• 締切済み
  • 困ってます

遺族基礎年金の支給要件

国民年金(遺族基礎年金)の支給要件についてご質問させていただきます。 日本年金機構ホームページに「被保険者または老齢基礎年金の受給資格期間が25年以上ある者が死亡したとき。」と記載されています。 http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/izokunenkin/jukyu-yoken/20150401-04.html 被保険者の受給資格期間が20年の場合、支給されないのか電話で問い合わせたところ、「この25年以上とは老齢基礎年金の事です。」と回答されました。 しかし、文面を読むかぎり「被保険者または老齢基礎年金の」と書かれているので、被保険者も25年以上必要だと、認識してしまいました。 私の読み方がおかしいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数395
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.2

根拠法令(国民年金法)の条文にあたって下さい。 正直申し上げて、日本年金機構のホームページの記載内容には独特の癖があり、読みようによっては誤解を招きやすいのです。 遺族基礎年金の支給要件(注:どんな場合にあてはまる人が亡くなったときに、遺族[注:国民年金法第37条の2で定義]が遺族基礎年金を受け取れるか、という要件)に関しては、国民年金法第37条で定義されています。 以下のとおりです。 第三十七条 遺族基礎年金は、被保険者又は被保険者であつた者が次の各号のいずれかに該当する場合に、その者の配偶者又は子に支給する。 ただし、第一号又は第二号に該当する場合にあつては、死亡した者につき、死亡日の前日において、死亡日の属する月の前々月までに被保険者期間があり、かつ、当該被保険者期間に係る保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が当該被保険者期間の三分の二に満たないときは、この限りでない。 一 被保険者が、死亡したとき。 二 被保険者であつた者であつて、日本国内に住所を有し、かつ、六十歳以上六十五歳未満であるものが、死亡したとき。 三 老齢基礎年金の受給権者(保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が二十五年以上である者に限る。)が、死亡したとき。 四 保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が二十五年以上である者が、死亡したとき。 一と二を「短期要件」といい、三と四を「長期要件」といいます。 短期要件(65歳未満で死亡/老齢基礎年金をまだ受給できない状態で死亡)のときは、亡くなった人が「保険料納付要件」を満たしていなければなりません。 ただし書き以降の部分が、そのことを示しています。 死亡日の前日の時点で「保険料納付済期間+保険料免除済期間」が被保険者期間 (厚生年金保険の被保険者期間[国民年金第2号被保険者期間]も含む。保険料には厚生年金保険料も含む。以下同じ。)の3分の2超となっていなければいけません。 但し、特例があり、平成38年3月31日までに限って、死亡日の前日の時点で「死亡日の前々月までの1年間における、保険料を納めるべき期間」に保険料の未納月が1か月も存在しなければ、短期要件での保険料納付要件を満たします。 (要は、死亡日の前々月までに国民年金の被保険者であるべき期間があったら、その期間において、最低1年間は保険料の未納があってはならない。) 長期要件(65歳以降で死亡/老齢基礎年金を受給できる状態で死亡)のときには、上述の保険料納付要件はありません(条文で示されているとおり)。 その代わりに、まず、「老齢基礎年金の受給権者」である必要があります。 国民年金法第26条で定義されています。 第二十六条 老齢基礎年金は、保険料納付済期間又は保険料免除期間(中略)を有する者が六十五歳に達したときに、その者に支給する。 ただし、その者の保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が十年に満たないときは、この限りでない。 つまり、ただ単に「老齢基礎年金の受給権者」といったときは、「保険料納付済期間+保険料免除済期間」が10年以上であって、かつ、65歳以上であれば足ります。 厚生年金保険の被保険者(国民年金第2号被保険者の意。70歳直前まで加入ができる。)でなければ、国民年金第1号・第3号被保険者となれるのは20歳以上60歳未満の者に限られますから、通常、国民年金被保険者ではありません。 遺族基礎年金の長期要件では四を前提としているので、すなわち、これと整合性を持たせるため、三のかっこ書きでも「保険料納付済期間+保険料免除済期間」を「25年以上であること」と限定しました。 ということで、短期要件と長期要件の各々が理解できれば、自明となります。 65歳を境に要件が分かれる、と言えるからです。 しかも、条文には「次の各号のいずれかに該当する場合」とあります。 要は、第37条の一から四は、相互に独立しています。 言い替えるならば、相互に独立している以上は、一から四の各号は「または」でつながれます。 条文は「一または二または三または四のいずれかに該当する場合」との意になるわけです。 「読み方がおかしい」というよりも、根拠法令の条文にきちんとあたらなかったために、無用な誤解を招いてしまっているように思います。 回答#1も、正しい解釈の仕方ではありません。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません。お礼しておりませんでした。

関連するQ&A

  • 国民年金の遺族基礎年金支給要件について

    1)国民年金の被保険者 2)国民年金の被保険者であった者で、日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の者。 3)老齢基礎年金の受給権者。 4)老齢基礎年金の受給資格期間を満たした者。 死亡日の前日に於いて、死亡日の属する月の前々月までに国民年金の被保険者期間がある場合、その被保険者期間のうち保険料納付済期間と保険料免除期間と納付特例期間とを合算した期間が3分の2以上あること。 上記まで、調べました。 (1)この支給要件は、妻ではなく本人のことでよいでしょうか? (2)2)国民年金の被保険者であった者で、日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の者とは、60歳未満で65歳以上の者は、遺族基礎年金の支給対象外でしょうか?

  • 遺族基礎年金と遺族厚生年金の死亡者の支給要件について

    遺族基礎年金と遺族厚生年金の死亡者の支給要件について 質問です。 まず、遺族基礎年金の死亡者の支給要件からです。 「老齢基礎年金の受給権者が死亡したとき」と 死亡者の支給要件の1つとして書いてあります。 何故かと申すと、25年の支給要件を満たして65歳(繰上げ除く) でもらえると明確だからです。 そこで疑問に思うのは「障害基礎年金の受給権者が満たした時」とは書いてありません。 何故でしょうか。そこで自分なりに考えました。 まず、保険料を支払った時期か明確ではないからでしょうか。 次に遺族厚生年金の死亡者の支給要件についてです。 「障害等級の1級又は2級に該当する障害の状態にある障害厚生年金のもらえる人」と 書いてあります。勿論、保険料を払っていたから。初診日に厚生年金の被保険者であったから ですが、特に引っかかるのは「3級」がないことでしょうか。 個人的には基礎年金と整合性を図るためであり、3級は国民年金の法廷免除にならないからでしょうか。 以上自分なりに考えてみましたが自信がありません。 ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答お願いします。

  • 老齢基礎年金の受給権者とは?

    国民年金の遺族基礎年金についておたずねします。 死亡した者の要件として、以下のものがあります。 1.被保険者が、死亡したとき 2.被保険者であった者で、日本国内に住居を有し、かつ、60歳以上65歳未満であるものが、死亡したとき 3.老齢基礎年金の受給権者が死亡したとき 4.老齢基礎年金の受給資格期間を満たした者が死亡したとき 3の『老齢基礎年金の受給権者』とは、具体的にどのような人が該当するのでしょうか? 保険料納付済期間や年齢によって判断されるのでしょうか? (保険料納付済期間が40年であり、かつ、65歳以上の人? 老齢基礎年金の支給を受けていない人?) また、既に老齢基礎年金の支給を受けている人については、この死亡した者の要件に該当するのでしょうか? (老齢基礎年金の支給を受けている人が死亡しても、遺族基礎年金は支給されない?) よろしくお願いいたします。

  • 回答No.1
  • f272
  • ベストアンサー率45% (5446/11934)

読み方がおかしいですね。 「被保険者または...」ときたら被保険者に対応するのはどの語句かを考えなければいけません。 「被保険者」と「老齢基礎年金」では片方は人でもう片方は制度になってしまいます。 「被保険者」と「老齢基礎年金の受給資格期間」では片方は人でもう片方は期間になってしまいます。 「被保険者」と「老齢基礎年金の受給資格期間が25年以上ある者」であれば両方とも人であって釣り合いがとれます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 遺族基礎年金について。

    遺族基礎年金、遺族厚生年金についてお伺いします。たとえば夫が3年くらい老齢基礎年金を受けて死亡すれば、どうなるのですか?それっきりで終わりですか?老齢基礎年金の受給用件を満たし、実際に支給される前に死亡すれば、遺族基礎年金が支給されるということですか?よくわからないので教えてください。遺族厚生年金についてよろしくお願いいたします。

  • 外国人の遺族基礎年金について

    外国人のアラフィフの夫がいます。 20代で来日しました。 永住する気はなかったのか国民年金などには入っておりませんでしたが、 このたび永住権も取り、 今年に入って自分の会社を設立し厚生年金にも入り年金手帳が送られてきました。 子供がまだすごく小さいし、私自身30歳代なので 今生命保険を検討していますが、 こういうケースは遺族基礎年金は出ないでしょうか? 社会保険庁の受給資格をみると 被保険者または老齢基礎年金の資格期間を満たした者が死亡したとき。(ただし、死亡した者について、保険料納付済期間(保険料免除期間を含む。)が加入期間の3分の2以上あること。) ※ ただし平成28年4月1日前の場合は死亡日に65歳未満であれば、死亡月の含する月の前々月までの1年間の保険料を納付しなければならない期間のうちに、保険料の滞納がなければ受けられます。 とあります。※印のただし…の部分がよくわかりません。 遺族基礎年金の有無によって生命保険の保障額も変わってくるので、 分かるかた、教えてください。 65歳からもらえる老齢年金は今年から入っても受給資格の要件である25年には到底届かないので そちらはあきらめております。 よろしくお願いします。

  • 社労士試験の遺族基礎年金の未支給に関する問題です

    お世話になります。 遺族基礎年金の未支給が発生した時の解説文に 「死亡した者が遺族基礎年金の受給権者であったときは、その者の死亡の当時遺族基礎年金の支給の要件となり又はその額の加算の対象となっていた被保険者又は被保険者であった者の子は、生計を同じくしていた子として取り扱われる」 とあるのですが、ここで書かれていることが分かりません。 解説文に一緒に掲載されていた図を添付しましたが、この図を見る限り経緯は次の通りと考えました。 (1)先妻との間に子が生まれた後、夫は離婚し後妻と再婚した。 (2)後妻は先妻の子と養子縁組していなかった。 (3)その後、夫が死亡し、後妻が遺族基礎年金の受給権者となった。 (4)その後、更に後妻が死亡した。 (5)後妻が死亡時に、後妻に支給すべき遺族基礎年金で未支給がある場合、本来、後妻との間で養子縁組をしていない前妻の子にこの未支給の遺族基礎年金を請求する権利はないが、遺族基礎年金の支給の要件となった被保険者(即ち夫)の子は、後妻と生計を同じくしていた子として取り扱われる結果、前妻の子にこの未支給の遺族年金を請求する権利が発生する。 ここで私がわからないのは、後妻が何故遺族基礎年金の受給権者になれるのかということです。 (夫が死亡したときに遺族基礎年金の受給権者となれる妻は、子のある妻、だと思うのですが、後妻と前妻の子との間には養子縁組がないため、このケースの後妻は「子のある妻」ではなく、よって遺族基礎年金の受給権も発生しないと思うのですが。) どなたか分かる方、よろしくお願いします。

  • 遺族基礎年金の支給用件について

    遺族基礎年金の支給用件に被保険者が死亡した時 (ただし、死亡した者について、保険料納付済期間が 加入期間の3分の2以上あること。) とはどうゆうことですか?教えて下さい。 (1)40年×2/3=約27年以上 (2)25年×2/3=約17年以上 (1)と(2)のどちらでしょうか? ちなみに私は、現在厚生年金に18年加入して今も継続中です。私が死亡したら遺族年金は給付されるのでしょうか。

  • 老齢、遺族基礎年金について教えて下さい。

    細かい質問ですが次の点を教えて下さい。 (1)老齢基礎年金は480月で79.45万円ですが、480か月以上の保険料納付は老齢基礎年金についてはメリットがないのか?(480月以上収めても老齢基礎年金は増えないのか)(2)遺族基礎年金と寡婦年金及び遺族基礎年金と死亡一時金の併給は可能か?(3)定額部分の繰上げ調整は老齢基礎年金の一部繰上げのの場合のみセットで適用されるか。以上宜しくお願いします。

  • 特別支給の老齢厚生年金と老齢基礎年金の繰上げ受給

    特別支給の老齢厚生年金と老齢基礎年金の繰上げ受給 の違いを教えてください。 基礎年金の繰上げとは? 早く受給ことになりますが、 定額部分のみを受給するということなのでしょうか? それとも、国民年金被保険者のみの対象なのでしょうか? 質問の追加部分が、めちゃくちゃで申し訳ございません。 僕の頭の中がこんな感じです。 ご回答お願いいたします。

  • 遺族厚生年金、寡婦年金などについて

    遺族厚生年金、寡婦年金などについて 7年間厚生年金に加入後退職し、自営業をつぐ予定です。 その場合の遺族補償について不明な点を教えていただきたいと思います。 (1)老齢基礎年金の受給資格がある場合(25年保険料を納めた)、 退職後自営業者になってからでも遺族厚生年金の受給資格があるか? (長期要件で受給できるという解釈でOKか?) また、遺族基礎年金の受給が終了すれば、中高齢寡婦加算が支給されるか? (2)上記のように死亡した時点で自営業者でも遺族厚生年金を受給すれば「寡婦年金」はもらえないのか? (3)自営業者になってから老齢基礎年金の受給資格が無いうちに死亡した場合 (20歳から保険料を滞納せずに45歳迄に死亡)、 遺族厚生年金がもらえないので「寡婦年金」は支給されるのか? 結果によっては兼業にした方がよいかなど、真剣に考えてから今後のことを決めていかないとと かなり焦っています。 以上、よろしくお願いいたします。

  • 障害基礎年金の支給期間について

    現在、国民障害基礎年金・共済障害基礎年金を受給していますが、これには年齢制限はなく一生涯受給出来るのでしょうか? 老齢基礎年金の受給資格の得られる65歳となった時、老齢国民基礎年金と老齢共済基礎年金へと切り替わるのでしょうか?

  • 遺族年金について

    家族のことで年金を調べているうちに少し興味を持ちました。 一部のwebサイト(特に葬儀屋さん)では、出鱈目な情報が掲載されていて、頭が混乱しています。 一応、以下の認識でいいのでしょうか? ※夫死亡後の結婚や遺族の死亡など事後のことは考慮していません。 事例1】 故人:40年間自営業(国民年金)の62歳の夫 家族:50歳の妻(専業主婦と15歳の子 備考:結婚期間は25年、夫は老齢基礎年金を繰上げ受給 子が18歳に到達する年の3月末まで、遺族基礎年金が支給される。 夫が老齢基礎年金を受給しているので、寡婦年金の受給資格はない。 遺族基礎年金が支給されるので、死亡一時金は支給されない。 事例2】 故人:25年間自営業(国民年金)の45歳の夫 家族:40歳の妻と10歳の子 子が18歳に到達する年の3月末まで、遺族基礎年金が支給される。 妻に寡婦年金の受給資格がある。また、妻が60歳の時点で、すでに遺族基礎年金は支給されて いない状態なので、60歳から65歳になるまで寡婦年金が支給される。 遺族基礎年金が支給されるので、死亡一時金は支給されない。 事例3】 故人:40年間自営業(国民年金)の62歳の夫 家族:62歳の妻と21歳の子 子が18歳に到達する年の3月末を過ぎているので、遺族基礎年金は支給されない。 妻に寡婦年金の受給資格がある。65歳になるまで寡婦年金が支給される。 死亡一時金の受給資格がある。 ※ 寡婦年金か死亡一時金かどちらか一方のみの支給となる。

  • 死亡一時金の支給要件について

    法52条の2第1項、法附則29条3項(昭和60年5月1日法律第34号) 死亡一時金は、老齢基礎年金又は障害基礎年金の支給を受けたことがある者が死亡した場合は支給されないことになっていると書いてありますが、 裁定替えされた遺族基礎年金の支給を受けたことがある者は、老齢基礎年金又は障害基礎年金の支給を受けたことがある者とみなされることになっており、これらの者についても死亡一時金は支給されないと書いてあります。 なぜ、裁定替えされない遺族基礎年金は、老齢基礎年金又は障害基礎年金の支給を受けたことが ある者と見なされないのに対し、準母子福祉年金に裁定替えされた遺族基礎年金の支給を受けたことがあるものは、老齢基礎年金又は障害基礎年金の支給を受けたことが ある者と見なされるのは何故でしょうか。旧法を調べたところ、 後者の場合、福祉と書いてある以上、旧法当初、保険料を払わずとももらえるため、かつ、 遺族基礎年金に裁定替えされ、老齢基礎年金並にもらえるからです。 これは、旧法などを読み調べた結果です。 一方、裁定替えされない遺族基礎年金の支給を受けたことがある者が死亡した場合は、 老齢、障害とは違い、もともと自分のせいが原因でないためから、そのようにみなさないからです。 ↑ 正直自信がありません。 ご存知の方がいらっしゃいましたらご投稿お願いします。

専門家に質問してみよう