• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

経済システム

日米経済システムを以下のようにおおまかに考えていますが適切でしょうか? <流れ> ・米国が強大な消費国として存在する ・米国の消費に対して日本の輸出産業が商品を提供する ・日本に商品対価がもたらされる <貿易で得た政府の利益の流れ> ・米国の貿易赤字が拡大し、ドル安・円高が進む ・日本の輸出産業保護のため為替にドル買いで介入し円安にする ・ドル買いにより差損が発生する。同時にドルが溜まってくる ・溜まったドルで米国債を購入し米国の貿易赤字を補填する ・足りなければ国庫から米国債を購入し米国の貿易赤字を補填する ・米国の貿易赤字の補填により米国の消費が維持される <貿易で得た民間の利益の流れ> ・低金利政策により資金が米国に還流する ・還流により米国の金融サービス機能が高まる ・日本に再投資される(虚業が実業を吸収)

noname#118718

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数31
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

・米国の貿易赤字が拡大し、ドル安・円高が進む 貿易赤字ドルの為替の変動の関連性はあまりありません  為替の場合一番変動するのはその国の経済状態です。   主に日本なら日銀の公定歩合、米国ならFRB、欧州ならECB、英国ならBOEの金利に一番左右されます ・日本の輸出産業保護のため為替にドル買いで介入し円安にする  基本はそうですが、その為には米国の許可が必要です。  又、民主党は反企業政策の為、円高容認路線の為介入はしませんし。そもそも反米路線の米国がそれを許しません ・ドル買いにより差損が発生する。同時にドルが溜まってくる   正解 ・溜まったドルで米国債を購入し米国の貿易赤字を補填する  正解 ・足りなければ国庫から米国債を購入し米国の貿易赤字を補填する  結果的にそーなりますね ・米国の貿易赤字の補填により米国の消費が維持される  消費は関係ないです。維持されるのはドルの価値です  ドルは世界の機軸通貨なので、ドルを基本に世界の通貨の取り引きがされています。  ドルの機軸通貨としての崩壊しても、他に使える通貨がないので、日本以外の各国も必死でドルの維持します  ・低金利政策により資金が米国に還流する  基本、金利の安い国家で資金を借りて、金利の高い国家の通貨に変えて運用するのが世界で最もスタンダードな運用方法です。  この場合は各国の公定歩合です ・還流により米国の金融サービス機能が高まる  維持されるのはドルなので、これは関係ないです  ・日本に再投資される(虚業が実業を吸収)  再投資は間違いないのですが・・・道順が違う・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 金融は難しいですね。 ただ、ニュースや経済事件を理解する上で必須ですね。

関連するQ&A

  • 円安は良いことなの?

     日本は貿易赤字国です。7月の貿易統計によると、貿易収支は1兆240億円の赤字で、13カ月連続赤字です。円安になると輸出産業は儲かるけれど、それ以上に貿易赤字が拡大する。貿易黒字の頃はともかく、今は円安で輸出産業は儲かるけれど、輸入品は値上がりし、消費者の負担は増え、企業は輸入原材料・エネルギーのコストが上昇し利潤が減る。 このように思います。  円安は日本経済にとって良いことなのでしょうか?

  • 貿易赤字はなぜいけない?

    基本的な質問でたいへん申し訳ないのですが、貿易赤字って好ましくないことなのですか? 自国の通貨が国外に流出するからいけないのですか?だとすれば何故通貨の流出が好ましくないのでしょう? そもそも、実際の貿易って、経済的見地からどのように行われるのかがよく解ってません。例えば、日本国内の企業がある製品を米国の企業に輸出する場合、代金はドル建てで支払われるのですか?それとも円建てですか?または双方の合意でどちらの通貨でも可能なのでしょうか?ドル建てであれば、輸入超過で自国の通貨が流出するという説明は正しいと云えますが。 現実的には、輸入超過とういうことは輸出が相対的に少ないということなので、自国製品の輸出競争力が低いことの裏返しなわけですよね。自国産業の輸出競争力が低いのは確かに好ましくないことだとは思いますが、それは貿易赤字の要因のひとつにはなっても、貿易赤字自体の是非とは関係ないですよね。 また、仮に貿易赤字が好ましくないとしたら、逆に、行き過ぎた貿易黒字もよくないということになるのでしょうか? 理科系出身なので経済学はシロートでよく解ってません。 どなたか分かりやすく教えて頂けないでしょうか。

  • 「雇用統計」 失業率改善は貿易赤字を増大させないか

    FXで失業率の指標が重視されております。 何故雇用統計は為替レートに変動を与えるのでしょうか。 しかし、昨今の国際的な競争社会においては輸出産業において人手不足ということは殆どありえ無いと思います。 失業率が改善するということは輸出で成功するエリートの増大ではなく、景気改善による国内の仕事の増加でしょう。 すると所得が増え消費が増え、貿易赤字が増えてしまいます。 アメリカの失業率低下は貿易赤字増加と同じ意味にも取れるので、雇用統計で為替レートが変動するという理屈に疑問を感じるのです。 しかし、失業率の改善は税収が増え、国家の支出の負担も減るのでこれは大きいかと思います。 失業率改善による上昇要因 (1)海外投資家が米国株を買うためにドルを買う (2)税収が増える。福祉や景気対策などの国家負担が減る 下落要因 (1)貿易赤字 2対一で上昇が勝つのでしょうか。 このあたりお詳しい方お教えいただけると幸いです。

  • アメリカの貿易赤字は武器輸出を入れると黒字なの

    トランプ大統領が日本などの貿易赤字国に厳しい大統領令に署名したそうですが、実は、アメリカの貿易赤字の計算には、武器輸出部分が含まれていないと聞いたことがあります。 武器輸出を入れると、日本に対する貿易赤字ではなく黒字であるという話の真偽と、真であれば、どれくらい黒字なのかを教えてください。

  • アメリカの債務について

    今まで、アメリカは貿易赤字の穴埋めとして自分で紙幣(ドル)や債権を発行してそれを貿易相手(日本やアジア諸国)に支払って、 自国で物をじゃんじゃん消費して、世界経済を回して来ました。 アメリカに多くの製品を納入している日本と中国が ドルと米国債を大量に保有しているのが象徴的です。 今回の金融危機でアメリカは自国の産業保護や、金融システムの修復に大量のお金を使っています。 これからも、新規産業の創出や自動車産業の救済や清算の天文学的な金額(数百兆円)が必要でしょう。 現在、アメリカの債務が今6000兆円を上回る額になっていると聞きました。 当然、利息の支払いも凄まじい事になっていると思います。 今までは自国の商品を買ってくれたり、金利が非常に高かったりしたお陰でアメリカにはお金が入ってきました(米国債や株を買って貰えた)。 ですが、今回は資金の供給先があるようには思えません。 百兆円単位の支出は金額が大きすぎます。 ドルの暴落と米国債の金利の大幅上昇は避けられそうに無い様に思えます。 オバマ大統領が国家債務不履行宣言(デフォルト)を行うという主張もあながち的外れではないと思うのですが。 ネットでの書き込みを見ると多くが抽象的で数値に基づいた議論がありません。アメリカの国家債務不履行宣言の現実性を、 確かな数値データに基づいて説明出来る方はいらっしゃいませんか?

  • プラザ合意

    プラザ合意について教えてほしいんですが、 この時期に日本って輸出をたくさんしていたんですよね? それで貿易黒字国になって、一方アメリカは 貿易赤字と財政赤字に苦しんで、日米間の貿易摩擦が深刻化し、 そこでプラザ合意が行われ、この時にドル高の是正に向けて ドル売りの協調介入を行うことを合意したとのことですが、 日本が輸出をたくさん行ってたのになんでドル高だったんでしょうか? 輸出をたくさんすれば、ドルで支払われるのでドルがたくさん増えて ドルを円に変えようとする人が多くなって、 ドルの価値が低くなる・・・っていうのが自分の中のの知識なんですが、 プラザ合意のときって日本からの輸出が多かったのになんで ドル高なんでしょうか?すごく知識が浅いので程度の低い質問 だとは思うのですが、どなたか教えてください! また間違った所があったら指摘してほしいです。

  • 貿易赤字は悪いことか?

    貿易赤字は悪いことか? 経済素人です。 貿易赤字という言葉は、「赤字」と名がついていますが、 いわゆる企業などの赤字(収益よりコストの方が大きく、 損失を出している状態)とは違って、単に、 輸入より輸出が少ない状態のことを指していると思います。 私は、資源が無い国が、他国からたくさん輸入をし、それを 国内で付加価値をつけて、内需で消費するのは、悪いことでは ないと思います。 しかし、貿易赤字は、一般的に好ましくないとされているようだし、 最近もアメリカが中国との貿易赤字を解消したいと思って、動いています。 貿易赤字はなぜ悪いことなのでしょうか? 貿易赤字になると、次に、どういう悪いことが起こるのでしょうか? ご教授よろしくお願いします。

  • 日本銀行総裁空席の影響

    始めまして ニュースで日銀総裁案にまた野党は不同意するようです。 アメリカのサムプライムローン問題が深刻で基幹通貨のドルの使用が揺らぎ、円高基調で日本の輸出産業も打撃が予想されるなか、通貨の番人である中央銀行総裁が決まらないと、どのような影響が日本経済に有るのでしょうか? また、手をこまねいていると日本が大量に保有する米国債が紙くず同然にならないですか?

  • 日本の貿易赤字って悪いことではないのでは?

    日本の貿易赤字って悪いことではないのでは? アメリカは日本の貿易黒字にやっかみ掛けてきたわけです。 あえて統計上は日本は貿易赤字にしておく。 そのほうがアメリカに噛みつかれない。 裏でアメリカ本土に工場作ってアメリカで利益を出せばいい。 トヨタも半分はアメリカで作ってる。日本で半分。アメリカで半分。 実質輸出は半分に見せかけ上はできる。 そして貿易赤字。 でもアメリカで稼いでる。 貿易赤字拡大はアメリカの目を避けるためで悪くないですよね? 年々、貿易赤字が拡大している。もう日本は少子高齢化人口減少時代でオワコンだって嘘です。 日本の経済は拡大を続けている。それが海外で稼いでるだけで目に見えないお金が海外から舞い込んでいる。

  • アメリカ国債の保有について

    アメリカの経済危機や財政赤字や貿易赤字でドルの暴落は確実であり、ドルが暴落したら日本が保有しているアメリカ国債の資産価値も暴落するので、これ以上は買うべきではなく、既存の保有分も市場で全て売却すべきだとの意見がありますが、日本国民の利益(生活水準の向上や社会保障・インフラの整備のために資金をつぎ込む)のためにはそうしたほうがいいのですか。日本はいくら米国債を保有していますか。 日本は貿易でもうけた黒字を、暴落が確実な米国債をアメリカに無理やり買わされて、アメリカに貢がされているが、それは暴力団の上納金や、属国が宗主国から搾取されるのと同じで、日本国民は宗主国に間接支配されているというのは本当ですか。 その他に、アメリカの財政赤字は、政府が表向きに公表している財政赤字の他に、公表している財政赤字の何十倍もの莫大な隠し財政赤字があり、アメリカの経済や財政は、とっくの昔に破綻していて、今からどんな手段をとっても挽回や立て直しは不可能だという噂は本当ですか。