• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

株式投資は“コイン投げ”か?

「株式投資は、買ったら上がるか下がるか確率2分の1で、誰にも予測は不可能。 当たったらたまたまか偶然。外れても然り。 勝ち続ける人もごく少数ながら、必然的に出る世界。」 ↑こういう考え方があります。 参考URL: http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/20393993.html でも、例えばスポーツや将棋・囲碁等はそうではありません。 勝ち続ける・トップに立つには才能も必要ですが、 それより練習・勉強・研究などの努力によるものが大きいと思います。 つまり努力に報われる可能性のある世界。 前者だと、 カリスマトレーダーと言われ、たった数年で何億稼いだというような人や、 年10%でも20%でもコンスタントに何年も利益を上げ続けている人でも、 この人達に仮に確立している投資法があったとしても、 「偶然当たっただけ」「地合いが良かっただけ」という理由になります。 よって、今後勝ち続ける(運が続く)可能性は保証されていません。 でも後者だと、 この人達は今後勝ち続ける可能性は高いです。 株式投資とは前者・後者どちらなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数211
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • seahop
  • ベストアンサー率40% (4/10)

株も、勉強すれば、ノーリスクでもある程度は勝てますが、年利8%程度までがやっとでした。年利数百%以上をコンスタントとなると、オリンピック選手レベルです。このレベルの方であれば、別にジャンルが株でなくても大成されたと思いますけどね。 ちなみに、競馬やルーレット、コインなげもそうですが、極めれば、入門者と比べパフォーマンスに差はでると思います。ルーレットやコイン投げなど最終的には、胴元は好きなポットに投げ入れることが出来るようになるとも聞きますし、コインを人が投げるのであれば、その人の癖などをきめ細かく観察していれば、プレイヤがプロと素人の2人いるならやはり差は出ると思います。 ただ、オリンピック選手になって、大金を稼ぐ、株のプロになって、大金を稼ぐ。どちらも、難易度は高く、射幸性は高いと思いますので、ギャンブルに共通する部分はあると思います。 また、この頂上のノウハウを極めた人が有料で売るとは思えませんけどね。 また、頂上ではありませんが、8%程度のノウハウでも、売りたいと思っても、そう思っている人が多いですので、売れませんでしたけどね。 ちなみに、株は、考える人が減れば減るほど、このゲームの難易度は下がるのですが、cory876 さんはどう思われますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 9割の人が負け退場を余儀なくされていると聞きます。 コンスタントに年利8%なんて凄いですYO 少なくともseahopさまは後者で、 実際そういう方がいらっしゃるという事が判り嬉しいです。 努力は無駄にはならないって事ですよね。 また、株式投資が仮に“コイン投げ”だとしても研究の余地有りなのですね。 >株は、考える人が減れば減るほど、このゲームの難易度は下がるのですが。 という事は勉強・研究などの努力を惜しまない人は勝つ可能性が、 そうでない人よりやはり高いという意味でしょうか。 難しいですね。今後じっくり考えてみます。

関連するQ&A

  • 【株式投資】株式投資は正解がない世界。そう思いませ

    【株式投資】株式投資は正解がない世界。そう思いませんか?

  • 株式投資は「ゼロサムゲーム」か

    アメリカでは、学生のころから株式投資の教育をやっているようです。日本もそれにならえとはじめているところもあるように(おぼろげながら)聞いています。私は、株式投資は、ゼロサムゲームであり、儲ける人がいると反対に損する人が必ずいると考えていますがどうでしょうか。もちろん、長期的に見れば、物価の値上がりや株主優待などがあり、分かりにくくなるかもしれませんが、デイトレードのような短期的な投資は、ゼロサムゲームに近いものになってしまうと思うのですが。  たとえば、固定資産のような財産ゼロの10人が、1万円ずつ持っているとします。その人たちがデイトレードをして、ある人が9万円儲けたら他の人は、9人とも0円になっているはずです。  私が言いたいのは、一つは、額に汗して働かないであぶく銭を稼ぐ方法を子どものころから教えないでいいのではないか、ということと、もう一つは、株式で設ける方法の本や講演会がいかに多いことか、設けるも損するも(短期的には)確立50%です。皆儲けることはないばくちですといえるのではないか、ということです。  株式投資は、リタイアした大人の長期的な資産運用の場だと思うのですが。

  • 『株式投資してます。』ってうそ臭いことを言う人がいます。

    私の知合いで株式投資をやっている人がいるのですが、 その話がすごーくうそ臭いので、実は株式投資をやっていないことを暴いてやりたいです。 私はその人が人間的に受付けないし、 いちいちこないだなになにの株でいくら儲けたとか聞くのがウザイので 株式投資をやっていなとわかる方法があれば教えて下さい! 例えばこの用語を知らないとかはありえないとか あれば教えて下さい!

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • arvin
  • ベストアンサー率49% (86/173)

100%勝たないと勝ちではないとするならそれは100%ありえません。 しかし、安定した利益を上げることは可能なのかという質問ならイエスです。 99%後者に1票です。 もちろん、後者になるためには非常な努力がいりますが、株はコイン投げのような物理法則に従っているわけではありません。 人間が行っており、人間の心理が反映したものです。 そして、その心理はチャートに表れてきます。 チャートをきちんと読むことが出来、資金管理を誤らなければ安定した利益を出し続けることは可能だと断言します。 あと大事なのは自分のメンタルですね。株で負ける最大の理由は人間心理が損小利大より損大利小を受け入れやすくなっているそうです。 プロスペクト理論でググってみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

力強いお言葉嬉しいです。 「プロスペクト理論」もう一度勉強します。 ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.4
  • NEWINN
  • ベストアンサー率56% (335/598)

私も読んでいます、いわゆる効率的市場仮説って言う奴ですね。 問題は程度の問題で、情報が瞬時に伝わって、情報が全ての人が共有し、コストが0で、投資家が合理的であるって言う条件が揃うと、”コイン投げゲーム大会”みたいな原理で勝つか負けるかが決まります。 この”コイン投げゲーム大会”はコストが0と言う前提で書かれており、掛け金を裏か表かを何人がかけたかの情報も全て共有していて、かつ瞬時に情報が伝わっているって事も前提として書かれています。 だから、その結果は実力では無くて運だと言う事が言えます。 現実のマーケットはどうかです。 例えば毎月分配型外国債券ファンドのように、投資には全くの素人が沢山のお金をこのファンドに投資をして、アクティブリターンを狙うようなファンドに沢山のお金が集まる現実はどうかです。 株式ファンドでも同じような現実が有ります。 恐らく、お得な情報が見つかればすぐにその情報を使ってお金儲けをする過程で裁定が起こり、フリーランチはすぐに解消に向かうでしょう。 それは皆がお金儲けに執着すればするほどフリーランチがすぐに解消される裁定取引が起こります。 ここでは毎月分配型外国債券ファンドでは信託報酬が年1%を超える手数料を払っていますが、それを無視してコスト0で有ればどうかと言うと、先ほどの”コイン投げゲーム大会”で説明した通り、円金利を上回るかどうかは運だと考えられます。 実は外国債券は日本債券に比べて高金利だからリターンが高いと言う事は有りません。 効率的なマーケットではそれが円金利を上回れるかどうかは運だと言えます(フリーランチが消滅するから)。 株式投資でも同じような事が言えます。 仮に株式の期待リターンが5%で有ると仮定すれば、年5%に対してランダムォークするので、年5%を上回れるかどうかは運で有って実力では無いと言えます。 現実的にはコストがかかるので外国債券ファンドの期待リターンは円金利を下回ると考えられた方が良いでしょうし、株式ファンドについても株式の期待リターンからコストを差し引いた物として考えても良いと思われます。 ちなみに、100%効率的な市場も存在しません。 例えば、カリスマトレーダーで長期にわたってフリーランチを見つけてお金儲けをするって事の意義が無い訳では無くて、それを見つけるのが難しいって言う点だと考えられます。 それがコンピューターを使って発見できるレベルなのか、人間の嵯峨で有ると言える(人間は偏った相場の考え方をする事も有りうるので、例えば高金利通貨ブームで有った2005年~2007年前半にかけて世界的に金利の安い日本円が非常に安くなった)場合も有りうる点です。 ですから、普段はマーケットの値段はほぼ正しいが、時々間違えるって言う位のレベルではないでしょうか? その”間違った時”を狙って投資する事には十分な意義は有りますし、そこを突いた人は大儲けできるチャンスは存在する場合も有ります。 しかし、それを利用することは一般人にとって容易では無く、カリスマトレーダーやウォーレン・バフェットなど、我々の考えを超越するほどの緻密な戦略と、想像力、そして将来性や”ブーム”に流されない投資哲学などが揃って長期的には指数(日経平均、S&P500、円金利)を上回るパフォーマンスの果実が得られると考えるのが妥当でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

難しい~何度も読ませていただきました。 やはり「ランダムウォーク理論」疑う余地無しですね。 質問文に書いたような人達は極々一部のそれを打ち破った特異な例ですね。 確かにプロのパフォーマンスでさえ指数に近似ですから納得です。 気の利いたお礼を書きたいのですが、私の頭では難しすぎて短文失礼します。 ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.3
  • seahop
  • ベストアンサー率40% (4/10)

すみません。先ほどは、ちょっと、誇張していました。ま、8%は嘘ではありませんが、投資金額がお小遣い程度の時だけです。 例えば、500円の投資であれば、年利300%など容易ですが、1000万では私の方法では不可能です。 また、この方法のいくつかは、日経新聞で紹介されたりして同じ方法で参加する人が増え、最近ではうまみ年々無くなっていますけどね。 >少なくともseahopさまは後者で、 残念ながら、前者です。 >努力は無駄にはならないって事ですよね。 基本的には、ランダムウォーク理論の信者です。一般的に、無駄で間違っていないと思います。射幸性の高い物に多くの努力をする事は無駄になることが多いように思います。 先の、コイン投げやルーレット、オリンピック選手などもそうですが、これが”本当にできる”のは、まさに達人の域です。 努力があれば不可能ではないと思いますが、その努力や才能がどれほど必要か想像に難くないと思います。 >また、株式投資が仮に“コイン投げ”だとしても研究の余地有りなのですね。 余地はあります。ただ、実際問題、株式に限らず、万物全ての事に対して、研究の余地の無いものなど、ただ一つも存在しないというのが本当でしょう。 例えば、江戸時代から大して変わってない傘や箸ですが、あと100年後にはどんな素敵な傘や箸に進化していることでしょうか? もし、今、次世代の傘や箸を発明できれば素敵ですよね。 駄文失礼致しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度も気にかけてくださり感謝です。 お礼が遅れ申し訳ありませんでした。 今一度「ランダムウォーク理論」についていろいろ調べていました。 私はどちらかと言うとランダムウォーク寄りの考えで、 必勝法(勝つ確率の高い方法)は存在しない事になる、 つまりどんなに頑張っても無駄… との思いから質問させていただきました。 でも回答者さまはランダムウォーク理論信者でありながら、 投資法を確立されていらっしゃるのですね。 という事はあきらめる必要は無いのですね。 私も勝つ確率を50%→51%→52%…と上げていくような、 投資法を模索していこうと勇気が出ました。 ありがとうございます。

  • 回答No.1

両方だと思いますよ。 後者の努力というのは最低限必要不可欠だと考えますが、前者のある程度、運も必要になってくるのではないでしょうか。順序は努力あっての運では・・・ 投資には株式以外にも為替・債券からマンション、アパート、土地に資金投入するものまで幅広くあります。どの投資にもまず調べることって大事ですもんね。 投資経験の浅い私が偉そうに言ってすみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

運も無視できない重要な要因なのですね。 ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 株式投資の前準備での疑問

    質問です。よろしくお願い致します。 就職してお金もたまってきました。 そこで、学生時代から興味があった株式投資をやってみたいという思いが強くなってきました。 (結果として損するか得するかは別として、一度もやらないでチャンスをむげにするのはいやなんです。。。) 時間が取れる時にチラチラとHPみてるのですが、はじめる前に何をする必要があるんでしょう??? 証券会社の講座の開設? ネットバンクの講座取得? 前者は開設しても使わなければ使わないだけで損益も出ないし、投資するなら使うので開設の問題は特にない気がします。 でも、後者のネットバンクの講座開設をうたうHPがあるのですが、なんでなのでしょうか??? 一応東京三菱をもってるので、特にいらないきがするのですが??? よろしくお願いします。 あと、株をやるまえに口座開設と海外に何かやっておいたほうがいい、契約しておいたほうがいいやつってありますか??? いろいろありますが、お願い致します。

  • バーチャル株式投資は参考になるでしょうか?

    野村證券のバーチャル株式投資で株式投資を勉強している者です。 そこには、損益のランキングのコーナーがあり、上位の方の売買を見てますと、その方の株式はトータル的に見ると、確実に良い成績を残しています。 そこで、ご質問ですが、ランキング上位の方と同じ株を購入することで 良い成績を残せると思うのですが、バーチャルと本来の株式の売買では、 条件が違うので、同じようにはいかないものでしょうか? それとも、同じような成績を得られる可能性が高いのでしょうか?

  • 野村證券のバーチャル株式投資

    野村證券のバーチャル株式投資を見ていると、ランキングの上位に入る人達は100万円を半年後に数千万円にまでします。この人達がどういう基準で銘柄を選んでるのかよくわかりません。わかる人がいたら教えてください。よろしくお願いします。

  • ネットでの株式投資が普及したのはいつから?

    定義が不明確ですみませんが、 個人投資家のインターネット上での株式投資が普及し始めたのはいつ頃からでしょうか? 私が感じているところでは、インターネット自体は1996年頃から身近に感じられるようになり、1999~2000年頃にはネットで株価をチェックする人を見かけるようになりました(ネットで売買していたかはわかりません)。 最近、株式投資を始め、いろいろと勉強しているところです。 よろしくお願いいたします。

  • 金融業への就活において株式投資

    こんばんは。 銀行への志望している大学生です。 これまで株式投資を行っており、就職活動において有効であると思っていたのですが、金融業界では、逆に株やFXをしている人はリスクがあると判断されてしまうのではないかと最近思い始めました。 就職活動において、株式投資やFXをやっていることはESに書くべきではないでしょうか?

  • 株式投資の実情について教えてください

    「貯蓄から投資へ」をキャッチに小泉政権以降、ネット取引の普及とともに個人投資がブームで ニートがデイトレードで8億円の資産!FXで5億の資産をつくったカリスマ主婦!とかなんとか 煽るような投資ハウツー本や雑誌がでまわっていますが、実際、シンクタンクの調査によると 株式投資に参入した個人投資家の9割がカモにされ平均1年くらいで撤退するという報告があります。 また、株価は企業業績や期待感などにより高下するものでなく、実際にはファンドやや仕手筋の 空売りなどで人為的に操作され、インサイダー情報をもたない個人投資家はカモられ、 機関投資家の食い物にされるというのが実態のようですね。実際のところ、個人投資家が株式で 手堅く稼ぐならならデイトレよりも長期保有くらいしかないのでしょうか? ど素人の質問で、「確実に儲ける方法がありゃ苦労せんわ」という意見が聞こえてきそうですが、 いかがなものかご教授お願い致します。

  • 株式投資の成功率が10%という根拠は?

    色んなサイトを見ていると、株式投資は10%しか勝ってなくて、残りの90%は負けているとか、プロでも20%しか勝てない、個人投資家は5%だといったことが書かれているのですが、 ソースを知っている人いますか?根拠となるデータはあるのですか? 誰が最初に言い出したのでしょうか?

  • 株式投資の利益率 何%稼げれば好成績でしょうか

    人それぞれのお考えだと思いますが、お伺いいたします。 個人で株式投資を行っていて、年間の利益率がどれくらい行けば好成績と言えるんでしょうか? 2.000万円程の余剰資金が手元に有ります。 当初、投資信託で運用を検討致しましたが、リスクのわりに見返りが無いようで、株式投資を検討してみようと思います。 冒険せずに、有る程度どんな商売をしているのが分かる国内の一流企業の株のみで、分散させて運用してみようと思います。 ご意見いただければ有難いです。

  • 日本の「株式投資人口」はどのくらいでしょうか。

    非常にシンプルな質問で恐縮ですが、 日本で株式投資をやっている人の総数は何万人程度なのでしょうか。 根拠資料(サイト)を合わせてお答えいただけると幸いです。

  • 株式投資か投資信託か

    投資の初心者の者でご経験者の方にお聞きします。 株式投資か投資信託かで判断しかねています。 小宮一慶さんは長期投資の株式派です。 長期で優良銘柄を買い時を考え、余裕資金で買うことを勧めています。投資信託は失敗しても証券会社は手数料によって損をしないので営業マンを簡単に信用してはいけない。特に信託報酬の1%はバカにできない。ファンドマネージャー(実はサラリーマンで四半期の成果主義管理にさらされている)は銘柄を選ぶ時、短期で値ざやを稼ぐのを狙う。短期志向だからアクティブ型投信はTOPIXにも勝てない。長期間で実績(過去三年の運用実績)のある投信を選ぶべき。それよりも余裕資金についてのみ、良く知っている優良会社に長期投資の考えで投資するのが良いとしています。 私はこの考え方に共感を感じます。 しかし、今売り出し中の勝間和代さんは投資信託派です。(短期志向でもないですが) 株式投資は素人がプロの世界にいきなり入って簡単に損をする。 投資信託は買い方や選び方次第ではいい。ファンドマネージャーがプロの見識でやってくれるし、レポートもくれるので良い。ノーロードでインデックスの分散投資で積み立て方式でいけばリスク管理はできる。 藤沢久美さんは世界同時株安で分散投資効果も破壊された。今回の株安で痛手を受けていても分散投資、積み立て方式ならばスタンスを変えなくてもいいとしています。積み立て可能なものは長期の投資のものが多い。問題はまとめ買いしていた人。これは景気回復に時間がかかりそうな今は解約するべき。投資信託の王道はインデックス積み立て方式としています。これも長期の考え方です。 ここで長期の良さはわかったのですが、株式か投信かではどちらがご経験上どちらが良いと思われますか。