• 締切済み
  • すぐに回答を!

塩麹の作り方について質問します。

乾燥していない生の「甘こうじ」からも塩麹はできますか? もしできるとすれば、最初から水分を含んでいるので塩と水の加減はどのようにすればよろしいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2
  • gonba
  • ベストアンサー率49% (375/765)

私は、10年以上前から、塩麹を作っています。 もちろん、生麹です。 逆に、生以外使いません。 レシピを添付します。今使っているのは、2年前のですが、3年くらいすると、尚美味しくなります。 ◆【おれ流】 簡単(塩麹)の作り方。      〈材 料〉 ・生米麹・・・・・・・・・1kg ・あら塩・・・・・・・・・250g~300g(お好みで) ・水・・・・・・・・・・・750mL(1回目600mL、2回目150mL) 〈作り方〉生米麹1Kgをよくほぐし、塩250g~300gを加え、万遍なく混ぜ合わせます ※(乾燥米麹の場合は1割ほど塩を増やす) 十分な大きさの容器に混ぜたものをいれ、水をヒタヒタに成るまで注ぎ、さらに混ぜて、 しっかりとラップをして常温で保存する。(鍋は、寸胴の様な深型が良い) 翌日、麹が水を吸って水量が減ったら、もう一度、ヒタヒタに成るまで水を追加する。 1日一回くらいかき混ぜると良いが、忘れても大丈夫。 10日前後で塩麹が出来上がります。(出来上がったら、タッパに入れ冷蔵庫で保存する。) 出来上がりは、ゆるゆるの、お粥状態が、最高の出来です。 1年以上で琥珀色になり、2年、3年と美味しくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

具体的にお教えいただきまして、ありがとうございましたm(__)m とても参考になりましたので、さっそくチャレンジしてみます!

関連するQ&A

  • 塩麹つくりの水分量

    塩麹の作り方を検索でいろいろ見ているのですが 分量的には 麹・・・200 塩・・・60 水・・・300 というのが多いです。 しかし二日目に麹が水を吸っているので水をヒタヒタになるまで足すというレシピもあれば 足すとは記載がないレシピもチラホラありました。 生と乾燥の違いかなと思ったのですが、そうではないようです。 生麹でも乾燥麹でも、二日目に水を足している人もいれば足してない人も居ました。 Q、水を足さなくても良いのでしょうか?翌日に麹が顔を出してても1週間すれば完成するのでしょうか? Q、水を足すとは記載がなくても実際は水を足しているのでしょうか?

  • 塩麹

    今年初めて塩麹を作りました。2日前に仕込み、様子を見ていますが、水が多すぎたのか?発酵してる感じがせず、さらさらしてます。乾燥麹300g塩100g水600ccです。様子が違うので調べたら、別のレシピでは塩と水の量がもっと少ないものもありました。失敗でしょうか?このままでも使えるようになりますか?部屋は27度くらいです。よろしくお願いします。

  • 塩麹 

    塩麹を作ろうと思って、レシピ検索したのですが、水を追加する・しない(書いていない)二通りありました。塩加減は、別にしてどうなのでしょうか? ちなみに、昨夜 はなまるマーケットのレシピで仕込み、今朝一度かき混ぜてあります。

  • 塩麹について

    3/5に塩麹を作りましたが、3週間経った今でも麹が硬く水もシャバシャバで市販品のようにとろみもない状態です。 これは失敗でしょうか? 麹はネットで取り寄せた、生麹と塩があらかじめ混ぜてあるものを使いました。 作る際、水は水道水を使ったのですが、調べてみるとミネラルウォーターを使うようにありました。 これが発酵しない原因でしょうか? 塩麹作りに詳しい方、よろしくお願いします。

  • 熟成中の塩麹のカビ臭さを取る方法はありますか?

    仕込んで一週間経過している塩麹がカビ臭いです。 初めて乾燥麹を使い、低塩で水は多めで作りました。 炊飯器は使っていません。 水と塩を混ぜてタッパーに入れて、一日2回(朝晩)混ぜています。 前回、生麹を使って作った際は、 途中まではご飯が少し傷んだようなにおいがして、 最終的にはバナナのような甘い香りがしました。とても美味しく仕上がりました。 ですが今回は、初めから現在までずっとカビ臭いです。 これは乾燥麹の匂いでしょうか? もしかして、原因は炊飯器を使わなかったからカビ臭さが取れなかったでしょうか? 現在、一週間経過していますが、 今からどうにかしてカビ臭さを取る方法はありますか? ご存知の方、いらっしゃいましたら教えてください。 よろしくお願いします。 ※見た目はちゃんと塩麹っぽいですし、カビが生えてるようには見えません。匂いだけがカビっぽいんです。

  • 塩麹について質問です

    塩麹について質問です 塩麹の塩分濃度 新潟の山﨑醸造のこうじ床は、高温で作られて、日本で一番とか言われてます。 伏木さんのレシピは、塩分が少ない ちまたのは、多い。 本物の塩麹は、さらに塩分濃度が多い 下記参照 現在の塩麹ブームのレシピは、主に大分県の糀屋本店からきているレシピでしょう。そのレシピは「麹200g、塩60g、水250cc」で作るというものです。これが、違うというのですね。 実は「おせん」で紹介されている塩糀は「麹1升、塩3合」が正しい分量です。あれ、1升は10合だから、麹と塩の分量は10対3で、前のと同じじゃないの? と思うかもしれません。でもここで言っている1升や3合は「量」の話です。つまり、重さではないのですね。 これを重さで言うと、麹と塩の比率は10対6になります。つまり、200gの麹に対して適切な量は塩120gになるというわけです。いつの間にか「量」の話が「重さ」にすり替わってしまったのでしょう。 塩分濃度が違うとどういうことになるのでしょうか。「おせん版塩糀」は常温で1年でも2年でももちます。それどころか3年、4年と常温で置いておいても痛まないどころかどんどん熟成が進んでまろやかになっていくのです。 一方の、いまブームになっている塩麹は冷蔵庫で半年しか持ちません。もちろん、1年や2年なんてもたないのですね。 常温で作るのがいいのか、湯煎にかける方がいいのか 調べれば調べるほど、わからなくなりました。 どれも特徴があると思うのですが、違いや身体にどれがいいのでしょうか??

  • 塩麹を作るとき

    塩麹を作ろうと、麹1キロを購入しました。 どれくらいの大きさのもので作ればいいんでしょうか。 十分な大きさのあるもの、と書いてあることが多く よくわかりません。 ひたひたの水が入れば問題ないのか。 増えることはないのか。 分からないことだらけで、困っております。 大きなタッパーはないし・・・ ゆず酒を作るときのちょっと大きい瓶ならありますが 麹1キロはぎりぎり無理な感じです。 たとえば大きななべとか作ってもいいんでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 塩糀を壺でつくれるか

    塩糀を手作りしたいのですが、ネットで検索すると密閉容器で蓋を閉めずに保管する、とありました。焼き物の壺があるのですが、塩糀はプラスチックの密閉容器てわないとできないのでしょうか。水分が焼き物では漏れ出ますか?

  • 卵黄の塩麹漬けで使った塩麹を・・・

    生の卵黄の塩麹漬けで、 卵黄を取り出した後に余った塩麹は 何か再利用する方法って無いのでしょうか? さっき仕込したのですが、 塩麹を漬け終わったら捨ててしまうと思うと勿体ない気がしたんです。 インターネットで調べてみると、卵黄の色が塩麹に結構移っていました。 再利用は難しいでしょうか? もし再利用可能であれば、どんな再利用方法があるか教えてください。 炒め物等に使うなら問題ないですか?

  • 塩麹、味噌など発酵調味料についての疑問。

    塩麹をはじめ、発酵食品がはやっていますね。 いくつか関連書籍を読んだのですが、疑問に思うことがいくつかあります。 【味噌・醤油などの発酵調味料】 (1)市販の味噌・醤油など発酵調味料のほとんどは出荷時に加熱殺菌しているので、 発酵食品としての健康効果はあまり期待できないものでしょうか? (2)また、味噌漬けなどの保存食作りに使う場合、 加熱殺菌済みの大量生産みそだと 食材の劣化を防ぐ効果は 生味噌に比べて劣るのでしょうか? (醤油漬けなど、他の発酵調味料を用いた保存食についても同様に・・・) 【塩麹】 (3)瓶詰めなど市販の塩麹は出荷時に加熱殺菌しているものがほとんどで、 発酵食品としての健康効果を期待するなら、 手づくりすべし!というのが定説のようですね。 ある書籍では 「材料にする麹が粗悪なものだと、麹の死骸で塩麹を作っているようなもので、うまくできない」 という内容の記載がありました。 死骸=麹菌が生きていない麹、との意味合いで書かれていましたが、 麹菌が生きているか否か、 どうやって見分ければよいのでしょうか? 近所のスーパーをのぞくと麹は一種類しか置いておらず、 比較しようがありませんでした。 (普通の調味料と同様、普段使いしたいので、特別なものを通販で購入するのはちょっと・・・) (4)「なるべくなら生麹を使ったほうがいいけど、乾燥麹でも作れるよ」 という書籍が多いです。 乾燥麹は乾燥させる際に熱を加えているものですか? もし加熱乾燥されているとしたら、 麹菌が加熱によって死滅=麹の死骸(先述)ということになり、 乾燥麹では塩麹作りがうまくいかない&発酵食としての健康効果は期待できない仕上がり になってしまうのでしょうか? お詳しい方からのご回答をいただけましたら幸いです。 よろしくお願いいたします。