• ベストアンサー
  • 困ってます

仕訳の質問です。

以下の簿記の仕訳について質問です。 「九州商店に対して商品¥30,000を注文し、手付金として¥10,000の小切手を振り出して渡した。」 答えは (前払金)10,000(当座預金)10,000 となりますが、「商品30,000を注文し」という部分の仕訳を行わないのはなぜでしょうか?この部分で仕訳を間違えてしまいます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数58
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

商品を【注文】しただけで、この地点では商品自体の【取引】や【購入】をしたわけではないためです。 この場合の直接的な取引は【手付金】の部分です。 相手との【取引】があった地点で【仕訳】が発生します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。疑問が解決できました。

関連するQ&A

  • 注文時の仕入

    簿記3級の過去問に、下記のようなものがありました。 仕入先に商品\100,000を注文し、手付金として代金の20%を小切手を振り出して支払った。 答えは、  前払金 20,000 当座預金 20,000 でした。 小生は、「注文」に引きづられて、「仕入 100,000 ・・・・ 」とやってしまったのですが、 注文の段階で、動いたのは、単に前払いだけ、そして、本当に商品が納品された時に 初めて、「仕入された」ので 注文時 ---> 前払金 20,000 当座預金 20,000 納品時 ---> 仕入 100,000 前払金  20,000 .......................................................当座預金 80,000 このように理解することで、正しいでしょうか? つまり、注文時に「仕入」の勘定は、絶対に来ない。 よろしくお願いいたします。  

  • 取消と振替のことがよくわかりません

    簿記の勉強を独学で始めました。 仕訳のところでわからないところがあり、つまづいてしまいました。 【問題】○×商店から売掛金150,000円を、     かねて当店が△□商店あてに振出していた小切手で受け取った。 答えは (借方)当座預金150,000 (貸方)売掛金150,000 で、 解説に小切手を振出したときに貸方「当座預金」としているのを取り消すため、 借方「当座預金」と仕訳する・・・と書いてあったのですが、 どうやって理解していいのかわかりません。 あと振替の仕組みもイマイチ納得できていないのですが、 逆の方に書く(借方だったら貸方)っていう理解の仕方だけでいいんでしょうか?

  • 簿記3級の仕訳について

    今週日曜日に、簿記3級を受験する者です。 分からない問題があるので、教えてください。 Q.小切手を振り出して¥85,000を引き出した。 答え・・・(借)現金 85,000  (貸)当座預金   8,5000 と、回答になるのですが、私は、当座預金 85,000 現金 85,000 だと考えました。 回答を見てえ~?なんで???となんだかピンときません。 分かるような分からないような・・・                    どうか理屈を、教えてください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

某3級テキストによれば、簿記上の取引となるための条件として (1)モノやカネが動く (2)金額で表示できる の2つの条件を満たすものと説明されています。 注文を受けただけでは、(1)モノやカネが動くの条件に当てはまらないため、簿記上の取引に該当せず仕訳をしない訳です。 つぎの商品の販売の例があったとします。 (1)商品の注文を受ける (2)手付金を受け取る (3)商品を販売(納品)する (4)残金を受け取る この例では (1)は取引とならない (2)~(4)は取引となる ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。疑問が解決できました。

  • 回答No.2
noname#155097

>、「商品30,000を注文し」という部分の仕訳を行わないのはなぜでしょうか? 簿記上では、実際に商品や金が動いたものについてだけ仕訳をする。 というのがルールになっています。 注文しただけでは、仕訳しない。と覚えておくよりありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。疑問が解決できました。

関連するQ&A

  • 建設仮勘定と前払金

    問 A店はB店に建物の建設を依頼し、 工事を開始するにあたって代金の一部¥100,000を小切手を 振出して支払った。 答 建設仮勘定 100,000/当座預金 100,000 間違えて 前払金 100,000/当座預金 100,000 にしてしまったのですが 前払金 100,000/当座預金 100,000 では不正解でしょうか? 建設仮勘定 100,000/当座預金 100,000 じゃないと駄目なのでしょうか? また建設仮勘定は中間勘定?資産?のどちらでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 仕訳問題で質問です。

    以下の簿記の仕訳について質問です。 かねて仕入先愛媛商店から商品¥500,000を仕入れ、代金のうち¥400,000については同店振出し、当店あての為替手形を呈示されたため、それを引き受け、残額については全額掛けとして処理していたが、本日、本商品注文時に¥50,000を内金として支払っていたことが判明したため、訂正を行うこととした。なお、この取引から生じた買掛金について、決済は行われていない。 答えは (買掛金)50,000(前払金)50,000 とあったのですが、どのように考えればこの答えが出るのでしょうか? 解き方について教えてください。

  • 簿記3級 訂正仕訳についてお願いします。

    (1)仕入先千葉商店に対する買掛金¥100,000を    小切手を振り出して支払った際、誤って仕入勘定に    計上していた。 自己回答:仕入  100,000       当座預金 100,000 ■回答例 誤った仕訳の逆仕訳:当座預金  100,000    仕   入  100,000 正しい仕訳      :買掛金    100,000    当座預金  100,000 訂正仕訳       :買掛金    100,000    仕   入  100,000 (2)得意先神奈川商店よりの当座預金口座への振込額¥75,000は    受取手形の回収にかかわるものであったが、    売掛金の入金として誤って処理されていたことが判明した。 自己回答:売掛金 75,000     当座預金 75,000 ■回答例 誤った仕訳の逆仕訳:売掛金    75,000    当座預金  75,000 正しい仕訳      :当座預金   75,000    受取手形  75,000 訂正仕訳       :売掛金    75,000    受取手形  75,000 (1)、(2)とも当座預金だけが相殺されているのですが… どうしてこうなるのかわかりません。 どうか詳しい説明を お願いします。

  • 簿記3級の問題(仕訳)

    仕訳の書き方で順序とかあるのですか? 例えば 「A店へ商品¥100,000を売り上げ、代金はA店振出の小切手¥30,000と 当店振出の小切手¥70,000で受け取った」と言う場合 (借)現金 30,000   (貸)売上 100,000    当座預金 70,000 となりますが、 借方のほうの現金と当座預金はどちらを先に書いたほうが いいと言うのはあるのでしょうか?

  • 簿記3級【前払金】の仕訳について

    タイトル通りですが、仕訳について質問がありますので宜しくお願い致します。 ≪問題≫ A商店は、B商店に商品¥200,000を購入する約束をし、手付金¥40,000を現金で支払った。 <B商店の仕訳> (前払金)40,000  (現金)40,000 後日、商品を受取り代金は掛とした。 (仕入) 200,000 (前払金)40,000           (買掛金)160,000 と問題集(学校が独自に作成した問題)の回答はなっていたのですが、 これってA商店の仕訳なのでは無いかと思うのですが、どうなんでしょうか? 凄く簡単な問題ですが、問題集の回答がこうなっている為、へんに混乱しています。 宜しくお願いします。

  • 簿記3級 第3問 仕訳で質問です

    手付金を支払っていた仕入先からの商品の受け取り 答 仕入 / 前払金 となっています 「手付金を支払っていた」となっていますが この仕訳の前に どういう取引がありどういう仕訳があったのですか?

  •  簿記仕訳でお聞きします。

     簿記仕訳でお聞きします。 現金XXX/当座預金XXX という仕訳は、一度振り出した当座預金が、戻ってきたということでしょうか。

  • 勘定の順番

     簿記の勉強をはじめたばかりなのですが、わからないことがあるので質問します。 ○○商店より商品¥500,000を仕入れ、代金のうち¥200,000は注文時に支払った現金で相殺し、残額は小切手を振り出して支払った。 なお現在の当座預金残高は¥250,000であるが、取引銀行との当座借越契約(限度額¥300,000)を結んでいる。 という問題で、私の答えは (借)仕入 ¥500,000 (貸)当座預金¥250,000                   当座借越¥50,000                   前払い金¥200,000 としたのですが、答は前払い金、当座借越、当座預金 の順番になっていました。 この順番には何かルールがあるのでしょうか? 参考書を見ても説明されていないので教えてください。 よろしくお願いします。 

  • 3級 訂正仕訳について

    独学で勉強中です。 訂正仕訳の答えの意味がわかりません。 (1)正しい仕訳:(当座借越)5000  (売掛金)20000         (当座預金)15000 (3)(2)の逆仕訳:(売掛金) 20000 (当座預金)20000 (4)訂正仕訳 :(当座借越)5000  (当座預金)5000 となっています。 (1)+(3)で相殺を行った場合、(当座預金)と(売掛金)が相殺できると思います。 借方は(当座借越)が残るので、わかるのですが、貸方は(売掛金)も(当座預金)も相殺されたら何も残らないのに、何故答えは (当座預金)になるのでしょうか? そして、貸方のどこにも5000はないのに何故5000になるのでしょうか? 愚問かもしれませんが、教えて下さい。

  • 簿記の質問。「小切手振り出し」の時の勘定科目について

    こんばんは。 今、簿記3級試験に向けて勉強を行っています。 そこで質問があります。 よく、決算整理とか残高試算表を作る時の仕訳で「3000円の商品を仕入れ、代金は小切手を振り出して支払った」とありますよね? 『小切手振り出し』と文中にあるので、勘定科目は「当座預金」と思っていても、答えでは、勘定科目が「現金」となっていたり、どう対処すれば言いかよく分かりません。 小切手振出とあるのに、勘定科目が「当座預金」ではなくなぜ「現金」となる場合があるのか教えてください。