンレスのパイプが腐食して水漏れが発生し、その水が潤滑油へ混入してしまう、という大惨事がアメリカとニュ-ジ-ランドで発生しました。   通常、ステンレスにはステンレスを溶接する、ということが常識だと思いますが、その理由を設計者に明確に伝えることができません。多分、異質物溶接のため、微量の電流が流れて腐食にいたった、と推定しますが??ステンレスを鉄に溶接する、ということはマヌケなことなのでしょうか??

  • 煙突設計 ステンレス

    表題について質問させていただきます。 現在煙突の設計依頼を受けておりますが、現場の状況からステンレス製としております。但し客先より極力安くしてほしいとの事で接ガス部以外はC.S製とするように要望を受けております。具体的には、外部の梯子やステージはC.Sでよいとしても、排ガス接続部から下部構造物、本体接続フランジ、底部アンカーフランジ、埋め込みアンカー等をC.S製で検討するようにとの要望です。 ここで私が特に気になるのは異種金属溶接あるいは接触による腐食なのですが、これらを踏まえてお聞きしたいのは以下の通りです。  1.そもそも常識的にステンレス構造の煙突にC.S部材を組み込んで良いものか  2.全てステンレス構造とした時の埋込アンカーの材質  3.C.Sを組み込む事もあり得るとして、設計時にどういう事を注意すべきか よろしくお願いいたします。

  • 溶接で作るフレーム構造物での公差の指示(普通公差…

    溶接で作るフレーム構造物での公差の指示(普通公差)がわかりません 例えば4本の角パイプを使い縦1000mm、横4000mmの長方形の枠を作るとします。接合部は溶接です。 この作業は「製缶加工」にあたると私は解釈していますが、調べた結果、 製缶加工の普通公差は一般的にJIS B 0405で定める極粗級の数値で考える ということがわかりました。だとすると、横幅の4000mmに対して公差は ±8mmまでOKということになってしまいます。 この考え方で合っていますでしょうか? ご存じの方、よろしくお願いします。

  • SUS(ステンレス)配管の溶接部非破壊検査方法に…

    SUS(ステンレス)配管の溶接部非破壊検査方法について SUS(ステンレス製)の溶接構造の配管から水漏れしたため、他の部位の溶接部はどうか?検査したくおもいます。  非破壊で検査するには最適方法はどの様な方法があるでしょうか?  教えて下さい。  UTやRTかなとも思えますが、SUS304Lで使える方法か?   アドバイス下さい。   宜しくお願い致します。

  • ステンレスとスチールが接すると錆を呼ぶ?

    鉄骨造の設計初心者です。教えてください。 例えば、鉄骨の柱に竪樋のバンドをつける場合。鉄骨柱からスチール製のピースを出し、そこに竪樋バンドをボルト締めで取り付ける場合、竪樋バンドはステンレス製がいいのか、亜鉛めっきスチール製がいいのか、どちらなのでしょうか。ステンレスとスチールが接すると錆を呼ぶ(電食)があると聞いたのですが、ステンレスも鉄の合金ですから、本当に錆を呼ぶのでしょうか?でも、亜鉛めっきスチール製よりステンレス製の方が錆びないからよいのでしょうか。 教えてください~。

  • すみ肉溶接時の最大荷重と安全率について

    すいません、長文およびいくつか質問がありますが、よろしくお願いします。 わかりにくい場合はわけようと思います。 各溶接個所にかけられる最大荷重を計算するために、機械設計便覧やネットで調査していますが、色々ありすぎてわからなくなっています。 1.引っ張り荷重の場合 構造は、角パイプ(SUS304 40×40×t2)の1辺にフラットバー(SUS304 50×t6)  を垂直方向に側面すみ肉溶接しています。脚長は2mmです。 ------------------   ----       |   |         ||  |  ------|   |-------  ||  |        |   |         ||---       |   |         ||         ↓         荷重                正面             側面 まず、ステンレス構造建築協会のHPから、下記のことを調べました。 ・溶接時のSUS304の基準強度 235[N / mm^2] ・引っ張り曲げ許容応力 235/1.5=156.6[N / mm^2] ・せん断許容応力 235/1.5×ルート3=90.4[N / mm^2] 便覧から ・のど厚から溶接部の面積は (0.7×2)×40×2=112[mm^2] 以上から最大荷重Pmaxは 156.6×112=17539.2=1788[kg] としました。 例えば、重さ200kgの塊(P)をフラットバーに縫い付けた場合の安全率(S)は S=1788/200=8.94 という考え方でいいのでしょうか? 便覧のほうで考えると、垂直応力の公式は 0.707×荷重[N]/脚長×溶接長さ となっていて、これに合わせると (0.707×200×9.8)/(2×40)=17.3 安全率は156.6/17.3=9 となるので、どちらも正解かとは思うのですが・・・。 また、すみ肉溶接の場合は、せん断応力で考えるとか、効率を70パーセントにする等あり、混乱しています。 2.モーメントとせん断力が加わる場合 構造は、上記の角パイプ同士を脚長2mmで全周すみ肉溶接しています。 距離Lのところに荷重Pがかかるときの応力と安全率を求めたいと思っています。                         P                ↓ |   |----------               | |   |---------- まず、曲げ応力をモーメントと断面係数から求め、それを曲げ許容応力と比較しました。 ・曲げモーメントM P×L ・断面係数Z (外形^4-内径^4)/(6×外形)  から 曲げ応力=M/Z せん断応力は P/(0.7×2×40×40) 上記から、それぞれの安全率を求め小さいほうを採用するのでしょうか? 便覧にも全周すみ肉溶接時の公式がありますが、どちらを採用していいか迷っています。 長文になりましたが、考え方があっているか知りたいです。 よろしくお願いします。

  • 「製缶・溶接・機械製作」を表す会社名は?

    新しく会社を起こします。 その会社名の決定に悩んでおります。 私の苗字の下に、事業内容を表す言葉(漢字・横文字を問わず)を付けたいと思っています。 事業内容は、「製造業」「鉄工業」になります。 詳しくは、「製缶」「溶接」「機械製作」が実際の仕事内容になり、 作るものとしましては、「粉体輸送設備」「配管設備」「一般架台」になります。 何か良い言葉をご存知の方、アドバイスいただけないでしょうか。

  • 横座屈を考慮した構造計算

    機械設計の出身で、建築系の構造計算の考え方に関しては素人なので質問させてください。 鋼構造設計基準にある、横座屈を考慮した許容応力度を使って構造計算を行うという 考え方があります。 ・建築構造物の世界では、この考え方で計算をするのが常識なのでしょうか? ・太陽光の架台の設計に携わっているのですが、あのような構造物にもその考え方を適用させるのは 妥当なのでしょうか? ・構造計算を出来るソフトを見てみたのですが  (1)フレーム構造の応力計算を行う  (2)フレーム部材の断面検定を行う。 これらが一つのツールでは出来ないような事を言われました。  必要な情報は、それぞれ変わらない気がするのですが、複数のツールを使わないといけないのは当然なのでしょうか・ まと外れな質問をしてるかもしれません。 その際にはご指摘頂けると助かります。 以上 よろしくお願いいたします。

  • 溶接後の仕上げ作業はムダ???

    主にステンレスや鉄を対象とした、機械フレームや構造物の製作を行う小さな鉄工所を経営(聞こえは良いが殆ど兼現場作業 ^^;)しています。 永年疑問に思っているのですが、溶接後にビードをサンダー等で削って仕上げる作業が非常にムダと感じています。 開先をとって溶接を行うような厚物は別として、特に薄肉の鉄角パイプを使ったフレームや、鉄丸パイプを使った手すりの製作などは、溶接作業よりも、その後のサンダー仕上げ作業の方が余計に時間がかかることが多々あります。 ずっとこういうものと思ってやってきたのですが、せっかくお金をかけて肉付け(溶接)したものを、わざわざ手間ひまかけて削りおとし、強度まで下げてしまうことに非常に抵抗を感じます。 そういう意味では、これだけ世の中が進歩している中で、溶接・組立て加工技術というものは、数十年来、何ら変わっていないように思います。 他の会社のやりかたを見る機会が少ないため、私自身が進歩していないのかも知れませんが、皆さんはどう思われますか? 「うちではこんなやりかたでやっている」とか「こんな技術・方法がある」「こんな溶接機がある」などのアドバイスやご意見がありましたら、お聞かせ頂けると幸いです。 追伸 こんな悩み・疑問をWEB上で話し合うような会議室、フォーラム等をご存知でしたら、是非教えて下さい。