• ベストアンサー
  • 困ってます

寡婦年金

寡婦年金なのですが、妻が遺族基礎年金を受給していても、子が失権し、要件を満たしていれば妻に寡婦年金が支給されると思います。 障害基礎年金、老齢基礎年金が支給されている場合は寡婦年金は支給されませんが、なぜ遺族基礎年金の場合は、オッケーなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数605
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

> 障害基礎年金、老齢基礎年金が支給されている場合は寡婦年金は支給されません 正しい書き方ではありませんね‥‥。 「亡くなった夫が、障害基礎年金や老齢基礎年金の受給権者であるとき(いまだ支給されていないとき[いわゆる未支給年金があるとき]を含む)は、その妻(国民年金第1号被保険者)には寡婦年金は支給されない(◆)」と書かないとダメです。とても大事なことですよ。 このとき、亡くなった夫が受けられ得た障害基礎年金や、受けた老齢基礎年金を考えてみて下さい。 その原資(夫の保険料)が必要だ、ということはわかりますよね。 妻への寡婦年金は、上の原資を元にして妻に対して出る、ととらえましょう。 併せて、併給調整関係も考えます。 すると、以下のURL(★)で示されている説明(ものすごくイメージしやすい!、と私は感心しました)のように、夫が老齢基礎年金を受けたのだったら、寡婦年金の原資が消費されてしまうのでNG。 一方、夫が障害基礎年金を受け得たのだったら、併給調整の関係で消えるので、これもNG。 となると、夫がいずれも受けていない・受けられ得なかったときしかないので、答えが出るわけです。 夫が遺族基礎年金を受け得た場合は夫自身の保険料は直接は問われないわけですから、除かれているわけです(寡婦年金の原資が残っているので)。 要は、「夫がどうだったか」ということをまず問うのです。 その上で、夫が原資を残していて、それで寡婦年金(夫の受けられ得た老齢基礎年金の4分の3)が出るのだったら、妻が要件を満たし得れば、妻は寡婦年金を受けられるわけです。 > 妻が遺族基礎年金を受給していても、子が失権し、要件を満たしていれば妻に寡婦年金が支給されると思います ここは、直接は関係ありませんよ。ごっちゃにしてはいけません。 妻が遺族基礎年金を受給した、ということは、亡くなった夫が老齢基礎年金の受けた者であったわけですから、夫(同一人)が亡くなったことによる寡婦年金は、妻には出ません。 上の一番最初で書いた寡婦年金の要件(◆)と矛盾してしまうからです。 というより、「妻が障害基礎年金や老齢基礎年金を受けてたらダメだけど、妻が遺族基礎年金を受けているときは寡婦年金ももらえるんだ」と勘違いされてはいませんか? 最初にお示ししたような正しい書き方がなされていないところからして、そんな気がしたのですが。 既に説明させていただいたとおり、そうではありませんよ。 <参考URL(★)>  寡婦年金の要件について  http://okwave.jp/qa/q5926763.html  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 国民年金の寡婦年金について教えてください

    こんばんは。2点お尋ねします。 1)寡婦年金の夫の要件として、 ●障害基礎年金の受給権者であったことがない ●老齢基礎年金の支給を受けたことがない というものがあるかと思います。 なぜ、障害の方は受給権者であっただけで要件外になり、老齢の方は支給を受けていなければ要件内なのでしょうか? 両者の規定が異なる理由を教えてください。 2)一方、死亡一時金では同様の要件として、 ●死亡者が老齢基礎年金・障害基礎年金の支給を受けたことがない となっており、今度は障害も受給権者になっただけでは要件外にはなりません。 寡婦年金とはなぜ異なるのかご解説いただきたく存じます。 お手数ですが宜しくお願い致します。

  • 厚生年金の中高齢寡婦加算の支給要件について

    お世話になります。 サラリーマンの夫が死亡して妻と子(一人)に遺族厚生年金と遺族基礎年金が支給されている場合で夫死亡当時の妻の年齢が40歳未満の場合、妻が40歳になる前に子供が遺族基礎年金の要件を満たさなくなって失権した場合、妻が40歳になっても中高齢寡婦加算は支給されないのでしょうか? (ものの本によると、子のある妻が中高齢寡婦加算を受けるには『妻が40歳到達日に、遺族基礎年金の支給要件を満たす子と生計を同じくしている必要がある』と書いてありました。 → と言うことは、夫が死亡当時、妻も子も遺族基礎年金を受けられたとしてもその後何らかの事情で子が遺族基礎年金を失権し、その状態で妻が40歳を迎えた場合は、妻には中高齢寡婦加算は支給されない、と理解しましたがこの理解で合っているでしょうか?)

  • 寡婦年金の要件について

    寡婦年金の要件について 以下の箇所が引っかかります。 死亡した夫が障害基礎年金の受給権者であったことがなく、老 齢基礎年金の支給を受けていなかったことが要件にあります。 ここからが質問です。 簡単に申すと障害基礎年金の場合、受給権(実際にもらうもらわないに関わらずNG)が 発生すると駄目なのに対し、老齢基礎年金の場合、受給権が発生(実際にもらっていなかったらOK) しても要件に該当するのですが、双方に違いがあるのはなぜでしょうか。 ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答お願い申し上げます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

寡婦年金とは、国民年金の保険料納付済期間と免除期間を合わせて25年以上ある夫が年金をもわらずに死亡したとき、その妻へ支給される年金です。 故人と生計をともにしていて、かつ10年以上結婚していたことが条件。 寡婦年金は、妻が60歳~65歳になるまでの5年間支給。 年金額は、夫の老齢基礎年金の3/4の金額。 離婚による年金分割や、40歳から65歳まで中高齢寡婦加算の制度などもあるが、その額の算定は難解で社会保険事務所に問い合わせる必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 遺族厚生年金、寡婦年金などについて

    遺族厚生年金、寡婦年金などについて 7年間厚生年金に加入後退職し、自営業をつぐ予定です。 その場合の遺族補償について不明な点を教えていただきたいと思います。 (1)老齢基礎年金の受給資格がある場合(25年保険料を納めた)、 退職後自営業者になってからでも遺族厚生年金の受給資格があるか? (長期要件で受給できるという解釈でOKか?) また、遺族基礎年金の受給が終了すれば、中高齢寡婦加算が支給されるか? (2)上記のように死亡した時点で自営業者でも遺族厚生年金を受給すれば「寡婦年金」はもらえないのか? (3)自営業者になってから老齢基礎年金の受給資格が無いうちに死亡した場合 (20歳から保険料を滞納せずに45歳迄に死亡)、 遺族厚生年金がもらえないので「寡婦年金」は支給されるのか? 結果によっては兼業にした方がよいかなど、真剣に考えてから今後のことを決めていかないとと かなり焦っています。 以上、よろしくお願いいたします。

  • 遺族年金・寡婦年金を教えてください

    老齢基礎年金(79万円)と老齢厚生年金(111万円)を受給している78才の夫が死亡した時,老齢基礎年金(70万円)のみを受給している78才の妻は遺族年金や寡婦年金などを含めて年金はいくらもらえるのでしょうか?またその計算方法を教えてください。

  • 遺族基礎年金と寡婦年金

    一般論でお尋ねします。 遺族基礎年金をもらえる子のある妻が、子が18歳の年度末を迎える事によって遺族基礎年金が貰えなくなった場合、60歳から寡婦年金を受け取る事はできますか?(要件は全て満たしているとして)

  • 遺族年金について

    家族のことで年金を調べているうちに少し興味を持ちました。 一部のwebサイト(特に葬儀屋さん)では、出鱈目な情報が掲載されていて、頭が混乱しています。 一応、以下の認識でいいのでしょうか? ※夫死亡後の結婚や遺族の死亡など事後のことは考慮していません。 事例1】 故人:40年間自営業(国民年金)の62歳の夫 家族:50歳の妻(専業主婦と15歳の子 備考:結婚期間は25年、夫は老齢基礎年金を繰上げ受給 子が18歳に到達する年の3月末まで、遺族基礎年金が支給される。 夫が老齢基礎年金を受給しているので、寡婦年金の受給資格はない。 遺族基礎年金が支給されるので、死亡一時金は支給されない。 事例2】 故人:25年間自営業(国民年金)の45歳の夫 家族:40歳の妻と10歳の子 子が18歳に到達する年の3月末まで、遺族基礎年金が支給される。 妻に寡婦年金の受給資格がある。また、妻が60歳の時点で、すでに遺族基礎年金は支給されて いない状態なので、60歳から65歳になるまで寡婦年金が支給される。 遺族基礎年金が支給されるので、死亡一時金は支給されない。 事例3】 故人:40年間自営業(国民年金)の62歳の夫 家族:62歳の妻と21歳の子 子が18歳に到達する年の3月末を過ぎているので、遺族基礎年金は支給されない。 妻に寡婦年金の受給資格がある。65歳になるまで寡婦年金が支給される。 死亡一時金の受給資格がある。 ※ 寡婦年金か死亡一時金かどちらか一方のみの支給となる。

  • 遺族厚生年金の中高齢寡婦加算について

    中高齢寡婦加算の支給要件は以下の通りですよね? ●夫の死亡時に40歳以上65歳未満で子のない妻 ●遺族基礎年金の支給が終了した(子が18歳以上となった)妻 だとすると、 1.妻21歳で子を産み、妻35歳の時に夫が死亡した場合は、 子が18歳となる妻39歳まで遺族基礎年金が支給されると思います。 この妻が40歳になったら中高齢寡婦加算は支給されないのでしょうか? 2.妻45歳・子19歳の時に夫が死亡した場合は、 妻には中高齢寡婦加算は支給されないのでしょうか? 分かる方、ご回答お願いします。

  • 遺族基礎年金と遺族厚生年金の死亡者の支給要件について

    遺族基礎年金と遺族厚生年金の死亡者の支給要件について 質問です。 まず、遺族基礎年金の死亡者の支給要件からです。 「老齢基礎年金の受給権者が死亡したとき」と 死亡者の支給要件の1つとして書いてあります。 何故かと申すと、25年の支給要件を満たして65歳(繰上げ除く) でもらえると明確だからです。 そこで疑問に思うのは「障害基礎年金の受給権者が満たした時」とは書いてありません。 何故でしょうか。そこで自分なりに考えました。 まず、保険料を支払った時期か明確ではないからでしょうか。 次に遺族厚生年金の死亡者の支給要件についてです。 「障害等級の1級又は2級に該当する障害の状態にある障害厚生年金のもらえる人」と 書いてあります。勿論、保険料を払っていたから。初診日に厚生年金の被保険者であったから ですが、特に引っかかるのは「3級」がないことでしょうか。 個人的には基礎年金と整合性を図るためであり、3級は国民年金の法廷免除にならないからでしょうか。 以上自分なりに考えてみましたが自信がありません。 ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答お願いします。

  • 中高齢寡婦加算

    混乱してきたので、何か勘違いしていることすら気付かないのかもしれませんがわかる方、どうか教えて下さい! 中高齢寡婦加算の額は遺族基礎年金の4分の3とのことですが、遺族基礎年金の額=老齢基礎年金の満額ですよね? ということは中高齢寡婦加算の額=老齢基礎年金の4分の3というのも間違いではない気がするのですが…? 17年の過去問で、「遺族厚生年金に加算される中高齢寡婦加算の額は、生年月日等にかかわらず老齢基礎年金の額の4分の3相当額であり~(以下省略)」というのがあり、解説に「中高齢寡婦加算の額は、老齢基礎年金の額の4分の3ではなく遺族基礎年金の4分の3に相当する額である」と出ていました。 これはなぜですか?

  • 寡婦年金との併給は可能

    夫が死亡し、17才の子供がいるので、高校を卒業するまでの遺族年金の証書がやっと届きました。手続きに社会保険事務所に行った時に、寡婦年金の手続きもしましたが、こちらの方は、何の連絡もありません。  実は、私自身が公務員で共済組合に加入しています。夫は、国保加入でした。 60歳から65歳までは、寡婦年金が支給されると、国民年金法に定められているし、失権の該当項目を確認しても60歳から65歳までは寡婦年金が受け取れるはずです。 65歳からは私自身老齢基礎年金が支給され、全額受給になります。退職後61歳からは退職共済年金が支給されます。この61歳から65歳までの間、寡婦年金と、退職共済年金は併給できるのでしょうか。 年金の併給調整早見表で確認しても、寡婦年金自体の項目がなく、法規も調べたのですが、はっきりしません。 社会保険事務所にたずねても、私より知識がないくらいでした。 どなたか、詳しい方教えてください。

  • 老齢基礎年金の受給権者とは?

    国民年金の遺族基礎年金についておたずねします。 死亡した者の要件として、以下のものがあります。 1.被保険者が、死亡したとき 2.被保険者であった者で、日本国内に住居を有し、かつ、60歳以上65歳未満であるものが、死亡したとき 3.老齢基礎年金の受給権者が死亡したとき 4.老齢基礎年金の受給資格期間を満たした者が死亡したとき 3の『老齢基礎年金の受給権者』とは、具体的にどのような人が該当するのでしょうか? 保険料納付済期間や年齢によって判断されるのでしょうか? (保険料納付済期間が40年であり、かつ、65歳以上の人? 老齢基礎年金の支給を受けていない人?) また、既に老齢基礎年金の支給を受けている人については、この死亡した者の要件に該当するのでしょうか? (老齢基礎年金の支給を受けている人が死亡しても、遺族基礎年金は支給されない?) よろしくお願いいたします。

  • 遺族厚生年金における妻への支給停止について

    お世話になります。 社労士試験の勉強中ですが、遺族厚生年金について質問します。 1.遺族厚生年金において、夫が死亡して子と妻が 受給権者である場合では、「子は遺族基礎年金の受給権を持つが、妻が遺族基礎年金 の受給権を持たないときは、妻に対する遺族厚生年金はその間支給停止される」とあり、 「妻と子が生計を同じくしないとき」がこれに該当すると教科書に書いてあります。 2.ここで、例えば夫、妻、子(夫婦の実子)の3人が夫の収入で生活していたが夫が死亡し、 夫死亡後、子が妻と別居しアルバイト等で自分で生計を維持するようになり、この別居 により妻の遺族基礎年金が失権した場合、妻は『遺族厚生年金の受給権は持ち続けるが、 永遠に支給停止のままである』と考えてよいでしょうか?

専門家に質問してみよう