• ベストアンサー
  • 困ってます

住民税を普通徴収で収めたい

春に父親に病気で死なれ、保険金が出た。 一時所得で来年確定申告をする予定。 (1)私は給与所得のみ (2)保険金は一時所得となり、多分住民税が月に  今の5倍位になる見込み (3)来年6月からの住民税を会社から支給される給与からの  特別徴収でなく普通徴収にしたい  (理由は住民税を一括で納めたい → 給与から住民税 を引かれると給与での生活設計ができないから) で、普通徴収で収める方法があるのでしょうか? 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数170
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • kamehen
  • ベストアンサー率73% (3065/4155)

ご愁傷様です。 確定申告書の第二表の左下に「住民税に関する事項」がありますので、そちらで「普通徴収」の方にチェックを入れておけば大丈夫です。 ところで、その保険については、ご質問者様が支払われていた保険なのでしょうか、そうであれば一時所得ですが、もしお父様自身が支払われていた保険であれば、相続税の対象となり、相続財産の総額が基礎控除額(5千万円+法定相続人の数×1千万円)の範囲内であれば、相続税もかかってきません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

残念ながら一時所得です。 契約の変更も今更できませんので、、、、 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 住民税の普通徴収

    A社:本業としている会社 B社:アルバイト(副業です) A社で住民税を天引きしています。(特別徴収) B社の住民税を特別徴収ではなく普通徴収にすれば、 本業となるA社にはバレにくいとの書き込みがたくさんありますが、 仮にB社で普通徴収にできた場合、 A社が『この社員、自社での特別徴収以外に普通徴収で住民税を払ってるな!』ということは把握されてしまうのでしょうか? (ちなみにA社もB社も給与所得です) もし、把握できるとした場合、どこでバイトをしているということまで 把握できてしまうのでしょうか? (不審に思い調べるとかでなく、A社に届く住民税の資料から把握できてしまうのでしょうか?)

  • 2箇所から給与所得がある場合の住民税の徴収方法について

     現在A社(正社員)とB社(アルバイト)2箇所から給与所得を受けています。住民税の徴収をA社からの所得に対する住民税は特別徴収、B社からの給与に対する住民税は普通徴収にしたいのですが、どうしたらよいでしょうか?理由はA社にB社への就業がばれない様にする為です。  私の勝手な認識では確定申告の際(所得税の確定申告書Aを使用)、「住民税に関する事項」欄で指定できるのかと思っていました。しかし、「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」となっている為、lこの欄でそれぞれの給与毎に分ける事はできないという事なのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 住民税の普通徴収と還付

    不動産経営を始めたサラリーマンですが、初年度は初期コストがかかり、赤字決算になるため、確定申告では所得税の還付が受けられる見込みです。 職場に不動産賃貸は伏せたいので、住民税については、普通徴収を選択しました。給与所得分についての住民税は、特別徴収で21年度もしっかりと徴収されることでしょう 本来、所得税も還付されるのですから、住民税も、特別徴収にすれば、かなり低い住民税額になると思います。普通徴収を選択した場合、明年の末に、年末調整か修正申告をして、住民税の還付が受けられるのでしょうか? それとも、その分は受け取りを断念せざるを得ないのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

確定申告を行う際に、給与所得以外についての住民税の納付を特別徴収で行うか普通徴収で行うか選択することになるはずです。 (申告書に納付方法を指定する記入欄があります)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 副職分のみ住民税を普通徴収するのは犯罪と言われました

    役所でタイトルのように言われました。認識していたのと違うので戸惑いました。 2箇所から給与所得があり、本職の会社で年末調整、副職は確定申告をする仮定します。 住民税の徴収方法を本職は特別徴収。副職は普通徴収。 上記ができるものと思っていました。ただ、役所が対応してくれない場合もあるから確認した方がいいもの。と思っていました。給与所得以外の所得があるときは、特別徴収と普通徴収に分けることはできても、 2箇所の給与所得のときは、対応しないどころか、それは犯罪ですと言われて驚きました。 教えてください。 給与所得以外の所得があるときは、特別徴収と普通徴収に分けられて、2箇所の給与所得の時は、分けてもらえないのですか?それはどんな法を犯すことになるのでしょうか。

  • 住民税を普通徴収→特別徴収

    困っています。 去年8月に仕事を辞め、すぐに就職はせず9月以降の住民税(市民税・県民税)を普通徴収にて支払っています。今年新しい仕事場に就職し、 現在も住民税を普通徴収にて支払っています。可能であれば特別徴収に変更したいですが・・・  どなたか詳細をご存知の方がおりましたらアドバイスいただきたくお願い申しあげます。

  • 青色申告で課税所得が0の場合に住民税を普通徴収にしたらどうなる?

    住民税についての質問です、よろしくお願いいたします。 私はサラリーマンとの兼業で平成20年度に開業届けを出して今回はじめて青色申告する者です。 平成20年度は、 ・給与所得が約520万円(年末調整済み) ・事業所得が約300万円の赤字 で、所得の合計は約220万円で、そこから医療費や各種控除を行うと課税される所得金額が0円になりました。 営業などの事業所得は総合課税とありますので、給与所得との合算になってしまい、事業所得の赤字だけを切り分けて次年度に損失の繰延べができるのならそうしたいのですが、それはできないかと思いますので青色申告は課税所得が0円で申告するつもりです。 事業所得だけを分離して繰延べできる方法がありましたら教えて下さい。 ここで、教えていただきたいのですが、課税所得が0円での青色申告時に住民税の徴収方法で普通徴収を選択するつもりなのですが、普通徴収とした場合に21年度に給与から引かれる住民税の金額はどうなるのでしょうか? 普通徴収にしたにもかかわらず、給与から引かれる住民税はほぼ0円になるのでしょうか? それとも、普通徴収にしたので給与からは20年度の給与所得に基づいた住民税が差し引かれ、一方の赤字の事業所得に対する住民税は0円になるので、事業所得に対する住民税を支払う必要だけがなくなるのでしょうか?この場合、給与所得に対して支払った住民税は還付されるのでしょうか?還付されるとするならば、いつ頃どのように手続きすればいいのでしょうか? 課税所得が0円なので、そもそも普通徴収ではなく特別徴収を青色申告時に選択するべきなのでしょうか? なにぶん始めての青色申告でしかも課税所得0円という事態で戸惑っており、勤め先から住民税が0円ということで変に思われたくもありませんので、すみませんがご回答よろしくお願いいたします。

  • 住民税の特別徴収

    住民税の特別徴収 仮定の話ですいません。住民税を給与より特別徴収されている会社員が、何十億円の一時所得があり(相続した不動産を売却した等)、年収以上の住民税が翌年発生した場合住民税の特別徴収はどうなるのでしょうか? つまり、給与から住民税が徴収しきれない場合は、直接納付する普通徴収となるのでしょうか? 教えて下さい、お願いします。

  • 住民税の普通徴収について

    住民税の普通徴収について 生活が苦しく副業を考えていますが、収入が増えると住民税が上がり会社にバレてしまうと聞きました。 そこで、住民税を普通徴収にすれば会社に請求がいかないと聞いたのですが、これは副業で得た収入だけを普通徴収にすることが出来るのでしょうか? 入社して間がないため来年一月までは住民税を普通徴収で支払っています。 一月になれば特別徴収に変わるらしいのですが、そこで「普通徴収のままで」と言っても怪しまれると思います。 副業分だけ普通徴収にすることは可能でしょうか。 皆様の御見解をお願いいたします。

  • 副業の住民税を別にするにはどうすればよいのでしょうか?

    副業を本業にばれないようにするためには、確定申告で住民税を普通徴収にすることまでは分かったのですが、実際確定申告を行おうとしたところ、副業分も給与所得になっていることに気づきました。 確定申告の際に最後に選ぶ住民税の納付方法は、給与所得以外ですよね? 税務署の方に聞いたら、給与所得で住民税を分けて納付はできないのではないかといわれました。 前年確定申告をしていませんでしたが、住民税の通知書の給与以外の支払い項目にチェックがなkったのはそのせいでしょうか? 皆さんの副業の所得はどんな区分になっているのでしょうか。今のままだと本業の給与と合算して特別徴収するしかないのでしょうか。

  • 住民税を特別徴収にしないで普通徴収にすれば絶対にばれませんか?

    住民税を特別徴収にしないで普通徴収にすれば絶対に会社の経理にばれませんか? 副業でお小遣いを稼ぎたいのですがばれて首になるのが怖いのです。 働く場所でばれるとか以前に収入関係で経理にばれない保障があればいいのですが?うまくやっている方教えて下さい。

  • 給与支払事業者なのに住民税が普通徴収になっているのはなぜ?

    給与支払事業者なのに住民税が普通徴収になっているのはなぜ? 職歴 (1)2009年2月まで 無職 (2)2009年3月~5月 A社(フルタイム派遣)給与合計約60万円             「給与所得者の扶養控除等申告書」提出  (3)2009年6月~現在 B社(パートタイム派遣)2009年度給与合計約80万円             「給与所得者の扶養控除等申告書」提出。              A社の源泉徴収票提出せず。年末調整済。副業可。 【現在はB社でパートを続けながら、フルタイムの仕事を探し中】 2009年度は2ヵ所からの給与所得があり、本来は今年は確定申告すべきだったのかもしれませんが、申告すると数千円追徴されるとか、そもそも収入が少ないので申告義務がないのではとのアドバイスを受け、結局今年は確定申告しませんでした。 また、B社に提出した履歴書にはA社での勤務経験は書かなかったので(3ヶ月程度で辞めてしまったため)、本来はA社の源泉徴収票をB社に提出して2社分をまとめてB社で2009年度の年末調整してもらうべきところ、前述の事情でできませんでした。 そして今年6月、自治体より「住民税の普通徴収」の用紙が送付されてきました。これまで転職にばかり気を取られていて、すっかり税金のことは忘れていました。B社はパートとはいえ給与支払事業者なので本来は「特別徴収」のはず(ですよね?)。A社での勤務も収入があったこともB社には伏せていたので私は「普通徴収」で助かったのですが(笑)、 (質問1) 「住民税は普通徴収でお願いします」とリクエストできるチャンスのある確定申告を今年はしなかったにもかかわらず、なぜ「自動的に普通徴収」になっているのでしょうか? B社は「本来特別徴収すべきところをしていない」ということでしょうか?「副業可能なパートなのでいつ辞められるかわからないし面倒だから普通徴収にしとこう」とかB社は選択できるのですか? それとも私の昨年度の給与受取情報を自治体がB社に通知せず、自治体が勝手に「普通徴収」にしてくれたのですか? (質問2) このまま来年度も「普通徴収」になるとありがたいのですが、普通徴収のままでしょうか?  以上よろしくお願いします。

  • 所得税還付がある場合の住民税普通徴収について

    主として給与所得があり、不動産収入があるため所得税の確定申告をしました。減価償却もあって、不動産収入分の所得がマイナスとなり、給与所得と通算して所得税の還付を受けました。 住民税ですが、確定申告の際に「普通徴収」にチェックをつけて申告しています。この場合、住民税の調整はどのようになるのでしょうか? 「普通徴収」にチェックしていても、給与所得+不動産所得で計算されて会社に通知され、会社からくる住民税決定通知が減額されているような形になるのでしょうか?

  • 住民税(普通徴収)の返金について

    今月から、住民税が給与より天引き(特別徴収)されることを失念し、 第四期分(2013年1月末支払期日)の住民税を支払書(普通徴収)で支払いました。 この場合、市の税務課に上記の事情を話せば、普通徴収分は返却されるのでしょうか。 以上、よろしくお願いいたします。