• 締切済み
  • 困ってます

WEB用の文の作成をお願いしたら、自分で考えてと言われました。

WEBデザイナーとして仕事を始めたばかりです。 クライアントと私の間にコンサルタントの人が挟まった状態で仕事をしています。先日、ホームページの会社説明や、商品説明、理念に入れる文章を作成してくださいとお願いしていただけるようにコンサルトの人にメールを送ったら、『本の原稿を渡してあるんだから、それを読んで考えて抜粋するなりしてください。』と返事が返ってきました。 コンサルタントの人は『そんなこと言ったら、本を読んでよって言われるよ。』とも言ってました。 この感じだと、クライアントにメールもしていない様子です。 コピー(キャッチ)の制作料はもらっていますが、原稿料のお金はいただいていませんし、原稿を作成するなんていままでしたことがありません。(わたしはライターではありませんし、基本的に文章はクライアント用意するものだと思っていましたから...) これは、私の仕事なのでしょうか?それとも強く言ったほうがいいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数109
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.6

WEBの世界は門外漢なので、どういうのが常識かはわかりませんが… ご質問内容と、これまでの回答へのお礼を読んでいると、 ご質問者様の中で、もう結論は出ているような気がしますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 原稿を作成する人について

    本などを出すのが目的で、原稿を作成 している人は、どうやって作成している のでしょうか。一冊の本にするには、原稿 数百枚は必要です。そんな膨大な量の原稿 をどうやって作成しているのか知りたいです。

  • ホームページを作成したいのですが

    こんばんわ!この度仕事(人材コンサルタント)を兼ねて求職者のためのホームページを作成しようと思っているのですが、とにかく初めて作成するものですから何から始めれば良いのかよく分かりません。そこでご相談なのですが、参考にすべき本、ホームページ等情報源があれば教えてください。よろしくお願いいたします。

  • 提案企画を行う人がITコンサルタントと呼ばれる人なのでしょうか?

    私はSEを目指している大学生です。 ITコンサルタントについて調べていまして、コンサルタントは企業の業務改善や改革をITを活用してお客様に最適なシステムを提案する人だという事がわかりました。 SEの仕事の流れは企画提案→設計→実装→納入 という事ですが、企画といった段階はコンサルタント が行うのでしょうか?(コンサルタントという肩書きがなくても コンサルティングができる人) それとも普通のSEが企画からするのでしょうか? (普通といってもある程度知識を積んできたSE) ITコンサルトの位置づけというものがよくわからないのです。 どなたか簡単に説明していただけませんか??

  • 回答No.5

フリーでこの仕事を始め、現在は数人のスタッフを抱えて仕事をしております。 私も当初は右も左も判らずにクライントの要望を全て受け入れて形にしておりましたので、案件がいつ果てるとも知れない不安に襲われながら進行していた覚えがあります。 その経験からアドバイスします。 まず、仕事である以上は効率を念頭に置かなければなりません。作業時間=対価です。 ウェブデザイナーがいちいち文章の中身まで考えていたら仕事が捗りませんので基本的に原稿はもらいましょう。 もちろん原稿も含めて「すべてお任せします」というご依頼もありますので、その場合は企画料として上乗せします。 原稿の内容がサイトイメージと合わないなどの理由からリライティングする事もありますが、それでもゼロから起草するのと比べて明らかに作業量が異なります。 そのコンサルの方が何もしないのですか?、問題はそこにあると思います。 私はライティングが得意な方なのですが、それでも毎回クライアントの業務を十分理解し、利益に繋がる文章を書くのは大変な作業です。 幾度となくクライアントに取材し、人柄が伝わるような話を引き出し、良いところを表現して行くのは中々骨の折れる作業です。 でも、それをしないと創作になってしまいます。 他の方がおっしゃっているように、この仕事には「全部やってくれるんじゃないの?」的な期待をされるクライアントも大勢いらっしゃいます。 ウェブの仕事は幅が広く、もはやフリーなら全部できて当たり前というのは誤解です。人によって得意不得意がありますから。 これまで出合った個人のウェブデザイナーで、デザインからすべてを一人で完璧に賄える人はごく一部でした。 仮にウェブ制作会社であっても、多くの場合はデザイン系、システム系、SEOと専門分野が分かれているように思います。 いきなり手を広げていたずらに疲弊するよりは、効率を第一に考えて無理の無い範囲で仕事を請ける事が長続きの秘訣だと思います。 これまで駆け出しのウェブデザイナーに「何でもできますから」と言われて案件を任せ、幾度と無く同様の問題に直面しました。 仕事には品質や納期といった責任が発生します。 せめて元請には無理は無理と言えないまでも、苦手である事を伝える事は重要ですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>そのコンサルの方が何もしないのですか? 簡単なショッピングサイトを作っているのですが、プライバシーポリシー、リターンポリシー、などの文言の用意をお願いしますと言ったら、『似たような感じのサイトからコピペして』と言われました。 ポリシーは会社によって違うから用意してくださいと言ったのに...。そんなことしてあとで何かが起こったりしたら...と思うと、このコンサルタントを信用していいのかさえ疑わしくなってきました。 >「何でもできますから」と言われて案件を任せ、幾度と無く同様の問題に直面しました。 コンサルタントには出来ること、出来ないことをちゃんと伝えた上で『もし、どうしても必要ならばどなたかプロの方をそちらで手配してください』とも言ってあります。 ですが、どうやらそのコンサルタント自身、人材を全く確保できていない状態のようで、様々な仕事を持ってこられます。 そのコンサルタントを知っているプログラマーの友人に事情を話したところ、早く見切りをつけた方がいいよと言われました。

  • 回答No.4
  • yk1960
  • ベストアンサー率60% (29/48)

法人IT事業の経営者です。 会社組織としてのデザイナーでなく個人で独立して仕事を請けておられるのですね?私も経験があるのでよくわかります。 個人として独立してウェブデザイナーで仕事をしたいのであれば残念ではありますが、 そのコンサルタントの言われるのが、この業界ではごく普通です。サイトに掲載する 文章作成は当然できるものとして扱われます。できなければ自然に仕事の依頼がこなくなります。 また、すべてではありませんが、次から次へと修正や要求を出してお金の追加はないと いったことも個人デザイナーに対しての扱いとしては、よくあることです。 ※実績があり、お客様との力関係で上になれば、無茶な要求はされなくなります。 別料金として要求できるようになります。仕事が選べるようになり最初から断ることが できるようになります。そうなるには早い人でも2、3年はかかるようです。 その前にやめていく人が多いのも事実ですが・・・。残念ですがそれが現実です。 これから仕事を続けていくとわかってきますが個人のウェブデザイナーは、何から何 まですべて要求されます。訂正につぐ訂正で検収が半年たっても終わらずお金がもら えないことも多々あります。 検収後も修正も無料で行って当然といった態度で迫られるでしょう。 レンタルサーバーの不具合で関係ないのに「ホームページが見えない、どうなっている!」と制作者へ何故か電話がきたりする世界です。 理不尽極まりない仕事、それが独立した個人ウェブデザイナーの最初の洗礼です。 これらを乗り越えクライアントの信頼を得ることができれば楽しい仕事となります。 めげずにがんばってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

そういうものなんですね。たしかに前々からそう感じてはいました。おなじコンサルタントからフライヤー制作の仕事をもらったときに、タイトルと2-3行の簡単な説明を渡されて、A4両面のフライヤーを作るように言われ、4度も5度も修正があった上に、金額は見積もりの半分しかもらえず、しかも入金が納品後、1ヶ月も経ってから..なんてことがありました。 >個人のウェブデザイナーは、何から何まですべて要求されます。 一通り、WEBで必要なことはすべてこなせはするので、他の案件では何の問題もなく仕事は進んでいます(このコンサルタントからの仕事ではなく)...ただ、この案件だけコンサルタントが間に入ってることで、話がややこしくなっているのです。クライアントにヒアリングをしたいと言ってもさせてもらえないので、クライアントが求めているものがなかなか見えてきません。 >個人ウェブデザイナーの最初の洗礼です 最初はトラブルが多い方が勉強になると思うので、この経験があとで役に立つと思います。がんばります。

  • 回答No.3

こんにちは。 ワークフローを詰めないまま進めるとトラブルになりますね。 受注側のノウハウ不足と取られるケースではないかと思いますが。 どこまで受けられたか不明ですが、 基本的にコピーは制作者側で作るものでして……。 >『本の原稿を渡してあるんだから、それを読んで考えて抜粋するなりしてください。』 こういう作業をリライトと言いますが、ご存知ありませんでしょうか? デザイン業では必ず「誰かがやっている」んですが。 デザイナーがリライトできないのであれば、コピーライターを手配する必要があります。要は誰がやるかを決めていない人が、今回のケースではダメな人なんですね。 コンサルタントと、デザイナーの責任です。 ●コンサルタントにコピーライターを手配してもらう。 ●デザイナー側で処理してコピー制作費を請求する。ただし事前交渉。処理方法は、自分で書く・誰かに書いてもらい原稿料を払う、の2択。 ●仕事そのものから降りる。 対処方法は3つに分けられそうです。 >これは、私の仕事なのでしょうか? 「どこまでを自分の仕事にするか」を決めるのが、nocturne12さんのお仕事ではないかと思うのです。 うまく乗り切ると、WEBデザイナーとしての世界が広がりますからがんばってください。 P.S. すでにご存知かとは思いますが、こういうときに頼れる人を作っておくのが、仕事をする上でとても重要なんですよねー。 普段からコピーライターやフォトグラファーとつながりを持たずにWEBの仕事を始めてしまったのだとしたら、焦った方が良いと思うのです。 WEBの世界ほど、受けた側でなんでもかんでもやる必要性に迫られる業界はありませんし、これからどんどんそういう方向へシフトしていきますから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

もちろん、責任がコンサルタントだけにあるとは思っていません。ライティングをするのもかまわないのですが、見積もりを出して、これでいきましょうとい言ったあとに次から次へと内容を変更していくコンサルタントのやり方と、直接クライアントにヒアリングしてない状態で100%の作品を求められ、質問をすると『そんなのそっちでやってよ。ちゃんとして。』みたいな言い方をされるので、困っています。 しかも、クライアントが当初聞いていた人物と違う、資料ゼロからの制作、資料の不備、コンサルタントとミーティングしても、具体的な話が全く進まず関係のない話ばかり聞かされる...など... コンサルタント自身も、以前は営業という形で仕事をしていただけで、経験がそんなにないようで怪しいです。 >「どこまでを自分の仕事にするか」を決めるのが、nocturne12さんのお仕事ではないかと思うのです。 はい。その通りだと思います。できないことは最初からできないといっているのですが、コンサルタントは無理を言うのです... 例えば、プログラムを0から組むのはプログラマーではないのでできないと言っても、システムの仕事を回してくるなど... とにかくがんばってみます

  • 回答No.2

周りにWebデザイナで独立した知り合いがたくさんいますが、 文章を考えるのもWebデザイナの仕事の一つ考えている人が多いです。 それは文章の体裁もデザインの一つという認識からきています。 たとえば、あなたが考えたWebデザインに、他人が考えた文章を入れた際、 文章の長さ等の理由により、全体のバランスが崩れてしまうことがあります。 実際の業界では、原稿料をもらっている人も少ないのでは・・・。 >基本的に文章はクライアント用意するものだと思っていましたから... そうやって仕事を選んでいるようでは顧客は離れていきます。 どんな仕事でもそうですが、顧客が満足できるサービスを提供して あげれば、あなたに対する信頼も向上しますし、今後の仕事量も増えていくのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

すでに、デザインの追加や変更、ページ単価の見積もりを下げたりと、融通を利かせている上でのことなので腹が立ってしまって... たしかにおっしゃる通り、文章もデザインのうちだと思います。ですが、渡された資料が十分でなく、会社の理念に関する部分を私が勝手に書いてしまったあとにトラブルが発生しないのか、などと考えると文章作成の技術がない私が書くことがためらわれます。 貸していただいた本の内容は口語調の物語のような感じで、会社の説明といったものではないため、文章を考える参考にあまりなりません... おそらく、コンサルタントを挟んでいることがそもそもの原因ですね...

  • 回答No.1

「コンサル」なんていってもピンきりです。 鵜呑みにしないほうがいいです。 もう一度、契約書を見直してみて、仕事内容に含まれていないのであれば、 その旨、通達して、金額の上乗せなり、お客様に実施してもらうなり してもらうべきです。 でも、ご質問者から直にいうのではなく、 このような問題が起きた場合、自社の営業を通して、 お客様に直でどうするか持ち込むのが筋ではないかと思いますが、 個人でのお仕事なのでしょうか。 個人であれば、あまり無理をいっても通らない可能性が高いし、 お仕事自体失うこともあるので、 有る程度、適当に作って、これでどうですか。みたいな感じで、 たたき台つくって、意思あわせして問題がおきないように していかないといけないと思います。 いずれにしても、何もせず、自分で責任を被るのだけは やめた方がいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

そうですよね... そのコンサルタントからの仕事を失うのが怖いわけではないのです。ただ、お客様の意思を組み込めないサイト作りはしたくないということ、わたしの意見がコンサルト止まりで、クライアントに伝えられていない、また、クライアントにあわせてもらえないことで意思の疎通が図れていない。 などの問題がありこの先このコンサルタントと仕事をしていっていいのか分かりません... 文句を言って、なんとかクライアントにヒアリングをさせてもらえるようにはなりましたので,これから頑張りたいと思います。

関連するQ&A

  • コンサルタントとは?

    コンサルタントとは? コンサルタントの仕事は一体どこまでがコンサルタントが行う仕事なのか分からなくなってしまいました。 現在、クライアント先に常駐していまして、業務を行っています。 業務内容の中で、規程の作成、修正を行う際に、業務の内容に違い生じ、修正が必要になり、こちらで業務担当者にヒアリングを行い修正しました。 私も入社したてで、上司の指示に従いおこないましたが、 これってクライアントが行う作業なのでは・・・と疑問が生じました。 喜んでいただけることは大変うれしいのですが、 コンサルタントとは、クライアントが満足すればなんでもやることがコンサルタントなのか。よく分かりません。 コンサルタントの業務の基本を教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 雑所得の確定申告

    勤務先の給与所得に加え、原稿料などの雑所得が24万円ほどあるため確定申告が必要です。国税庁のHPで確定申告書を作成すると、「納める税金」が5万円以上となります。 中に原稿料5万円の仕事があり、この収入が無かった場合の雑所得は19万円となり確定申告は不要となります。つまり仕事を行って報酬以上の税金を払う羽目になってしまうわけですが、このようなことはあるのでしょうか?(そのほかの部分の入力は間違っていません) また5万円の原稿料を今から支払先に返還して雑所得を20万円以下にしてしまう事は可能でしょうか?

  • 絵本の絵を描くときの契約

    これから絵本の絵を描く仕事をしていこうと思うのですが、 どのような契約にしたらよいか、悩んでいます。 絵本の文章を書く人から依頼をされるわけですので、 そのとき絵を描いて原稿料をいただき、 それっきりにする方法もあると思いますが、 その絵本は出版社より販売されるわけですので、 ロイヤリティー契約をしてもよいかとも思いますし・・・。 世の中では、どのような契約を結ばれるのでしょうか。 教えてください。

  • 消費税内税の原稿料、トータルでいくらもらえますか?

    【至急教えて下さい】 消費税込の原稿料の、確定申告をしてから実際にもらえる総額について教えてください。 色々ありまして会社員を辞めて、ライターを始めようと人づてにあたり、なんとか雑誌の仕事にありつくことができました。 いったい何回の仕事になるのかは分かりませんが、話を簡単にして単発の仕事ということでお聞きしたいと思います。 (収入が100万円を超えると仕組みが変わるそうですが、とてもそんな金額にはなりそうもないので、それ未満ということで、お尋ねします) 事前に一回あたりの原稿料は、5,000円[内訳4,762円(税抜)238円(消費税)]という金額だと伝えられたのですが、 (1)これは、最初に振り込んでもらえる原稿料(出版社の支払額)は、消費税込の5,000円から10%の500円を源泉徴収をされた4,500円ということですか? (2)源泉徴収されても確定申告で500円を取り戻すことができて、手にすることができる原稿料の総額が5,000円なら満足なのですが、そのような理解でいいのでしょうか? (3)それとも源泉徴収の金額は、消費税抜きの4,762円の10%476円で、振込は4,286円。確定申告しても476円しか戻ってこないくて、手にする総額は、結局4,762円にすぎないのでしょうか? (4)5,000円分の原稿料(振込+確定申告しての還付金)を頂こうと思ったら、(出版社に交渉できるかどうか別にして、後学のために知っておきたいのですが)原稿料は5、000円+消費税は外税にしてもらわなければならないのでしょうか? (5)それからもしご存知の方がいらっしゃったらお伺いしたのですが、消費税込ということがよく分からないのですが、原稿料には消費税がその中に含まれるケースが一般的なのですか? ※知り合いのライターさんで、一回一万円の原稿料で月に二回原稿を書いている人がいますが(別の出版社です)、ひと月あたり十万円までなら請求書を起こさなくても振り込んでもらえるそうで(その仕事先だけのローカルルールだと思いますが)、毎月二万円から源泉徴収額二千円を引かれた一万八千円振り込まれるそうです。 その場合、消費税は内税ということになるのでしょうか? 複数の質問をダラダラと書き連ねて、分かりにくいかと思いますが、お詳しい方、分かり易く教えてください。 何卒宜しくお願いします。

  • フリーライターです。クライアント倒産による未払いギャラの請求について教えてください。

    フリーライターをやっています。 クライアント倒産による取材・原稿料の請求について教えてください。 先日、毎月広報誌の取材・原稿を請け負っていた会社が突然倒産しました。 編集ディレクターに弁護士より自己破産したとの封書も届いたそうで、未払い分(取材原稿料・立て替えていた出張費等合計約20万円)の回収は不可能と思われるので、支払いも難しいとの連絡がありました。 そこで、疑問なのですが、契約書はありませんが、私の仕事はディレクター(フリーランス)より請け負っているもので、請求書もディレクターあてに出しています。 こういった場合、大元のクライアントから回収不能であっても、ディレクターに支払い義務はないのでしょうか。 計画倒産との噂もあり、毎月無理なスケジュール変更をさせられていたクライアントで、そのために他の仕事を断ったりキャンセルせざる得ないことも多々あり、このままただ泣き寝入りするのは不本意だと思っています。 ディレクターもある意味被害者ですし、今後のこともあるのであまり波風を立てたくないという気持ちもあるのですが、請求の意思はあることを示すためにも、とりあえずは請求書を送っておく必要はあるでしょうか。 最悪の場合、出張費等実費分の数万円だけでも支払ってもらいたいのですが、法律的なことや、こちらでしておくべきこと、やっておいたほうがよいことなどがありましたら教えていただけるとありがたいです。

  • イラストの原稿料はなし、ってあるのですか?

    某人物監修本のイラストを依頼されました。 モノクロの線画で30枚ほどです。 ところが 原稿料は無し、印税の3%のみの支払いとの事。 原稿料なし、なんてあるのですか? イラストの仕事は初めてで 出版界の状況が わからず困惑してます。 依頼する人物が有名な方なので 新人が使ってもらうだけでも 感謝しなさい、ってな感じなのか・・。 印税がもらえるから それでいいのか。 イラストのお仕事をされている方 業界の状況を教えてくださいませんか? よろしくお願いいたします。

  • 本の出版について

    下記は本の出版について調べていたら書かれていたものです。調べていたことが書かれていたので引用させてもらいます。2006年です。 「多くの出版社は、実際に原稿が上がって、書籍を出版する頃に「出版契約書」を取り交わすことが多いと思いますが、原稿はその前に書かなくちゃならないわけですから、実際には、出版社から仕事をもらうとき(あるいは出版社に企画を持ち込むとき)にだいたいの契約内容を決めると思います。出版時の契約書の取り交わしでは、口約束の内容を文書化するだけ…という感じではないでしょうか?」 そこで質問ですが、本の著作者が会社、と個人で契約してもいいのでしょうか。当然会社にも半分の原稿料が入りますが。著作権はどこに帰属するかは契約時に決めておくことですか。自分のノウハウをライターが聞き取りして原稿起こしますので、当方には著作権など無いのでしょうか。会社で仕事をしたことのノウハウを書くのですが、このノウハウについて具体的な取り決めなど無いのですか。 会社の仕事、経費を使って覚えてそれを本に書くとなれば、其のノウハウは会社に帰属しないのですか。会社が原稿料貰えば会社の儲けになり、社員の給与の一部に当てられますから、私と、会社の共同作業として原稿料を貰うとしたいのですが。それと契約はゲラズリや表紙が出来たから締結ですか。ゲラでこれでは本当のことが書かれていないと拒否して、契約しなくてもいいのですか。良く口約束で進めてトラブルが出たと聞きますが。出版業界は口約束が慣例ですか。 よろしくお願いします。

  • 差し込み印刷(?)の作成方法を教えてください

    パソコン初心者です。 パソコンはWindowsXPを使っています。 ワードの1つの原稿に何パターンかを作成したいときは差し込み印刷が便利だと聞きました。 エクセルとワードを使うということしかわかりません。 どうか作成方法を教えてください。 ちなにみ、ワードの原稿は、宛名を書くハガキではなく、A4サイズの挨拶状です。 宛名はそれぞれ違いますが、本文は一部を除き一緒の文章です。  説明下手で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

  • 原稿料をもらってしまった文章の著作権

    アマチュアで音楽ライターをやっています。 過去に雑誌社に依頼されて書いた原稿を使って、新たに増補改訂して個人で単行本を出版したいという計画を持っています。 著作権法を一応読んでみたのですが、なにぶん法律のことは素人で、よく解釈がわかりません。 一度出版社から原稿料をもらってしまった文章については、「著作権の譲渡がなされた」ということで、執筆者の私には著作権がなくなってしまっているのでしょうか。 原稿執筆のときに、権利関係の打合せなどは一切しないまま依頼を受けてしまいました。

  • 源泉徴収が時給なのに原稿料になっている

    前回違うカテゴリーで質問させて頂いたのですが、 こちらのカテゴリーの方が専門的な回答が得られるのではとゆうアドバイスを頂きましたので再質問させて頂きます。 今アルバイトで時給で仕事をしているのですが、 源泉徴収表では原稿料とゆう記載になっています。 時給なのに原稿料とゆうのはありえることなんでしょうか。 仕事はデザイン関係ですが、時給で働いているので一点一点に個別に報酬が発生している訳ではないです。 原稿料とゆうことからアルバイトとしての雇用ではなく、 外注扱いなのではないかと思うのですがそういった説明はしなくてもいいものなんでしょうか。 また、その他おかしいと思うことが多々あるのですがこういったことはどこに訴えればいいものなんでしょうか。 おかしいと思う点 ・毎月の給与明細がない。 ・時給が15分単位の計算なのか30分単位なのか説明がない。 ・8時間を越えた場合の給料の計算が不明。 どなたかご回答お願い致します;