• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

コンクリート引張強度について

学生で建築を学んでいるものです。 コンクリートの割裂引張試験で圧縮強度が16.1N/mm2に対して引張強度が7.1N/mm2になりました。一般的にはコンクリートの引張強度は圧縮強度の1/8~1/10になると参考書等には書かれています。 引張強度がこれほどずれて出てしまう原因には何があるのでしょうか? よろしくお願いします。 今回は低強度コンクリートでの実験で、設計基準強度が15N/mm2で、水セメント比が74%と特殊なものでの実験でした。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数2853
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#65504

まず実験方法が正しかったかチェックしてみてください。 たとえば、一般的な配合コンクリートで同じ実験をして、一般的な強度関係になったのかどうかなどによりです。 その結果が正しかったら、それは配合による影響ではないかと思います。 特殊な配合をするということは、授業と言うよりも研究テーマじゃないですか?なぜなるか原因を突き止めるのが研究ですよ。 自分の感触としては、水セメント比が高いので引っ張り強度が高くなっていると言うよりも、圧縮強度が何らかの影響で低下しているのだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

まずお礼が大変遅くなってしまったことをお詫びします。 実験方法から調合の値、計算過程を見直していったところ自分のミスが見付かりました。 それらを含めて、文献や教員の意見を参考にしながら考察を加え実験のレポートを無事出すことができました。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • コンクリートの強さ

    コンクリートの「強さ」としてあげられるのは圧縮強度だということを知ったのですが、引張強度とここまで強度に差が出る(圧縮の1/10~1/13くらい)のはなぜなんでしょうか? コンクリートはさっぱりなので、専門の方よろしくお願いしますm(__)m

  • 呼び強度39N/mm2のコンクリートについて

    呼び強度が39N/mm2のコンクリートは建築基準法的に使用できないのでしょうか。 どうも39NはJIS規格外で、なおかつ40N以下なので大臣認定も取れないらしいのですが。 実際、建築工事で39N/mm2のコンクリートを使用した経験のある方にお聞きしたいのですが、どういう対処をされましたでしょうか。

  • コンクリートテストピースの引張割裂試験について

    コンクリートテストピースの引張割裂試験について質問です. 引張割裂試験時に載荷板の荷重-変位関係が計測されるかと思うのですが,それをコンクリートの応力-ひずみ関係(引張特性)に変換するには,どのようにすればよいのでしょうか?テストピース(円柱型)の寸法は,直径100mm×高さ200mmです. 質問するカテゴリーが違うかもしれませんが,ご教授の程,よろしくお願いします.また,実験示方書や関連URLなどがありましたら,表記いただけると助かります.

  • コンクリートの強度の解釈について

    コンクリートの強度の解釈について 3点質問です。 1:Fc(設計基準強度)は設計者が設定をすると思いますが、Fd(耐久設計基準強度)は補修不要予定期間や供用限界期間から施主と相談して決めるのが一般でしょうか? 2:Fq(品質基準強度)の使う場面とは、生コンを発注する場面の”呼び強度=Fq+温度補正”つまりFc+ばらつき補正3N/mm2ということでよいでしょうか? 3:生コン発注の時、温度補正をすると思いますが、Fc=21N/mm2で温度補正+6N/mm2、ばらつき補正+3N/mm2で合計30N/mm2となった場合、品質はFd=30(補修不要予定期間100年)に結果として同じという解釈でいいのでしょうか?

  • コンクリート強度

     コンクリートの打設前に圧縮強度試験があると思いますが打設後の強度試験というのは行わなくてよいのでしょうか?私が知っている限りでは現場搬入時に強度を確認して必要な養生さえ行えばその後の強度については検査していなかったような気がします。  ちなみに高炉セメントB18-8-25では強度が18Nとなっていますが打設直後の値としては5Nとなっています。結局何を持って検査をすればよろしいでしょうか?  専門家の意見お待ちしてます。

  • コンクリートの圧縮強度の増加について

    一般に設計等で用いられるコンクリートの圧縮強度は材令28日の強度を用いますが、 実際のところ、強度の増加というものはみられるのですが、概略的に材令28日の 強度よりどれくらい増加しているか検討をつける関係式のようなものはないので しょうか。  例:21N/mm2の強度が10年後には何倍程度になっているなど    おおまかにわかるような関係式

  • 住宅のコンクリートの設計基準強度について

    地下1階(RC)地上2階(2×4)長期優良仕様にて新築中、現在掘削が完了したところです。 構造の仕様書を見ると、コンクリートの設計基準強度が24N(呼び強度27N)、スランプ18cmとなっています。 長期優良なので水セメント比は50%なのですが、設計基準強度の24Nは妥当なのでしょうか? ウェブで色々調べてみると長期優良の場合30Nと出てきたりします。 構造設計者に聞いたところ30Nはやったことがない、過剰設計であると思う、とのことでした。 水セメント比の規定はあっても強度の規定は無いようですが(24Nでスランプ18cmならOK?)、 実際、上記の仕様は妥当なものかご意見いただければ幸いです。

  • 基礎のコンクリートに関して

    基礎について質問です。  基礎の立ち上がりの   コンクリート幅が12cmということで   ネット上では15cmくらいにしたほうがいいと・・・。  すでに建築確認が通っているので変更できないといわれました。  そこで   質問ですが   基礎の図面には    鉄筋 SD295A D13@200    コンクリート FC21N/mm2           21-15-20    とありました。  これは一般的な仕様でしょうか?  また、この場合のコンクリートの強度は設計強度なので  実際に使用するさいのコンクリートの強度は大きめのものを   使用するのでしょうか?  どのていどのセメント比ですべきなのしょうか? 以上、よろしくお願いします。      

  • コンクリート強度実験について・・・

    コンクリート強度実験に使われる供試体は、なぜセメントペーストを使わずモルタルを使うんですか? キーワードは乾燥収縮と水和熱と言われました。

  • 鋼の引張強度、圧縮強度

    鋼の引張強度と圧縮強度の関係性を教えてください。 条件(材質、温度、硬さ)が同じであれば、 引張強度と圧縮強度は同じと考えてよろしいのでしょうか? 材種によっても異なるのかもしれませんが、 一般論を教えてください。 よろしくお願いします。