• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

東京電力福島第1原子力発電所の事故は天災か

東京電力福島第1原子力発電所の事故は天災でしょうか、それとも人災でしょうか? 私の考えは、天災1:人災1です。 地震が発生しなければ、原子力発電所の事故は発生しなかったのでしょうが、各種新聞を読むと、 ディーゼル・エンジンによる非常用電源が動作すれば、放射能漏れ事故は回避できたようです。 東京電力は10mの高さの津波による事故は想定外だったとのことですが、太平洋沿岸の原子力発電所で10mの高さの津波を想定しなかったというのは、あまりに無責任ではないでしょうか。 東京電力福島第1原子力発電所の海岸に余裕をもって30mの高さの防波堤でも作っておけば、今回の事故は防げた可能性が高いと思います。 今回の事故対応で、場当たり的に海水注入を決定し、後から真水注入に方針変更していますが、原発をクールダウンするための真水を貯水するプールさえ事前準備できていなかったことを考えても、東京電力の原発設計の見通しの甘さが分かります。 万一の場合に必要な水は、電力が切れても動作できるよう、手動のバルブ開閉で原発に真水注入できるような仕組みをどうして原発設計段階で考えていなかったのでしょうか。 今回の事故による退避騒動で、病院からスタッフや物資がなくなくなり、死んだ患者さんもいるわけだから、東京電力幹部は、今回の事故で”業務上過失致死”で訴えられても文句言えないと思いますが、いかがでしょうか。

noname#131670
noname#131670

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数12
  • 閲覧数627
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.10
noname#130561
noname#130561

東電の責任は追及されるべきですが、それは「今後の安全に努める」意味からになります。東電福島第1原発は現状での法律や基準での不足はない様子です。基準に適合しているなら、法律上は「無罪」です。しかし、内部告発やいくつかの指摘、危惧を無視してきたことも事実です。また、将来に、向けての安全性の確保は重要な観点です。 しかし、現状での判断は、想定を超える地震規模に対抗できる設備でないことは事実で、その影響で農産物畜産物は当然、地域住民に多大な被害を与えていることは、責任追及の範疇です。 ●天災:1、人災:1でよろしいんじゃないですか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 東京電力福島第1原子力発電所の事故は天災か?

    東京電力福島第1原子力発電所の事故は天災でしょうか、それとも人災でしょうか? 私の考えは、天災2:人災1です。 地震が発生しなければ、原子力発電所の事故は発生しなかったのでしょうが、各種新聞を読むと、 ディーゼル・エンジンによる非常用電源が動作すれば、放射能漏れ事故は回避できたようです。 東京電力は津波による事故は想定外だったとのことですが、太平洋沿岸の原子力発電所で津波を想定しなかったというのは、あまりに無責任ではないでしょうか。 原子力事故が発生した場合の社会的コストをトータルで考えると、非常用電源を津波や地震から守るためのコストは言い訳になりません。 今回の事故による退避騒動で、病院からスタッフや物資がなくなくなり、死んだ患者さんもいるわけだから、東京電力幹部は、今回の事故で”業務上過失致死”で訴えられても文句言えないと思いますが、いかがでしょうか。

  • 東京電力の因縁。

    TBSで放送した大震災の検証番組で、 今回の福島原発の事故を、 「人災」 と結論づけたことに対して、 東京電力が文句言ったとかいう記事を見たんですけどね。 東京電力は事故は天災という考え方なのでしょうか。 真実を隠していたり、いろんな報道を見る限りでは、 原子力発電に詳しくない僕でも、 「人災」 のような感じがするんですけど。 もしかして東京電力。 賠償しますといってるけど、 本当はする気ないんじゃないですか。 そもそも、 「天災」 なら賠償する必要なんか全くないですし。 「天災」 なのに何で仮払金とか払ってるんですかね。 野田さん、早速増税するっていってますけど、 もしかして東京電力の賠償原資、ここから出すんですか。 東京電力の因縁、 やっぱり国が、 「ケツ持ち」 すると、 無理が通れば道理が引っ込む。 ということになるんですかね。 まさにやくざのやり方そのものじゃないですか。

  • 東京電力の事故による避難に対する損害賠償

    東京電力原子力発電所の事故によって避難を余儀なくされているわけですが、 そのことによる各種の損害について、東京電力と国に対して損害賠償請求を 行うことになるのでしょうか。 それとも、特別な法律があって損害の補償がないのでしょうか。 どなたか教えてください。

その他の回答 (11)

  • 回答No.12

地震・津波は天災です。しかしながら、これらによって誘発された福島原発の事故は人災です。 福島原発は「設計当初時点では津波については配慮していない」と当時の設計者が語っています。さらに水素爆発の危険についてもGEの技術者が指摘し、米原子力委員会の専門家が1972年に指摘しています。『もともと事故時の危険が高い米国発の原発が、津波や地震のリスクを十分に考慮せず建設、運転されてきたことになる』 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110318/dms1103181534014-n1.htm 2006年3月の衆院予算委員会分科会での吉井英勝衆院議員の質問は地震による原発のバックアップ電源破壊や津波による機器冷却系喪失により、最悪の場合には炉心溶融、水蒸気爆発、水素爆発が起こりうることまで言及しています。http://www.441-h.com/kokkai/20110322.pdf 加えて国際原子力機関(IAEA)の当局者が約2年前に、日本の原発の耐震安全指針は時代遅れで、巨大地震が発生した場合は持ちこたえることができない可能性があると警告していたとWikiLeaksから情報が流れています。 つまり福島第一原発の今回の事故は十分に想定される事態だったのです。その指摘がまず40年前にはなされ、より具体的な指摘が5年前になされ、3年前に国際機関から指摘されていたのです。 責めを負うべきは、まず、原子力を安全に取り扱うための指針基準を政府に示す専門家集団の原子力安全委員会の歴代メンバーたち、さらに、この委員会を政府の提灯持ち集団にしてしまった任命権限者の過去と現在の政府です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.11
  • rzam10
  • ベストアンサー率20% (1/5)

最近、今回の福島原発事故が 人災とする論調が出ていますね。確かに、結果的には責任を追及されるでしょう。免責何てありえません。 しかし、世の中の全ての事がトレードオフの関係で進んでいる以上。何かが起こってからそれを批難するのは、ただの後出しジャンケンのような気がします。 今回の事故で 原発は危険=即時運転中止せよ という意見も多くあります。 例えば、原発中止を例にとって考えてみると 原発中止と トレードオフの関係になると思われるのは (1)電力不足  (2)津波対策の遅れ(津波対策の代わりに火力発電所建設などでお金を使う)だと思います。 分かりやすい(2)で話をすると 原発を中止しても 電力を確保するため 火力発電所、風力発電所など代替発電所の建設にインフラ整備を優先させる。津波対策は後回しとなる。⇒東海地震が起きる。浜岡原発は、稼働していないので被害ゼロ。しかし、多数の津波による被害が出る。 そして、なぜ津波対策を後回しにしたのか。東北地方太平洋沖地震の教訓が活かせていない。多数の警告の意見が有ったのに無視した。⇒これは、人災である。という意見が多く出る。 もちろん、逆の可能性も有ります。津波対策を優先し 原発をとりあえず使い続ける。⇒どこかで、原発事故の発生。⇒教訓が生かせていない。これは人災である。という意見が多く出る。 (1)の電力不足を選択しても同じ。失業者が増え、社会不安が増大し 犯罪が増え 多数の死者が出るかもしれない。 東電が福島原発の対策を後回しにして 経営者が大量の私腹を肥やしていたのならともかく 経営というのは、常にトレードオフにより限られた選択しかできない事も理解してあげる必要があると思います。 私も 天災 8 :人災 2 ぐらいで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9
  • mibuna
  • ベストアンサー率38% (577/1492)

99%人災でしょう。 共産党の吉井英勝氏(京都大学原子核工学科卒業)が合計9回国会で原子力発電所の危険性を問いただしましたが総理大臣も監督官庁の経済産業省(大臣も含めて)も事業者の東京電力もな~んにも対策してません。(二階俊博経済産業大臣・安倍晋三総理大臣・直嶋正行経済産業大臣・鈴木篤之原子力安全委員長あたりが責任をとらない当時の当事者です) 国の審議会でも大地震や津波を考慮しない理由を聞かれても東京電力は実質無視してますから責任は重大ですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8

人災の可能性は否定できないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • zakky74
  • ベストアンサー率29% (87/296)

責任の所在を明らかにする事も、一段階は重要だとは思いますが、重要な事は起きてしまった事をきっかけとして、これからは一体どんな日本を創っていこうか?と問いかけていく姿勢だと思いますし、そこに向けて団結していく事かと思います。 今、心を一つにして日本の復興の方向性を模索せねばならないときかと思います。そんな中で、責任の所在に力を注ぐよりも、失われていった命や、死んでいく間際まで戦っていた人たちの思いをムダにしない為にも、どんな日本を創っていきたいのかに関心を寄せるべきかと思います。 それを模索する中で、おかしな体質ははじかれていきますし、不条理も掻き消えていくと思います。重要な事は、僕たち一人ひとりが、総理・東電幹部の立場になって、或いは日銀・大企業・マスコミの立場になって、一部の人だけに国づくりを任せず、これからは積極的に参加していく姿勢を呼びかけていく事だと思います。 いかがでございましょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

私は天災8:人災2ぐらいですね。 たしかに非常用電源をもっと早くに長期的に 動作できるようにするシステム自体を作っておくべきだったと思います。 しかし津波15mを防げというのは無理な話。 「最大波高」と勘違いする人が多いですが、 10m以上の「津波の高さ」は世界中でもほとんど例がありません。 だから三陸沖にある世界一の防潮堤ですら10mなんですよ。 それが30mとなったら何百倍という金と、建築にも何百年という膨大な時間がかかります。 よって、防潮堤で防ぐことは現実的ではありません。 ちなみに、あのレンホウ氏も災害関連仕分けで洪水に備えた巨大施設に対して 「こんな莫大な金額と膨大な時間をかけて作るなんて意味がないも同然」 と発言しています。 ただ、どちらにしても「東電だけ」に責任を押しつけるのはおかしいでしょう。 たとえばマンションの耐震基準が震度6だとして、 震度7で倒壊したら耐えられるように作っておかなかった建築士が悪いですか? 原発の安全基準を作っているのは政府の原子力安全委員会です。 企業は国が作った基準に合わせて作るのが当たり前であり、 想定出来るからといって「基準以上の物を作られなければいけない」という常識は存在していません。 よって、東電が業務上過失致死なら今までの与党の人間もすべて業務上過失致死にならなければいけません。 人災2というのは東電と国家両方の責任です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

100%人災とは言いませんが、その多くは人災でしょう。 もう少し、謙虚に危機管理を考えれば、対策を立てる時間は充分ありました。 しかし、これは、東電が100%というものでもないです。 国にも責任はあります。 監督し改善を命令できる立場ですし、不安が残れば、停止させる強権もあるのです。 なぁなぁで過ごしてきたという点では、マスコミも責任があります。 つまらないスキャンダルや安っぽい人情話で売り上げを伸ばすことに腐心して、真に大切なものを追おうとしない。 つまり、影響力のある機関が「平和ボケ」していたわけです。 解かりやすく言うと、自民にお灸を、と正体もわからない政党に票を入れた国民と同じレベルの慢心ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

 私の知っている限り、ほとんど人災といっていいと思います。まず原発誘致段階から金目当てな訳です。過去に津波の被害にあったエリアに属するところ、あるいは地震の巣みたいな所に立地する事は1966年以前にも判っていた筈(学問的には判っていた)で、要するにこういう事どもをすべて金のためにほっかぶりした訳です。反対派も少なからずいたはずですが、これも金で解決したはずです。そうでなかったら、実際あの場所に原発は建っていないはずです。当時といいますか、つい最近まで、公共の建築物にかかわる問題はすべてこの政治手法で解決されてきたからです。また国の原子力委員会においても、建物の耐震性にかなりの疑問符が付いていたと言われていましたし、この問題もまったく無視されたとの事です。そして震災から1日も立たないうちにどこぞのアホが、仕事ほったらかして散々現場を振り回した挙句、帰ったとたん爆発と、、、。このものは、新聞紙上によれば,なんと<臨界>という単語の意味を知らなかったそうです。仮にこのことが事実であれば、ご当人がとっくに<臨界>してメルトダウンしていると言わざるを得ません。こうまで出鱈目のオンパレードな訳ですから、東電のみならず、管轄官庁、行政府は被災者に何をされても文句言えないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#152422
noname#152422

人災だと思います。 東電は今まで「絶対安全」といい続けてきました。 それでいて、外部からの警告を受け入れていませんでした。例えば、 http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110327k0000m040036000c.html 今問題になっている福島第一では、あの無能な原子力安全・保安院によるSDP評価によると1号機=II、2号機=IV、3号機=II、4号機=IV、5号機=II、6号機=IVとなっています(IIは「重要な課題が見出された」、IVは「軽微な課題が見出された」)。いずれも1970年代に稼動開始してます。とても古い。 ここ以外にも日本全国に原発が沢山稼動してます。それらは大丈夫なのかとても不安に思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#134018
noname#134018

報道を信じるならば、完全な人災でしょう。 IAEAの警告を、当時の自民党政権や東電が無視していなければ、防災できたかもしれません。東電は、コスト優先で、現原発引退後に、津波対応を考慮することしか考えず、IAEAに耳をかさなかったそうです。 現在の民主党の対応も、コスト優先。放射能汚染により、遺伝異常が今後多く発生し無いことを祈ります。福島県民を始め、関東・東北の方は、今後50年間、無料で健康診断を毎年受けさせるべきだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 東京電力福島第一原子力発電所事故に思うこと。

    チェリノブイリやスリーマイル島原発に事故は単純な人為ミスから起きたものですか、今回の東京電力福島第一原子力発電所事故は1000年に一度の想定以上の大津波が原因ですので、原発の安全性を論じる理由にはならないと思うのですが、如何でしょうか。

  • 東京電力 福島第一原発事故

    最初に結論しますが、東京電力 福島第一原発事故は“人災”です。 ・事前に安全性についての指摘があったが、東京電力は何の対策も行なわなかった。東海原発、福島第二原発においては、事故以前に対策がなされた点。 ・地震の発生については、事前に危険性を公開されていたし、過去歴史上起きた津波の規模も分かっていたはずである。 ・社長自らが、提言を無視した事を棚に上げて、「想定外の自然災害」等と発言し、全く責任を感じていない事。 Q1 この事故は、こののまま有耶無耶になってしまうのでしょうか? Q2 その他にも、皆様が知る事故以前の知られざる真実があれば教えていただきたいと思います。

  • 東京電力について

    震災があってから、ずいぶん東京電力は責められていますね。 まぁ、原発は、東京電力の管理だから、仕方がない。 そう思う人がほとんどだと思います。 しかし、今回の災害は、地震の被害であって、東京電力個別の責任ではないと思います。 たしかに、作った側に責任はあると思いますが、それにしても、ちょっとやり過ぎだと思います。 よく 原発をやめろ!このように言われる方が多いですね。 本当に、原発がない方がいいのでしょうか? おかげで、電気料金の値上げにつながりました。 電気とは何か?みなさんが生活していくなかで、必要不可欠ですね? 水力、火力、この二つは、限りがあります。原子力にも限りがありますが、1番力が強く、 多くの電力を蓄えることが出来ます。 なぜ、あそこに作ったのか? それは仕方がないですね。他のところに作っても、みなさん同じことを言うでしょう。 みなさん、もう一度言います。 今回の災害は、東京電力だけの責任ではありません。 地震がなければ起こらなかったことです。 違いますか? 責めすぎだとは思いませんか? あまり責めると、日本は電力がなくなってしましますよ? みなさん、よく考えてください。

  • 東京電力と政府の批判について

    東京電力があるおかげで電気が使える 自民党を選んだのは国民です それなのに…原子力発電所が爆発したのを 東京電力の幹部が悪い 政府が悪い と言うのは間違っていると思いませんか? 元は自然災害が原因ですよね? それに対して文句を言うのであれば 福島に行って防水活動を一緒にすればと思いませんか? 批判だけして何もしてないのは卑怯だと思いませんか?

  • 原子力発電所の存続での安全論に付いて

    東電福島第一原発事故は津波と言う想定外の天災が事故の原因と言っていますが、実はそうでなく津波を想定せず事故対策を怠った人災ではないでしょうか。 地下にある送水ポンプのモーターや配電盤が津波により被害を受けることを何故想定しなかったのでしょうか。日本では過去に何回も大津波災害を受けていますし、100年に一度、1000年に一度でも明日来るかも知れない津波を想定しなかったのは人災なのです。 そもそも原子力発電所が安全だと言う前提自体が間違いなのです。 二酸化炭素の環境問題から原子力発電所が見直される風潮であったのが、今回の東電福島第一原発事故で国際的に原子力発電所の存在がおかしくなりました。 この罪過は地球自体の存続に関わる非常に大きい問題だと東京電力は大いに反省してもらいたいものです。 原子力発電所が安全でないと言う前提から立ち上げて、事故が起きれば周辺住民に大きな影響を与える事を想定し、事故が起きないようにするという事と並行的に事故の被害を最小にする想定が必要なのです。 環境論や資源枯渇問題から原子力発電所が日本人や世界の人たちには、電力はあらゆる産業や生活に必要なものには違いないのですから、電力源を原子力発電所に頼ざるを得ず、他に有効な発電源がない今日、推進論者は原子力発電所の安全を基準にするのでなく、原子力発電所は安全でないから、事故が起きればどう対処するか、如何すれば被害者を極力少なくするかを、前提にして推進すべきと考えるのですが、如何でしょうか。

  • 原発事故は国の責任?東京電力の責任?

    今回の原発事故ですが深夜に「長丁場の記者会見を行っている東京電力」相当マスコミの 質問にしどろもろになっています。 しかし今回の原発の事故ですが「想定外の15メートルの津波」が原因ですがこれは仕方ない 話。今回の原発事故の責任ですが相当農家や酪農家、原発周辺の(福島県)に大迷惑を かけていますが、これは「原発を進めた国」の責任でしょうか?それとも「対応や報告がずさん な東京電力」の責任でしょうか?

  • 東京電力

    原発の事故以来、東京電力の記事がテレビ・新聞などだ目にしますが、そこで気になる言葉が度々使われています。それは「本店」で普通会社の場合は「本社」だと思うのですが、なぜ東京電力は本社ではなく本店なのでしょうか?お分かりの方教えてください。

  • 東京電力のCMについて

    東京電力は原子力発電所の問題で昨年の8月か9月頃からCMの放映を自粛し、公共広告機構のCMに差し替えられていました。ところで、ちょっと気になりましたが、「お正月の凧揚げは広いところであげよう。凧が電線に引っかかったら、自分で取らないで、東京電力に連絡しよう。」というCMが年の変わり目1週間ほどの間だけ流れていました。また、12月いっぱいで打ち切りになったテレビ東京の「テクノ探偵団」最終回でも「提供 東京電力」とは表示されなかったものの、一部のCM枠は東京電力の凧揚げについてのCMが放映されました。残りのCM枠は公共広告機構でしたが。  そこで、気になりますが、東京電力はCM放映を正式に再開することとなったのでしょうか?それともまだ公共広告機構のままなのでしょうか?昨年の9月いっぱいで東京電力がスポンサーだった番組が打ち切られているのも気になります。

    • ベストアンサー
    • CM
  • 東京電力原発事故

     東京電力福島原発事故は想定外の地震津波が原因と言われていますが、一方、過去に「緊急電 源施設等の地震津波対策が相当弱点」と研究者が幾度も指摘しているにもかかわらず、軽視し、既 存設計を推進したといわれている。原因は判明しており、「想定外ではない事故」といわれています が本当なんでしょうか。  「想定の事故」だとしたらこれは企業犯罪だと思いますが、皆さんいかがでしょうか。

  • 原発巨大事故にも懲りない東京電力

    昨日、東北電力が福島県の「浪江小高原発」の建設予定地の大半を地元自治体に無償で返還する方針を明らかにしました。 1968年に建設計画が発表され、その後紆余曲折があり東日本大震災の後に地元議会が原発誘致撤退を決議。東北電力が建設計画を撤回し今日に至ってます。 一方東京電力は福島第1原発の巨大事故にも関わらず、責任の隠蔽工作を図り、反省の色が大変希薄で事故原因の究明もおろそかに再稼働を進めようとしてます。再稼働対象には福島第2原発も含まれてます。 この両者の違いは何なのでしょうかね。 社風というか、組織の雰囲気が違ってるのですか。ナニですか。東京電力は東京首都原発を造ろうとしてもいません。 1、 東北電力は〇で東京電力は× 2、 東北電力は×で東京電力は〇 3、 東北電力も×で東京電力も× 4、 東北電力も〇で東京電力も〇 5、 その他。 6、 分からない。 どれですか。