• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

遺族厚生年金、寡婦年金などについて

遺族厚生年金、寡婦年金などについて 7年間厚生年金に加入後退職し、自営業をつぐ予定です。 その場合の遺族補償について不明な点を教えていただきたいと思います。 (1)老齢基礎年金の受給資格がある場合(25年保険料を納めた)、 退職後自営業者になってからでも遺族厚生年金の受給資格があるか? (長期要件で受給できるという解釈でOKか?) また、遺族基礎年金の受給が終了すれば、中高齢寡婦加算が支給されるか? (2)上記のように死亡した時点で自営業者でも遺族厚生年金を受給すれば「寡婦年金」はもらえないのか? (3)自営業者になってから老齢基礎年金の受給資格が無いうちに死亡した場合 (20歳から保険料を滞納せずに45歳迄に死亡)、 遺族厚生年金がもらえないので「寡婦年金」は支給されるのか? 結果によっては兼業にした方がよいかなど、真剣に考えてから今後のことを決めていかないとと かなり焦っています。 以上、よろしくお願いいたします。

noname#244991
noname#244991

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2530
  • ありがとう数23

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • alesis
  • ベストアンサー率44% (64/143)

国民年金、厚生年金、共済年金あわせて25年納めたあとであれば、老齢厚生年金の受給資格期間を満たしたことになります。よって、長期要件に該当しますので、遺族厚生年金の受給資格があります。 中高齢寡婦加算は、遺族基礎年金を受給している間は停止がかかっています。遺族基礎年金が支給されなくなったら中高齢寡婦加算へ切り替わります。ただ、この中高齢寡婦加算は、長期要件の場合、240月以上の厚生年金加入期間がないと、加算されません。短期要件であれば、中高齢寡婦加算はつきます。 遺族厚生年金と寡婦年金は同時にはもらえません。選択になります。60-65歳の間、寡婦年金より遺族厚生年金が多くなるようなら、死亡一時金として精算します。 寡婦年金は国民年金の納付済み期間と免除期間あわせて25年以上あることが、支給要件の一つとなっています。ですので、45歳までに死亡したのであれば、寡婦年金はもらえません。死亡一時金による精算となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変わかりやすい回答ありがとうございました! まだまだ教育費、住宅費が必要な時期に保障ばかり手厚くしても家計を圧迫するし、 かといって保障を考えておかないと何かあった場合路頭に迷うし…ということで、 年金でどこまで保障されるのか知りたかったのです。 すっきりしました。早速シュミレーションをしてみます。 厚生年金はたとえ転職しても加入期間はトータルでみられるんですよね。 自営はお寺の跡継ぎなので、宗教法人ではあるんですが、 厚生年金になるのかどうか…そのあたりは全く把握していないのです。 しばらくは兼業の方が保障は安心ですね。

関連するQ&A

  • 遺族年金・寡婦年金を教えてください

    老齢基礎年金(79万円)と老齢厚生年金(111万円)を受給している78才の夫が死亡した時,老齢基礎年金(70万円)のみを受給している78才の妻は遺族年金や寡婦年金などを含めて年金はいくらもらえるのでしょうか?またその計算方法を教えてください。

  • 遺族厚生年金について

    夫が厚生年金に25年加入、妻は扶養内でしか働いたことがない場合ですが、夫死亡後、子のない65歳未満の妻には、遺族厚生年金額 = 報酬比例の年金額 × 3/4。+中高齢寡婦加算。65歳からは遺族厚生年金 + 妻の老齢基礎年金で合っていますか?

  • 遺族厚生年金の受給資格期間とは25年?

    いつもお世話になります。 FPの勉強をしているものですが、遺族厚生年金の受給要件に 「老齢厚生年金受給権者または受給資格期間を満たした人が・・・」 という記述がありますが、 「受給資格期間を満たす」というのは、老齢基礎年金の受給資格期間=25年以上 であるということであっていますか? 例えば、 20歳~40歳まで厚生年金に加入していた会社員が(妻と、18歳未満の子供あり) 自営業を初めて国民年金に5年加入すれば、 (厚生年金20年)+(国民年金5年)=25年 ということで、この時点で亡くなると、遺族には厚生遺族年金が支払われるのでしょうか? (遺族基礎年金も・・・) それから、 1カ月だけ、厚生年金に加入後会社員を退職した人が(妻と、18歳未満の子供あり) その後自営業を始めて国民年金には299カ月、加入したあとに亡くなった場合、 老齢基礎年金の受給資格期間25年を満たしていないので、 遺族厚生年金は受給されず、 ただ保険料納付要件は満たしていたので、遺族基礎年金のみが受給される・・ という解釈であっているでしょうか? 例えがわかりづらくてすみません。 この解釈であっているのか、 間違っていればどのあたりが間違いか、教えていただけると大変助かります。 試験が今週末なもので、ちょっと焦っております。 よろしくお願いいたします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • alesis
  • ベストアンサー率44% (64/143)

補足です。 寡婦年金における国民年金の納付済み期間は第1号被保険者の期間に限られます。3号は含みません。 保障の手厚さを考えると、やはり厚生年金が上です。自営とのことですが、法人にできるのであれば、代表者も厚生年金に加入できるので、お得かもしれません。 個人事業主なのであれば、5つのリスクに備える必要があります。 1.事業用資産の損失(高額な機械、車など)、2.賠償責任(客への賠償、対物賠償など)、3.遺族補償、4.医療保障、5.収入補償(病気や事故など、事業の休止) といったところです。 いろんな保険がありますので、事業や家族構成にあった保険を選ぶ必要があります。 事業用資産があまりなければこのあたりの保険は必要ないですし、配偶者が手に職がある状態であれば、遺族補償にそれほどかけなくてもよいとか、個人個人で状況は変わりますので、悩みどころかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • yam009
  • ベストアンサー率39% (106/269)

済みません。No1.で答えたのですが、(2)について読み返したらちょっとおかしな書き方だったと思ったので書き直させていただきます。 2.遺族厚生年金が貰える場合には寡婦年金(国民年金納付要件300月以上)に該当しないと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • yam009
  • ベストアンサー率39% (106/269)

1.遺族厚生年金は加入中もしくは25年以上厚生年金に加入している場合に受給出来る物ですから対象となりません。 2.寡婦年金は国民年金「だけ」の特例なので国民年金だけで300月以上の資格が必要なことと、同一の種類の年金はどちらかの選択になることをふまえると遺族厚生年金が受給できるのであれば支給停止に成る物と思われます。 3.>(20歳から保険料を滞納せずに45歳迄に死亡)、 この場合は保険料納付要件(払うべき期間の3分の1以上未納がないこと)により、遺族基礎年金は支給されますが、寡婦年金は受給出来ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 遺族基礎年金の長期要件で 「老齢厚生年金をすでに受給しているか、受給要件を満たしているもの」 とあったので、受給要件(=老齢基礎年金の受給資格のある者 (国民年金・厚生年金保険料納付が25年)で厚生年金の被保険者期間が1ヶ月以上) を満たしているのかな…と思っていました。 保険料納付25年は厚生年金保険料納付のみなのですね?

関連するQ&A

  • 遺族厚生年金について教えて頂けますか?

    私の父と母なのですが、10年前に離婚しています。 父は現在65歳で、老齢厚生年金を年額180万、 老齢基礎年金を年額50万受給しています。 母は現在60歳ですが、現時点で、基礎年金のカラ期間が 20年分あるのみです。 保険料を納めた実績は全くありません。 よって基礎年金の受給権はありません。 今から65歳までの5年間、13300円を払い続けたとしても、 加入年数は一応25年には達しますが、 受給年金額は月7000円位にしかならないそうです。 なので支払う気はもう無いようです。 最近、介護の問題などで諸事情があり、 父と母が復縁する事になったのですが、 そうなると、父に万が一の事があった場合、 現在父が受給している半分の額を遺族年金として母が受給できる、 と社会保険事務所の方がおっしゃっていました。 普通の人の場合、「自分自身の基礎年金+夫が受給していた年金の半分の額」を受給できるんでしょうが、 母の場合、自身の基礎年金は全く無いわけですから、 父が受給している年金の半分の額が 遺族年金として受給されるわけですか? ちなみに、この「半分」というのは、「厚生年金の半分」を指すのですよね?「基礎年金もひっくるめた額の半分」ではないですよね? あるHPには「遺族厚生年金は、夫がもらえるはずだった 老齢厚生年金の3/4を受給する事ができます」と書いてあったのですが、これはどちらが正しいのでしょうか?

  • 遺族厚生年金の計算方法について

    遺族厚生年金の計算方法と金額を教えてください。 また遺族厚生年金の他に受給できる年金と金額を教えてください。 【夫が死亡した際に、妻が遺族厚生年金を受給するケース】 夫(67歳)が現在受給している年金:老齢基礎年金(約77万円)・老齢厚生年金(約120万円) 妻(65歳)が現在受給している年金:障害基礎年金(約96万円)・老齢厚生年金(約13万円) 宜しくお願いいたします。

  • 遺族厚生年金と寡婦年金の併給は可能でしょうか?

    遺族厚生年金と寡婦年金の併給は可能でしょうか? 厚生年金の遺族厚生年金と国民年金の寡婦年金の受給資格があります。 60から65歳までの間、両方の年金を併給することは可能でしょうか? 可能なら遺族厚生年金+寡婦年金を選択し、 不可能なら遺族厚生年金+死亡一時金を請求しようと思っています。 よろしくお願いいたします。

  • 遺族厚生年金の中高齢寡婦加算で、質問です。

    遺族厚生年金の中高齢寡婦加算で、質問です。 以下のケースでは、加算されるでしょうか。 (1)妻が40歳のとき、夫はまだ死亡していなかった。 (2)当時、夫婦には16歳の高校生の子がいて、生計を同じくしていた。 (3)妻が41歳のとき、夫が死亡。遺族基礎年金、遺族厚生年金を受給する。 (4)子が高校卒業し、働き始め、妻は遺族基礎年金の受給権を失う。 妻は(4)の時点から65歳まで、遺族厚生年金に中高齢寡婦加算はやはり加算されないのでしょうか。 よろしくお願い申し上げます。

  • 遺族基礎年金と遺族厚生年金の死亡者の支給要件について

    遺族基礎年金と遺族厚生年金の死亡者の支給要件について 質問です。 まず、遺族基礎年金の死亡者の支給要件からです。 「老齢基礎年金の受給権者が死亡したとき」と 死亡者の支給要件の1つとして書いてあります。 何故かと申すと、25年の支給要件を満たして65歳(繰上げ除く) でもらえると明確だからです。 そこで疑問に思うのは「障害基礎年金の受給権者が満たした時」とは書いてありません。 何故でしょうか。そこで自分なりに考えました。 まず、保険料を支払った時期か明確ではないからでしょうか。 次に遺族厚生年金の死亡者の支給要件についてです。 「障害等級の1級又は2級に該当する障害の状態にある障害厚生年金のもらえる人」と 書いてあります。勿論、保険料を払っていたから。初診日に厚生年金の被保険者であったから ですが、特に引っかかるのは「3級」がないことでしょうか。 個人的には基礎年金と整合性を図るためであり、3級は国民年金の法廷免除にならないからでしょうか。 以上自分なりに考えてみましたが自信がありません。 ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答お願いします。

  • 遺族基礎年金について。

    遺族基礎年金、遺族厚生年金についてお伺いします。たとえば夫が3年くらい老齢基礎年金を受けて死亡すれば、どうなるのですか?それっきりで終わりですか?老齢基礎年金の受給用件を満たし、実際に支給される前に死亡すれば、遺族基礎年金が支給されるということですか?よくわからないので教えてください。遺族厚生年金についてよろしくお願いいたします。

  • 遺族厚生年金の組み合わせについて

    今まで障害基礎年金(聴力障害2級)を受給していましたが主人が他界し遺族厚生年金を受給することになりました。 遺族基礎年金+遺族厚生年金の組み合わせが一番多く受給できると社会保険事務所で説明を受けましたが、私の障害の程度だと遺族基礎年金より障害基礎年金の方が多く受け取れます。遺族基礎年金を受給せずに障害基礎年金+遺族厚生年金の組み合わせはできますか?

  • 老齢厚生年金と遺族厚生年金の併給の仕組みについて教えてください。

    老齢厚生年金と遺族厚生年金の併給の仕組みについて教えてください。 平成19年4月から、老齢厚生年金と遺族厚生年金の併給の仕組みが 変わったという話を聞きました。次のような事例の場合、新しい併給 調整の仕組みにより計算した場合の年金額について教えてください。 (事例)  A子さん(45歳)は、平成20年に夫に先立たれ、現在、遺族基礎  年金と遺族厚生年金を受給している。現在受給中の遺族厚生年金が  75万円、65歳からの老齢基礎年金が72万円、老齢厚生年金が  52万円であるとした場合、65歳から実際に支給される年金の内訳  およびその合計額は?

  • 遺族厚生年金について

    年金のことでお伺いします。今は自営業で国民年金に加入していますが、子供はいません。もし主人が亡くなった場合、子供がいないと寡婦年金として主人がもらうこととなっていた老齢基礎年金の3/4が私が60歳から65歳までの間支給されるという事です。主人は以前厚生年金の期間が8年ほどあるのですが、この間の遺族厚生年金というのはもらえないのでしょうか。あくまでもなくなったときに入っていた国民年金の分だけなのですか。主人は45歳です。加入期間は25年としてお尋ねします。

  • 老齢厚生年金をもらっている夫が無くなったら妻が遺族厚生年金をもらえるか?

    表題の通りなのですが 老齢厚生年金をもらっている夫がなくなった場合、妻は遺族厚生年金を受け取ることができるのでしょうか? 当然、夫が老齢厚生年金をもらう前に亡くなった場合は遺族厚生年金を妻が受け取ることができると思いますが夫が既に年金受給中はどうなのでしょう。 また、 ・夫(基礎・厚生年金受給中) ・妻(基礎年金受給中) ・子供(会社員・独身) が同居していて、子供が亡くなった場合は両親に遺族厚生年金が払われると思います。 その場合、夫に支給するか妻に支給するかは任意に決めることができるのでしょうか? 例えば上記の場合、妻に支給するようにすることはできるのですか?

専門家に質問してみよう