• ベストアンサー
  • 困ってます

遺族厚生年金における妻への支給停止について

お世話になります。 社労士試験の勉強中ですが、遺族厚生年金について質問します。 1.遺族厚生年金において、夫が死亡して子と妻が 受給権者である場合では、「子は遺族基礎年金の受給権を持つが、妻が遺族基礎年金 の受給権を持たないときは、妻に対する遺族厚生年金はその間支給停止される」とあり、 「妻と子が生計を同じくしないとき」がこれに該当すると教科書に書いてあります。 2.ここで、例えば夫、妻、子(夫婦の実子)の3人が夫の収入で生活していたが夫が死亡し、 夫死亡後、子が妻と別居しアルバイト等で自分で生計を維持するようになり、この別居 により妻の遺族基礎年金が失権した場合、妻は『遺族厚生年金の受給権は持ち続けるが、 永遠に支給停止のままである』と考えてよいでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1508
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • sakkou
  • ベストアンサー率80% (21/26)

度々お世話になります。 「永遠に」というのがどれくらいの期間を 指すのかがわかりませんが、 厚生年金保険法第66条第2項において 「妻が国民年金法による遺族基礎年金の受給権を有しない場合であって 子が当該遺族基礎年金の受給権を有するときは、その間、その支給を停止する。」 とありますように、子が当該遺族基礎年金の受給権を有している間、その支給が停止されます。 裏を返しますと、子が当該遺族基礎年金の受給権を有しなくなる(失権する)と 妻の遺族厚生年金の支給停止が解除され、妻に支給されるようになります。 子の遺族基礎年金は第40条第1項または第3項に該当(一番多いのは18歳到達)しますと 失権しますので、子の受給権が失権すると妻の遺族厚生年金の支給が再開されます。 (子の受給権が失権する前に妻が亡くなるとある意味永遠に支給停止のままということになります) 妻と子は同順位者ですので、子のある妻の場合は 妻も子も遺族厚生年金や遺族基礎年金の受給権を有してるのが一般的ですが、 遺族年金の支給は、遺族基礎年金が支給される者が優先されますので 妻に遺族基礎年金が支給される場合は、妻に遺族厚生年金が支給され、(子は支給停止) 子に遺族基礎年金が支給される場合は、子に遺族厚生年金が支給されます。(妻は支給停止) 子に遺族基礎年金が支給されなくなると、妻の遺族厚生年金の支給が再開されるようになります。 このように、子の受給権がなくなると、妻の支給停止が解除されることにご留意くださいませ。 【参考1】国民年金法(昭和三十四年四月十六日法律第百四十一号) (失権) 第四十条 遺族基礎年金の受給権は、受給権者が次の各号のいずれかに該当するに至つたときは、消滅する。 一 死亡したとき。 二 婚姻をしたとき。 三 養子となつたとき(直系血族又は直系姻族の養子となつたときを除く。)。 2 妻の有する遺族基礎年金の受給権は、前項の規定によつて消滅するほか、第三十九条第一項に規定する子が一人であるときはその子が、同項に規定する子が二人以上であるときは同時に又は時を異にしてそのすべての子が、同条第三項各号のいずれかに該当するに至つたときは、消滅する。 3 子の有する遺族基礎年金の受給権は、第一項の規定によつて消滅するほか、子が次の各号のいずれかに該当するに至つたときは、消滅する。 一 離縁によつて、死亡した被保険者又は被保険者であつた者の子でなくなつたとき。 二 十八歳に達した日以後の最初の三月三十一日が終了したとき。ただし、障害等級に該当する障害の状態にあるときを除く。 三 障害等級に該当する障害の状態にある子について、その事情がやんだとき。ただし、その子が十八歳に達する日以後の最初の三月三十一日までの間にあるときを除く。 四 二十歳に達したとき。 【参考2】厚生年金保険法 第六十六条 子に対する遺族厚生年金は、妻が遺族厚生年金の受給権を有する期間、その支給を停止する。ただし、妻に対する遺族厚生年金が第三十八条の二第一項若しくは第二項、次項本文又は次条の規定によりその支給を停止されている間は、この限りでない。 2 妻に対する遺族厚生年金は、当該被保険者又は被保険者であつた者の死亡について、妻が国民年金法による遺族基礎年金の受給権を有しない場合であつて子が当該遺族基礎年金の受給権を有するときは、その間、その支給を停止する。ただし、子に対する遺族厚生年金が次条の規定によりその支給を停止されている間は、この限りでない。 3 (略)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

sakkouさま いつも大変貴重なご回答を頂き誠にありがとうございます。 今回も分かりやすい解説で大変助かりました。 ここで、もしsakkouさまのお時間が許すならば、今回の遺族基礎年金と 遺族厚生年金について、私なりに具体的なケースを考えてみましたので これに間違いがないか、sakkouさまのご意見を頂けないでしょうか? (法律の条文だけではどうしても理解することが難しく、具体例を考えて イメージしてみることにした次第です。) もし、お時間がおありになるなら、よろしくお願い致します。 私の考えた具体例; A.夫(第2号被保険者)、妻(第3号被保険者)、子(夫婦の実子)の3人家族で夫が死亡した場合を考えてみました。 このケースで妻に遺族基礎年金の受給権はないが遺族厚生年金の受給権があり、子に遺族基礎年金と遺族厚生年金両方の受給権がある場合とは、 ・子が18歳未満で ・子が妻と生計を同じくしていない ケースが考えられます。 (子が18歳未満で、妻と子が生計を同じくしている場合は妻に遺族基礎年金の受給権があることになる) B.子が18歳未満で、子と妻が生計を同じくしていない限りにおいては、 ・妻の遺族厚生年金は支給を停止され、 ・子の遺族基礎年金は(生計を同じにする母がいないため)支給され、 子の遺族厚生年金は(妻が支給停止中なので)支給される。 C.上記Bの状態のまま、子が18歳年度末に達すると ・子の遺族基礎・厚生年金は失権し、 ・(子の失権に伴い)妻の遺族厚生年金は支給停止が解除される。 これで間違いないでしょうか?

関連するQ&A

  • 老齢厚生年金をもらっている夫が無くなったら妻が遺族厚生年金をもらえるか?

    表題の通りなのですが 老齢厚生年金をもらっている夫がなくなった場合、妻は遺族厚生年金を受け取ることができるのでしょうか? 当然、夫が老齢厚生年金をもらう前に亡くなった場合は遺族厚生年金を妻が受け取ることができると思いますが夫が既に年金受給中はどうなのでしょう。 また、 ・夫(基礎・厚生年金受給中) ・妻(基礎年金受給中) ・子供(会社員・独身) が同居していて、子供が亡くなった場合は両親に遺族厚生年金が払われると思います。 その場合、夫に支給するか妻に支給するかは任意に決めることができるのでしょうか? 例えば上記の場合、妻に支給するようにすることはできるのですか?

  • 遺族厚生年金の中高齢寡婦加算で、質問です。

    遺族厚生年金の中高齢寡婦加算で、質問です。 以下のケースでは、加算されるでしょうか。 (1)妻が40歳のとき、夫はまだ死亡していなかった。 (2)当時、夫婦には16歳の高校生の子がいて、生計を同じくしていた。 (3)妻が41歳のとき、夫が死亡。遺族基礎年金、遺族厚生年金を受給する。 (4)子が高校卒業し、働き始め、妻は遺族基礎年金の受給権を失う。 妻は(4)の時点から65歳まで、遺族厚生年金に中高齢寡婦加算はやはり加算されないのでしょうか。 よろしくお願い申し上げます。

  • 遺族厚生年金について

    夫が厚生年金に25年加入、妻は扶養内でしか働いたことがない場合ですが、夫死亡後、子のない65歳未満の妻には、遺族厚生年金額 = 報酬比例の年金額 × 3/4。+中高齢寡婦加算。65歳からは遺族厚生年金 + 妻の老齢基礎年金で合っていますか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • sakkou
  • ベストアンサー率80% (21/26)

生計維持関係の認定に当たっては 「生計維持関係等の認定基準及び認定の取扱いについて(平成23.3.23年発0323第1号)」 に基づき認定されますが、 当該取扱いにおいて、生活費、療養費等の経済的な援助が行われている場合には 住民票上世帯を異にしていても、 生計を同じくしている者と認定することとされていますので お尋ねのように、仕送りが子になされている場合は、 生計維持関係にあるということになります。 (私が事例に挙げた夫と生計維持関係にあるというのも 生活費等の経済的な援助が行われていたという前提のものです) なお、もう一つの要件である「収入」に関しては子の場合、 前年の収入が850万円以上であることはそうはないので、特に記述しませんでした。 よほど収入がある遺族ではない限り、生計が同一と認定されれば、 生計維持関係が認められることになります。 これは私からの勝手なお願いですが、もし再度のご質問がございましたら できれば新規にまとめてご質問してくださるとうれしいです(^^; どうぞよろしくお願いいたします。 【参考】生計維持関係等の認定基準及び認定の取扱いについて http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%90%b6%8c%76%88%db%8e%9d%8a%d6%8c%57%93%99%82%cc%94%46%92%e8%8a%ee%8f%80%8b%79%82%d1%94%46%92%e8%82%cc%8e%e6%88%b5%82%a2%82%c9%82%c2%82%a2%82%c4&EFSNO=15389&FILE=FIRST&POS=0&HITSU=26

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変よく分かりました。 再度に亘りありがとうございました。 (再質問の件は今後注意いたいます。 申し訳ありませんでした。)

  • 回答No.2
  • sakkou
  • ベストアンサー率80% (21/26)

もし、そういったご家族が実際にいれば お見込みのとおりとなりますが、 夫婦の子であるのに、妻と子の間に生計同一関係が 認められないケースは通常の家庭ではあまりないと思われます。 (妻が別居中、子と連絡をほとんどとっていなかったとか そういったケースになりますでしょうか。) よくこの条文で想定されるケースというのは 死亡した厚生年金の被保険者(夫)、 先妻の子(夫と別居)、後妻(夫と同居)という関係で 先妻の子と後妻が生計を同一にしていないケースです。 (両者とも夫と生計維持関係にあると仮定) この場合、先妻の子には遺族厚生年金と遺族基礎年金の受給権が、 後妻には遺族厚生年金の受給権が発生します。 ここで、遺族基礎年金の受給権者に対する給付が優先されるため、 子が18歳年度末に到達するまで妻に対する遺族厚生年金は支給停止となりますが、 子の遺族基礎年金等の受給権が失権しますと、 妻の遺族厚生年金の支給停止が解除されます。 なお、先妻とその子が同居しているような場合は、 国民年金法第41条第2項の規定により 子の遺族基礎年金は支給停止となり、 遺族厚生年金しか支給されないことになります。 ちょっと横道にそれましたが、 遺族給付は結構複雑なため、ケースを想定するのはなかなか難しいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度どうもありがとうございます。 挙げていただいた例で大変良く分かりました。 ところでとても細かいことで恐縮なのですが、挙げていただいた 想定されるケースの中で再度一つ質問があるのですが・・・ >(両者とも夫と生計維持関係にあると仮定) 夫が死亡時に後妻は夫と同居しているので、後妻が夫と生計維持関係にあることは容易に想像できるのですが、先妻と同居している子が、「夫死亡時に夫と生計維持関係にある」状況とは具体的には、『夫存命時に夫と子は同居していないが、夫が子(及び先妻)に生活維持のための仕送りをしていて、この仕送りをもって「夫と子が生計維持関係にある」と解釈する』という理解でよろしいでしょうか?   (健康保険法には被保険者と被扶養者間の生計維持関係が具体的に規定されているのでよく分かるのですが、遺族年金における、特に別居状態にある者同士が生計維持関係にあるための要件が見つからないため、もしお分かりになればと思いお聞きするものです)) 何度も恐縮です。 もしお時間がおありになったら、ご回答いただければ嬉しく思います。

関連するQ&A

  • 遺族厚生年金の計算方法について

    遺族厚生年金の計算方法と金額を教えてください。 また遺族厚生年金の他に受給できる年金と金額を教えてください。 【夫が死亡した際に、妻が遺族厚生年金を受給するケース】 夫(67歳)が現在受給している年金:老齢基礎年金(約77万円)・老齢厚生年金(約120万円) 妻(65歳)が現在受給している年金:障害基礎年金(約96万円)・老齢厚生年金(約13万円) 宜しくお願いいたします。

  • 遺族基礎年金と遺族厚生年金の死亡者の支給要件について

    遺族基礎年金と遺族厚生年金の死亡者の支給要件について 質問です。 まず、遺族基礎年金の死亡者の支給要件からです。 「老齢基礎年金の受給権者が死亡したとき」と 死亡者の支給要件の1つとして書いてあります。 何故かと申すと、25年の支給要件を満たして65歳(繰上げ除く) でもらえると明確だからです。 そこで疑問に思うのは「障害基礎年金の受給権者が満たした時」とは書いてありません。 何故でしょうか。そこで自分なりに考えました。 まず、保険料を支払った時期か明確ではないからでしょうか。 次に遺族厚生年金の死亡者の支給要件についてです。 「障害等級の1級又は2級に該当する障害の状態にある障害厚生年金のもらえる人」と 書いてあります。勿論、保険料を払っていたから。初診日に厚生年金の被保険者であったから ですが、特に引っかかるのは「3級」がないことでしょうか。 個人的には基礎年金と整合性を図るためであり、3級は国民年金の法廷免除にならないからでしょうか。 以上自分なりに考えてみましたが自信がありません。 ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答お願いします。

  • 夫、妻ともに厚生年金に加入している場合、夫死亡時妻は遺族年金が支給され

    夫、妻ともに厚生年金に加入している場合、夫死亡時妻は遺族年金が支給されますが、妻死亡時夫は遺族年金を受給できないのでしょうか。子の分だけ受給できるのでしょうか。

  • 厚生年金の中高齢寡婦加算の支給要件について

    お世話になります。 サラリーマンの夫が死亡して妻と子(一人)に遺族厚生年金と遺族基礎年金が支給されている場合で夫死亡当時の妻の年齢が40歳未満の場合、妻が40歳になる前に子供が遺族基礎年金の要件を満たさなくなって失権した場合、妻が40歳になっても中高齢寡婦加算は支給されないのでしょうか? (ものの本によると、子のある妻が中高齢寡婦加算を受けるには『妻が40歳到達日に、遺族基礎年金の支給要件を満たす子と生計を同じくしている必要がある』と書いてありました。 → と言うことは、夫が死亡当時、妻も子も遺族基礎年金を受けられたとしてもその後何らかの事情で子が遺族基礎年金を失権し、その状態で妻が40歳を迎えた場合は、妻には中高齢寡婦加算は支給されない、と理解しましたがこの理解で合っているでしょうか?)

  • 遺族厚生年金、寡婦年金などについて

    遺族厚生年金、寡婦年金などについて 7年間厚生年金に加入後退職し、自営業をつぐ予定です。 その場合の遺族補償について不明な点を教えていただきたいと思います。 (1)老齢基礎年金の受給資格がある場合(25年保険料を納めた)、 退職後自営業者になってからでも遺族厚生年金の受給資格があるか? (長期要件で受給できるという解釈でOKか?) また、遺族基礎年金の受給が終了すれば、中高齢寡婦加算が支給されるか? (2)上記のように死亡した時点で自営業者でも遺族厚生年金を受給すれば「寡婦年金」はもらえないのか? (3)自営業者になってから老齢基礎年金の受給資格が無いうちに死亡した場合 (20歳から保険料を滞納せずに45歳迄に死亡)、 遺族厚生年金がもらえないので「寡婦年金」は支給されるのか? 結果によっては兼業にした方がよいかなど、真剣に考えてから今後のことを決めていかないとと かなり焦っています。 以上、よろしくお願いいたします。

  • この場合、遺族厚生年金は支給されますか?

    53歳の母が亡くなりました。 以下の条件の場合、遺族厚生年金の支給対象になるのでしょうか? ・母は亡くなる2ヶ月前に職場を退職している ・国民年金の未納期間はない ・父(母の夫)は10年以上前に他界している ・祖父母(母の両親)も他界している ・母の子供は私一人(現在27歳) ・母が死亡したとき、同一生計の家族はいない  (私は嫁いでおり、仕送り等のやりとりはない) ・母の死亡の原因は約7年前に発症したガンであった 国民年金の遺族基礎年金は18歳未満の子が支給対象となっているようですが、 遺族厚生年金の方の支給対象がわかりにくいので、教えていただけると有難いです。 よろしくお願い致します。

  • 遺族基礎年金について。

    遺族基礎年金、遺族厚生年金についてお伺いします。たとえば夫が3年くらい老齢基礎年金を受けて死亡すれば、どうなるのですか?それっきりで終わりですか?老齢基礎年金の受給用件を満たし、実際に支給される前に死亡すれば、遺族基礎年金が支給されるということですか?よくわからないので教えてください。遺族厚生年金についてよろしくお願いいたします。

  • 遺族厚生年金

    ネットなんかにいろいろ書かれていてどうもハッキリわからないのですが、父の遺族厚生年金、基礎年金の受給権の資格者とは、亡くなった被保険者と『生計を同一していた妻(又は子)』とあるのですが、ここで言う『生計を同一』というのは妻の場合”一般的に同居をしていれば認定される”と書かれていたのですが、そうなんでしょうか? お聞きしたいのは、父の国民保険上で配偶者(被扶養者)になってなくても『生計を同一していた妻』に該当するのかと言う事です。 今はまだ健在な父の国民保険の方に加入している母を、今度私の社会保険の被扶養者にしようと思ってるのですが、そうなると父が亡くなった時、母は『生計を同一していた妻』として遺族厚生年金を受給することは出来るのでしょうか? ちなみに私は30代独身(男)の社会人ですが。

  • 遺族厚生年金の支給期間

    遺族基礎年金は、「18歳到達年度の末日までの間にある子(障害者は20歳未満)のいる配偶者」に支給とあるので、子が19歳到達年度からは支給されないと認識しています。 では、遺族厚生年金は、生計を維持されていた遺族に、いつまで支給されますか?

  • 障害基礎年金と遺族厚生年金の併給について

    こんばんは。お尋ねします。 社労士試験の過去問に下記のような問題があります。 「障害基礎年金の受給権者が遺族厚生年金の受給権を取得し、遺族厚生年金の支給を選択した場合において、支給停止されるべき障害基礎年金の支払が行われたときは、その支払われた額については、遺族厚生年金の内払いとみなすことができる。(答えは○)」 「障害基礎年金の受給権者が遺族厚生年金の受給権を取得し、遺族厚生年金の支給を選択した場合」とありますが、そもそも両年金は併給が可能で、選択の可能性がないのではないでしょうか? 「障害基礎年金と遺族厚生年金は併給可能」というルールと問題文のケースとの相違や、私の勘違いにつきましてお手数ですがご指摘いただきたく存じます。 宜しくお願い致します。

専門家に質問してみよう