• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:遺族基礎年金と遺族厚生年金の死亡者の支給要件について)

遺族基礎年金と遺族厚生年金の死亡者の支給要件について

このQ&Aのポイント
  • 遺族基礎年金と遺族厚生年金の死亡者の支給要件について質問です。老齢基礎年金の受給権者が死亡した場合、25年の支給要件を満たして65歳で支給されますが、障害基礎年金の受給権者が満たした場合の支給要件は明示されていません。保険料支払いの時期の明確性が関係している可能性があります。
  • 遺族厚生年金の死亡者の支給要件は、障害等級の1級又は2級に該当する障害の状態にある障害厚生年金の受給権者が対象となります。保険料支払いと初診日の条件も必要ですが、注目すべき点は3級が存在しないことです。これは基礎年金と整合性を図るためかもしれず、3級は国民年金の法定免除にはならない可能性があります。
  • 以上が遺族基礎年金と遺族厚生年金の死亡者の支給要件についての考察です。詳細な規定については法律や関連する公的機関の資料を確認することをおすすめします。お困りの場合は専門家に相談することも有益です。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
回答No.1

死亡した方が受け取れるはずだった老齢基礎年金を、 遺族の方が代わりに受け取る、というのが、 遺族基礎年金のイメージである、と言って良いと思います。 とすると、老齢基礎年金と障害基礎年金とは併給されませんから、 死亡した方が障害基礎年金のほうを選択してしまっていれば、 老齢基礎年金の受給権は消えてしまいます。 遺族基礎年金の原資となるべき老齢基礎年金が確保できない、 ということになりますよね。 そうならないようにするためには、 死亡した方に老齢基礎年金の受給権が残されている、 かつ、障害基礎年金の受給権は残していない、 ということが必要になってきます。 したがって、遺族基礎年金のほうでは、 死亡した方が障害基礎年金の受給権者であるときは含めない、 となっています。 同様に、遺族厚生年金についても考えてみましょう。 死亡した方が受け取れるはずだった老齢厚生年金を、 遺族の方が代わりに受け取る、というのが、 遺族厚生年金のイメージである、と言って良いと思います。 死亡した方について考えてみると、 障害基礎年金と老齢厚生年金は、特例的に併給可能です。 ですから、障害厚生年金1・2級の受給権者であったなら、 障害基礎年金1・2級は受給できた、ということになります。 したがって、障害厚生年金1・2級の受給権者である、 ということを条件に付ければ、 遺族厚生年金においては、 死亡した方が障害基礎年金1・2級の受給権者であるときも、 含むことになります。 つまり、死亡した方が 障害厚生年金1・2級の受給権を持っていたときは、 老齢厚生年金の受給権と併せて、 障害基礎年金1・2級の受給権も持っているわけです。 要は、死亡した方がもともと持っていた受給権を引き継ぐ、 といったイメージでとらえると、わかりやすいでしょう。 国民年金と厚生年金保険との間の整合性、 あるいは、法定免除うんぬん、ということは関係なく、 遺族年金が持つ上述の主旨から考えれば、 法令全体をよく理解されていれば、すぐわかると思いますよ。  

noname#179394
質問者

お礼

ありがとうございます。理解できました。

noname#179394
質問者

補足

一言で言えば、社労士の方や年金アドバイザーの方でも理解が苦しんでいる箇所です。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 遺族基礎年金の支給要件

    国民年金(遺族基礎年金)の支給要件についてご質問させていただきます。 日本年金機構ホームページに「被保険者または老齢基礎年金の受給資格期間が25年以上ある者が死亡したとき。」と記載されています。 http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/izokunenkin/jukyu-yoken/20150401-04.html 被保険者の受給資格期間が20年の場合、支給されないのか電話で問い合わせたところ、「この25年以上とは老齢基礎年金の事です。」と回答されました。 しかし、文面を読むかぎり「被保険者または老齢基礎年金の」と書かれているので、被保険者も25年以上必要だと、認識してしまいました。 私の読み方がおかしいのでしょうか?

  • 遺族基礎年金について。

    遺族基礎年金、遺族厚生年金についてお伺いします。たとえば夫が3年くらい老齢基礎年金を受けて死亡すれば、どうなるのですか?それっきりで終わりですか?老齢基礎年金の受給用件を満たし、実際に支給される前に死亡すれば、遺族基礎年金が支給されるということですか?よくわからないので教えてください。遺族厚生年金についてよろしくお願いいたします。

  • 遺族厚生年金、寡婦年金などについて

    遺族厚生年金、寡婦年金などについて 7年間厚生年金に加入後退職し、自営業をつぐ予定です。 その場合の遺族補償について不明な点を教えていただきたいと思います。 (1)老齢基礎年金の受給資格がある場合(25年保険料を納めた)、 退職後自営業者になってからでも遺族厚生年金の受給資格があるか? (長期要件で受給できるという解釈でOKか?) また、遺族基礎年金の受給が終了すれば、中高齢寡婦加算が支給されるか? (2)上記のように死亡した時点で自営業者でも遺族厚生年金を受給すれば「寡婦年金」はもらえないのか? (3)自営業者になってから老齢基礎年金の受給資格が無いうちに死亡した場合 (20歳から保険料を滞納せずに45歳迄に死亡)、 遺族厚生年金がもらえないので「寡婦年金」は支給されるのか? 結果によっては兼業にした方がよいかなど、真剣に考えてから今後のことを決めていかないとと かなり焦っています。 以上、よろしくお願いいたします。

  • 繰上支給の老齢基礎年金と障害厚生年金について教えてください。

    繰上支給の老齢基礎年金の受給権者は障害厚生年金を支給することはできない→ (×)という問題について。 解説では、事後重症や基準障害等についての障害厚生年金は支給できないが、通常の障害厚生年金は支給できるのですべての障害厚生年金が支給できない訳ではないと書いてありました。 これは、繰上支給の老齢基礎年金を支給している時に、厚生年金の受給権が発生したら選択して受給できるということでしょうか。

  • 国民年金の遺族基礎年金支給要件について

    1)国民年金の被保険者 2)国民年金の被保険者であった者で、日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の者。 3)老齢基礎年金の受給権者。 4)老齢基礎年金の受給資格期間を満たした者。 死亡日の前日に於いて、死亡日の属する月の前々月までに国民年金の被保険者期間がある場合、その被保険者期間のうち保険料納付済期間と保険料免除期間と納付特例期間とを合算した期間が3分の2以上あること。 上記まで、調べました。 (1)この支給要件は、妻ではなく本人のことでよいでしょうか? (2)2)国民年金の被保険者であった者で、日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の者とは、60歳未満で65歳以上の者は、遺族基礎年金の支給対象外でしょうか?

  • 死亡一時金の支給要件について

    法52条の2第1項、法附則29条3項(昭和60年5月1日法律第34号) 死亡一時金は、老齢基礎年金又は障害基礎年金の支給を受けたことがある者が死亡した場合は支給されないことになっていると書いてありますが、 裁定替えされた遺族基礎年金の支給を受けたことがある者は、老齢基礎年金又は障害基礎年金の支給を受けたことがある者とみなされることになっており、これらの者についても死亡一時金は支給されないと書いてあります。 なぜ、裁定替えされない遺族基礎年金は、老齢基礎年金又は障害基礎年金の支給を受けたことが ある者と見なされないのに対し、準母子福祉年金に裁定替えされた遺族基礎年金の支給を受けたことがあるものは、老齢基礎年金又は障害基礎年金の支給を受けたことが ある者と見なされるのは何故でしょうか。旧法を調べたところ、 後者の場合、福祉と書いてある以上、旧法当初、保険料を払わずとももらえるため、かつ、 遺族基礎年金に裁定替えされ、老齢基礎年金並にもらえるからです。 これは、旧法などを読み調べた結果です。 一方、裁定替えされない遺族基礎年金の支給を受けたことがある者が死亡した場合は、 老齢、障害とは違い、もともと自分のせいが原因でないためから、そのようにみなさないからです。 ↑ 正直自信がありません。 ご存知の方がいらっしゃいましたらご投稿お願いします。

  • 遺族厚生年金の受給について

    遺族厚生年金の受給資格について調べていて わからないことがありましたので、 どなたかご存知の方がいらっしゃったら 教えて下さい。 障害厚生年金の受給者の方が亡くなった場合で、 その方が1・2級の障害等級に該当していた時は、 遺族の方が遺族厚生年金を受給できますが (厚生年金保険法58条1項3号)、 さらに、障害等級3級に該当していた場合でも、 障害の原因となった傷病と死亡との間に因果関係があるときは、 遺族の方は、遺族厚生年金の支給が 受けられることがあると聞きました。 後者の場合、具体的には、どのような場合に 支給を受けることができるのでしょうか? 調べてみましたが、これ以上のことがわかりませんでした。。 できれば、出展等も教えていただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 老齢基礎年金の受給権者とは?

    国民年金の遺族基礎年金についておたずねします。 死亡した者の要件として、以下のものがあります。 1.被保険者が、死亡したとき 2.被保険者であった者で、日本国内に住居を有し、かつ、60歳以上65歳未満であるものが、死亡したとき 3.老齢基礎年金の受給権者が死亡したとき 4.老齢基礎年金の受給資格期間を満たした者が死亡したとき 3の『老齢基礎年金の受給権者』とは、具体的にどのような人が該当するのでしょうか? 保険料納付済期間や年齢によって判断されるのでしょうか? (保険料納付済期間が40年であり、かつ、65歳以上の人? 老齢基礎年金の支給を受けていない人?) また、既に老齢基礎年金の支給を受けている人については、この死亡した者の要件に該当するのでしょうか? (老齢基礎年金の支給を受けている人が死亡しても、遺族基礎年金は支給されない?) よろしくお願いいたします。

  • 遺族年金の支給要件について

    遺族年金について教えてください。 色々と調べていたところ、収入要件に下記の記載がありました。 年収850万円以上の収入がないと認められること。(所得ベースで655万5千円) 共稼ぎ、18歳未満子供を有する世帯で、夫死亡時に妻も上記収入がある場合、妻は遺族年金を受給できないと思いますが、 子供に関しては受給することは可能なのでしょうか? 遺族基礎年金と遺族厚生年金では扱いが違うような記載を見たこともあります。 遺族基礎年金は受給できないが、遺族厚生年金は受給できるということになりますでしょうか? 詳しい方いらっしゃいましたら、ご教示いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 遺族厚生年金の計算方法について

    遺族厚生年金の計算方法と金額を教えてください。 また遺族厚生年金の他に受給できる年金と金額を教えてください。 【夫が死亡した際に、妻が遺族厚生年金を受給するケース】 夫(67歳)が現在受給している年金:老齢基礎年金(約77万円)・老齢厚生年金(約120万円) 妻(65歳)が現在受給している年金:障害基礎年金(約96万円)・老齢厚生年金(約13万円) 宜しくお願いいたします。

このQ&Aのポイント
  • バーチャルで複数の男性と会話をしていた女性が、夫にバレてしまいました。しかし、実際には会っておらず、関係はバーチャル上でのみ存在していました。夫は許す代わりに一連の制限を課し、誓約書を書かせましたが、女性はその内容に疑問を抱いています。
  • 女性は不倫をしておらず、今後もしないつもりであるにも関わらず、なぜここまで制限を課されなければならないのか疑問に思っています。会話をしただけで不倫とみなされることは、女性の生活にも影響を与えるものです。
  • 女性は夫に信用してもらいたいと思っていますが、誓約書の内容は過剰ではないかと感じています。また、もし奥さんが同じことをした場合、みなさんはどのような対応を取るのかを教えて欲しいと質問者は述べています。
回答を見る