• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

住民税の普通徴収について

住民税の普通徴収について 生活が苦しく副業を考えていますが、収入が増えると住民税が上がり会社にバレてしまうと聞きました。 そこで、住民税を普通徴収にすれば会社に請求がいかないと聞いたのですが、これは副業で得た収入だけを普通徴収にすることが出来るのでしょうか? 入社して間がないため来年一月までは住民税を普通徴収で支払っています。 一月になれば特別徴収に変わるらしいのですが、そこで「普通徴収のままで」と言っても怪しまれると思います。 副業分だけ普通徴収にすることは可能でしょうか。 皆様の御見解をお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1305
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • ma-fuji
  • ベストアンサー率49% (3865/7827)

>そこで、住民税を普通徴収にすれば会社に請求がいかないと聞いたのですが、これは副業で得た収入だけを普通徴収にすることが出来るのでしょうか? できます。 通常、本業の会社からも副業先からも「給与支払報告書」が役所に提出されます。 役所はそれをもとに両方の収入を合算し、住民税を計算し本業の会社に副業分の住民税も合わせて通知し給料から天引きしてもらいます。 そのため、会社の担当者がそれに気づけば副業がばれます。 これを防ぐには、確定申告してその申告書の第二表に「給与所得・公的年金等に係る住民税の徴収方法の選択」という欄があるので、そこで「自分で納付」にチェックを入れれば、副業分の住民税の通知は貴方のところ郵送され本業の会社に行かないのでばれません。 バイトも「給与所得」ですが、ほとんどの役所でこの対応をしてくれます。 心配ならお住まいの役所に電話などで確認されたらいいと思います。 副業が給与所得でなければもちろんどこの役所でもOKです。 >一月になれば特別徴収に変わるらしいのですが、そこで「普通徴収のままで」と言っても怪しまれると思います。 本業の会社は「特別徴収義務者」ですから普通徴収はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 解答者様のおかげで安心いたしました。 早速アルバイトを探したいと思います!本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 住民税の特別徴収⇒普通徴収の変更について

    住民税の特別徴収⇒普通徴収の変更について もともと本業の収入の住民税は普通徴収でした。 昨年友人と副業を会社にして運営しています。もちろん本業の収入も別途あります。 副業の会社の給料は微々たる物です。 今年になって突然住民税の特別徴収の納付書が副業の会社宛に送られてきました。 しかし、その住民税の額は副業の会社での給料額を超えていて、給料を全部天引きしても足りません。 副業の会社の住民税の特別徴収を辞めてもらう(=元の普通徴収に戻してもらう)事はできないものでしょうか? (個人個人で普通徴収に戻してもらう手続きしかないのでしょうか?) よろしくお願いします。

  • 住民税の普通徴収

    A社:本業としている会社 B社:アルバイト(副業です) A社で住民税を天引きしています。(特別徴収) B社の住民税を特別徴収ではなく普通徴収にすれば、 本業となるA社にはバレにくいとの書き込みがたくさんありますが、 仮にB社で普通徴収にできた場合、 A社が『この社員、自社での特別徴収以外に普通徴収で住民税を払ってるな!』ということは把握されてしまうのでしょうか? (ちなみにA社もB社も給与所得です) もし、把握できるとした場合、どこでバイトをしているということまで 把握できてしまうのでしょうか? (不審に思い調べるとかでなく、A社に届く住民税の資料から把握できてしまうのでしょうか?)

  • 住民税を特別徴収にしないで普通徴収にすれば絶対にばれませんか?

    住民税を特別徴収にしないで普通徴収にすれば絶対に会社の経理にばれませんか? 副業でお小遣いを稼ぎたいのですがばれて首になるのが怖いのです。 働く場所でばれるとか以前に収入関係で経理にばれない保障があればいいのですが?うまくやっている方教えて下さい。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
  • jfk26
  • ベストアンサー率68% (3287/4771)

<前回の続き> >そこで、住民税を普通徴収にすれば会社に請求がいかないと聞いたのですが、これは副業で得た収入だけを普通徴収にすることが出来るのでしょうか? 住民税は前述のように本業と副業と言うように別々に計算されるわけではなく両方を合算して計算しますから、正確には普通徴収になるのは合算の金額から本業分だけを計算してそれを差し引いた金額になります。 適切な例えかどうか判りませんが、電車に乗るときにA駅からB駅そこから別の鉄道に乗り換えてC駅に行ったときにAからBが150円でBからCが180円とします。 ところがAからCまでは330円のはずですが、通しで買うと乗り継ぎ割引があって280円になったりしますね。 するとその280円だけを見てAからBが150円だからBからCは130円だと思ってしまうと間違いですよね、似たようなものだと考えてください。 >入社して間がないため来年一月までは住民税を普通徴収で支払っています。 一月になれば特別徴収に変わるらしいのですが、そこで「普通徴収のままで」と言っても怪しまれると思います。 住民税はその年の収入に対して翌年の6月から翌々年の5月までに掛けて支払います。 ですから来年の1月から5月までに特別徴収されるのは、平成21年の収入に対しての金額ですから問題はありません。 問題になるのは平成22年の収入に対して、平成23年6月から平成24年5月までに支払う分です。 ですから平成22年の確定申告を平成23年の年明けに前述のようにやると言うことです。 >副業分だけ普通徴収にすることは可能でしょうか。 ですから市区町村の役所によって異なりますので、事前に可能かどうかを確認するということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • jfk26
  • ベストアンサー率68% (3287/4771)

いずれにせよ2ヶ所から給与をもらっているのであれば、確定申告をしなければなりません。 本業と副業の収入を合計して確定申告をすることになります。 その書類が税務署から質問者の方がお住まいの市区町村の役所へ報告されます。 役所はその本業+副業の金額を合計して住民税を計算して、本業の会社へ特別徴収(給与からの天引き)するように、通知してきます。 このときに会社に来る特別徴収の税額の通知書には、主たる給与所得(つまり本業での所得)、その他の所得(つまり副業での所得)、主たる給与以外の合算合計所得区分(つまり副業の所得の種類、給与所得とか事業所得とか雑所得とかの区分)、総所得金額(つまり本業の所得+副業の所得)が書かれています。 つまり副業をしていなければ、その他の所得と主たる給与以外の合算合計所得区分は空欄のはずで、主たる給与所得と総所得金額は同じはずです。 まっとうな会社のまっとうな担当者であれば、数字に間違いがないかこれをチェックするはずです。 ですから副業していなければ本来数字の入っていない箇所や、区分チェックの入っていない箇所に数字やチェックがあればすぐに気づくはずです。 また主たる給与以外の合算合計所得区分が出ていますので、例えば株で儲けたと嘘を言っても、給与所得欄にチェックが入っていればすぐにバレます。 もちろん会社自体がずぼらであったり、あるいは担当者がずぼらであったりすればそのまま通ってしまうか可能性はあります。 そこらの会社の内部事情はわかりませんので、質問者の方自身が判断するしかないでしょう。 ではその場合にはどうしたらいいかというと、役所の住民税の担当部署(徴税課とか収税課とかの部署名ではないか)へいって、訳を話して住民税の支払方法を本業分は特別徴収(給与からの天引き)に副業分は普通徴収(窓口で本人が直接支払う)に分けてくれるようひたすら頼む。 そうしてくれることが役所の義務ではないのでどうしてもダメといわれたら、それまでであきらめるしかない。 しかしラッキーにもやってくれるといえば、その手順を詳しく聞いてそれにしたがって本業+副業の収入を税務署に確定申告をする。 そうすればバレる可能性は少ないでしょう。 もう一度手順を書くと。 まず会社で住民税を特別徴収されている場合は原則として普通徴収に出来る副業分の住民税は給与所得以外で、給与所得は出来ません。 そこで市役所の住民税の担当部署(徴税課とか収税課とかの部署名ではないか)に電話して、給与所得の副業分の住民税だけを普通徴収に出来ないか聞きます。 1.原則に則り出来ないと言われたら出来ませんのであきらめてください 2.できますと言われたらその指示に従ってください 例えば A.確定申告のときに「自分で納付(普通徴収)」を選択するだけで良いといわれたら 来年になって確定申告のときに申告書の下記の「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」にあるように、「□ 自分で納付(普通徴収)」にチェックして申告書を提出すれば良いだけです。 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2007/a/12/12002000.htm B.事前に役所に連絡してくださいといわれたら 来年になって確定申告をするときに事前に役所に連絡して副業分を普通徴収にするように頼んで、あとはAと同じ手順です。 それから本業、副業共に源泉徴収票をもらうこと、その両方を併せて確定申告をするからです。 また副業が給与所得以外の場合はそのままAの方法でかまいません。 確定申告をしなければ、本業と副業の両方の会社が役所に提出した給与支払報告書が役所で合算されて住民税が計算され本業の会社に特別徴収のために通知されます。 ですからバレます、そうしないために確定申告してその段階で本業分と副業分に分けるのです。 なお確定申告は還付の場合ですと税務署も年明け早々の1月頃から受け付けています、このころはまだ人もまばらで職員もヒマなので結構親切に教えてくれますよ。 2月半ばを過ぎると一般の個人事業の人が確定申告のために殺到して戦争状態です、初心者がゆっくり説明を聞くなどという時間は殆どないのでなるべく早めに行くと良いでしょう。 確定申告の際に必要なものは本業と副業の両方の会社からもらった2枚の源泉徴収票と印鑑です。 それから還付は振込みになりますから口座の判るもの、キャッシュカードや預金通帳、あるいは必要事項、金融機関名(銀行、信用金庫、信用組合、郵便局)、支店名、口座種別(一般には普通預金口座でしょうが)、口座番号、口座名義人(当然質問者の方自身になりますが)をメモして行ってもいいでしょう。 <字数制限で続く>

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんなに詳しく説明して下さり、本当にありがとうございます。 早速アルバイトをしてみようと思います。お世話になりました。

  • 回答No.3
  • coco1701
  • ベストアンサー率51% (5323/10242)

>副業分だけ普通徴収にすることは可能でしょうか  ・基本的には出来ないけど、市役所の課税課にお願いして了解を得れば可能   対応してくれるかどうかは、市役所の担当者次第・・100%不可能ではないが、100%可能でもない  ・確定申告の時に一応普通徴収希望にチェクは入れといて下さい   後日、市役所に行って、副業分は普通徴収でお願いをする

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

>副業分だけ普通徴収にすることは可能でしょうか… 副業が給与所得以外の所得であれば、確定申告の際にその旨を意思表示することによって、副業分にかかる住民税を普通徴収することができます。 申告書第2表の右下のほうです。 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h21/02.pdf 給与所得以外の所得とは、 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm なお、自治体によっては、副業が給与所得でも普通徴収を可とするところもあるように聞きます。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • 86tarou
  • ベストアンサー率40% (5094/12699)

副業分だけ普通徴収にすることは可能でしょうか。> 不可能です。全額普通徴収か特別徴収の選択しかありません。 住民税は前年の所得から算出します。その所得は全ての収入を合算しないと分からないので、どちらかだけの所得なんて計算しようがありません(所得税の算出方法が分かると理解出来ます)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 住民税が普通徴収から特別徴収に変更

    会社員です。 以前より、住民税に関しては、普通徴収で申請しておりました。 つまり、これまで、住民税を天引きではなく、自分で払っていました。 しかし、2007年6月の給与明細を見ると、住民税が特別徴収されています。 これは何故でしょうか? 役所に問い合わせた所、会社の経理に聞いてくださいと言われました。 しかし、元々、普通徴収で申請したのは、 副業した場合に、会社にバレないと聞いていたためです。 実際は、副業しておりませんが、変に上記について質問して、 勘繰られるのは嫌な為、躊躇しております。 あるいは、 今回の住民税の税制改正で、 単に経理が間違えて、 普通徴収だったものを特別徴収に変更してしまった 可能性はあるかもしれない為、 そのことを確認した方が良いのでしょうか? どなたか御詳しい方、教えて頂きたく、 どうか、宜しく、お願い致します。

  • 住民税を普通徴収で収めたい

    春に父親に病気で死なれ、保険金が出た。 一時所得で来年確定申告をする予定。 (1)私は給与所得のみ (2)保険金は一時所得となり、多分住民税が月に  今の5倍位になる見込み (3)来年6月からの住民税を会社から支給される給与からの  特別徴収でなく普通徴収にしたい  (理由は住民税を一括で納めたい → 給与から住民税 を引かれると給与での生活設計ができないから) で、普通徴収で収める方法があるのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 住民税 普通徴収と特別徴収の違いについて

    二度の質問で失礼します。 去年夏に退職、その後失業中のため自動的に特別徴収から普通徴収に切り替われました。 住民税を滞納しているため、これから払える分だけ払い、残りは分割でお願いすることになりそうです。 その関係で今まで見落としていた金額まで目を通すようになり、 自分の明細書を手にし、ふと思ったのですが 特別徴収の税額と普通徴収の税額というのは金額が大きく変わってしまうものなのでしょうか? 去年のいつごろかから忘れてしまいましたが住民税が大きく値上がりすることは存じておりました。 ですからその前月分よりも金額が跳ね上がることは承知しているのですが、 当時給料から天引きされた金額の平均をとっても、今、普通徴収として請求されている金額よりも ずっと高い金額になっているので、 アレ??? と思いました。 今まで特別徴収で払っていた住民税から、普通徴収に切り替えた段階で、決定される住民税額はどのようにして算出されているものでしょうか? わかりにくい内容で申し訳ないです その都度、補足していきたいと思っています どなたか よくおわかりの方、ご教授いただけないでしょうか? よろしくお願い致します 

  • 副業の住民税 普通徴収について

    今まで派遣社員として働き 朝は新聞配達をしていましたが昨年の4月に今の会社に正社員として入社する事ができました 現在も副業としまして新聞配達の方は続けています 今までたくさんの人が質問されていましたように副業の事は会社に知られたくないので 市役所の市民税課に副業は普通徴収にできないかと問い合わせましたら 会社は法律により原則 特別徴収と決められているとの事で他の質問者に対する回答にありましたように普通徴収扱いにしてもらえません これが雑収入であれば普通徴収にできるそうですが新聞配達の会社の源泉徴収票に給与所得と書かれてあるので仕方ないのでしょうか? 会社ではアルバイト禁止のようなので 住民税は自分で支払いたいのです

  • 副業の場合の普通徴収について

    会社で住民税がひかれています。 給与収入以外の収入についての住民税は、「普通徴収」にすれば、 会社にバレる可能性を少なくすることはできる、ということを聞いたのですが、実際どのように行動するのかイメージがつかめません。 本業 副業先 市役所 他 に対してどのようにアクションを起こせばいいのでしょうか?

  • アルバイトのみ普通徴収にすることはできますか

    家族が入院し少しでも収入を増やしたいと思い本業の会社勤務のほかアルバイトを考えています。アルバイトで年間90万位は稼ぎたいと思っています。(会社にばれずに) 過去の質問にも副業の普通徴収について回答は多々あるのですが、 一点分からない事があるので教えて下さい。 普通徴収は自分で住民税を支払う方法と理解できたのですが、アルバイトでの収入のみを普通徴収する事は可能なんでしょうか? 現勤務先では今まで通りの特別徴収で経理には何も知らせず最初から黙っておきたいのです。(ばれるとちょっとまずい展開になりそうで) なおアルバイト先には普通徴収にしたい旨を最初から伝えたほうがいいですか?言っておかないと源泉徴収票はもらえませんか? どうぞよろしくお願いします。

  • 住民税を普通徴収→特別徴収

    困っています。 去年8月に仕事を辞め、すぐに就職はせず9月以降の住民税(市民税・県民税)を普通徴収にて支払っています。今年新しい仕事場に就職し、 現在も住民税を普通徴収にて支払っています。可能であれば特別徴収に変更したいですが・・・  どなたか詳細をご存知の方がおりましたらアドバイスいただきたくお願い申しあげます。

  • 住民税(特別徴収と普通徴収)の2重請求

    教えて下さい。 今年の6月分の給料明細に住民税が引かれていました。いつも通り天引きだと思いました。 そしたら、区役所から普通徴収の通知書がきました。 これはおかしいと思い区役所に確認したところ、 今年から会社が特別徴収から普通徴収に変更したとの事。その依頼に基づき普通徴収にしたと言っていました。 会社に確認したところ6月の給与までは天引きで住民税を支払うと話しています。 そこで質問です。 (1)6月分の給与が5月出勤した分の給与だと、こういう事がありえるのか? (2)6月分の給与が6月出勤した分の給与だと、こういう事がありえるのか? ※自分が(1)と(2)かはどちらか覚えていません。 (3)会社が特別徴収から普通徴収に本人の許可なく変えることは問題ないのか?なぜ変えるのか?変えるメリットが会社にあるのか? 参考:今の会社は2年以上働いていてその間は給与天引き(特別徴収)でした。 宜しくお願いします。

  • 住民税(普通徴収)の返金について

    今月から、住民税が給与より天引き(特別徴収)されることを失念し、 第四期分(2013年1月末支払期日)の住民税を支払書(普通徴収)で支払いました。 この場合、市の税務課に上記の事情を話せば、普通徴収分は返却されるのでしょうか。 以上、よろしくお願いいたします。

  • 中途採用の住民税の普通徴収

    私は平成23年度9月より今の会社にアルバイト入社しました。そしてその年の源泉徴収票を見たら、摘要欄に 普通徴収 と入っているので住民税を自分で納めるということですよね? 実は私、今の会社に入る前から今年の5月までお水の仕事をしていました。入社時に前職収入は当時お水と掛け持ちしていた飲食店しか申告しておらず、当時は無知で23年度の確定申告もしていません。 その場合、23年度の住民税を払うとき、お水での収入分の住民税も支払いは出来ますか?あと、全て普通徴収の場合住民税を納めた額を会社に知られませんか? ご回答よろしくお願いします。