• 締切済み
  • 暇なときにでも

いつ、ブラックホールが誕生するのでしょうか?

お世話になります。 本当にあるのか無いのかがよく解りませんが、ブラックホールがあるとすれば、その誕生の瞬間のことが知りたいと思っています。 太陽より10倍以上の質量を持つ恒星が核融合で作ることができるのは「鉄」までで、それどころかこの「鉄」は、それまでこの恒星が核融合で放出してきた全てのエネルギーを吸収し、爆縮を起こさせます。 爆縮した恒星は、その反動で爆発に転じて超新星になります。この爆発の中でなにやら複雑な核反応が引き起こされて「鉄」より重い、金やら鉛やらの元素を作りながら、広大な宇宙空間へ拡散されていきます。 その結果、ブラックホールだけが取り残されるらしいのですが、これで合っていますでしょうか?。 合っているとすれば、核融合で「鉄」が作られる以前では恒星は爆縮したり、爆発もしないということになると思うのですが、では「鉄」がどのくらい生成されれば恒星は超新星になることができるのでしょうか?。 もっと知りたいのは、作られた「鉄」が恒星のエネルギーを奪い、爆縮させる段階ではまだブラックホールの誕生までに至らないと思うし、爆発した後では既にブラックホールが出来上がっていると思うのです。だったら、いつ、どの段階でブラックホールが誕生するのだろうかということです。 このことでいつも頭の中がモヤモヤしています。どなたか、ど素人の私に知恵を恵んでいただけないでしょうか?。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数248
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3
  • kgrjy
  • ベストアンサー率54% (1358/2480)

質問とは直接関係ありませんが、回答に?の記述があるので、 参考URLをどうぞ。 2/23超新星目視発見、2/25データ取り寄せ、2/27解析開始 2/28爆発3時間前に12コのニュートリノを確認

参考URL:
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jps/jps/butsuri/50th/noframe/50(5)/50th-p332.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 このようなサイトがあったのですね。なかなか内容が濃いですね、そのぶんかなり難易度は高いようです。これからじっくり読ませていただいて参考にさせていただきます。 以前から、ニュートリノの観測になぜわざわざ大量の水が必要なのだろうかと不思議に思っておりましたが、水中ではニュートリノの進む速度がこ光速を上回ることを利用していたのですね。 よくテレビで見る、原子力発電所の水槽の中が青く輝く姿にリンクさせることができました。(間違っていたらスミマセン) お礼は改めてさせていただきますが、とりあえず感謝と尊敬の意をお伝えさせていただきます。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 星雲から新たな恒星が誕生?

    ハッブル宇宙望遠鏡が捕らえた映像の解説などで、超新星が爆発してできた星雲の中の一部から、新たな恒星が誕生しつつある というのをTV番組で観ました(うろ覚えですが) 超新星は、水素がヘリウムに融合し尽くして、更にどんどん重い元素に融合して、最期に大爆発だったと思いますが、重い元素が撒き散らされた中で新たな恒星は、その重い元素が集まって生まれているのでしょうか?

  • ブラックホールと特異点について

    全くの素人です。 星に関する本を読んでいて疑問に思ったことがあるのですが、教えて下さい。 太陽より数十倍もの質量を持つ恒星は、晩年期に超新星爆発を起こし、ブラックホールを形成すると、説明されています。 ブラックホールとは恒星が爆縮を起こして形成されたなんらかのコア(縮小しきれなかった星は中性子星ですよね?)からの重力の影響範囲の一部であって、光すら脱出できない部分のことですよね? では、ブラックホール程の重力を形成するに至ったコアの部分は理論的にはどれ位の大きさなんでしょうか?(観測できないからブラックホールなんでしょうし、理論で結構です) また、どんどん縮小していって今の科学理論が追いつかなくなってしまう部分からを特異点と理解しているのですが、どれくらいの大きさからなのでしょうか? 私の頭では無限大に小さくしてしまうと物体そのものが完全に消えてしまい、ブラックホールそのものもないじゃん!ってことになってしまうものですから。。。 私の理解で間違っている部分の指摘も宜しくお願いします。

  • ブラックホールの存在を信じていますか?

    銀河の中心には大質量ブラックホールが鎮座しているとか、 超新星爆発の後にブラックホールが誕生するとか、 恒星と連星をなして降着円盤やジェットを形成しているといった話を どの程度、信用していますか? また、ブラックホールについて、どのようなイメージを抱いていらっしゃいますか? 教えて下さいませ。

  • 回答No.2
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

「どの時点でブラックホールができたとするか」は難しい問題だけど, 中心部のコアが中性子の縮退圧で支えられる限界質量を越えてしまえばブラックホールになっちゃうので, その時点で「ブラックホール」としても事実上は問題ないと思う. もちろん実際にはシュバルツシルト半径と「その内部の質量」との関係があるんだけど. で超新星爆発だけど, 「ニュートリノが爆縮の原因」というのは違うんじゃないかなぁ. 基本的には鉄の熱分解により重力を支えきれなくなるというのをトリガーにすることが普通だと思う. スタンダードなシナリオは ・鉄が熱分解して重力崩壊をはじめる ・それにともない外から物質が落ちてくる ・鉄が分解してできたコアにぶつかって衝撃波を生じる ・衝撃波が星の外層を吹き飛ばす というものだけど, 計算上はこの衝撃波だけでは超新星爆発までいかず, そこに ・ニュートリノが中心部から遅れてやってくる ・このニュートリノがへろへろになった衝撃波にエネルギー (の一部) を与える というイベントがあって ・ニュートリノからエネルギーをもらって元気になった衝撃波が星の外層全体を吹き飛ばす という結果になってる, とするはず.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 爆縮の原因は、「鉄」が熱エネルギーを恒星から吸い取るということではないということが、今回いただいた回答で解ることができました。 それ以外は難しいことばかりなので、私なんかが理解できるできるようになるまで、もう少し時間がかかりそうです。 また改めてお礼をさせていただきますが、とりあえず尊敬と感謝の意を伝えさせていただきます。ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • debukuro
  • ベストアンサー率19% (3635/18948)

アメリカのチユー博士の理論では星が進化すると複数の種類の核融合が同時に起こるようになる そうすると温度が上がり60億度に達する そうなるとそれまではガンマ線が放射されていたのが60億度を超えるとガンマ線ではなくニュートリノが放射される ガンマ線は星の外に出るまでにあちこちで反射されて1万年くらいかかりますがニュートリノは光速度で星の外に出ます だから星の内部に残されるエネルギーが無くなって星が収縮して超新星爆発が起こるのです ニュートリノが星の外に出てから72時間後に超新星爆発が起こります 地球でニュートリノバーストが観測されてから72時間後に超新星爆発が観測できるということです これがチユー博士のシナリオです そして超新星1987Aがそれを実証したのです 地球でニュートリノバーストが観測されたのでその方向に注目していたら72時間後に超新星が観測されたのです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 私はてっきり、「鉄」が恒星の熱エネルギーを吸い取り、それが爆縮を引き起こすのだという「固定観念」に囚われていたようです。 まさかニュートリノが、恒星の爆縮に関係あるなんて想像もしておりませんでした。 今、気が付いたのですが、恒星が超新星爆発したからと云っても「M1」みたいにパルサーが残る場合もあり、必ずブラックホールが誕生する訳ではないようですね。 改めてお礼はさせていただきますが、とりあえず補足欄にて私の感謝の意をお伝えさせていただきます。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 中性子星 ブラックホール 超新星爆発

    いつもお世話になります。 数ヶ月前ですが、NHK教育の番組で、太陽の1.4~3倍の質量の恒星は、中性子星になり、それ以上重たい恒星はブラックホールになる、と言ってました。 私の昔の記憶では、3~8倍が「中性子星」で、それ以上が「ブラックホール」だったような気がしたのですが、NHKの、しかも科学番組で言っていたので、私の記憶違いは明らかです。 そこでインターネットで「超新星爆発」について調べてみました。 しかし、明確な記述が無かったり、あいまいな記述しか私の探した範囲では見つからず、分からなくなってしまったのですが、「超新星爆発」は我々の太陽の質量の何倍から起こるのでしょうか? 私は単純にブラックホールになる恒星は、イコール「超新星爆発」をする、と思っていたのですが、インターネットの記述を見ていると、どうもそうでもないような気がしてきました。 また、合わせて教えて頂きたいのですが、我々の太陽は、赤色巨星から白色矮星へと、その最期をたどるのは知っているのですが、「中性子星」になるような恒星は、どのような最期を迎えるのでしょうか? 詳しい方がおられましたら、お教えください。

  • ブラックホールの大きさについて

    ブラックホールの大きさについて 大質量の恒星が超新星爆発した後、自己の重力によって無限に収縮していき、やがて密度無限の特異点となる。 これがブラックホールであるということですが、つまりブラックホールとは点であり、直径などの概念はないのでしょうか? よく大きさは云々と書いてありますが、これはシュバルツシルト半径の大きさのことと考えてよろしいのでしょうか?

  • ブラックホールを伴う連星系の生成過程は?

       有名な、はくちょう座のX1を初めとして、ブラックホールと推測される天体が連星系を形成しているケースが複数発見されていますが、これらの連星系はどのように形成されたのでしょうか? 現在定説とされる恒星の進化(成長)モデルでは、ブラックホールとなる大質量の恒星は、重量崩壊の前段階で、 赤色超巨星 → 超新星 という過程を通るはずで、近傍に存在する恒星は、この超新星爆発の際に「巻き添え」を食って、一緒に吹き飛ばされるか、遠方にはじき飛ばされると思うのです。  にも関わらず、潮汐力の強い影響を受けるほどの至近距離を公転する伴星が存在しているということは、これらは元来の連星系ではなく、元々別の場所で単独に存在した2つの星が偶然接近した際に互いの重力で捕捉し合って連星系を形成した、と考えないと説明が付かないと思うのですが、この推論は妥当でしょうか?  連星のペアの一つが「中性子星」の場合も同様の疑問が生じますが、同じ解釈でよいのでしょうか?  

  • 地球にウランがある理由

    鉛のあたりが一番、安定した元素と聞きました。太陽が核融合を繰り返し最終的に爆発しても鉛までしかならない気がします。となると、ブラックホールあたりが爆発しないとウランなどの元素は宇宙に放出されないのではないかと思っていますが、太陽などの爆発でもウランなどの元素が宇宙に放出されますか?

  • 私は超新星爆発を体験済み?

    鉄などの重い元素は恒星が水素が燃え尽きた後、更に重い元素に核融合して作られ、最後は超新星爆発を起こして宇宙にバラ撒かれるという話を聞きました ということは、私の身体を造っている元素は恒星で造られたモノ? 私もこの質問を読んでいただいている方も、原子レベルでは超新星爆発の体験者なのでしょうか?

  • ブラックホールの状態

    ふとした疑問なんですが、重力は地表が最も強いので中心近くはブラックホールではないのじゃないでしょうか? いや圧力はかかってるからブラックホールかな? 例えば私が、ブラックホールに落ちてみます。 どんどん落ちて行きますが、落ちるのは私の話で、外から見てる人にとっては止まってしまうと思います。 そこで、現在、と言う意味ではブラックホールに落ちきった物はないんじゃないでしょうか? 新星爆発が起きた時、内向きの力を受ける中心付近じゃない場所は圧力によって 光速に近い速度で中心(ブラックホール)に向かっていきますが、 それは古いブラックホールでも現在ではまだ爆発を受けた直後の状態として存在してるのではないでしょうか? ではもともと中心だった場所はどうなっているのでしょうか? まだブラックホールになってない、限りなくブラックホールに近いけどブラックホールになっていない状態のような気もします。 と言うか新星爆発の爆発はどこで起きるんだろう。 なんと言うかギリギリ光も抜け出せないかのように見える限りなく特異点に近い特異点じゃない場所と言うような気もします。 よく分かりません。 そもそも爆発の計算の段階からよくわかりません。 よろしくお願いします。 (元からあって回転しなくて静かなブラックホールくらいなら分かるくらいの感じです。ジェット?ナニソレ状態です)

  • 中心にブラックホールがない、銀河はあるのか?

    ナショナルジオグラフィックの番組で 『“ほとんど”の銀河はその中心にブラックホールを持つ』という解説がありました。 稀にでも、ブラックホールがない銀河ってありうるのでしょうか?  (超新星爆発を起こしていない巨大な引力をもつ恒星が銀河の中心にあったりするのか?) ブラックホールがない銀河の形成過程を教えてください。 ※私は宇宙のTV番組をたまに見ますが、知識ゼロです。 お手数ですが出来る限り、簡単にお願いいたします。

  • 金(元素)は地球で誕生するのですか

    鉄より重い元素は、 超新星爆発によって作られると記憶しています そこで質問なんですが 1:地球上で金(元素)は誕生するのですか   マグマ(火山などの圧力と温度)の影響とかの意味です 2:地球の最後がもし爆発なら、現在ある鉄より重い元素は、消滅してから爆発するのですか? 3:金の大気(あるいは大気汚染)に対しての効果はあるのですか あまり理解できてなくて...

  • 地球の金はどうしてできたか?

    こんにちは。 核融合でもなく、超新星爆発でもなく、どうして地球に鉄より重いの元素があるのでしょうか?  地球の原料のガスや塵に含まれていたと考えるべきでしょうか? 門外漢の私に教えてください。 051215

  • 老恒星の最後の超新星爆発の末路について

    表題の通りの質問ですが、 ハッブルなどの写真で見ていますが、 その写真も実際は数〇〇・・・〇〇光年の過去。 超新星巨大強烈な爆発後の破片、ガス、塵、電磁波は、 最終的に元の位置から、爆発エネルギーで、ほとんどなくなると思っています。 質問(1)合っていますか? 超新星爆発での破壊力での飛散物質は、真空中(完全な真空ではない・・・素粒子他あり) 電磁波などは光速近く、破壊物質でもかなりの速度で飛び続ける(〇〇・・・〇〇光年間) 質問(2)このあとは近所の恒星や惑星などに引力で吸い込まれ衝突する。そして衝突しない物質は      今でも飛び続けている。合っていますか? 質問(3)超新星は今後、新しい☆星となる筈・・・     合っていますか? 質問(4)老★恒星の爆発=超新星?まだ☆になっていない。なぜ超新星なのですか? 質問(5)超新星の言葉は、決めた名は最も正しい命名? 質問(6)どなたが付けた名ですか? 質問(7)超新星の残骸の塵は、最終的には、どこか他のあらゆる天体の塵やガスと合体して、気の遠くなる時間経過後、新星(〇〇・・・・・・〇〇年後)の素となる。合っていますか? 素人の素朴な疑問です。 以上よろしくお願いします。