• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

退職者の住民税はいつまで特別徴収?

(設例)  給与は、月末締めで、当月25日に支給です。  社員が9月5日に退職します。8月分の住民税は8月25日支給の給与から天引きしますが、9月分の住民税は、9月25日支給予定の給与から天引きするのでしょうか、それとも9月分以降は普通徴収になるのでしょうか。  なお、当該者は、退職金の支給はありません。また、9月25日支給予定の給与は、5日分しか支給されないため、8月分の社会保険料を天引きすると差し引き振込額はマイナスとなる見込みで、とても住民税を天引く余地はありません(ましてや、一括徴収など論外です)。それでも、会社からなにがしかの給与を支給する以上、その支給するタイミングでマイナスになろうがなかろうが、住民税はその月まで天引きをしなければならないのでしょうか。 (蛇足)本題からはズレますが、退職月も加味すると、退職時の住民税の扱いって、フローチャートは結構複雑ですねぇ。私にはとても書けません。  

noname#128540
noname#128540

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2163
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • hinode11
  • ベストアンサー率55% (2062/3741)

#2です。 >9月25日に支給する予定の金額が9月分の住民税を天引きしてもまだ余りが残るなら、10月分から普通徴収となるのでしょうか。 9月分の住民税を天引きしてもまだ余りが残るなら、10月分以後来年5月分までを一括徴収するか、または10月分以後は普通徴収とするかは、本人の希望に従います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 住民税の特別徴収について

    今年3月に退職して、6月の終わりに新しい会社に就職しました。7月初旬に住民税の納付書が自宅に送付されてきたため、会社に特別徴収をお願いしたところ、会社の返事は「住民税は昨年の収入に対して支払うもので、昨年は○○○(会社の名前)で支払った給与ではなくて、他のところで得た収入なのであるから、○○○が、給与天引きだとか特別徴収をする必要はない。来年からは○○○が支払った給与に対して支払うものなので、当然そうなりますが・・・」という返答でした。今まで何度か退職して就職した時にも同様に住民税の特別徴収をお願いしていましたが、そのようなことを言われたことがなかったため、驚いてしまいました。会社の言い分が法律的にひっかかる部分がないのはよくわかっております。が、私としては、そのようなことを言う会社に多少なりとも失望させられています。お伺いしたいのは会社がこのようなことを言うのは当たり前のことで、よくあることなのかと言うことです。その場合私の方が非常識だということになるので、それ以上何も言えませんが、もしそうでなかった場合、会社にどのように話をすれば良いのでしょうか? もし、何かご存知の方がいらっしゃたら教えて頂けますか?宜しくお願い致します。

  • 退職者の住民税について教えてください。

    退職者の住民税について教えてください。 6月いっぱいで退職する人の退職手続きを行うことになりました。 住民税について説明する必要があります。 私の認識では大きくわけて下記の2通りあるかとおもうのですが、 間違いなどありませんでしょうか。 また、こういうことも説明しておかなくてはならない、などもありましたら 併せてアドバイスいただけますと幸いです。 ※会社の給与支払い規定は 1日~末日分を翌月払い となっています。  →なのでこの人の最終給与は7月払いになります。 ※この人は7月頭から次の会社への転職が決まっています。 1.6月~の住民税の更新時、引き続き特別徴収として手続きを行い、   (1)最終給与で一括徴収する   (2)分割徴収とし、残りは次の会社で支払う 2.6月~の住民税の更新時、普通徴収として手続きを行う   ※この場合、会社側は給与支払報告・特別徴収に係る給与所得者異動届出書を出して終わり。    6月・7月給与では、住民税を徴収しない。    普通徴収の手続きは、自分で行ってもらう。 また、もしかしたら6月いっぱい退職ではなく、6月の中途半端な日で退職となるかもしれません。 その場合の、住民税の手続きはどのようになるのでしょうか。 一緒でしょうか? 以上、よろしくお願いいたします。

  • 住民税(特別徴収と普通徴収)の2重請求

    教えて下さい。 今年の6月分の給料明細に住民税が引かれていました。いつも通り天引きだと思いました。 そしたら、区役所から普通徴収の通知書がきました。 これはおかしいと思い区役所に確認したところ、 今年から会社が特別徴収から普通徴収に変更したとの事。その依頼に基づき普通徴収にしたと言っていました。 会社に確認したところ6月の給与までは天引きで住民税を支払うと話しています。 そこで質問です。 (1)6月分の給与が5月出勤した分の給与だと、こういう事がありえるのか? (2)6月分の給与が6月出勤した分の給与だと、こういう事がありえるのか? ※自分が(1)と(2)かはどちらか覚えていません。 (3)会社が特別徴収から普通徴収に本人の許可なく変えることは問題ないのか?なぜ変えるのか?変えるメリットが会社にあるのか? 参考:今の会社は2年以上働いていてその間は給与天引き(特別徴収)でした。 宜しくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • hinode11
  • ベストアンサー率55% (2062/3741)

#1です。 >給与から7月分の社会保険料(健康保険 & 年金保険)や所得税を差し引くと・・ この給与は、8月勤務分の給与(8月25日支給の給与)ですか。それとも、9月勤務分の給与(9月25日支給の給与)ですか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ありがとうございます。  大変な錯覚をしていました。#1のお礼欄では、1ケ月ズレてしまっていました。よって、#1お礼欄の後段の記載は取り消させていただきます。    で、#1のご回答に対して改めて質問させていただきます。    9月分から普通徴収とのことですが、もし、退職予定日が9月15日くらいだったとして、9月25日に支給する予定の金額が9月分の住民税を天引きしてもまだ余りが残るなら、10月分から普通徴収となるのでしょうか。あるいは仰せのように、あくまで9月分から普通徴収なのでしょうか。はたまた、本人との相談事項なんでしょうか。

  • 回答No.1
  • hinode11
  • ベストアンサー率55% (2062/3741)

この場合は、8月分の住民税を8月25日支給の給与から特別徴収し、9月分以降、来年5月分までの住民税については、いったん普通徴収になります。 本人が、別の会社に再就職するときは、たぶん、本人がその会社で特別徴収に変更するでしょうが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 早速のご回答ありがとうございます。  給与から7月分の社会保険料(健康保険 & 年金保険)や所得税を差し引くと、既にマイナス500円になるのですが、さらに8月分の住民税8千円を天引き?しても問題ないのでしょうか。この場合、逆に本人から8,500円を会社宛てに振り込んでもらうことになりますが。

関連するQ&A

  • 住民税特別徴収

    特別徴収対象者は給与を支払っている従業員で源泉所得税を支払っているものと指定がありますが、パート社員で源泉所得税が発生しない程度の給与支給額の場合でも対象となりますか? 結果住民税の年税額も0円になりますが・・・・ 専門の方お教えください。 できれば参考UHRの添付もいただけると助かります。

  • 住民税の特別徴収

    住民税の特別徴収 仮定の話ですいません。住民税を給与より特別徴収されている会社員が、何十億円の一時所得があり(相続した不動産を売却した等)、年収以上の住民税が翌年発生した場合住民税の特別徴収はどうなるのでしょうか? つまり、給与から住民税が徴収しきれない場合は、直接納付する普通徴収となるのでしょうか? 教えて下さい、お願いします。

  • 転職後の住民税について

    8月20日付で退職しました。前職は住民税は給与天引きでした。ちなみに給与は20日締めで28日払いでした。 10月末日に住民税46700円引き落としされていたのですが今回は何月分から何月分まで引き落としされたのでしょうか?。 ネット調べたころ住民税の普通徴収は6月、8月、10月、1月ということはわかったのですが前職で給与天引きされていたのは何月分までで、何月分から普通徴収で支払わなければいけないのか?また今回引き落としされたのは何月分から何月分までなのかよくわかりません。どなたか教えてください。 . この質問に補足する.

  • 住民税について

    住民税についてお伺いします。 6月より平成19年度分の住民税を特別徴収するのですが、 当社では当月分の給与は翌月15日に各社員に支払っております。 (6月分給与は7月15日に支給) この場合、各社員から住民税を特別徴収する場合、5月分の給与より 6月分の住民税を天引きする事になるのでしょうか。 そして、7月10日に各自治体に各社員より預かっていた住民税を納付するのでしょうか? ご教示お願い申し上げます。

  • 「普通徴収」と「特別徴収」名称がヘンだ?

    <住民税を給与天引きしない事業者が顕著> ・・岐阜県では給与所得者の34%が普通徴収・・ 個人住民税は所得税の源泉徴収と同様に、給与支払者が従業員の給与から住民税を天引きして納税しなければならない。しかし、本来は特別徴収し納められるべき住民税を、給与所得者が自ら納める(普通徴収)が見受けられる。 (新聞より引用) しかしそれなら「普通」「特別」の言葉遣いが逆の気がします。 1)なぜ、このような名前になったのでしょう。 2)別の名前にかえるとしたら、どんなものがいいでしょう。 その他、なんでもいいのでご意見をお聞かせください

  • 住民税の普通徴収

    A社:本業としている会社 B社:アルバイト(副業です) A社で住民税を天引きしています。(特別徴収) B社の住民税を特別徴収ではなく普通徴収にすれば、 本業となるA社にはバレにくいとの書き込みがたくさんありますが、 仮にB社で普通徴収にできた場合、 A社が『この社員、自社での特別徴収以外に普通徴収で住民税を払ってるな!』ということは把握されてしまうのでしょうか? (ちなみにA社もB社も給与所得です) もし、把握できるとした場合、どこでバイトをしているということまで 把握できてしまうのでしょうか? (不審に思い調べるとかでなく、A社に届く住民税の資料から把握できてしまうのでしょうか?)

  • 給与明細 住民税の疑問(普通徴収、特別徴収)

    サラリーマンです。 会社から給与が支給されています。 少しですが不動産収入があり、確定申告を行っています。 確定申告分 平成19年分について 住民税が税務署の手違いで特別徴収になってしまいました。 (普通徴収で申告したのに間違えられた) よって20年度会社の給料明細の住民税として天引きされていると思います。 確定申告分 平成20年分について 普通徴収となりましたので、納税通知書が手元にきており自分で支払っています。 疑問なのは、会社の20年度給料明細の住民税と21年度の給料明細の住民税が同じ額となっています。 (20年7月分~21年5月分 が同じ) 基本給が同じなので、21年度の給料明細の住民税は、普通徴収分が減るはずだと思うのですが同じなのです。 これは正しいのでしょうか? あるいは6月分あるいは7月分から減るのでしょうか? 会社での給与(税務)処理に確信が持てないため質問しています。 ご教示いただければ幸いです。

  • 住民税特別徴収継続届の発行について

    9月末で現職を退職し、10月1日から次の職場に転職するものです。 住民税の給与天引きを継続したいため、現職に住民税特別徴収継続届の発行を依頼したのですが、出来ないと言われてしまいました。 会社は住民税特別徴収継続届の発行を拒否できるものなのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 住民税が普通徴収から特別徴収に変更

    会社員です。 以前より、住民税に関しては、普通徴収で申請しておりました。 つまり、これまで、住民税を天引きではなく、自分で払っていました。 しかし、2007年6月の給与明細を見ると、住民税が特別徴収されています。 これは何故でしょうか? 役所に問い合わせた所、会社の経理に聞いてくださいと言われました。 しかし、元々、普通徴収で申請したのは、 副業した場合に、会社にバレないと聞いていたためです。 実際は、副業しておりませんが、変に上記について質問して、 勘繰られるのは嫌な為、躊躇しております。 あるいは、 今回の住民税の税制改正で、 単に経理が間違えて、 普通徴収だったものを特別徴収に変更してしまった 可能性はあるかもしれない為、 そのことを確認した方が良いのでしょうか? どなたか御詳しい方、教えて頂きたく、 どうか、宜しく、お願い致します。

  • 退職後の住民税について

    7月末に退職致しました。退職後、源泉徴収票の請求をしていましたがなかなか送られてこず、9月中頃にようやく送られて来ましたが、一緒に8月分給与明細が同封されていました(7月末で退職しているのに?)。 内容を見ると ・健康保険料 ・厚生年金保険 ・厚生年金基金 ・住民税 が控除になっており基本給はもちろん0円なので差引支給額が約マイナス7万円になっていました。この中で驚いたのが「住民税」が約5万円弱も引かれていた事でした(勤めていた時は約3千円弱でした)。住民税以外ののものは勤めていた時と大体同じ額が控除になっていました。 これは一体どういうことなのでしょうか?どこの会社でも退職後このような控除があるのでしょうか? あと、同封されてきたもので「平成17年度 特別区民税・都民税 特別徴収税額の通知書」というものがありました。これは一体何なのでしょうか。 税金等について全く無知なのでこの控除について納得できておりません。納得できる説明、参考URL・書籍の紹介等して頂けたら幸いです。 長くなりましたが何卒宜しくお願い致します。 ※このマイナス7万円ですが、勤めていた時に会社で積み立てていたものから引かれていました。この積立金も退職後すぐに請求していましたがなかなか支給されず、この7万円が引かれて支給されました(積立額約16万、支給額約9万)。