• 締切済み
  • すぐに回答を!

今現在、転貸借で物件を借りています。

今現在、転貸借で物件を借りています。 地主A-会社B-当方 といった契約です。 地主AとBは賃貸の契約をしていて、当方とBも同じ契約をしています。 建物自体は地主Aの方が建設していて、地主Aと会社Bとの契約では、地主A が『建物を建設し…』となっていて、当方と会社Bとの契約は『会社Bが建物を建設し…』となっています。 実際に建物自体を建設したのは地主Aです。それを会社Bは建設してないにも関わらず『建物を建設し…』という契約書になっています。 その契約書の内容は説明不十分で契約してしまったものになります。当方が悪い部分もありますが、この契約書は解約出来ますでしょうか? 尚、地主Aは転貸借を認めていません。 それともう一つの質問ですが、又貸しは契約書に記載がなくても民法上、違反となるのでしょうか? 現在大変困っています。どうか宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数257
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • toka
  • ベストアンサー率50% (786/1559)

民法612条 賃借人は、賃貸人の承諾を得なければ、その賃借権を譲り渡し、又は賃借物を転貸することができない。  2 賃借人が前項の規定に違反して第三者に賃借物の使用又は収益をさせたときは、賃貸人は、契約の解除をすることができる。 ---------------------------------------------  地主AはB社に対し、賃貸借契約解除の権利を持ちます。  ただし、AB間の契約が解除されたことをもってBとあなたの間の契約が無効になるということはなく、あなたの借地権は保護されます。  言い換えれば、契約を解除したければ、別にB社に契約解除を申し入れる必要があります。  また、Aが転貸借を認めなくとも、B社は裁判所に転貸借の許可を申立てることができます。 --------------------------------------------- 借地借家法19条 借地権者が賃借権の目的である土地の上の建物を第三者に譲渡しようとする場合において、その第三者が賃借権を取得し、又は転借をしても借地権設定者に不利となるおそれがないにもかかわらず、借地権設定者がその賃借権の譲渡又は転貸を承諾しないときは、裁判所は、借地権者の申立てにより、借地権設定者の承諾に代わる許可を与えることができる。(後略)

参考URL:
http://okwave.jp/qa/q3826147.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 借りている物件が又貸し物件でした・・・。

    私は、とある物件を借りて改装をし、そこで商売を営んでいます。 大家さん(Aさんとします)は同じ敷地内の別な建物に住んでおり、私はその大家さんと直接賃貸契約を結んでいます。 ところがその大家さん(Aさん)は、私の借りている物件の本当の大家さんではなく、 別に地主さんという方がいる、ということがわかりました。 地主さん曰く、Aさんにこの土地を貸しているが支払いを滞納しまくっているので すぐにでも出て行って欲しいと思っている、とのこと。 私に又貸ししていることもご存じなかったようです。 私が借りている建物もAさんのものではなく、地主さんがずっと以前にその土地を貸していた方が建てた建物だそうです。 私は、その場所での商売がやっと軌道に乗りかけてきたところなので、 出来ればその場所で商売を続けたいと思っております。 地主さんにはまだお会いできていないのですが、経緯をお話しして 地主さんさえ良ければ、引き続きその場所をお借りしたいな、と思っています。 お尋ねしたいことは、 1.Aさんの行為(又貸し?)は法的に違反な事なのでしょうか? 2.とりあえずの来月の家賃(2月分)はどこに払えばよいのでしょう??? 3.万一、地主さんが、私にも今すぐ出て行って欲しい、と仰る場合、私ができることは何かありますでしょうか? どなたかアドバイス頂けましたら嬉しいです。m;;m

  • 転貸借について

    このたび転勤にて東京に転移するのですが、契約についてご質問がございます、ご存知の方は教えていただけますでしょうか? 会社の方針で契約住居は転貸借契約になります、ただ住宅金融公庫から お金を借りて立てられた物件は転貸借が不可能であるとの説明でした。しかし、大家、仲介屋の了承の元、本契約は”会社との法人契約”を交わし、住宅金融公庫からの監査があるとまずいので、表面上個人と契約してるように”ダミーの個人契約書”の作成を依頼されています この場合、法的に問題はないのでしょうか? また、実質損害等発生した場合、その契約書を悪用されないか心配です (損保は別途契約)以上ご回答お願いいたします。

  • 転貸借契約について

    大家さんよりアパートを一棟まるごと不動産屋と賃貸借契約を交わして、その後に不動産屋が他の事業者に一棟まるごと転貸借契約(書面)を結んでいいものでしょうか?又貸しになり、違法契約になるのでしょうか?宅建業法上違反になるのでしょうか?周りに詳しい方がいなく、相談できないので誰か教えてください。宜しくお願いいたします。

  • 転貸借にならないためにはどうしたらよいでしょうか?

    イベントスペースとバンドスタジオを1つの建物内で経営されている賃借人から提案がありました。 それは、賃借人のかわりにお店をやるかわりに売上を全て持って行ってもいいから、家賃と光熱費を毎月払って欲しい。というものです。 こちらとしては初期費用がかからず、お店の機材も使用できるというメリットがありますが、 賃貸借契約のなかに転貸を禁止しているため、どのような契約のもとやっていけばよいのか悩んでます。 もともと倉庫だった物件を改装しているため、原状回復修繕費は数百万かかる様です。 また、賃借人(転貸人)が毎月賃貸人に家賃を払わなかった場合など、民法613条で転借人が支払わなければいけなくなる可能性もあるため、なんとか転貸借の関係にならないようにするにはどうしたらよいでしょうか? 例えば、こちらがスタジオの使用料として一定のお金を納めているという形にした場合はどうでしょうか?家賃ではなく。 現在の賃貸人、賃借人、わたしとであとあとトラブルにならない様にしたいので、アドバイスをお願いします。

  • 社名変更した場合、転貸借契約書は有効ですか?

    A社からB社に無償で貸与された建物を、B社からC社に無償で貸与する転貸借契約(自動更新)を交わしています。(私はB社の者です。) C社の名称がD社に変わったのですが、この場合、C社名での転貸借契約書は有効でしょうか? D社と新たに契約書を交わさなければならないでしょうか。 個人的には、C社名のままで自動更新していくよりD社と契約した方がすっきりするのですが,する必要がないのであればD社にお願いするのも申し訳ないような気がしています。 法的根拠があれば、併せてご教示いただければ助かります。

  • 転貸借している旨の主張

    転貸借している旨の主張  みなさん、こんにちは。いつも回答ありがとうございます。以下のように 質問しますのでよろしく教授方お願いします。  不動産競売物件を購入しようとしているのです。  物件明細書には、以下の通りの記載があります。  不動産の表示   土地建物。目録記載の通り  売却により成立する法定地上権の概要。   無し  買受人が負担することになる他人の権利   無し (●Q01)  物件の占有状況等に関する特記事項   建物  有限会社eシステムが占有している。同社の代表者は、本件債務者である。同社は、高登久建設へ転貸借している旨の主張をしている。  と書かれてあるのですが、強制執行をするための執行文を取ることが、できるでしょうか? (●Q02)  執行文を取るまでに、どの程度の期間が必要でしょうか? (●Q03)  落札したときに、どのように明け渡しを進め、どのような点を注意すればよいでしょうか? (●Q04)  単に、鍵を交換して、改装して売却してよいものでしょうか?  現実には、空き家で、家内には、椅子一つと椅子のソファーが一つ残されているだけです。  転貸借を理由に明け渡しを妨害しているようにも見えます。  現在転貸借人には、裁判所から照会文書を送付するも「宛所たずね当たりません。」。  土地の占有者及び占有状況は、土地所有者、上記のものが本土地上に下記建物を所有し、占有している。  建物の占有者及び占有状況は、建物所有者以外。上記の者が、本建物を住居として使用している。「占有者及び、占有権限」の通り。有限会社eシステム、高登久建設の期間は、平成20年03月21日から、平成25年03月31日までの5年間。  裁判所資料には、記載が無いですが、賃貸借は、抵当権よりも、時期的に、遅れるのでしょう。  「占有者及び、占有権限」賃料・支払い時期 毎年60000円 1年分前払い金720000円。高登久建設は、毎年840000円。前払い金840000円。eシステム保証金500000円。高登久建設、保証金、敷金無し。 その他の事項  郵便受けにeシステムと高登久建設のシールあり。玄関先には、積住建の賃貸募集看板。電気、水道の契約は、解除。 評価書 建物の占有減価率 必要なし。     競売市場修正率  0.6  ご不明な点は、何なりとお尋ねください。  たとえ、一つだけでも、お知りのことがありましたら、ご教授方よろしくお願いします。  敬具

  • 転貸借について

     こんばんは。少し複雑な話なのですが、どうかいいアドバイスをお願いします。  実は、私はA会社の所長を勤めておりました。私個人が会社の営業店舗をBさん(大家)から賃貸し営業する対価として、会社と契約し、給料・店舗家賃とは別に店舗内装費(投資分)を月々もらっておりました。  Bさん(大家)には当初からそのことを話しており、私の定年がきたら次の所長に代わるが、店舗内装費の多額の借金もあるので、契約はそのままでお願いしたいと申しておりました。  そのため、契約書には「転貸借をみとめる。ただし契約を更新する」、また、覚書には「転貸借をしたときには、賃料の増額ができる」と記載してありました。  そして、このたび私が定年を迎え、新しい所長が就任したわけですが、やはりBさんは(大家)家賃の増額を申し出てきたのです。しかしながら、調べてみると、私が賃貸している店舗の家賃は隣の店舗と比べて高かったのです。  私としては借金の返済もありますので賃料はこのままでお願いしたいと申し出たのですが、それでは契約が違うと、へんな条件をいろいろつけられております。  最初は話のわかる大家だったのですが、営業に必要な設備の交換には文句をつけ、4年前にも新しく入居した隣の店舗の賃料条件と同じだといわれ大幅な賃料改定がありました。  私としては今まで契約上、違反することはしていないと思っております。  また、今度の件について、私の権利等を新しい所長に譲渡することも考えましたが、新しい所長は貨車の事務的な所長であり、会社としてもその意向です。  私の考えが間違っているのかもしれませんが、何かいいアドバイスがあればお願いいたします。

  • 建物の転貸借について

    私は現在宅建試験に向けて勉強をしているものです。 借地借家法について過去問を解いていたのですが、 疑問点が出てきてしまったため、ここで質問させてください。 建物の転貸借について。 ある過去問の解説に、  肢(1)貸借人と賃貸人が賃貸借契約を合意解除しても、特段の事由がある場合を除き、賃貸人は転借人に対して合意解除の効果を対抗することはできない。  肢(2)貸借人と賃貸人の賃貸借契約が終了すれば、 (この肢では、貸借人の債務不履行により契約が適法に解除されています。) 転借人は賃貸人に対しては不法占拠者となり、賃貸人の明渡請求に応じなければならない。したがって、転借人は転借権を賃貸人に対抗することはできない。なお、賃借人と転借人の転貸借契約自体は、賃貸人が転借人に対して明渡請求をしたときに、賃借人の債務の履行不能により、終了する。 と書いてありました。 テキスト等も参照しましたが、私にはどうしてもここが理解できません。 二つの解説が食い違っているように考えられるのです。 ((1)だと賃貸人は転借人に解除を対抗できない? (2)だと逆に転借人は不法占拠の状態になる??) どのような場合に、賃貸人は転借人に対抗できるのか、詳しく教えてください。 よろしくお願いします。

  • 借地物件で任意売却の購入を検討しています。

    カテゴリを間違えましたのでこちらで質問いたします。 古家付き借地権物件で任意売却、これ以外にも特殊な条件のついた物件の購入を検討していますが、このような物件の取引きの際に気を付けること、確認しなければならないことを教えていただけないでしょうか。 不動産担当者から聞いた条件は下記になります。 (1)地主は近所の寺で、借地権の譲渡には同意している。 (2)地主と前賃貸人との契約書はなく、他の借地に関しても昔から契約書は交わしていない。 (3)土地は測量されておらず測量図がない。杭も打たれていない。 (4)前家主は昨年破産して、契約は管財人(弁護士)と行う。 (5)古家付き借地権は任意売却になり、残っている荷物の処分は契約者負担になる。 (6)契約時または契約後には地主との契約書の作成、建物の登記を行った方が良い。 (7)契約後に見つかった家屋の傷などは保障されない。 上記が主な内容です。田舎の古い物件では契約、登記などが行われていない家が有ると 聞きましたが、これに任意売却が重なっていますので不安ですが、建物や価格が気に入って ます。 注意、確認内容を教えていただけますでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 建物の転貸借

    賃貸人の債務不履行により、賃借人が建物賃貸借契約を解除した場合、転借人はどうなるのでしょうか? 宅建用のテキストを勉強をしていたのですが、賃借人の債務不履行のケースしか載っていなく、皆様の知識を拝借させて頂ければと思い、質問した次第です。 やはり、債務不履行はあくまで債務不履行なので、賃貸人が転借人に明渡しを請求すれば、転貸借は終了するのでしょうか?