• ベストアンサー
  • 困ってます

建築基準法 令126条の4について

現在独学で2級建築士に挑戦しているものです。 教本等読を読んでもどうしても理解できないところがあったので質問させていただきます。 平成21年の過去問No12についてです。 {問題} 共同住宅(3階建、延べ面積300m2、高さ9m)に関する次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。ただし、各階の床面積の合計は、それぞれ100m2とし、避難上の安全の検証は行わないものとする。 3、各階の住戸から地上に通ずる廊下、階段その他の通路(採光上有効に直接外気に放された通路を除く。)には、非常用の照明装置を設けなければならない。 と問題にあるのですが、令126条の4の1号に共同住宅の住戸は除外されているので、非常用の照明装置を設けなくてもいいと思うのですが、答えは設けなくてはならないとの事でした。 令126条の4の1号はどのように解釈すればいいのでしょうか?どこか理解の仕方が間違っていると思うのでご教授いただきたく思います。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1151
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • tai-yu
  • ベストアンサー率32% (231/721)

2回も読み直したら分かると思いますが。 126-4では、居室および廊下・階段その他の通路に設けなさいとしています。つまり、居室内と廊下です。 但し、例外規定で共同住宅の住戸を除いています。共同住宅の住戸・・つまりアパートの各戸は除くです。 試験問題は廊下等についての非常照明の設置を書いていますので、当然必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >試験問題は廊下等についての非常照明の設置を書いていますので 1号の例外規定を住戸とそれに付属するものと範囲を広げて解釈しておりました。 まだまだ勉強不足です。。。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 建築基準法第35条の3「無窓居室の主要構造部」から、令111条1項1号

    建築基準法第35条の3「無窓居室の主要構造部」から、令111条1項1号の「採光に有効な部分の面積」の条文に飛んで、令第20条の「採光補正係数」使えるのでしょうか。 私は使えないと判断したのですが。。。 使えるとしたらなぜなのか、使えないとしたらなぜなのか、どこか解説書等にそれがうたってあるものなのか。お教え願います。 よろしくお願い致します。

  • 建築基準法についての質問です。

    建築基準法についての質問です。 複合建築物の場合の、令第128条の4の内装制限について。 令第128条の4第1項1号表より内装制限が必要になる場合、3階以上の居室の天井は準不燃材料仕上が必要ですが、3階の用途と1~2階の用途が違っても『例えば共同住宅と児童福祉施設』1~2階の天井には準不燃仕上げが必要になるか教えて下さい。

  • 建築基準法の階段の質問です。

    共同住宅で、4階建です。各階の床面積は250平米ですが、階段が1つで、幅も80cmと小さいのですが、問題はないのですか?

  • 建築基準法について質問です。令第123条第2項の屋外避難階段から2メートル以

    建築基準法について質問です。令第123条第2項の屋外避難階段から2メートル以内は開口等は設けることができませんが、例えば共同住宅の開放廊下の手摺りも開口とみなし、壁で作る必要があるのですか? ご教示をお願いします。

  • 建築基準法 間仕切壁

    建築基準法の質問です。 建築のプロからすれば基本的な事だと思いますが、教えて下さい。 準耐火建築物の場合、間仕切壁を準耐火構造にしなければいけないそうですが、この場合の「間仕切壁」とは、共同住宅等の界壁(住戸間の壁)の事を指しているのでしょうか? それとも、住戸内の部屋と部屋(例えば寝室と居間を分ける壁)の間の壁を指しているのでしょうか? 建築基準法の解説本(?)を、自分で読んでみましたが、「間仕切壁=界壁」と解釈してよいのでしょうか? 何卒よろしくお願いします。

  • 令117条2項の 区画のない場合 の規定について

    建築基準法施行令 117条2項の条文に 『建築物が開口部のない耐火構造の床又は壁で区画されている場合においては、  その区画された部分は、この節(2節)の規定の適用については、  それぞれ別の建築物とみなす。』 とあります。 たとえば 事務所(無窓の居室有り)と共同住宅からなる複合用途建築物で、 ”直通階段に至る歩行距離” について 各々の用途で考えますと 事務所(無窓の居室有り)は30m以下、共同住宅は50m以下 となりますが、 令117条2項の区画がない場合は、共同住宅も30m以下  という厳しい条件に引っ張られてしまう ということなのでしょうか? 区画がある場合とない場合とでの条件付けが うまく理解できていないものでして。 どうぞよろしくおねがいいたします。

  • 建築面積、床面積に算入されますか?

    1つの敷地に共同住宅が2棟並んでおり、その間を通って 敷地内に入るような並びになっています。 その通路の幅は2m程度でオートロックのアルミ格子の門があります。 現在その通路は屋根がなく、雨の日にオートロック操作など するのが煩わしい状態なので、屋根を付けたいと考えています。 そこで、その屋根をつけた部分が、建築面積及び床面積に 算入されるのかを教えていただきたいのです。 調べてみたところ、床面積は通路ということで算入しなくて いいのではないかと思っています。 建築面積は??新たに柱を建てることはしないのですが、 共同住宅の壁があるので、柱・壁に囲まれた空間として 算入する必要があるのかな??と思っています。 できれば面積の増加なしに屋根を付けたいと思っています。 もし、算入せずに済む方法をご存知でしたら、それも教えて いただけるとうれしいです。 よろしくお願いいたします!!

  • 令8区画

    鉄筋コンクリートの耐火建築物の共同住宅に垂直に令8で区画するのですが壁等の耐火性能は1時間耐火です。消防法をみると令8区画の部分の開口部のない壁は2時間耐火となっていますがその部分だけは2時間耐火が必要でしょうか?

  • 共同住宅の非常用照明について

    賃貸アパートについてです。 現在廊下(外廊下で良くある1棟12戸のアパート)天井にバッテリー式の非常用照明が付いています(通常の照明も兼ねている)。 新築時より10年以上経過し、本体が古くなって照明が点かなくなってしまいました(6箇所中3箇所)。 本体を交換しようと思うのですが、非常用照明は価格が非常に高い為、バッテリーの付いていない普通の照明にしようかと考えております。 建築基準法施工令126条を見ると、非常用照明を付けるべき基準がありますが、どうも今回のアパートは該当しないのではないかと思われるのです。 確かに共同住宅は基準に含まれていますが、階数は2階建てで、延べ面積も500m2以下なのです。しかも、外廊下ですので、「採光上有効に直接外気に開放された通路は不要」という例外に該当すると思うのです。 すると、新築時に何故バッテリー式の非常用照明をつけたか?という疑問も出てくるのですが・・・。やはり何がしかの法令に該当する為に非常用照明が付いているのでしょうか?それとも、どうせ照明を付けなければいけないのであれば、保険?をかけて非常用照明を付けたのでしょうか? もしお分かりになる方がいらっしゃれば、ご回答頂けますよう、お願い致します。

  • 窓その他の開口部を有しない居室等 の 採光補正係数

    工場です。【建築基準法 第28条1項の採光】は不要です。 工場の場合でも【窓その他の開口部を有しない居室等 建築基準法 令第111条1項1号】で 採光補正係数を使った計算をしなければなりませんか。 【令第111条1項1号】の中に ≪令第20条の規定により計算した採光に有効な部分の面積≫とあります。 【令第20条】は採光補正係数での計算についてうたっていますが、 工場はその係数を使うようになっていません。 検査機関からは採光補正係数を使うように言われたのですが、 これまで店舗(令第20条の採光が不要)ではずっと、 採光補正係数を使わずに確認申請が通っていました。 ご存知の方いらっしゃいましたら、 宜しくお願い致します。