• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

遺族厚生年金、寡婦年金などについて

遺族厚生年金、寡婦年金などについて 7年間厚生年金に加入後退職し、自営業をつぐ予定です。 その場合の遺族補償について不明な点を教えていただきたいと思います。 (1)老齢基礎年金の受給資格がある場合(25年保険料を納めた)、 退職後自営業者になってからでも遺族厚生年金の受給資格があるか? (長期要件で受給できるという解釈でOKか?) また、遺族基礎年金の受給が終了すれば、中高齢寡婦加算が支給されるか? (2)上記のように死亡した時点で自営業者でも遺族厚生年金を受給すれば「寡婦年金」はもらえないのか? (3)自営業者になってから老齢基礎年金の受給資格が無いうちに死亡した場合 (20歳から保険料を滞納せずに45歳迄に死亡)、 遺族厚生年金がもらえないので「寡婦年金」は支給されるのか? 結果によっては兼業にした方がよいかなど、真剣に考えてから今後のことを決めていかないとと かなり焦っています。 以上、よろしくお願いいたします。

noname#244991
noname#244991

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • alesis
  • ベストアンサー率44% (64/143)

国民年金、厚生年金、共済年金あわせて25年納めたあとであれば、老齢厚生年金の受給資格期間を満たしたことになります。よって、長期要件に該当しますので、遺族厚生年金の受給資格があります。 中高齢寡婦加算は、遺族基礎年金を受給している間は停止がかかっています。遺族基礎年金が支給されなくなったら中高齢寡婦加算へ切り替わります。ただ、この中高齢寡婦加算は、長期要件の場合、240月以上の厚生年金加入期間がないと、加算されません。短期要件であれば、中高齢寡婦加算はつきます。 遺族厚生年金と寡婦年金は同時にはもらえません。選択になります。60-65歳の間、寡婦年金より遺族厚生年金が多くなるようなら、死亡一時金として精算します。 寡婦年金は国民年金の納付済み期間と免除期間あわせて25年以上あることが、支給要件の一つとなっています。ですので、45歳までに死亡したのであれば、寡婦年金はもらえません。死亡一時金による精算となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変わかりやすい回答ありがとうございました! まだまだ教育費、住宅費が必要な時期に保障ばかり手厚くしても家計を圧迫するし、 かといって保障を考えておかないと何かあった場合路頭に迷うし…ということで、 年金でどこまで保障されるのか知りたかったのです。 すっきりしました。早速シュミレーションをしてみます。 厚生年金はたとえ転職しても加入期間はトータルでみられるんですよね。 自営はお寺の跡継ぎなので、宗教法人ではあるんですが、 厚生年金になるのかどうか…そのあたりは全く把握していないのです。 しばらくは兼業の方が保障は安心ですね。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • alesis
  • ベストアンサー率44% (64/143)

補足です。 寡婦年金における国民年金の納付済み期間は第1号被保険者の期間に限られます。3号は含みません。 保障の手厚さを考えると、やはり厚生年金が上です。自営とのことですが、法人にできるのであれば、代表者も厚生年金に加入できるので、お得かもしれません。 個人事業主なのであれば、5つのリスクに備える必要があります。 1.事業用資産の損失(高額な機械、車など)、2.賠償責任(客への賠償、対物賠償など)、3.遺族補償、4.医療保障、5.収入補償(病気や事故など、事業の休止) といったところです。 いろんな保険がありますので、事業や家族構成にあった保険を選ぶ必要があります。 事業用資産があまりなければこのあたりの保険は必要ないですし、配偶者が手に職がある状態であれば、遺族補償にそれほどかけなくてもよいとか、個人個人で状況は変わりますので、悩みどころかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • yam009
  • ベストアンサー率39% (106/269)

済みません。No1.で答えたのですが、(2)について読み返したらちょっとおかしな書き方だったと思ったので書き直させていただきます。 2.遺族厚生年金が貰える場合には寡婦年金(国民年金納付要件300月以上)に該当しないと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • yam009
  • ベストアンサー率39% (106/269)

1.遺族厚生年金は加入中もしくは25年以上厚生年金に加入している場合に受給出来る物ですから対象となりません。 2.寡婦年金は国民年金「だけ」の特例なので国民年金だけで300月以上の資格が必要なことと、同一の種類の年金はどちらかの選択になることをふまえると遺族厚生年金が受給できるのであれば支給停止に成る物と思われます。 3.>(20歳から保険料を滞納せずに45歳迄に死亡)、 この場合は保険料納付要件(払うべき期間の3分の1以上未納がないこと)により、遺族基礎年金は支給されますが、寡婦年金は受給出来ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 遺族基礎年金の長期要件で 「老齢厚生年金をすでに受給しているか、受給要件を満たしているもの」 とあったので、受給要件(=老齢基礎年金の受給資格のある者 (国民年金・厚生年金保険料納付が25年)で厚生年金の被保険者期間が1ヶ月以上) を満たしているのかな…と思っていました。 保険料納付25年は厚生年金保険料納付のみなのですね?

関連するQ&A

  • 遺族厚生年金の中高齢寡婦加算で、質問です。

    遺族厚生年金の中高齢寡婦加算で、質問です。 以下のケースでは、加算されるでしょうか。 (1)妻が40歳のとき、夫はまだ死亡していなかった。 (2)当時、夫婦には16歳の高校生の子がいて、生計を同じくしていた。 (3)妻が41歳のとき、夫が死亡。遺族基礎年金、遺族厚生年金を受給する。 (4)子が高校卒業し、働き始め、妻は遺族基礎年金の受給権を失う。 妻は(4)の時点から65歳まで、遺族厚生年金に中高齢寡婦加算はやはり加算されないのでしょうか。 よろしくお願い申し上げます。

  • 遺族年金について

    家族のことで年金を調べているうちに少し興味を持ちました。 一部のwebサイト(特に葬儀屋さん)では、出鱈目な情報が掲載されていて、頭が混乱しています。 一応、以下の認識でいいのでしょうか? ※夫死亡後の結婚や遺族の死亡など事後のことは考慮していません。 事例1】 故人:40年間自営業(国民年金)の62歳の夫 家族:50歳の妻(専業主婦と15歳の子 備考:結婚期間は25年、夫は老齢基礎年金を繰上げ受給 子が18歳に到達する年の3月末まで、遺族基礎年金が支給される。 夫が老齢基礎年金を受給しているので、寡婦年金の受給資格はない。 遺族基礎年金が支給されるので、死亡一時金は支給されない。 事例2】 故人:25年間自営業(国民年金)の45歳の夫 家族:40歳の妻と10歳の子 子が18歳に到達する年の3月末まで、遺族基礎年金が支給される。 妻に寡婦年金の受給資格がある。また、妻が60歳の時点で、すでに遺族基礎年金は支給されて いない状態なので、60歳から65歳になるまで寡婦年金が支給される。 遺族基礎年金が支給されるので、死亡一時金は支給されない。 事例3】 故人:40年間自営業(国民年金)の62歳の夫 家族:62歳の妻と21歳の子 子が18歳に到達する年の3月末を過ぎているので、遺族基礎年金は支給されない。 妻に寡婦年金の受給資格がある。65歳になるまで寡婦年金が支給される。 死亡一時金の受給資格がある。 ※ 寡婦年金か死亡一時金かどちらか一方のみの支給となる。

  • 遺族年金・寡婦年金を教えてください

    老齢基礎年金(79万円)と老齢厚生年金(111万円)を受給している78才の夫が死亡した時,老齢基礎年金(70万円)のみを受給している78才の妻は遺族年金や寡婦年金などを含めて年金はいくらもらえるのでしょうか?またその計算方法を教えてください。

  • 遺族厚生年金の中高齢寡婦加算について

    中高齢寡婦加算の支給要件は以下の通りですよね? ●夫の死亡時に40歳以上65歳未満で子のない妻 ●遺族基礎年金の支給が終了した(子が18歳以上となった)妻 だとすると、 1.妻21歳で子を産み、妻35歳の時に夫が死亡した場合は、 子が18歳となる妻39歳まで遺族基礎年金が支給されると思います。 この妻が40歳になったら中高齢寡婦加算は支給されないのでしょうか? 2.妻45歳・子19歳の時に夫が死亡した場合は、 妻には中高齢寡婦加算は支給されないのでしょうか? 分かる方、ご回答お願いします。

  • 遺族厚生年金について

    夫が厚生年金に25年加入、妻は扶養内でしか働いたことがない場合ですが、夫死亡後、子のない65歳未満の妻には、遺族厚生年金額 = 報酬比例の年金額 × 3/4。+中高齢寡婦加算。65歳からは遺族厚生年金 + 妻の老齢基礎年金で合っていますか?

  • 遺族厚生年金と寡婦年金の併給は可能でしょうか?

    遺族厚生年金と寡婦年金の併給は可能でしょうか? 厚生年金の遺族厚生年金と国民年金の寡婦年金の受給資格があります。 60から65歳までの間、両方の年金を併給することは可能でしょうか? 可能なら遺族厚生年金+寡婦年金を選択し、 不可能なら遺族厚生年金+死亡一時金を請求しようと思っています。 よろしくお願いいたします。

  • 経過的寡婦加算について

    年金関係でご質問します。 中高齢寡婦加算は、遺族厚生年金とは別に社会保険庁に請求申請しないといけないのでしょうか? 中高齢寡婦加算の受給用件を全て満たしていて、遺族厚生年金を受給しているのに、中高齢寡婦加算の受給が漏れていた・・ということはあるのでしょうか? また、経過的寡婦加算は中高齢寡婦加算を受給していなかった場合、支給されないものなのでしょうか?支給がないと気付いた時点で申請すれば受給できるのでしょうか? ご回答よろしくお願いします。

  • 厚生年金の中高齢寡婦加算の支給要件について

    お世話になります。 サラリーマンの夫が死亡して妻と子(一人)に遺族厚生年金と遺族基礎年金が支給されている場合で夫死亡当時の妻の年齢が40歳未満の場合、妻が40歳になる前に子供が遺族基礎年金の要件を満たさなくなって失権した場合、妻が40歳になっても中高齢寡婦加算は支給されないのでしょうか? (ものの本によると、子のある妻が中高齢寡婦加算を受けるには『妻が40歳到達日に、遺族基礎年金の支給要件を満たす子と生計を同じくしている必要がある』と書いてありました。 → と言うことは、夫が死亡当時、妻も子も遺族基礎年金を受けられたとしてもその後何らかの事情で子が遺族基礎年金を失権し、その状態で妻が40歳を迎えた場合は、妻には中高齢寡婦加算は支給されない、と理解しましたがこの理解で合っているでしょうか?)

  • 寡婦年金

    寡婦年金なのですが、妻が遺族基礎年金を受給していても、子が失権し、要件を満たしていれば妻に寡婦年金が支給されると思います。 障害基礎年金、老齢基礎年金が支給されている場合は寡婦年金は支給されませんが、なぜ遺族基礎年金の場合は、オッケーなのでしょうか?

  • 遺族給付について もう一度

    寡婦年金がよく分かりません。要件をクリアすればもらえますよね。 その要件とは、遺族基礎の給付を受けたかどうかは関係ないのでしゅか?それぞれの給付の要件をクリアすればよいのでしょうか?給付と給付の連関はどうなっていますか? 25年以上国民年金保険料を納付した方が死亡し、老齢年金、障害年金の給付を受けておらず、妻とは10年以上婚姻した場合、以前に遺族基礎を受給していた妻は60歳から寡婦年金を受給できますか? 厚生年金に加入した被保険者が死亡した場合、妻の年齢要件もありますが、死亡したとき妻が40歳以上であれば最低でも遺族厚生+中高齢寡婦加算が出て、65まで支給される、は正しいでしょうか? 続きですが、ただし、60歳に自分の特老厚が出る方の場合、その額が上記の寡婦加算や遺族厚生よりも額が大きい場合は、自分の特老厚が優先される、は正しいでしょうか? 自分の理解のどこが正しく、どこが間違っているか、ぜひ訂正していただければと思います。