• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

中心にブラックホールがない、銀河はあるのか?

ナショナルジオグラフィックの番組で 『“ほとんど”の銀河はその中心にブラックホールを持つ』という解説がありました。 稀にでも、ブラックホールがない銀河ってありうるのでしょうか?  (超新星爆発を起こしていない巨大な引力をもつ恒星が銀河の中心にあったりするのか?) ブラックホールがない銀河の形成過程を教えてください。 ※私は宇宙のTV番組をたまに見ますが、知識ゼロです。 お手数ですが出来る限り、簡単にお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数448
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#139112

今の時点では、ブラックホールを中心に持つ銀河がほとんどでしょう。しかし、ブラックホールは、ガスなどや小惑星がぶつかり合ってできた惑星などとは違い、強大な質量をもつ星のなれのはてです。 そのため、元の銀河は、なにか大きい質量の恒星を中心に持っていたことになりますから、出来立てのぎんがは、中心はブラックホールになっていないでしょう。 できてからの時間経過の度合いがポイントです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>>時間経過の度合いがポイントです なるほど。神にでもなって宇宙創成から今までをダイジェストに見たい気持ちです。 ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • ブラックホールの存在を信じていますか?

    銀河の中心には大質量ブラックホールが鎮座しているとか、 超新星爆発の後にブラックホールが誕生するとか、 恒星と連星をなして降着円盤やジェットを形成しているといった話を どの程度、信用していますか? また、ブラックホールについて、どのようなイメージを抱いていらっしゃいますか? 教えて下さいませ。

  • ブラックホールの大きさについて

    ブラックホールの大きさについて 大質量の恒星が超新星爆発した後、自己の重力によって無限に収縮していき、やがて密度無限の特異点となる。 これがブラックホールであるということですが、つまりブラックホールとは点であり、直径などの概念はないのでしょうか? よく大きさは云々と書いてありますが、これはシュバルツシルト半径の大きさのことと考えてよろしいのでしょうか?

  • ブラックホールと特異点について

    全くの素人です。 星に関する本を読んでいて疑問に思ったことがあるのですが、教えて下さい。 太陽より数十倍もの質量を持つ恒星は、晩年期に超新星爆発を起こし、ブラックホールを形成すると、説明されています。 ブラックホールとは恒星が爆縮を起こして形成されたなんらかのコア(縮小しきれなかった星は中性子星ですよね?)からの重力の影響範囲の一部であって、光すら脱出できない部分のことですよね? では、ブラックホール程の重力を形成するに至ったコアの部分は理論的にはどれ位の大きさなんでしょうか?(観測できないからブラックホールなんでしょうし、理論で結構です) また、どんどん縮小していって今の科学理論が追いつかなくなってしまう部分からを特異点と理解しているのですが、どれくらいの大きさからなのでしょうか? 私の頭では無限大に小さくしてしまうと物体そのものが完全に消えてしまい、ブラックホールそのものもないじゃん!ってことになってしまうものですから。。。 私の理解で間違っている部分の指摘も宜しくお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • isa-98
  • ベストアンサー率23% (205/859)

>ブラックホールがない銀河の形成過程を教えてください。 銀河や恒星が作られてからブラックホールが発生するのです。 水の中心にブラックホールは存在しませんし、 台風の中心にはコアは存在しません。 また、恒星の殆どが主系列であり、寿命の長さも殆ど一緒なんです。 寿命の短い超巨星もありますが、 バリオンや重力などと言う「目に見えるもの」でなく、暗黒物質などに解決の糸口を見出すよう、 工夫してみて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >銀河や恒星が作られてからブラックホールが発生するのです。 なるほど、皆様の意見を伺って納得いたしました。 宇宙の創成期では、中心にブラックホールを持つ銀河はないのですね。

  • 回答No.5

質問者様の疑問点の出発点は、「銀河の星を集めている力の源はブラックホール(の強い重力)である」ということでしょうか? ブラックホールという概念が未だ無かったころに、銀河の形成過程が大きな謎だったか、を考えれば、目からうろこ、かもしれませんね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>>疑問点の出発点は、「銀河の星を集めている力の源はブラックホール(の強い重力)である」ということでしょうか? はい、そうです。 >>ブラックホールという概念が未だ無かったころに、銀河の形成過程が大きな謎だったか、を考えれば、目からうろこ、 そういえば宇宙の形成過程の番組で、ホーキンズ博士が、「星の不均衡な並びかたが、不均衡な引力群をつくり出し、それが銀河の元のようなものになった」って言及してました。だったら生まれかけの宇宙における最初のほうの銀河は、中心にブラックホールなど持たないことになるのですかねぇ?

  • 回答No.4
  • isa-98
  • ベストアンサー率23% (205/859)

強力なガンマ線バーストを起こすような超巨星の場合、重力以上の運動エネルギーが発生して跡形も残らない場合は十分に考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほどですね。 銀河が置かれている状況によってその形態は異なるということですね。

  • 回答No.3
noname#139112

No2です。 つけたしをします。いま、強大な質量を持つ恒星といいましたが、それは、太陽系など、銀河の一部でのお話。もし、中心にブラックホールの存在する渦巻銀河であれば、その昔は強大な質量の持つ恒星があったことに間違いはありませんが、それでは、銀河全体の星たちを支えきれません。 ここは、銀河が一回消滅して、もう一度できたと考えるべきでしょう。 強大な質量を持つ恒星が、ある銀河のなかで系をつくっていて、それが超新星爆発をおこして、ブラックホールになったことで、系のバランスが崩れ、あたらしい銀河ができて分裂したとかんがえられます。その他の形状の銀河に関しては、恒星などの星の力ではなく、宇宙の大半をしめている、暗黒物質、すなわち暗黒エネルギーによってバランスが保たれていると考えられています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足ありがとうございます。 宇宙に興味がつきないですね。 勉強になりました。

  • 回答No.1
  • pasocom
  • ベストアンサー率41% (3584/8636)

一口に「銀河」といってもその形状にはいろいろな種類があります。 いわゆる「渦巻銀河」であれば、おそらくほとんどの中心部にブラックホールがあると考えられますが、その他の形状の銀河、「棒状銀河」「不規則銀河」などには見た目にも際だった「中心部」らしきものが見あたらないので、おそらくブラックホールを持たないのではないでしょうか。 しかし、一個の「巨大な引力を持つ恒星」があるとも思えません。これだけの数の星を引きつけるような巨大質量を持つ恒星は理論上考えられないからです。 したがってこれらの銀河がどのような力でまとまっていられるのか正しくは不明ですが、私としては星がお互いの重力で集まりつつある、または離散しつつある途中状態、というような考えもできるのではないかと思います。 参考に「銀河進化の理論」(PDF)↓ http://astro.edu.nagasaki-u.ac.jp/~masa/lecture/MNagashima091012.pdf (こんな名前の論文ですが、結局「銀河」というのが一定方向に進化するのかどうかは現在も不明なのですが。) 「銀河の種類」↓ http://skyserver.sdss.org/edr/jp/proj/advanced/galaxies/characteristics.asp

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 棒状銀河や楕円銀河という名称は初めて耳にしました。 >>これだけの数の星を引きつけるような巨大質量を持つ恒星は理論上考えられない >>したがってこれらの銀河がどのような力でまとまっていられるのか正しくは不明 なるほどですね。ブラックホールがあるか否かの観測がまだ充分できていないということですね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • いつ、ブラックホールが誕生するのでしょうか?

    お世話になります。 本当にあるのか無いのかがよく解りませんが、ブラックホールがあるとすれば、その誕生の瞬間のことが知りたいと思っています。 太陽より10倍以上の質量を持つ恒星が核融合で作ることができるのは「鉄」までで、それどころかこの「鉄」は、それまでこの恒星が核融合で放出してきた全てのエネルギーを吸収し、爆縮を起こさせます。 爆縮した恒星は、その反動で爆発に転じて超新星になります。この爆発の中でなにやら複雑な核反応が引き起こされて「鉄」より重い、金やら鉛やらの元素を作りながら、広大な宇宙空間へ拡散されていきます。 その結果、ブラックホールだけが取り残されるらしいのですが、これで合っていますでしょうか?。 合っているとすれば、核融合で「鉄」が作られる以前では恒星は爆縮したり、爆発もしないということになると思うのですが、では「鉄」がどのくらい生成されれば恒星は超新星になることができるのでしょうか?。 もっと知りたいのは、作られた「鉄」が恒星のエネルギーを奪い、爆縮させる段階ではまだブラックホールの誕生までに至らないと思うし、爆発した後では既にブラックホールが出来上がっていると思うのです。だったら、いつ、どの段階でブラックホールが誕生するのだろうかということです。 このことでいつも頭の中がモヤモヤしています。どなたか、ど素人の私に知恵を恵んでいただけないでしょうか?。

  • ブラックホールは光ってるんでしょうか?

    自分は素人です。 銀河の中心には大質量ブラックホールがあると言われていますよね。 いろんな銀河の画像を見ていたのですが、銀河の中心あたりって光っていませんか? 大質量ブラックホール(元恒星?)自体は光ってるわけじゃないですよね? ブラックホールは活発に活動していると光るんでしょうか? 何か別のものが光っていて、ブラックホールはその中心にあるのでしょうか?

  • ブラックホールの存在

    星が超新星爆発したあとにできるとされているブラックホールは本当に存在するんですか?もしそういう専門の方がいたら、簡単でいいので、その説明もしてもらえると嬉しいです。

  • ブラックホールを伴う連星系の生成過程は?

       有名な、はくちょう座のX1を初めとして、ブラックホールと推測される天体が連星系を形成しているケースが複数発見されていますが、これらの連星系はどのように形成されたのでしょうか? 現在定説とされる恒星の進化(成長)モデルでは、ブラックホールとなる大質量の恒星は、重量崩壊の前段階で、 赤色超巨星 → 超新星 という過程を通るはずで、近傍に存在する恒星は、この超新星爆発の際に「巻き添え」を食って、一緒に吹き飛ばされるか、遠方にはじき飛ばされると思うのです。  にも関わらず、潮汐力の強い影響を受けるほどの至近距離を公転する伴星が存在しているということは、これらは元来の連星系ではなく、元々別の場所で単独に存在した2つの星が偶然接近した際に互いの重力で捕捉し合って連星系を形成した、と考えないと説明が付かないと思うのですが、この推論は妥当でしょうか?  連星のペアの一つが「中性子星」の場合も同様の疑問が生じますが、同じ解釈でよいのでしょうか?  

  • ブラックホールの誕生について

    ・ブラックホールはなぜ恒星の爆発でなくてはならないのですか ・爆発によってなぜ重力が急激に増大して星は萎縮するのですか ・恒星の大きさによって、ブラックホールにならないものがあるのはなぜですか ・恒星はなぜ爆発するのですか。また、その爆発の原理はどのようなものですか 初心者です、簡易な解説をお願い致します

  • 宇宙の膨張速度を測るのに、「超新星爆発」のデータを

    宇宙の膨張速度を測るのに、「超新星爆発」のデータを使うとの説明がNHK『コズミックフロント・村山斉の宇宙をめぐる大冒険』でされていたのですが、なぜ超新星爆発なのでしょうか? 別にわざわざレアな超新星爆発を待たなくても「一般的な恒星」でも赤方偏移の測定は出来そうな気もするのですが … ダメなのでしょうか?精度が良くないのでしょうか?よろしくお願い致します。

  • 中性子星 ブラックホール 超新星爆発

    いつもお世話になります。 数ヶ月前ですが、NHK教育の番組で、太陽の1.4~3倍の質量の恒星は、中性子星になり、それ以上重たい恒星はブラックホールになる、と言ってました。 私の昔の記憶では、3~8倍が「中性子星」で、それ以上が「ブラックホール」だったような気がしたのですが、NHKの、しかも科学番組で言っていたので、私の記憶違いは明らかです。 そこでインターネットで「超新星爆発」について調べてみました。 しかし、明確な記述が無かったり、あいまいな記述しか私の探した範囲では見つからず、分からなくなってしまったのですが、「超新星爆発」は我々の太陽の質量の何倍から起こるのでしょうか? 私は単純にブラックホールになる恒星は、イコール「超新星爆発」をする、と思っていたのですが、インターネットの記述を見ていると、どうもそうでもないような気がしてきました。 また、合わせて教えて頂きたいのですが、我々の太陽は、赤色巨星から白色矮星へと、その最期をたどるのは知っているのですが、「中性子星」になるような恒星は、どのような最期を迎えるのでしょうか? 詳しい方がおられましたら、お教えください。

  • ブラックホールとダークマターについて

    ブラックホールとダークマターについて ブラックホールは超圧縮されてできた凄まじい引力を持つ星というのは存じておりますが、その超圧縮っていうのがピンときません。 物質というのは原子?分子?からできていて、それ以上の小さくはできないと言われていますよね。 太陽が何万分の1?(具体的な数字はわかりません)かに圧縮されるとブラックホールになるといわれてますが、そもそもそのサイズまで圧縮できるのかどうか。 この矛盾が納得できません。 ダークマターについて ダークマターはブラックホールと同様に宇宙空間において直接観測できないが、何かの物質がなければ星の運動が説明できないからという消極的に説明されてる感があるのですが、それが実は観測方法が正確ではないということが考えられないのでしょうか? ついでに、木星が恒星に成り得たという話がありますが、 仮に木星が生成過程で恒星になっていたとするならば、土星やその他のガス性の星は存在していなかったのでしょうか? 恒星に近い位置であるならば、火星や地球など岩盤を持たないガス性の星は形成されないと聞きましたがどうでしょう。 最後に馬鹿な質問をお願いします。 木星のような星はどこまでガスなのですか? 星の中心はなんなんでしょうか? 地球から核爆弾を飛ばしたら簡単に引火したり変形するんじゃないですか?

  • ブラックホールの状態

    ふとした疑問なんですが、重力は地表が最も強いので中心近くはブラックホールではないのじゃないでしょうか? いや圧力はかかってるからブラックホールかな? 例えば私が、ブラックホールに落ちてみます。 どんどん落ちて行きますが、落ちるのは私の話で、外から見てる人にとっては止まってしまうと思います。 そこで、現在、と言う意味ではブラックホールに落ちきった物はないんじゃないでしょうか? 新星爆発が起きた時、内向きの力を受ける中心付近じゃない場所は圧力によって 光速に近い速度で中心(ブラックホール)に向かっていきますが、 それは古いブラックホールでも現在ではまだ爆発を受けた直後の状態として存在してるのではないでしょうか? ではもともと中心だった場所はどうなっているのでしょうか? まだブラックホールになってない、限りなくブラックホールに近いけどブラックホールになっていない状態のような気もします。 と言うか新星爆発の爆発はどこで起きるんだろう。 なんと言うかギリギリ光も抜け出せないかのように見える限りなく特異点に近い特異点じゃない場所と言うような気もします。 よく分かりません。 そもそも爆発の計算の段階からよくわかりません。 よろしくお願いします。 (元からあって回転しなくて静かなブラックホールくらいなら分かるくらいの感じです。ジェット?ナニソレ状態です)

  • 私は超新星爆発を体験済み?

    鉄などの重い元素は恒星が水素が燃え尽きた後、更に重い元素に核融合して作られ、最後は超新星爆発を起こして宇宙にバラ撒かれるという話を聞きました ということは、私の身体を造っている元素は恒星で造られたモノ? 私もこの質問を読んでいただいている方も、原子レベルでは超新星爆発の体験者なのでしょうか?