機械設計

全3280件中1~20件表示
  • 摩擦抵抗と面積について

    摩擦抵抗と面積について教えてください。 ネットで調べると摩擦抵抗と面積は関係がないとの記載がありますが、実際に作ってみて効果があったのでどのような関係があるのか知りたくて投稿しました。 直径100mmのローラーにウレタン硬度90を約100Nの力で当ててブレーキを掛けるという構造です。 改良前はウレタンをV字に加工して当てていましたが、強い力が加わった時にローラーが空転してしまっていた為、ウレタンの形状をU字に変えた所ローラーに当たる接地面積が広くなった為か抵抗が増えて空転がなくなりました。 なぜ接地面積が広くなったことで空転が発生しなくなったのか、分かる方ぜひ教えてください。 よろしくお願いします。

  • 保温方法

    絵のような配管系統で、ポンプから出た液が上のタンクに吹き出して、自重落下で洗浄槽に戻ってきます。 その時、上のタンクから戻ってきた液が冷めてしまい、液全体の温度が下がってしまいます。 ポンプが入っているタンクにはヒータを備えており、常時onで温めています。 ポンプのタンク容量は100Lで3kwです。 保温温度は60℃です。 戻ってくる液を出来るだけ冷まさずにするには、上のタンク内を60℃に保つ工夫は必要だと思われますが、どのように保温したらよいですか?格安で出来る方法はありませんか? タンク周りに配管を設けて温かい液を循環するしかありませんか? タンクは上下SUS製のタンクです。

  • エアーの流量

    φ50長さ500mmのステンレス棒に付着した水滴をエアーブローで完全に乾かしたいのですが、実際にどのくらいの流量が必要かは、算出からは、出ませんよね? 工場にあるエアーガン等でそのワークの水滴を落とし切った時の流量を算出し、そこから 、ノズル口径とノズルの数、それに見あった電磁弁のオリフィス径とレギュレータの大きさ、さらには大元のコンプレッサの能力ですよね?

  • 炭素鋼、STPとは?

    消防設備士で炭素鋼の記号問題が出ました。STPGは圧力配管用炭素鋼鋼管というのはネットで調べても出てきたのですが、STPが中々出てきません。STPは何の記号でしょうか?

  • 上下同じの断面係数の用途

    素朴な疑問です。 断面係数の公式サイトをみると、上下同じの断面(=形)が記載されていることが 多々ありますが、この断面は具体的にどういった構造物に用いるのでしょうか。 ・絵心なく申し訳ないですが、添付図のように平板4枚を溶接などで繋げ、中心に荷重をかけたとき 断面=形の曲げでしょうか。(両側単純支持として) ・あまり見ませんが、C鋼のフランジ部を壁に溶接し(フランジは地面と平行)、ウェブ部に荷重をかけると、 これも=形断面で曲げを計算でしょうか。 周辺の建物等見ましたが、そういった断面が見つけられなく、イメージができないです。 皆さまのご経験お聞かせいただけると幸いです。

  • ボルトの強度計算/遠心力がかかる棒を固定するボルト

    添付図のように円板の上に、対角線上に箱(ケース)が固定されている。固定方法は箱の両側に垂直に立っている板に固定。(箱の両側面に軸が溶接されていて、その軸を板に差し込み固定。)遠心力がかかるため、箱を受け止める丸棒を取付け。取付は両側の板にビス止め。 Φ12のSUS丸棒の両面にM6タップをたて、板はバカ穴、CAPボルトで締結。丸棒(正確には丸棒と両側の板にかかる?)に遠心力が約15000Nかかる。丸棒が破断することは無いが、M6ボルトが折れないか不安。M6 CAPボルト(SUS製)の強度を知りたい。棒の太さは変えられない。棒を2本に増やすことは検討中。 M6ボルトの1本あたりの許容応力?耐力?保証荷重?(似たような項目がありわからない)×2本+丸棒で、15000Nの遠心力に十分耐えられるのか。 どなたかご教示いただけますでしょうか。宜しくお願い致します。

  • ボルトの保証荷重と力について

    M6ボルト(SUS)の保証荷重を調べると、強度区分4.8なら6230Nとあります。これは静止状態でしょうか。つまり、動くことがない部分、例えば 机の天板と脚の固定に使う場合など。 もし遠心力がかかる部分に使う場合は、6230Nは保証されないということですよね?荷重【N】なので力【N・m】では無いということですよね? そうであるならば、遠心力がかかる軸を固定するボルトの保証荷重は どう計算したらよいのでしょうか。遠心力約15,000【N】が作用する箱を、SUS軸2本で支える(固定する)構造です。 軸の両端にタップを切り、M6ネジで板に固定します。軸2本、M6ネジ4本になるので、6230N×4本=24920N  15000Nの遠心力がかかっても大丈夫と考えたのですが、 保証荷重は力では無いから誤りなのではないかと。 どなたかご教示ください。よろしくお願いいたします。

  • 応力ひずみ曲線

    塑性変形中に徐荷すると始めの弾性変形の傾きで平行に戻っていくのは何故ですか?

  • 断面形状が変わる梁のたわみ計算

    断面形状が途中で変わる場合の梁のたわみ計算方法について考え方を教えていただきたいです。 実際に知りたいのは添付ファイル形状のローラです。 各接合部は完全に固定されているものと仮定します。 ・両側のシャフト部分A-B E-F ・圧入部(中実) B-C D-E ・中空パイプ部分 C-D と別々にたわみ量を計算して合算するのだと思いますが 片持ち梁? 両端支持梁(両端固定・両端支持)? 各箇所をどの考え方で計算すればよいかご教授頂きたいです。 よろしくお願いいたします。

  • モータ軸直結ギアトルク

    定格トルク9.9Nmのモータがあり、φ24mmのモータ軸端にPCD108mmのギアを装着した場合、ギアが発生させるトルクは9.9Nmでしょうか。 理由も併せて教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 自転車の荷掛紐を限界ぎりぎりまで引っ張って使用する

    自転車の荷掛紐で荷造りをして、最後の鉤付きフックをかけるのに適当な場所がなく、限界ぎりぎりまで引っ張って無理やりフックを掛けるとゴムの劣化は早くなりますか。無理やり引き延ばして使用すると、弾性力が無くなるような気がしますが、ネットで調べてもそのような例も見つからず、ましてや理由も不明です。どなたかゴムに詳しい方宜しくお願いいたします。

  • 機構学・歯車の問題がわからないことだらけです。

    機構学の問題でわからないことがたくさんあります。 つめ車を歯車と同じに考えて解く問題です。 軸の受けるトルクT=300kN・mm 許容曲げ応力σa=30MPa 以上の条件で (1)つめ歯数z=20のとき、つめ車の円ピッチpc 答え 37.5mm (2)つめ車のモジュールを計算して、外径d 答え 240mm (3)歯面に生ずる面圧p 答え 10.1MPa という問題です。 (1)の値が分かれば(2)は解けましたが (1)と(3)は調べてもどうにもわかりません。 (1)の設問の下に参考が載っていたので それも貼り付けています。 わかる方いらっしゃれば、、 よろしくお願いします。

  • ねじりに対するこわさの問題がわかりません。。

    材料力学・機構学の問題 回転速度N=550rpm、動力P=3.7kW 軸の許容ねじり応力τa=30MPa 軸径d=25mm、キーの呼び寸法b×h=8×7 軸のせん断応力とキーのせん断応力が等しくなるキーの長さl=32mm 軸長がL=1mにおけるねじれ角θ=1.20度 横弾性係数G=80GPa 以上の条件の鋼製中実丸軸で 軸長1mあたりのねじれ角θ=1/4度のときの回転速度の求め方がわかりません。 ねじりに対するこわさの問題で 答えは2644rpmです。 自分なりの考えはあるのですが どう計算しても桁数から合わず、、 わかる方いましたら教えて下さい! よろしくお願いします。。

  • 電球サイズ T3 1/4

    電球サイズで T3 1/4と記載が有りますが、 T3は電球の直径が10㎜ですが、1/4とは何を意味しているのでしょうか。 ご教示お願い致します。

    • ベストアンサー
    • すぐに回答を!
    • ooki24
    • 機械設計
    • 回答数 1
  • グルンドフォスポンプについて

    MTR1のタイプでチャンバー数は揚程と流量の能力特性表から選定するとは思いますが、チャンバー長さはどのように決めるのでしょうか?

  • タンクのジャケットについて

    タンクジャケットの材質は、ss400ですが、180℃ぐらいの蒸気が入ります。耐熱塗装は必要ですか。

  • 空圧回路図作成ソフトウェア(Free)

    いつもお世話になっております。 空圧回路図作成ソフトウェア(Free)をご紹介いただけないでしょうか。 SMCのサイトにSMCDrawと言うものが有り、DLして使ってみたのですが、 私のPC(Win10)では誤動作(バグ)が多く、 印刷に関してはMS-PDF以外は正常に出力できません。 DXFファイル出力は問題ないようです。 SMCに問い合わせたのですが、「管理者で起動してください。こちらでは正常に印刷できています。」、 以外コメントを得られず、埒があきません。 もしかしたら、このSMCDrawをまともに使用できている人はいないのではないかとさえ思えてきました。 AutocadLT2020は使用できていますので、空圧機器のシンボルのようなものを自分で作成すれば良いのは分かります。 私はたまにしか空圧回路図を作成することが無く、シンボルの作成に時間をかけるのも無駄かなと思っています。 皆さんはどのようにして空圧回路図を作成しているのでしょうか。 ご教示いただければ幸いです。

  • 電磁ブレーキの代替品はありますか

    ワークを挟んで横移動するです。 シャフトが左右2本あり、シャフトの先でワークを挟んだり、 離したりします。ワークを挟んでるとき停電が起これば、ワークの重みで シャフトが少しずつ回転し、ワークが落下する可能性があります。 それを防止するため、無励磁電磁ブレーキを使いたいのですが、 シャフト径に合った電磁ブレーキを取付けたくても幅や高さが足りず取付けスペースがどうしても無い状態です。 圧縮空気は供給できるので、シングル電磁弁を使い、スプリングと 摩擦材を使い、ブレーキにならないか考えています。 電気信号をずっとONにして圧縮空気でスプリングを押さえつけ、 offになれば空気の供給が無くなり、スプリングが伸びて、スプリングに取り付けた摩擦材をシャフトに押し当て、シャフトが回転しないようにしたいです。しかし、これもスペース的に厳しく、また、自作ブレーキだと不安もあります。 そこで、電磁ブレーキを使わなくても、停電時(非常停止ボタンを押された時)、それ以上シャフトが回転しないようにいます保持できる機械部品はないでしょうか。ネットで調べても発見できず、困り果てています。どなたかアドバイスを頂けないでしょうか。 (シャフトの回転は、ロボシリンダを使ってます。ロボシリンダの出力軸にウォームギアを取付け、ホイール、ギアを使い、ギアをシャフトに固定し、シャフトを回転させています)

  • ガイド付シリンダの許容モーメント

    添付のように質量Mの物体をMGPL20のガイド付シリンダーの引き側でクランプする時、このシリンダーの許容モメーントが記載されていません。いくつになるのでしょうか?

  • エアシリンダについて(ロングストローク)

    ストロークが800mmほしいのですが、設置場所が狭くシリンダの長さが660mmまでしか設置できません ロッドレスを2段重ねて使えば行けないこともないですが、お手製の物は強度が心配なのでそのようなものが売ってないか教えてください