• ベストアンサー
  • 困ってます

遺族厚生年金の受給について

遺族厚生年金の受給資格について調べていて わからないことがありましたので、 どなたかご存知の方がいらっしゃったら 教えて下さい。 障害厚生年金の受給者の方が亡くなった場合で、 その方が1・2級の障害等級に該当していた時は、 遺族の方が遺族厚生年金を受給できますが (厚生年金保険法58条1項3号)、 さらに、障害等級3級に該当していた場合でも、 障害の原因となった傷病と死亡との間に因果関係があるときは、 遺族の方は、遺族厚生年金の支給が 受けられることがあると聞きました。 後者の場合、具体的には、どのような場合に 支給を受けることができるのでしょうか? 調べてみましたが、これ以上のことがわかりませんでした。。 できれば、出展等も教えていただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数649
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

平成23年12月公表の、日本年金機構の疑義照会回答が根拠になっていると思われます。 以下のPDFのとおりです(8ページ目の項番15)。 http://www.nenkin.go.jp/new/gigisyokai/pdf/23_12.pdf 3級の障害年金受給権者(3級不該当により支給停止となっている者は除く)が死亡した場合、「直接の死因の原因となった傷病」と「障害厚生年金(又は旧・厚生年金保険法による障害年金)の支給事由となった傷病」との間に「相当因果関係」が認められるときは、障害基礎年金を受給しているか否かや死亡時の年齢を問わず、死亡時において1級又は2級の障害の程度にあったと見なし、短期要件による遺族厚生年金の支給を行なうものができるとして取り扱います。 相当因果関係とは、「前発の傷病(疾病又は負傷)が生じていなかったならば、後発の傷病(通常、後発には負傷は含まれない)は起こらなかったであろう・起こり得なかったであろう」と認められる場合をいいます。 「相当因果関係あり」とされれば、前後の傷病は同一傷病として取り扱われます。 相当因果関係の具体的な例は、次のとおりです。 なお、「⇒」で結んだ前者が前発、後者が後発です。 (国民年金・厚生年金保険障害認定基準や疑義照会回答、認定医員等質疑応答が根拠) <相当因果関係「あり」として取り扱うもの> ◯ 糖尿病 ⇒ 糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性壊疽(糖尿病性神経障害、糖尿病性動脈閉塞症) ◯ 糸球体腎炎(ネフローゼを含む)、多発性膿胞腎、慢性腎炎 ⇒ 慢性腎不全 (前後の期間が長い場合であっても) ◯ 肝炎 ⇒ 肝硬変 ◯ 結核の化学療法の副作用 ⇒ 聴力障害 ◯ 手術等による輸血 ⇒ 肝炎 ◯ ステロイドの投薬による副作用 ⇒ 大腿骨頭無腐性壊死 ◯ 事故又は脳血管疾患 ⇒ 精神障害 ◯ 肺疾患に罹患したことによる手術 ⇒ 呼吸不全 (前後の期間が長い場合であっても) ◯ 悪性新生物(ガン) ⇒ 原発と組織上一致する、又は転移が確認できたガン <相当因果関係「なし」として取り扱うもの> ◯ 高血圧 ⇒ 脳出血、脳梗塞 ◯ 近視 ⇒ 黄斑部変性、網膜剥離、視神経萎縮 ◯ 糖尿病 ⇒ 脳出血、脳梗塞 ◯ ポリオ ⇒ ポストポリオ症候群 (一定期間以上を経過していたとき) 上記の例以外のものについては、具体的な審査の下に、総合的に「相当因果関係」のあり・なしを判断するものとされています(運用事項)。  

参考URL:
http://www.nenkin.go.jp/new/gigisyokai/pdf/23_12.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりやすく、ご丁寧なご回答ありがとうございました! 私自身のことではないので 具体的な傷病名等をあげることもためらわれていましたが、 一番知りたかったところを、何もかも 「どんぴしゃ」で教えていただいて 大変助かりました! 知人にアドバイスの上、 今後の対策を検討したいと思います。 本当に助かりました! どうもありがとうございました!

関連するQ&A

  • 遺族厚生年金の受給資格について。

    少し年金の勉強をしています。 遺族厚生年金の受給資格について、 (1)被保険者が死亡したとき (2)1級・2級の障害厚生年金を受けられる者が死亡したとき。 (その他は略します) とありますが、 シロウト考えで、(2)は(1)に含まれるのではないかと思いますが。 単に(1)の場合と、(2)の場合では、支給額等に違いが出るのですか? また、(2)について、 「3級障害厚生年金を受けられる者の死亡の場合」は 規定されていませんが、なぜでしょう?  また、その場合は(1)と同じと考えていいのでしょうか?

  • 遺族基礎年金と遺族厚生年金の死亡者の支給要件について

    遺族基礎年金と遺族厚生年金の死亡者の支給要件について 質問です。 まず、遺族基礎年金の死亡者の支給要件からです。 「老齢基礎年金の受給権者が死亡したとき」と 死亡者の支給要件の1つとして書いてあります。 何故かと申すと、25年の支給要件を満たして65歳(繰上げ除く) でもらえると明確だからです。 そこで疑問に思うのは「障害基礎年金の受給権者が満たした時」とは書いてありません。 何故でしょうか。そこで自分なりに考えました。 まず、保険料を支払った時期か明確ではないからでしょうか。 次に遺族厚生年金の死亡者の支給要件についてです。 「障害等級の1級又は2級に該当する障害の状態にある障害厚生年金のもらえる人」と 書いてあります。勿論、保険料を払っていたから。初診日に厚生年金の被保険者であったから ですが、特に引っかかるのは「3級」がないことでしょうか。 個人的には基礎年金と整合性を図るためであり、3級は国民年金の法廷免除にならないからでしょうか。 以上自分なりに考えてみましたが自信がありません。 ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答お願いします。

  • 遺族厚生年金

    遺族厚生年金の受給について教えてください。 厚生年金加入者が亡くなると、遺族に遺族厚生年金が支給されると思うのですが、定年退職後に死亡した場合はどうなるのでしょうか? 退職後は厚生年金を脱退した事になると思うのですが、加入年数を満たしていれば支給されるのでしょうか。 本人が厚生年金を受給中になくなった場合と、定年後の受給年齢前に亡くなった場合の遺族厚生年金について教えて下さい。 よろしくお願い致します。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

あなたが質問していることは、障害厚生年金の<事後重症>および<遡及請求>のことではないでしょうか? 法律の条文なら47条を読んでください。 それぐらいなら探し出せたように思いますがね。 問題は、どのように証明してもらうのかと言うことですが、それは社会保険労務士のサイトを読めば出てますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 レスポンスが遅くなってすいませんでした。 ご指摘の通り、相談を受けた事案では 事後重症による認定も問題となりうるそうです。 ただ、事後重症で障害認定を受けようとする場合 ご本人が生前に認定請求をしている必要があるらしいのですが、 私が相談を受けた事案では ご本人は生前に認定請求をしていませんでした。 したがって、基本的にはこれによる障害認定を 受けることはできないそうです。 (もっとも、裁判になった場合にこれを争う余地はありそうですが) そうすると、認定してもらえる可能性が高いのは 厚生年金保険法58条1項3号ということになるようなのです。 条文を細かく挙げたのは、要件が条文によって異なっており それぞれに違いがあると考えたからですが、 ご気分を害したのであれば、お詫び申し上げます。 すみませんでした。 また、私自身のことではないため 具体的な事情を小出しにしておりましたが、 そのことが問題をわかりにくくしているかもしれません。 この点も重ねてお詫び申しあげます。

  • 回答No.1

FPの勉強ですか? 遺族厚生年金の「死亡者の範囲」には、<厚生年金の被保険者であった間(在職中)に初診日がある傷病により、初診日より5年以内の死亡>とあります。 そのことを言っているのでしょうか? あとは普通に<老齢厚生年金の受給者または老齢厚生年金の受給資格期間を満たしている者の死亡>とあります。 障害等級の1・2級以外は、上記の要件でいいんじゃないでしょうか? 「年金相談の実務」鈴江一恵著、経済法令出版社

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速のご回答、ありがとうございます! FPの勉強ではないですが、 今、法律の勉強をしているので、 知人から相談を受けました。 おっしゃる通り、遺族厚生年金の受給資格は、 (1)被保険者が厚生年金の被保険者であった間に初診日がある傷病により、初診日より5年以内に死亡した場合(厚生年金保険法58条1項2号)と、 (2)老齢厚生年金の受給者または老齢厚生年金の受給資格期間を満たしているものの死亡の場合(厚生年金保険法58条1項4号)にもあります (同条項1号の場合は省略させていただきます)。 ですが、今回受けた相談は、3号該当性についてでした。 初診日から、5年以上経ってから亡くなったようなので、 ご指摘の、2号には該当せず、 老齢年金の受給も受けておられなかったようなので、 4号にも該当しないようです。 条文上は、3号にあたるといえるためには 障害等級1級・2級該当の被保険者がなくなった場合に限られるのですが、 3級該当の被保険者がなくなった場合にも 障害の原因となった傷病と死亡との間に 相当因果関係があるときには 3号該当性を肯定「することがある」という話を聞きました。 どういう場合に3号該当性を肯定「することがある」のか その具体的な場合が知りたかったので 質問させていただきました。 質問の趣旨がわかりにくくて恐縮ですが、 よろしくお願いします。 ご紹介いただいた出展は、また拝見させていただきます。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 障害厚生年金と遺族

    障害厚生年金の受給者が死亡した時点で生計維持されていた配偶者に対して遺族年金は支給されますか?

  • 特別支給の老齢厚生年金の障害者の特例について

    特別支給の老齢厚生年金の障害者の特例についておたずねします。 特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分の年金受給権者が、 1、被保険者でなく 2、障害等級に該当すると →請求により、報酬比例部分と定額部分をあわせた額で計算する とありますが、障害厚生年金と老齢厚生年金が併給されるのなら、 受給権者にとってメリットがありますが、 障害厚生年金を支給停止して、特別支給の老齢厚生年金を受給するメリットがいまいち分かりません。 受給権者のメリット、保険者のメリットを、教えてください。

  • 障害厚生年金から老齢厚生年金への切り替え

    私は54歳です。障害厚生年金の受給が決まりました。 61歳から特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分が受給が可能となります。障害厚生年金から特別支給の老齢厚生年金に切り替える時、特別支給の老齢厚生年金の定額部分も同時に受給可能でしょうか。通常ですと65歳から受給可能となります。

  • 遺族厚生年金の組み合わせについて

    今まで障害基礎年金(聴力障害2級)を受給していましたが主人が他界し遺族厚生年金を受給することになりました。 遺族基礎年金+遺族厚生年金の組み合わせが一番多く受給できると社会保険事務所で説明を受けましたが、私の障害の程度だと遺族基礎年金より障害基礎年金の方が多く受け取れます。遺族基礎年金を受給せずに障害基礎年金+遺族厚生年金の組み合わせはできますか?

  • 遺族厚生年金の受給権者とは?

    先週、同居している母が亡くなりました。63歳でした。 母は、厚生年金の受給を受けていたのですが、遺族厚生年金について質問させてください。 亡くなった母以外の同居家族の構成は ・父(68歳):厚生年金受給者(母親の受給額より高い)、障害者 ・私(36歳):男、配偶者なし、年収は200万円以下 ・孫1(7歳):私の息子 ・弟(31歳):年収250万円以下 ・弟の妻(25歳):無職 ・孫2(0歳):弟の息子 となっています。ちなみに父、私親子、弟家族は生計を共にし、同じ住所地に住んでいますが、世帯は別扱いになっています。 この場合、母親の遺族厚生年金を受給できる家族はいるのでしょうか? 遺族厚生年金は夫、子、孫にも要件が揃えば受給資格があるという話を聞きました。 仮に孫が受給できる場合は、受給額はどのような計算になってくるのでしょうか?またその際の所得税は? 以下、質問をまとめます。 1.同居家族の中に受給資格者はいるのか? 2.もし資格者が孫の場合、受給額はどのような計算になるのか?(孫が2人とうことで何か加算などがあるのか?) 3.もし資格者が孫の場合、受け取る年金に対する所得税が発生するのか? いろんな年金のHPを調べてみたのですが、明確な答えがみつからず、ここでご質問させていただきました。 お詳しい方いらっしゃいましたら、教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 障害基礎年金と遺族厚生年金の併給について

    こんばんは。お尋ねします。 社労士試験の過去問に下記のような問題があります。 「障害基礎年金の受給権者が遺族厚生年金の受給権を取得し、遺族厚生年金の支給を選択した場合において、支給停止されるべき障害基礎年金の支払が行われたときは、その支払われた額については、遺族厚生年金の内払いとみなすことができる。(答えは○)」 「障害基礎年金の受給権者が遺族厚生年金の受給権を取得し、遺族厚生年金の支給を選択した場合」とありますが、そもそも両年金は併給が可能で、選択の可能性がないのではないでしょうか? 「障害基礎年金と遺族厚生年金は併給可能」というルールと問題文のケースとの相違や、私の勘違いにつきましてお手数ですがご指摘いただきたく存じます。 宜しくお願い致します。

  • 障害年金を受給しながらさらに厚生年金を払う??

    知人で障害年金を受給している人がいます。重度の身体障害で、等級は1級(障害厚生年金)になるそうです。そして今は正社員として働いています。 恐らく会社からは厚生年金がひかれていると思います。(給与から) 障害年金を貰っているような障害がある方は、働いている人が少ないので、当然毎月の年金を払う事も難しいから免除する人もいると聞きました。 上記のような、現時点で障害年金を受給しているのにさらに、正社員として厚生年金も払っている(ひかれる)ということはよくあることなのでしょうか? 冷静に考えてみると、普通は、「年金」というものは、60歳までにちゃんと払い終えた人がもらえるものというイメージがあります。 なので、年金を受給しながらさらに厚生年金を払う?というもなんかおかしな気がしてきました。 ご意見お願いいたします。

  • 遺族年金についてですが・・・

    父・75才、無職・厚生年金受給者 母・70才、無職・厚生年金受給者 子・50才、無職・障害基礎年金受給者 以上の3人暮らしの家族の場合ですが、 もし父が亡くなった場合、遺族年金は支給されますか? 母か子が亡くなった場合はどうなるのでしょうか? 最近、遺族年金のことをいろいろ聞かされているので気になり、 疑問に思いました。わかる方、教えてください!

  • 厚生年金の受給者なのに第2号被保険者でない人

    お世話になります。 厚生年金の説明文に、「障害厚生年金の受給権者が外国で国民年金に任意加入しないまま死亡した場合は、遺族が子供のある妻や子供であっても遺族基礎年金は支給されない」という記述がありました。 ここで質問なのですが、障害厚生年金の受給権者は厚生年金の被保険者であったはずであり、厚生年金の被保険者であれば(わざわざ任意加入などしなくても)自動的に国民年金の第2号被保険者になるはずだと思うのですが、障害厚生年金の受給権者が国民年金に加入していない状況とはどういう状況なのでしょうか? (厚生年金の被保険者がづっと日本国外で居住していても第2号被保険者にれるはずだと思うのですが・・・) よろしくお願い致します。

  • 老齢厚生年金をもらっている夫が無くなったら妻が遺族厚生年金をもらえるか?

    表題の通りなのですが 老齢厚生年金をもらっている夫がなくなった場合、妻は遺族厚生年金を受け取ることができるのでしょうか? 当然、夫が老齢厚生年金をもらう前に亡くなった場合は遺族厚生年金を妻が受け取ることができると思いますが夫が既に年金受給中はどうなのでしょう。 また、 ・夫(基礎・厚生年金受給中) ・妻(基礎年金受給中) ・子供(会社員・独身) が同居していて、子供が亡くなった場合は両親に遺族厚生年金が払われると思います。 その場合、夫に支給するか妻に支給するかは任意に決めることができるのでしょうか? 例えば上記の場合、妻に支給するようにすることはできるのですか?

専門家に質問してみよう