• 締切済み
  • 暇なときにでも

ブラックホールの状態

ふとした疑問なんですが、重力は地表が最も強いので中心近くはブラックホールではないのじゃないでしょうか? いや圧力はかかってるからブラックホールかな? 例えば私が、ブラックホールに落ちてみます。 どんどん落ちて行きますが、落ちるのは私の話で、外から見てる人にとっては止まってしまうと思います。 そこで、現在、と言う意味ではブラックホールに落ちきった物はないんじゃないでしょうか? 新星爆発が起きた時、内向きの力を受ける中心付近じゃない場所は圧力によって 光速に近い速度で中心(ブラックホール)に向かっていきますが、 それは古いブラックホールでも現在ではまだ爆発を受けた直後の状態として存在してるのではないでしょうか? ではもともと中心だった場所はどうなっているのでしょうか? まだブラックホールになってない、限りなくブラックホールに近いけどブラックホールになっていない状態のような気もします。 と言うか新星爆発の爆発はどこで起きるんだろう。 なんと言うかギリギリ光も抜け出せないかのように見える限りなく特異点に近い特異点じゃない場所と言うような気もします。 よく分かりません。 そもそも爆発の計算の段階からよくわかりません。 よろしくお願いします。 (元からあって回転しなくて静かなブラックホールくらいなら分かるくらいの感じです。ジェット?ナニソレ状態です)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数364
  • ありがとう数18

みんなの回答

  • 回答No.9
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

ブラックホールに落ちたように見えないからと言って, それが「本当にブラックホールに落ちていない」ことを意味するとは限らないですよね. こんな例を考えてみましょう: 地球からロケットを発射します. このロケットは, 常に (ロケット内の感覚で) 1g の加速度で持って加速します (加速手段については聞かないでください). このとき, ロケット内で 10年たったとしたらロケットから見た地球はどこに見えるでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 特殊相対性理論的な光の話ではなくて、物理的な実体の位置からの質問でした。 元々の質問の趣旨としては、静かなブラックホールを動くブラックホール(r=0とはしない上で、動的なブラックホール)、 最初のブラックホールが出来るときに使う式とかを知りたいとか、 そういった所も知りたかったんですよね。 一旦質問を締め切らせてもらおうと思います。 ありがとうございました

関連するQ&A

  • ブラックホールの大きさについて

    ブラックホールの大きさについて 大質量の恒星が超新星爆発した後、自己の重力によって無限に収縮していき、やがて密度無限の特異点となる。 これがブラックホールであるということですが、つまりブラックホールとは点であり、直径などの概念はないのでしょうか? よく大きさは云々と書いてありますが、これはシュバルツシルト半径の大きさのことと考えてよろしいのでしょうか?

  • ブラックホールの存在を信じていますか?

    銀河の中心には大質量ブラックホールが鎮座しているとか、 超新星爆発の後にブラックホールが誕生するとか、 恒星と連星をなして降着円盤やジェットを形成しているといった話を どの程度、信用していますか? また、ブラックホールについて、どのようなイメージを抱いていらっしゃいますか? 教えて下さいませ。

  • ビッグバンとブラックホール

    ずっと疑問に思っていたことです。 ビッグバンとは、無限小の大きさの空間に宇宙の全質量が詰まっている「特異点」が爆発し(=大きさがどんどん広がり)、今の宇宙ができたと理解しています。 一方、「特異点」があるブラックホールとは、密度が大き過ぎて、強い重力のため光すら脱出できない小さな天体(領域)と理解しています。 ということは、ビッグバン自体が「密度が大き過ぎて、強い重力のため光すら脱出できない小さな天体(領域)」なので、爆発的に広がれないと思うのですが。 何で、ビッグバンの特異点は爆発的に広がることができて、ブラックホールの特異点は広がれないのでしょうか?

  • 回答No.8

> 具体的な扱い では追加で。 > 近似値として使って問題ないでしょうか? 問題あるように思います。 光速の1%の速度の物が、「1m動くのに10^10秒(約300年)以上かかる」という事は、光はその100倍の速度だから時間を1/100とした数字になりますね。 つまり、光が1m進むのに3年以上かかるほど時空間がゆがんでいるということですよね。 これは光速の理論に反するので、シュヴァルツシルト半径の内側での話ではないですか? シュヴァルツシルト半径の外側、それもある程度離れた場所の事象でなければ、光のゆがみ等で外の人は見ることができないと思われますので、「光が出る事の出来ない領域となり、光等が届かないので見ることの出来る外の人は居ないでしょう」への反論としては適切でないと思われます。 また、光速の1%は遅すぎでしょう。 太陽を例とした引力範囲等は前に書いた通り。 重力加速度を考えてみると、光が出ることもできない重力加速度の場に「10^10秒(約300年)以上」居たら、それだけで光速に近いスピードにならなければ矛盾する。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみませんちょっと意味が分からなかったのですが、 近似値として使用したら速度が上がりますよね? そうゆうことではないのでしょうか? また特異点では、常に質量による歪みが支配的だと思ったのですが違うのでしょうか? 先ほど申し上げたとおり計算をやりなおしていますので、しばらくはかかると思います。

  • 回答No.7

> なにか助言 検算しようとして、根本的な勘違いをしているように思いました。 > どんどん落ちて行きますが、落ちるのは私の話で、外から見てる人にとっては止まってしまうと思います。 ウラシマ効果の話ですよね。 物体の速度が速くなるほど時間の進みが遅くなる。 重力が強い場ほど時間の進みが遅くなる。 光速に近いスピードの宇宙船に乗って、船内時間1年宇宙にいたら、地球に帰ったら10年過ぎていたと言うような。 同じように、ブラックホールの様な長重力の場では時間の進みが違ってくると。 「外から見てる人」と時間の進みが違うのはそうなのですが、逆では。 つまり、前記の光速に近い宇宙船の船内時間1秒で進む距離はと考えてみましょう。 外の世界では10秒経つわけですから、300万キロに近い距離進むわけですよね。 そう考えたら、同じようなウラシマ効果を持つ超重力の場で、「外から見てる人にとっては止まってしまう」と言う状態になるのでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いろいろありがとうございます。 詳しい方からの助言や、具体的な扱いもお待ちしてますのでよろしくお願いします。

質問者からの補足

ちなみにこれを使っています t’=t/√(1-V2/C2) また座標は加速系での計算を使用しています。

  • 回答No.6

ちょっと気になるので、質問です。 > 1m動くのに10^10秒(約300年)以上かかる その時の物体の速度が何メートル/秒で、それだけの空間のゆがみをもたらすだけの、その場所の重力が何Gかの、その想定を教えてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 すみません、間違いが一つ分かりました。 静かなブラックホールの体積を設定せず点で扱っていたため、 計算を続けると近づくに従って(Gなどの)いくつかの値が不当に(無限に)増加していました。 落下速度自体は最終的に光速の1%程度です。 計算をやり直すとどうなるか分からないのですが、 まず静かなブラックホールを計算するためには最高密度を設定する必要があったかもしれません。 (静かなブラックホールなら分かると言いましたが全然分かってなかったようです。それを表面だと思えばなんでも同じだと勘違いしました) 一度質問を締め切り再度質問しようかと思いますが、 なにか助言がくるかもしれないのでしばらくこのままにしておきます。

質問者からの補足

それともブラックホールを点に設定する場合は加速度も二乗に反比例させれば近似値として使って問題ないでしょうか?

  • 回答No.5

> 高さを考慮せず一様に 50m/s^2 (仮) > 特異点までを1000万Kmとしています。 太陽で、表面の重力加速度が274m/s^2。 平均すると、274よりかなり小さくなりますが、ブラックホールで平均50m/s^2 は小さすぎでしょう。 冥王星の軌道が太陽から約60億キロ、その外側に広く小惑星帯が有る事を考えると、引力が働く範囲は100億Km弱程度かな。 ブラックホールを想定した数字としては小さすぎなような。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

☆ 重力は地表が最も強いので中心近くはブラックホールではないのじゃないでしょうか? 最初にお断りしておきますが、太陽系内にはブラックホールは存在しません。ですから、あなたが落ちてみたいと思っても、ご希望には添えません。天の川銀河その他の巨大銀河の中心付近には、ブラックホールの存在が確認されています。 身近な存在で例えれば、浴槽の排水栓を抜くと急激に水が流れ落ちて、その時、渦を巻いている様子が観察出来ます。浴槽に落ち込んだ蟻からすれば、まさにホールに落ち込んだ状態。それをあなたは観察出来ます。水泳プールの排水口に吸い込まれて、命を失った人も居ます。洪水時の河川のカーブする所では、渦巻き状態で逆流も起きていて、そこに河岸が落ち込み、駐車場の車も次々呑み込まれて行きました。災害中継でご覧になった通りです。 地球は愚か、太陽の中心にもブラックホールは存在しません。宇宙規模でのブラックホールは、太陽の30倍以上の巨大質量星が核融合反応を繰り返した最後の瞬間に、超新星爆発を起こして中心部の質量が巨大になりすぎたため、その重力で周囲の星間物質を限りないまでに吸い寄せる状態を云います。そのような超高圧・超高温状態では、物質の構成要素である原子核も分解され、電子・陽子・中性子・光子・ニュートリノその他、量子と呼ばれる基礎物質が渾然と超圧縮された、プラズマ状態で存在することになります。それらの量子も、巨大重力のために脱出することは出来ません。 百数十億年も前に生まれたブラックホールは、既に活動を停止しているようです。超新星爆発で超巨星本体の構成物質と周辺の星間物質が吹き飛ばされ、さらにその周辺の星々やガスや塵も渦巻きに吸い込まれ、重力の及ぶ範囲の全てを呑み込んでしまったブラックホールは、自ずと活動を停止することに成り、後には巨大質量のみが残存することになります。その後の運命までは、目下確認されていません。 念のため申し添えます。 スターバースト(新星爆発?)は、濃密な星間物質から、新しい恒星が爆発的に誕生する状態を云います。超新星爆発とは真逆に近い現象です。 ジェット? 恐らくブラックホールの渦巻きの中心部から放射される強力な磁力線のことかと? その磁力線は極めて遠方にまで届き、星間雲を刺激して強力な電磁波を発生させているようです。そして強度の指向性を持つため、地上からは希にしか観測出来ないとか。 それ以上のことは存じ上げません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.3

> 重力は地表が最も強いので中心近くはブラックホールではないのじゃないでしょうか? 周囲からとてつもない圧力が掛かっているので、電子等が離れるだけの力に圧力が勝つのではないでしょうか。 > 外から見てる人にとっては止まってしまうと思います。 其処まで時間の流れが違う領域の重力を考えると、光が出る事の出来ない領域となり、光等が届かないので見ることの出来る外の人は居ないでしょう。 いや、ブラックホールが周りから集めた星間物質が超高速で回っているので、それにぶつかって原子に分解されるほうが先か。 周りの星間物質と同じに回りながら落ちていけば分解はされないが、光速に近い策度にまでなるから、やはり止まっている様に見えると言うのは無理となるかも。 > 古いブラックホールでも現在ではまだ爆発を受けた直後の状態として存在してるのではないでしょうか? ブラックホールは、「少しずつ質量を減らし蒸発する」、「少しずつ質量を減らし、圧力が重力に勝って爆発する」とする説もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 現在と言う意味で、すでにブラックホールになったと言うことでしょうか? 一般相対性理論にて静かなブラックホールで 高さを考慮せず一様に 50m/s^2 (仮)で空気抵抗、その他なし(と言うか分からない)で計算したところ、 (外の系で)1m動くのに10^10秒(約300年)以上かかる所までグラフを出してみました。 ただし質量による歪みの分の距離は考慮し、特異点までを1000万Kmとしています。 一応、他の人が計算してもそうなることも確かめたいのですが、間違いなのでしょうか。 (そもそもこの計算前提が適当すぎるのでしょうか?特に距離と最初の加速度がおかしいですが、私的には特異点に近づくと同じ挙動を示す点からどうでもいいとしています。あくまで私の感覚です)。 このようになることは以前にそうなることをこのサイトで確認が取れたので質問を作る前はそれで良しという前提で作っておりました。 実際にそうなるのかは分かりません。 ただ、そうだとするならば、ブラックホールが出来るのはいつ(そしてどこから)なのでしょうか? と言うのが質問の趣旨だったのですが、 それは別の人に聞くのが筋ですよね。たぶん。

  • 回答No.2
noname#198909

こういう物理に関するものは、数字や計算が大切になります。 ここでは複雑な計算式はテキストでは書きにくいので数字だけで説明します。 アインシュタインやホーキングやたくさんの物理学者は、計算によってブラックホールや中性子星や全ての宇宙での現象を予測しています。 ずっと後で観測で発見されてから、彼らの予測は正しかったと証明されます。 ですから、ブラックホールや宇宙についてを語る時には、数字で書くのが大切になります。 数字と言っても、巨大な宇宙の事ですから、細かい数字は大切ではありません。 1光年が10光年だったとしても誤差の範囲です。 1×10(^30)とか( )内の何乗とか桁数が大切です。 ブラックホールを語る前に原子はどれだけ小さくなるかについてのイメージを知っておかないといけないと思います。 もっとも小さい水素原子は陽子1と電子1で出来てますが、陽子を半径1cmのビー玉の大きさにすると、電子は半径3kmを回っているという事だそうです。 半径3km中は真空です。 水素分子はH2ですので、半径3kmの原子の隣に半径3kmの原子が「弱い力」でくっ付いているという事になります。 私たちが住んでいる宇宙には「強い力」>「電磁気力」>「弱い力「重力」>」が存在するそうです。 つまり原子は半径3kmを半径1cm、300万分の1に圧縮できるという事だそうです。 原子の構造が恒星と惑星との関係に似ている事が物理学者を魅了するんだと思います。 ですが極小の量子論と極大の宇宙物理学の両方を勉強しないといけませんので、今の物理学者は大変だと思います。 発見されている中で最小のブラックホールは 太陽の3倍の重さ:地球の100万倍の重さが 半径が8.9kmになった状態だそうで・・・・・・ 太陽の密度に換算すると120万kmの半径が14万分の1に縮んだ状態になるそうです。 それでも陽子と陽子の間には隙間がありますけど。 前置きが長すぎて、これ以上書くと読む気力が無くなると思いますので、この辺で・・・・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >前置きが長すぎて、これ以上書くと読む気力が無くなると思いますので、この辺で・・・・・・ いえ!もっと密度を濃くして頂いても構いません! ただ、質問の趣旨としてはその状態になる前の過程の話ですね

  • 回答No.1
noname#215107

大きさがその物体の質量のシュヴァルツシルト半径より小さくなった場合、ブラックホールとなります。 地球の質量のシュヴァルツシルト半径は9mmとのことですので、 地球を圧縮して直径18mm以下の大きさまで縮めないと、ブラックホールにはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

静かなブラックホールに関してはまず外側から見たmとtのグラフを出しました。 私にとってはこれだけでも長い式に感じて大変だったのですが、 落ちないというのはあってますよね? ではブラックホールじゃない状態からブラックホールになるときはどうなるのでしょうか

関連するQ&A

  • ブラックホールと特異点について

    全くの素人です。 星に関する本を読んでいて疑問に思ったことがあるのですが、教えて下さい。 太陽より数十倍もの質量を持つ恒星は、晩年期に超新星爆発を起こし、ブラックホールを形成すると、説明されています。 ブラックホールとは恒星が爆縮を起こして形成されたなんらかのコア(縮小しきれなかった星は中性子星ですよね?)からの重力の影響範囲の一部であって、光すら脱出できない部分のことですよね? では、ブラックホール程の重力を形成するに至ったコアの部分は理論的にはどれ位の大きさなんでしょうか?(観測できないからブラックホールなんでしょうし、理論で結構です) また、どんどん縮小していって今の科学理論が追いつかなくなってしまう部分からを特異点と理解しているのですが、どれくらいの大きさからなのでしょうか? 私の頭では無限大に小さくしてしまうと物体そのものが完全に消えてしまい、ブラックホールそのものもないじゃん!ってことになってしまうものですから。。。 私の理解で間違っている部分の指摘も宜しくお願いします。

  • 中心にブラックホールがない、銀河はあるのか?

    ナショナルジオグラフィックの番組で 『“ほとんど”の銀河はその中心にブラックホールを持つ』という解説がありました。 稀にでも、ブラックホールがない銀河ってありうるのでしょうか?  (超新星爆発を起こしていない巨大な引力をもつ恒星が銀河の中心にあったりするのか?) ブラックホールがない銀河の形成過程を教えてください。 ※私は宇宙のTV番組をたまに見ますが、知識ゼロです。 お手数ですが出来る限り、簡単にお願いいたします。

  • ブラックホールってなんですか?

    ブラックホールに星が飲み込まれた瞬間の動画を見ました。 天体のことは何も知らないので、小学館の図鑑などを読んで、 ブラックホールについて調べてみたのですが、よくわかりません。 そんな素人の頭で考えてみたのですが、いくつか質問させてください。 (1) ブラックホールは太陽よりも質量の大きな星が、「重力崩壊」を起こしてできるそうですが、   重力崩壊でその星が内部に向かって収縮していき、宇宙空間のある一点に、   光も抜け出せないほどの、ものすごい重力が集まった場所ができるという意味ですか?        ブラックホールは「黒い穴」という意味ですが、   「穴」はふつう平面に、ある方向を向いて開いているので、   宇宙空間に「穴」があるといわれても、あまりよくイメージできないのです。   他にも、座布団の上に重たい物を置くとまわりが沈み込むように、   宇宙空間が重力で歪められるという説明もありますが、   座布団だって平面なので、宇宙空間には通用しないと思うのですが。   そんな風に空間が歪むとしたら、宇宙では一方向にだけ歪むのではないと思いますし、      宇宙のどこか一点を囲む、ものすごい重力で歪められた無数の面の行きつく先が   ブラックホールかもしれないと思うのですがどうなのでしょうか。   私としては、ブラックホールとは「穴」というよりも、宇宙空間にある、   時間も空間も歪めてしまう物凄い重力の集中した「点」のようにしか想像できないんです。   素人の考えです。間違いを指摘していただけないでしょうか? (2) ブラックホールの想像図といえば、巨大なガスの円盤が中心に向かって渦をまき、   中心から回転軸の両方向にジェットが噴射している絵だと思いますが、この円盤についてです。      何でできているのですか? バラバラになった星のカケラやガスでしょうか?   どちらの方向にまわっているのですか? 大きさや温度はどのくらいになりますか?      この円盤はイメージ図では色つきで描かれますが、可視光で観測されるのですか?    写真などは、X線で撮影したものに色をつけたのだと思っていたのですが・・・?     また、円盤というのは多少ふくらみがあるけれど平盤なものだと思うのですが、   この円盤はブラックホールのどの面にできるのですか?    ブラッホールの回転軸とは垂直の方向でしょうか?   このように円盤を形成しながら中心に落ちてゆくなら「穴」のイメージになりますが、       この円盤は、すでに「事象の地平面」の内側になっているのでしょうか?   それとも円盤のなかのどこかに、「事象の地平面」があるのでしょうか?     (「事象の地平面」といのはどういうものか、まったくイメージできませんが・・・) (3) 星を飲み込むブラックホールの動画ですが・・・     http://www.gizmodo.jp/2011/08/nasajaxa.html?__from=mixi    恒星がブラックホールによって破壊され、吸い込まれるのは、    この映像のようにあっという間なのですか?    それとも、ある程度の時間がかかるのでしょうか?       宇宙には興味があるのですが難しくて分かりません。 ただ「いつか地球が飲み込まれる」という恐怖のイメージだけを持っているのも おかしいと思ったので、恥を忍んで質問させていただきました。 ご教示、よろしくお願いいたします。

  • ブラックホールに落ちる粒子についてと特異点について。

    ブラックホールとは光すら脱出できない星の最期の果てですよね? またアインシュタインの特殊相対性理論によると、ある粒子を光速まで加速するには無限大のエネルギーが要るとのこと。つまり実在は確認されていませんが、タキオン等最初から超光速で飛んでいる粒子を除けば、真空中の光速度を越えることはできないということですよね? だとしたら、事象の地平線を越えて落ちてゆく粒子は重力に加速されて光速度を越えたことにならないのでしょうか?私はどこを誤解しているのでしょう? また、ブラックホールの最深部の特異点とは数学的な点(つまり大きさを持たない)なのでしょうか?ということは事象の地平線を越えて落ちていく物質はすべてなくなるということ??それとも数学的な点ではなくて、例えば無限小の体積を有するということなのでしょうか?それとも数学的な点=大きさを持たないという前提が間違っているのでしょうか? いろいろ質問しました。欲張りですみません。

  • ブラックホールの質量公式

    前田恵一著「重力理論講義」によると、 ブラックホールの質量公式は M^2 = ( M_ir + Q^2/(4 M_ir^2) )^2 + J^2/(4 M_ir^2)・・・(a) また、特異点が見えないという条件から a^2+Q^2<=M^2・・・(b) ここで、 M=回転エネルギー等を含めた全質量 M_ir=いったんできたブラックホールからは取り出せない質量 J=角運動量 a=J/M 単位系はG=c=1 が成り立つそうですが、 ・(a)から、MとM_irの次元(単位)は同じ ・また(b)からMとQの次元も同じ ・したがって、質量公式第一項の括弧の中身 M_ir + Q^2/(4 M_ir^2) は、一項目と二項目で次元が異なることになります。 これはどういうことなんでしょうか? 誤植かと思ってずっと放置していたのですが、 最近の「数理科学」でも同じ式が出ていたので 誤植ではないようです。

  • ブラックホールを伴う連星系の生成過程は?

       有名な、はくちょう座のX1を初めとして、ブラックホールと推測される天体が連星系を形成しているケースが複数発見されていますが、これらの連星系はどのように形成されたのでしょうか? 現在定説とされる恒星の進化(成長)モデルでは、ブラックホールとなる大質量の恒星は、重量崩壊の前段階で、 赤色超巨星 → 超新星 という過程を通るはずで、近傍に存在する恒星は、この超新星爆発の際に「巻き添え」を食って、一緒に吹き飛ばされるか、遠方にはじき飛ばされると思うのです。  にも関わらず、潮汐力の強い影響を受けるほどの至近距離を公転する伴星が存在しているということは、これらは元来の連星系ではなく、元々別の場所で単独に存在した2つの星が偶然接近した際に互いの重力で捕捉し合って連星系を形成した、と考えないと説明が付かないと思うのですが、この推論は妥当でしょうか?  連星のペアの一つが「中性子星」の場合も同様の疑問が生じますが、同じ解釈でよいのでしょうか?  

  • ブラックホールに落ち込む過程の解釈

    思考実験として、物質がブラックホールに落ち込むことを考えてみました。 物質はブラックホールに近づいていき、事象の地平面に近づきます。 そしてついには事象の地平面に差し掛かるわけですが、この様子を外部から見たとしたら、物質はいつまで経っても事象の地平面に到達しないかもしれません。 しかし落下する物質の視点では他の天体に落下するのと同様に、何事もなく事象の地平面に近づいていくわけです。 慣性質量と重力質量が完全に一致するなら、事象の地平面に到達した時点で落下する物質と外部の観測者との間の相対速度は光速度に達すると思われます。 外部の観測者にとっては落下する物体はいつまで経っても事象の地平面に到達しないのですが、これを物質の視点から見るなら、物質が事象の地平面に到達した瞬間に、事象の地平面の外側の時間経過が無限大になることを意味するはずです。 もしブラックホールは蒸発するというのが事実であるなら、どのような質量のブラックホールも有限の時間内に蒸発してしまうはずです。 ですから物質が事象の地平面に到達する直前に、まず外側で非常に長い時間が経過し、蒸発が進むと思われます。 蒸発が進んで事象の地平面の大きさが小さくなると、物質にとっての地平面外部の時間経過の早さが緩むことによって、遠のいた地平面に近づくことが可能になり、再び地平面に向かって落下するものと思います。 そしてまた地平面の直前まで落下したところで外部では大きな時間が流れ、蒸発が進み、以下同じ過程を繰り返すことによって、最後はブラックホールとともに蒸発するのではないでしょうか? もちろん実際にはこのように断続的な過程を経るわけではなく、事象の地平面に到達するか、あるいは直前の位置で、ブラックホールが蒸発するのに合わせて連続的に特異点の方向に向かっていくものと思います。 このような解釈は正しいでしょうか?

  • 重力崩壊してみたい

    速くなると質量が増える。 という事は重力が強くなる。 という事は光速に限りなく近い速さまで加速したら宇宙船の中にある圧力が重力に負けて重力崩壊が起こる。 メチャメチャ速い宇宙船があったら僕はブラックホールになれますか? ・・・・凄くアホな事言ってるのは分かってます。 多分どんなに速くなっても重力は変わらないような気がします。 過去の質問を見てみると、速くなると重くなるってのが勘違いだって書かれてましたが、 重力質量と慣性質量の違いがまだ良く分かりません。 計測の方法は?使用する単位は?何故差が出てしまうのですか?高校の物理等で使う公式に出てくるのはどっち?

  • 超新星爆発の仕組み

    はじめに私は天文関係は好きなのですが、文系出身で知識不足であることをお断りします。 超新星爆発の仕組みについてお伺いします。 太陽の数倍もの質量を持つ恒星の場合、星の一生の最終場面で、超新星爆発が発生することは良く目にします。 恒星中心部の核融合が止まり、原子核内の反発力を超えて、自らの質量に耐え切れず突然収縮してしまうところまでは分かります。その結果として、中性子星やブラックホールが作られるのも科学雑誌等で目にすることが出来ます。 しかし、「つぶれる芯から出るエネルギーの流れは、宇宙空間に星を破壊して吹き飛ばしてしまいます。」等の記述が理解できません。 単純に収縮時に発生する衝撃が収縮の重力よりも勝っている為に爆発を起こすのでしょうか?それとも、収縮結果として生成される中性子星等で余る物質が放出されるという意味なのでしょうか? 原子核を押しつぶす程の重力が発生しているのなら、なぜそれにつられて星全体が収縮してしまわないのかが分かりません。 どなたか解説して下さるか、関連HPを紹介していただければ幸いです。 宜しくお願いします。

  • 太陽系や銀河系も回転してますが、動力源は重力でしょうか?

    太陽系は太陽の周りを周る9つの惑星から成り立っていますが、どの惑星も自転?しながら公転してますよね?それって中心に巨大な太陽があるからなのでしょうか?銀河系自体も渦をまきながら回転していますが、それって銀河の中心部にとてつもない重力をもった星?(ブラックホール?)などがあるために渦を巻いて回転している(できる?)のでしょうか?塵やガス、小さな岩石等が一番最初に公転(回転)し始めたきっかけは何なのでしょうか?教えて下さい。