• 締切済み
  • すぐに回答を!

国民年金の寡婦年金について教えてください

こんばんは。2点お尋ねします。 1)寡婦年金の夫の要件として、 ●障害基礎年金の受給権者であったことがない ●老齢基礎年金の支給を受けたことがない というものがあるかと思います。 なぜ、障害の方は受給権者であっただけで要件外になり、老齢の方は支給を受けていなければ要件内なのでしょうか? 両者の規定が異なる理由を教えてください。 2)一方、死亡一時金では同様の要件として、 ●死亡者が老齢基礎年金・障害基礎年金の支給を受けたことがない となっており、今度は障害も受給権者になっただけでは要件外にはなりません。 寡婦年金とはなぜ異なるのかご解説いただきたく存じます。 お手数ですが宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数141
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • kgrjy
  • ベストアンサー率54% (1358/2480)

1)障害は、軽減して支給停止、失権することがありました。また支給停止になることはあっても障害基礎年金受給権発生=即受給だからです。一方老齢基礎年金受給権発生=即受給ではないです。 2)1)とおなじ説明で理解できます。 参考URLをどうぞ。

参考URL:
http://www.sia.go.jp/infom/text/index.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 寡婦年金

    寡婦年金なのですが、妻が遺族基礎年金を受給していても、子が失権し、要件を満たしていれば妻に寡婦年金が支給されると思います。 障害基礎年金、老齢基礎年金が支給されている場合は寡婦年金は支給されませんが、なぜ遺族基礎年金の場合は、オッケーなのでしょうか?

  • 寡婦年金の要件について

    寡婦年金の要件について 以下の箇所が引っかかります。 死亡した夫が障害基礎年金の受給権者であったことがなく、老 齢基礎年金の支給を受けていなかったことが要件にあります。 ここからが質問です。 簡単に申すと障害基礎年金の場合、受給権(実際にもらうもらわないに関わらずNG)が 発生すると駄目なのに対し、老齢基礎年金の場合、受給権が発生(実際にもらっていなかったらOK) しても要件に該当するのですが、双方に違いがあるのはなぜでしょうか。 ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答お願い申し上げます。

  • 遺族厚生年金、寡婦年金などについて

    遺族厚生年金、寡婦年金などについて 7年間厚生年金に加入後退職し、自営業をつぐ予定です。 その場合の遺族補償について不明な点を教えていただきたいと思います。 (1)老齢基礎年金の受給資格がある場合(25年保険料を納めた)、 退職後自営業者になってからでも遺族厚生年金の受給資格があるか? (長期要件で受給できるという解釈でOKか?) また、遺族基礎年金の受給が終了すれば、中高齢寡婦加算が支給されるか? (2)上記のように死亡した時点で自営業者でも遺族厚生年金を受給すれば「寡婦年金」はもらえないのか? (3)自営業者になってから老齢基礎年金の受給資格が無いうちに死亡した場合 (20歳から保険料を滞納せずに45歳迄に死亡)、 遺族厚生年金がもらえないので「寡婦年金」は支給されるのか? 結果によっては兼業にした方がよいかなど、真剣に考えてから今後のことを決めていかないとと かなり焦っています。 以上、よろしくお願いいたします。

  • 国民年金について

    学生です。今、年金について勉強していて、ふと疑問を持ちました。 障害基礎年金を受給している人が65歳になった場合、障害基礎年金以外に老齢基礎年金も上乗せして受給することはできるのですか?

  • 遺族年金・寡婦年金を教えてください

    老齢基礎年金(79万円)と老齢厚生年金(111万円)を受給している78才の夫が死亡した時,老齢基礎年金(70万円)のみを受給している78才の妻は遺族年金や寡婦年金などを含めて年金はいくらもらえるのでしょうか?またその計算方法を教えてください。

  • 老齢基礎年金の受給権者とは?

    国民年金の遺族基礎年金についておたずねします。 死亡した者の要件として、以下のものがあります。 1.被保険者が、死亡したとき 2.被保険者であった者で、日本国内に住居を有し、かつ、60歳以上65歳未満であるものが、死亡したとき 3.老齢基礎年金の受給権者が死亡したとき 4.老齢基礎年金の受給資格期間を満たした者が死亡したとき 3の『老齢基礎年金の受給権者』とは、具体的にどのような人が該当するのでしょうか? 保険料納付済期間や年齢によって判断されるのでしょうか? (保険料納付済期間が40年であり、かつ、65歳以上の人? 老齢基礎年金の支給を受けていない人?) また、既に老齢基礎年金の支給を受けている人については、この死亡した者の要件に該当するのでしょうか? (老齢基礎年金の支給を受けている人が死亡しても、遺族基礎年金は支給されない?) よろしくお願いいたします。

  • 遺族基礎年金と遺族厚生年金の死亡者の支給要件について

    遺族基礎年金と遺族厚生年金の死亡者の支給要件について 質問です。 まず、遺族基礎年金の死亡者の支給要件からです。 「老齢基礎年金の受給権者が死亡したとき」と 死亡者の支給要件の1つとして書いてあります。 何故かと申すと、25年の支給要件を満たして65歳(繰上げ除く) でもらえると明確だからです。 そこで疑問に思うのは「障害基礎年金の受給権者が満たした時」とは書いてありません。 何故でしょうか。そこで自分なりに考えました。 まず、保険料を支払った時期か明確ではないからでしょうか。 次に遺族厚生年金の死亡者の支給要件についてです。 「障害等級の1級又は2級に該当する障害の状態にある障害厚生年金のもらえる人」と 書いてあります。勿論、保険料を払っていたから。初診日に厚生年金の被保険者であったから ですが、特に引っかかるのは「3級」がないことでしょうか。 個人的には基礎年金と整合性を図るためであり、3級は国民年金の法廷免除にならないからでしょうか。 以上自分なりに考えてみましたが自信がありません。 ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答お願いします。

  • 国民年金について

    国民年金について詳しく勉強したいと思っているのですが、どうも難しい説明のサイトばかりで理解するどころか混乱してきてしまいました。 どこか簡単でわかりやすい説明や図(表)等が載っているサイトはありますか? あと、国民年金は月額「14,410円」納めます。 これを20歳から60歳までの40年間納めたとすると総額「6,916,800円」になりますよね。 これってかなり高額ですが、損にはなりませんか? (もちろん老齢基礎年金だけでなく、障害基礎年金・遺族基礎年金・寡婦年金・死亡一時金等あるのは知っていますが、これから納める側としてはちょっと不安です) 損になるなら貯金していた方がマシのような気も・・・。 国民年金を納めたくない等という質問ではありませんので誤解のないようにお願いします。ただちょっと腑に落ちないというか不安なだけなので。 では、どちらの質問の回答でも構いませんので宜しくお願いします。

  • 国民年金ですが

    《寡婦年金》 (第1号被保険者の期間のみが対象) [支給条件]  国民年金の保険料を納めた期間(免除も含む)が25年以上ある夫が、年金を受けずに死亡したときに、婚姻関係が10年以上継続していた妻に60歳から65歳になるまでの間支給 [年金額]  夫が受けられたであろう第1号被保険者期間に係る老齢基礎年金額の4分の3 と書いてありましたが 25年以上ある夫が年金を受けずに死亡・・・と言うのは 1回でも受けたら妻は何ももらえない?と言う意味ですか?

  • 国民年金の受給について

    社会保険事務局が混雑しているのでみなさまにお尋ねします。 私は、昨年11月に65才になりました。 65才までは老齢厚生年金と加給年金とを受給していましたが。 今年1月、社会保険庁から変更通知書が届きました。 特別支給の受給権が消滅して、新たに老齢基礎年金が支給されるようになったのですが、今まで514ヶ月掛けていた厚生年金の部分に僅かですが12ヶ月分の国民年金の部分がプラスされて受給額が増えると思っていたのですが逆にマイナスになっています。いったいどうなっているのでしょうか?

専門家に質問してみよう