• 締切済み
  • すぐに回答を!

なぜアメリカが円高ドル安にもっていったのか。本当の狙いとは?

表向きは米国の輸出産業の利益を増やすため、円高ドル安に進めていきましたが、アメリカの本当の意図とはなんなんでしょうか? ドル安→日本の株が↑(外資による日本株の含み益)  ↓ ドル高→為替の利益 2重の利益発生を狙ってるんじゃないんでしょうか? 米国の経常赤字を踏まえて教えてくれませんか? また、超円高は本当のアメリカの狙いとうはなんだったのでしょうか? 時間がないのですぐに答えてもらえませんか。。すいません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数633
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3

時間がないとのことでしたので、遅いかもしれませんが。。。 No2の回答の通り借金帳消し策です。しかし、そのプロセスはNo2の食い逃げ論とは異なります(No2の論拠は傑作ですが)。ご存知の通り、米国は巨額の経常赤字を抱えています。米国を会社にたとえると、巨額の負債を抱えていることになります。これに対して米国は資産も保有しています。貸借対照表を想定してみてください。貸方に負債が計上され、借方には資産が計上されます。負債が巨額でも、資産がそれに見合う程度にあればバランスするわけです。 米国の負債の大半はドル建てであり、返済もドルで行われるのが通常ですから、為替変動で返済額が変動することはありません。一方、資産は全てドル建てということではなく、円建てなど外貨資産も多数あり、ドルレートによってはドルに換算した場合の資産評価額は変動する点で負債と異なります。この外貨建て資産のドル換算の評価額が上がれば資産と負債がバランスしてくるわけです。 例えば、今、ドル建て債務が100あるのに対して、ドル資産が80だとします。負債が資産を上回る債務超過状態であり、このままでは株式会社米国の信用は失墜し、誰も米国に資金を出さなくなり、金利は高騰、株価は暴落することになります。ここで、株式会社米国は、80のドルを1ドル200円のレートで16,000単位の円に替えたとします。その後円高ドル安となり、1ドル100円になったとします。(株)米国は16,000単位の円資産を持っていますから、これをドルに換算すると160となります。すると、なんと、それまで債務超過だった(株)米国が60もの資産超過の優良企業に変身し、信用を維持でき、これをドルに転換すれば債務返済も楽になるわけです。もっとも、一度に円売りドル買いをすると、逆に円安ドル高になるので、絵に描いたようにうまくはいきませんが、理屈としてはこの通りです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 なぞ解けました

関連するQ&A

  • アメリカのドル安誘導の原因は?

    アメリカのドル安誘導の原因は? 従来、アメリカは「強いドルはアメリカの利益」といってドル高誘導だったと思うのですが最近はドル安誘導に変わっています。原因は何でしょうか?

  • このドル安には隠された米政府の陰謀が!?

    初めまして!どうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m 先日何かの記事で、 『実はアメリカの経常収支のマイナスは限界を迎えており、 今回のドル安はアメリカ政府が貿易赤字を縮小させるために 密かに画策されたものでは』との指摘が…。 そこでちょっと疑問です。 確かにドル安になれば米国の輸出が増えますが、逆に輸入品はコストが 上がる為、結局ドル高になろうがドル安になろうが、貿易収支は 変わらないように思ってしまうのですが、違いますでしょうか? もしご存知でしたらご指導頂けたらと存じますm(_ _)m

  • 【経営指標】米国アメリカではROE(株主資本利益率

    【経営指標】米国アメリカではROE(株主資本利益率)よりEPS(1株当たりの当期利益)を経営指標として重要視するらしいです。 日本株でEPSが高い企業ってどこでしょうか?

  • 回答No.2
  • tukusi2
  • ベストアンサー率19% (29/148)

借金帳消し策です。 全世界から輸入し 食うだけ食って 後は食い逃げ これ普通の国がやると、大変なことになりますが、アメリカに対抗できないので、為替変動=ドル安となります。イラク戦争が続いているのも関係あります。 戦費がドル流出に直結します。  円高になると、2~3年後の円安を狙って投機資金がアメリカに行きます。これも狙いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なぜ、ドル安になれば日本の株があがるのでしょうか? 双子の赤字を解消するために、なぜ円高ドル安→円安ドル高にもっていくのでしょうか? 2重の利益(為替利益・株の利益)がなぜ発生するのかを詳しく教えてもらえませんか? 頭こんがらがってきました。

  • 回答No.1
  • Flak45
  • ベストアンサー率29% (91/306)

引用  そのため総裁選が終わるまでは円安気味にしておき、その後は米国内の製造業に配慮してドル安にもっていく。伝統的に共和党は東や西の海沿いでは弱い。NYもカリフォルニアも民主党が強いが、雇用に直接影響する製造業の多い中西部は共和党色が強いため、ここで雇用を増やさなければ再選は危ないと踏んでいるのであろう。それにはドル安が効果的である。再選を目指すブッシュ大統領にとって、イラクでは日増しに反米色が強くなり、国内でも戦費負担で財政が悪化していることもあって、小泉政権の協力は欠かせないし、戦費負担も円高の方が頼み易い。そこでシナリオ通りの円高ドル安になったのではないだろうか。 ・・・当たらずとも遠からじではないでしょうか また 私の見る限り、中国に対し元の切り上げの早期実施を迫るため、国際的な包囲網を作ろうとしているように思える。 米国の貿易赤字の25%を占める中国の元が切り上げられねば、円高・ユーロ高になっても貿易赤字は減少しない。 急激な通貨高を嫌う日本とEUにも、中国元の切り上げに向け圧力をかける事に同調させようとしている様だ。 http://www.election.ne.jp/10548/archives/0000483.html という観測もあるようで、こっちも説得力がありますね。

参考URL:
http://www.mihara-atsuo.com/keyword/back/20031002.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なぜ、ドル安になれば日本の株があがるのでしょうか? 双子の赤字を解消するために、なぜ円高ドル安→円安ドル高にもっていくのでしょうか? 2重の利益(為替利益・株の利益)がなぜ発生するのかを詳しく教えてもらえませんか? 頭こんがらがってきました。

関連するQ&A

  • 経常収支が赤字に転じたら危険信号ですか

    3月3日、甘利明経済再生担当相は午後の参議院予算委員会で、経常収支に関して、赤字に転じたら危険信号だと発言しています。これだけ長期に経常黒字が続き、対外純資産が300兆円近くになり、世界一。しかも2位の中国の2倍もある。こんな時にちょっとでも経常赤字になったら大騒ぎするのでしょうか。外国のファンドが日本株を買って、少し利益を上げただけで一次的に経常収支の赤字に貢献します。一方で日本株を持っている日本人は株の値上がりで、それよりケタ違いに多い200兆円程度の利益を上げたでしょう。 ゼロサムゲームなので日本以外の国では経常収支は黒字になったり赤字になったりしているわけでしょう。外国からの借金が返せなくなったとき大騒ぎするわけで、黒字になったり赤字になったりするのに関しては全く問題ないと考えますが如何ですか。

  • 海外からの資金流入とは?ドル安にするとなぜアメリカに資金が流入しやすくなるのか?

    下記のサイト(後段)で榊原英資氏が米国がドル安政策を採っている理由は、海外から資金を流入させるためだといっています。 https://www.jarena.jp/reuters/20070301/index.html どういうことかよくわかりません。 なぜドル安にすると海外から資金がながれやすくなるのでしょう? そもそも資金流入とはなんでしょうか?? (ここでドル安=110円 ドル普通=115円 ドル高=120円と仮定します) 1ドル115円から110円になったら、1ドルあたり5円も安く買えるわけですからドルを買おうとする人が増えるのはわかります。この場合、日本は110円減って1ドル増えます。一方アメリカは、110円増えますが1ドル減ります。 ドル安にしたところで海外のお金(円)は入ってきますが、自国のお金(ドル)はその分出ていきます。これでは流入とはいえないです。しかもドルを買おうという人が増えたら自然にまたドル高になっていってしまいます。 【Q1】よってドル安による資金流入政策とはアメリカに円を流してアメリカからドルを吸い取る人を増やすことではないんですよね? ということで資金流入政策とは、現金と現金の交換やり取りではなくて、国債・社債・株式と現金のやりとりを活発にしようとしているのではないかと考えました。 つまり、アメリカ政府が1億ドル分、国債を発行するとします。 ドル普通だったら日本はそれを115億円出さないと買えませんが、ドル安だったら110億円で買えます。となると5億円も安く買えるチャンスということで、ドル安になれば、ドル国債を買おうとする人が増えるはずです。このとき、ドル国債を買うために、日本は110億円で1億ドル買って、1億ドルで1億ドル国債を買います。つまり日本から110億円がへって、1億ドル国債資産が増えます。一方アメリカは、1億ドル現金が増えるものの、現金交換の際に1億ドルが減って110億円が入って来て1億ドルの負債が増えます。110億円が入ってきて、1億ドルの借金が増えます。 これだったらまあまあ整合的です。 もっと言えば、アメリカに円が直接入ってきても使えないので、日本がアメリカ外の為替市場で110億円と1ドルを交換した上で、アメリカに対して1億ドル払うというスキームにして、アメリカには1億ドル現金が入ってきて1億ドルの借金が増えるというシナリオが最も整合的です。 【Q2】よってアメリカへの海外資金流入とは、アメリカが国債や社債や株を売ることと等しいと考えるに至りました。これで正しいと思うのですがいかがでしょうか?そしてドル安にするとそれらの国債や社債や株が安くなるので、売れやすくなる(資金流入しやすくなる)ということではないかと考えたのですがいかがでしょうか? 長文お付き合いいただきありがとうございましたm(__)m

  • アメリカでの株の取引について。

    私事で申し訳ないのですが、 来月からニューヨークに仕事の関係で、 行くことになったのですが、私は今、兼業として投資家という 職業を持っています。 そこでお聞きしたいのですが、アメリカで日本株の売買は出来るのでしょうか? それと私はデイトレ・スイング専門なので1日中、株価を見たいです。 それと同時にアメリカで日本株の売買が出来る証券会社はあるのでしょうか?

  • 「円高ドル安」の説明方法について教えてください

    経済のことは恥ずかしながら私自身あまりよく理解していなので 詳しい方に質問させて頂きます。 中学生の子に「円高ドル安」が日本の景気を悪くする説明として 以下のような説明を考えてみました。 出来るだけ簡潔な説明を考えたのですが、この説明で大丈夫でしょうか? もし間違っている点などありましたらどうか教えてください。 仮に、日本の自動車メーカーが100万円の自動車を 日本国内で作り、それをアメリカへ輸出し販売したとします。 この時、為替レートは「1ドル=100円」とします。 アメリカでは自動車の販売価格を1万ドルとして売ります。 自動車が売れた場合、1万ドルの儲けになり、自動車メーカーは それを円に換え、100万円の収入を得、その100万円から 日本国内で働く社員の給料を支払います。 この場合、会社は利益をあげることもでき経営は順調です。 では次に、為替レートが「1ドル=70円」だった場合です。 上記と同じような流れでアメリカ国内で自動車を売った場合、 問題がおきました。 アメリカ国内で1万ドルで売れたけど、それを円に換えたら 70万円にしかならなかった。 これでは自動車メーカーは日本の従業員に給料をしはらったら 儲けを出せず赤字になってしまう。 つまり、日本で作った製品を外国で売った場合、必ず 「日本で働く従業員に給料を支払うために、  その国の通貨から日本の円に両替する」 という作業が入る。 だから為替レートの変動が日本国内の輸出産業に影響を与え、 円高になればそこで働く従業員への賃金の低下、リストラなどが 行われ、国内の失業者の増加、消費力の低下などがおこり 結果、日本経済に悪影響を及ぼす。

  • 株価がまたまた乱高下してるみたいですねえ。

    昨年11月頃から購入した株が、今年の5月末に急に下がり、 その時点で含み損600万円になりました。 市場ではアメリカの金融緩和の縮小で資金が逃げ出したからとか、  日本株も過熱気味で調整時価だったとか、5月はヘッジファンドが逃げる 時期だとか、いろいろいわれていましたよね。 マスコミも、 もう株価はあがらない、戻らない、早めに損切り処分したほうが いいのではないか等と悲観論で一杯でした。 でも我慢して持ち続けました。 幸い7月18日には、逆に含み益300万円になって、 気分もホクホクでした。 しかし、昨日は、株価が430円ほど急落して、私の含み益も120万円に減っ てしまいました。またまたこれから下がり続けて損が増えるのではない方心配に なってきました。 マスコミは、中國の景気とシャドーバンキングの影響で日本の企業の利益が 市場予測より低くなってためだとか、今度は逆にアメリカの金融緩和策が 遠のくのではないかとか、そのため円買いが進んでいるとか等の理由で急落 したのだといわれていますね。 だからまたまた不安と心配の時期が訪れて落ち着きません。 これから株価はまだ下がり続けるのでしょうか。私はまだまだ日本株は上昇余地が あると楽観部分が多いのですが、どうでしょうか。

  • 米国の金利と為替レートと日本株の相関関係について

    一般的に「米国の金利が上がると為替は円安になる」と言われると思います。 また、「円安になると日本株は上がる」とも言われますので、つまるところ、「米国金利が上がれば、日本株も上がる」ことになるのでしょうか? 一方で、「金利が上がると株価は下がる」のが一般的かなと思うのですが、そうすると米国株価に連動しやすい日本株も下がるので、「米国金利が上がると日本株は下がる」となって、先ほどの仮説と逆の結果になってしまいます。 どちらが正しいのでしょうか? 為替や日米株価の連動性に関する基礎知識が無いので、どなたか簡潔にアドバイスいただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • 米国版Yahooファイナンスで日本株は見られない?

    米国版Yahooファイナンスのマイポートフォリオに日本株(東証の上場株)を登録したいのですが、日本株を表示する方法が分かりません。米国版Yahooファイナンスで日本株は見られないのでしょうか・・・。 トヨタなど、米国の証券市場に上場している株は参照できましたが、東証のみに上場している株もマイポートフォリオに並べて表示したいのです。どうぞよろしくお願いします。

  • どうしてこのタイミングでドル高!?

    はじめまして!FX初心者のものです。 どうかよろしくお願いしますm(_ _)m サブプライム問題から端を発し、先日出た米国消費者信頼感指数も カトリーナ以来となる低水準だったのにも関わらず、米国株は 大幅上昇⇒ドル高円安状況へ…。 まだまだ円高行くと睨んでいた自分はすっかり乗り遅れてしまいました…>< アメリカの景気の不透明さがかなり露出した信頼感指数だった のにも関わらず、どうして米国株上昇・ドル買が起こるのでしょうか? アブダビのCityへの85億ドルにて出資証券取得というニュース でドル高・米国株高となりましたが、Cityの株上昇は限定的だった にも関わらず、NYダウは大幅続伸しております…。 今回の流れは、 (1)FOMC利下げ濃厚⇒(2)預金から株へ資金シフト⇒(3)米国以外が米国株を取得の為、ドル買い⇒ドル高 といった背景なのでしょうか…。 もしご存知でしたら、今のドル高・米国株高の背景をご教授頂けたらと存じます。

  • 経済システム

    日米経済システムを以下のようにおおまかに考えていますが適切でしょうか? <流れ> ・米国が強大な消費国として存在する ・米国の消費に対して日本の輸出産業が商品を提供する ・日本に商品対価がもたらされる <貿易で得た政府の利益の流れ> ・米国の貿易赤字が拡大し、ドル安・円高が進む ・日本の輸出産業保護のため為替にドル買いで介入し円安にする ・ドル買いにより差損が発生する。同時にドルが溜まってくる ・溜まったドルで米国債を購入し米国の貿易赤字を補填する ・足りなければ国庫から米国債を購入し米国の貿易赤字を補填する ・米国の貿易赤字の補填により米国の消費が維持される <貿易で得た民間の利益の流れ> ・低金利政策により資金が米国に還流する ・還流により米国の金融サービス機能が高まる ・日本に再投資される(虚業が実業を吸収)

  • アメリカの株の格言を教えて

    米国の株式投資に関わる格言・名言を紹介して下さい。 格言を集めているサイトでも歓迎です。 英語サイトでもかまいません。 日本株の格言はすぐ見つかるのですが、ウォール街の格言をまとめているサイトはなかなか見つかりません。