• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ブラックホールに落ちる粒子についてと特異点について。

ブラックホールとは光すら脱出できない星の最期の果てですよね? またアインシュタインの特殊相対性理論によると、ある粒子を光速まで加速するには無限大のエネルギーが要るとのこと。つまり実在は確認されていませんが、タキオン等最初から超光速で飛んでいる粒子を除けば、真空中の光速度を越えることはできないということですよね? だとしたら、事象の地平線を越えて落ちてゆく粒子は重力に加速されて光速度を越えたことにならないのでしょうか?私はどこを誤解しているのでしょう? また、ブラックホールの最深部の特異点とは数学的な点(つまり大きさを持たない)なのでしょうか?ということは事象の地平線を越えて落ちていく物質はすべてなくなるということ??それとも数学的な点ではなくて、例えば無限小の体積を有するということなのでしょうか?それとも数学的な点=大きさを持たないという前提が間違っているのでしょうか? いろいろ質問しました。欲張りですみません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数460
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

ブラックホールに落ちる粒子は光速をこえるか?  落ちる粒子は有限のエネルギーをもっていて、光速をこえることはありません。 ブラックホールからでてくる粒子があるとすれば、それは光速をこえてなければならないということになりますが、そこを誤解されてるんだとおもいます。 特異点は数学的な点か?  数学的には曲線に対応しています。特異点の分類に関する研究はありますが、通常は何か変な点くらいの意味しかありません。3次元的な特異点は比較的定式化は簡単です。それ以下の次元をもつ特異点の一般的な取り扱いは難しいです。ただし、 特異点のまわりを小さい球面でくりぬいてやって、その球面上の幾何学量でものごとを考えるという手法はよくしられています。例えば、特異点の運動方程式なんかも導くことができます。 ブラックホールの中で鉛直上方に光を発すれば、地平線のところにとどまるか?  ブラックホールの内側で光を発したとしても、地平線に近づくことすらできません。 宇宙の膨張速度が光速をこえるか?  アインシュタイン理論が述べていることは、情報の伝達速度が光速を超えないと 思えばよくて、宇宙の膨張速度が光速を超えてるとかとおっしゃる意味はわかりますが、なにもアインシュタイン理論と矛盾したことはありません。 これは、例えば12:00ちょうどに離れた点で旗をあげる約束をあらかじめかわしておけば、無限の速度で旗の情報が伝わったように見える話と同じことです。 ブラックホールがなぜ太るか?  一般に、ブラックホールの定義より、ブラックホールは未来に端点のないヌル測地線(光線)で生成されていることがわかります。ヌル測地線の束は、エネルギー条件と呼ばれる, 局所的なエネルギーの正値性が満たされれば収縮することが知られています。一度収縮し始めると、それは有限時間で焦点をもち、未来に端点がないことと矛盾してしまいます。従って,背理法によりそれは膨張しつづけてなければなりません。これが、ブラックホールの面積則と呼ばれてるものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しいご回答をどうもありがとうございます。 補足のほうもお読みください。

質問者からの補足

>ブラックホールからでてくる粒子があるとすれば、それは光速をこえてなければならないということになりますが、そこを誤解されてるんだとおもいます。 なるほど。私は光速度Cとブラックホールの重力の関係が基本的に分かっていなかったみたいです。もう一度ブラックホールの本を読み直します。ブラックホールの事象の地平線以下では光速度以上の加速度がありえると思っていましたから。その結果として、光が逃げられないのではと思っていました。話を伺うと、譬えブラックホールの気象の地平線の内側でも、加速度は光速度を越えないようですから。重ね重ね誤解しているのであれば、その旨をご教授ください。 >3次元的な特異点は比較的定式化は簡単です。それ以下の次元をもつ特異点の一般的な取り扱いは難しいです。 なんと!数学的には曲面に対応しているとは。2次元代数多様体でも適用するのでしょうか。ますます興味が湧いてきました。 >なにもアインシュタイン理論と矛盾したことはありません。 全く仰るとおりだと思います。以前OKWebのQ&Aを検索した際に、「電飾の速度が光速以上になる」ということを納得しました。 >これが、ブラックホールの面積則 本当に詳しい回答ありがとうございます。ライトコーンと一緒に考えたりするのも面白そうですね。回答を頂き、いかに自分が浅学かがわかったような気がします。もっと勉強します。

関連するQ&A

  • ビッグバンとブラックホール

    ずっと疑問に思っていたことです。 ビッグバンとは、無限小の大きさの空間に宇宙の全質量が詰まっている「特異点」が爆発し(=大きさがどんどん広がり)、今の宇宙ができたと理解しています。 一方、「特異点」があるブラックホールとは、密度が大き過ぎて、強い重力のため光すら脱出できない小さな天体(領域)と理解しています。 ということは、ビッグバン自体が「密度が大き過ぎて、強い重力のため光すら脱出できない小さな天体(領域)」なので、爆発的に広がれないと思うのですが。 何で、ビッグバンの特異点は爆発的に広がることができて、ブラックホールの特異点は広がれないのでしょうか?

  • ブラックホールに落ちた人はどういう気がするのですか

    ブラックホールに近づいて、事象の地平線(光でも出られなくなる境界)を超えた人はどういう気がするのでしょうか。どんな感想を抱くのでしょうか。何を感じるのでしょうか。

  • ブラックホールから光が出てこれない?

    今本を読んでいて気になり、インターネットで調べてみたのですが、これと言って的を得た答えがなかったので質問いたします。 ブラックホールが見えない理由は、ブラックホールに接触した光がブラックホールの重力によって外に出てこれないから。 で大まかに合っていると思うのですが、相対性理論によれば(相対性理論について多くのことは知りません)光の速度は一定のはずなので、どんなに強い力が働いていても秒速30万kmでブラックホールから脱出できる気がします。光は重力が作用するときだけ秒速30万kmじゃなくてもいいのでしょうか。 あ、でも水中を伝わる光の速度は0.75倍ですよね。これと同じように媒体が作用することによって、秒速30万kmじゃなくなるのでしょうか? それと、宇宙は加速しながら膨張していて、地球からはるか遠い銀河たちが光速を越える(実際には超えない?)のを、宇宙の境界線とか、人間が知ることの出来る限界とか言いますよね? もちろん光が得られなければ認識できないのでそう呼ぶのは分かります。 しかし亜光速で逃げて行く銀河たちから出た光もまた、絶対的に秒速30kmでないといけないと思うのですが、それらの光が地球に届かないのはなぜなのでしょうか。 しかもこちらの場合はブラックホールと違い、それほど大きな重力が働いているとは思えません。 よろしくお願いします。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9

kyoto2001さん<  有り難うございます。"General Relativity"も入手したいと思います。だって、持ってるだけでもかっこいいや。(kyoto2001さんホントに一般人なんでしょうか?) Magoichiさん< ホントお邪魔しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いえいえ!! 全然気にしていません。 というか、新たな視界が広がって楽しいです。こちらも勉強になります。 まだもう少し回答を締め切らないでおこうと思いますので、どんどん利用して下さい!

質問者からの補足

そろそろ回答してくださる方もいなくなってきましたので、ここで回答を締め切ります。 回答を下さった、 tatuyamaさん、 stomachmanさん kyoto2001さん どうもありがとうございました。 完全に疑問が解決したわけではございませんが、違う本を読んで勉強してから、また分からないことがあれば質問したいと思います。 さて、本当は皆さんにポイントを差し上げたいのですが、そういうわけにもいかないので、 誤解部分を直接指摘して下さったkyoto2001さん、私の疑問にも回答していただき、また新しい話題を提供して下さったstomachmanさんに差し上げたいと思います。 本当にありがとうございました。

  • 回答No.8

stomachmanさん: ブラックホールのことをきちんと勉強されるんだったら、 R.M. Wald "General Relativity" (Chicago Univ. Press) がいいんでしょうけど、これはかなり専門的な本で邦訳もありません。 これは、特異点定理、ブラックホールの古典的な定理の 証明やブラックホール熱力学等の話題が載せられています。 日本語の専門的な教科書だと、佐藤文隆&小玉英雄「一般相対性理論」岩波書店 は普通の教科書より少しすすんだ話題があります。 あと、K.S.Thorne゛ブラックホールと時空の歪み”は一般向けですけど、かなり内容は専門的でおもしろいんじゃないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

便乗ですが、ブラックホールの熱力学!! そういえば、確かブラックホールのエントロピーについても面白い逸話があったような気がしています。 興味深い話をありがとうございます。

  • 回答No.7

kyoto2001さん< 便乗質問してるstomachmanです。有り難うございます。 大変よく分かりました。重力波も実粒子としての重力子が落ちてくると考えて良いんだろうな、と思います。(ブラックホールがあむ、と喰い付きにくるイメージは結構怖いです。) もし、ブラックホールの物理を勉強するのに適当な教科書(日本語だといいな)があったらご推薦願えないでしょうか。一般向け図書は比喩に終わっていたり、説明が一面的だったりで、どうも正確なところが分かりません。かといって、普通の一般相対性理論の教科書では記載が少なくて.... Magoichiさんお邪魔してごめんなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

stomachmanさんへの回答 面積則については、Hawkingによる大域的微分幾何学に基づく証明を かみくだいて説明したつもりですが、物理的にはstomachmanさんの おっしゃるとおりです。ただ、注意しなければならないのは、ものが おちるというより、エネルギーが注入されればブラックホールはいつでも 太ります。たとえば、純粋に重力波がまわりにあれば太るわけです。 もっと正確にいえば、定常的でないブラックホール(真空解に限ればSchwarzschildまたはKerr解)以外のブラックホールは常に太りつづけなければ なりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

ブラックホールの太り方。 Kyoto2001さんのご説明から類推すれば、多分:  ものが落ちてくると、ブラックホールの方が大きくなってものを飲み込む。  ものが落ちてこないと、ブラックホールの大きさはそのまま。 そういうことかな、と思います。違うかな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

事象の地平線の内側での経験に関しては、場所とか時間の概念がもう、分かんなくなってしまいます。しかし、内側から出した光が事象の地平線にへばりつく、ということはなくて、その軌道はブラックホールの中心へ曲がっている筈です。(たぶん。)  「数学的点」に関しては、これはブラックホールとは全く無関係の話として申し上げます。数学的空間の定義の仕方、構成の仕方によって、点の近傍の性質は色々ですけれども、しかし点自身は点。それだけです。どんな空間であっても、点に大きさはありません。  回答に自信アリは後半部分だけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

続けてのご回答ありがとうございます。 補足のほうもお読みください。

質問者からの補足

>その軌道はブラックホールの中心へ曲がっている筈です。 (たぶん。) なるほど。そうですね。特異点に向かって落ちていくのならそうなりますね。早とちりで自分で自分に盛り上がってしまいました。お恥ずかしい限りです。 >点自身は点。それだけです。どんな空間であっても、点に大きさはありません。 やはり数学で言うところの点とは、大きさを持たないのですか。するとやはり全ての物質はなくなってしまうのかな?と考えざるを得ませんでしょうか? と言うよりは、解明されてないからわからないというのが妥当だとは思いますが。 例えば、話は変わりますが、「レーザー光線の光源は点光源にできる」というのは、実際には点に相当する大きさにできると言うことですよね?この、点に相当すると言う有限の大きさを持ったニュアンス(?)で特異点も解釈してよいのかと言うのが、疑問だったのです。 「点に相当する」と言うことと、「数学で言うところの点」との間には乖離があると思いますから。 それと、ブラックホールがなぜ太るのかと言うのは、誠にもっともそのとおりだと思います。確かに、事象の地平線の手前で無限の時間を過ごしてしまうのに、なぜ太るのかは疑問です。ブラックホールの質量が決まるのは、星の重力が光速度に打ち勝った瞬間のみとしか考えるのが妥当ですよね。事象の地平線に幽閉されている光のことを考えても。とりあえず、ブラックホールについてかかれている本をもっと読んでみます。どうもありがとうございました。

  • 回答No.2

ご質問の前半に関しては、 「光速を越えるどころか、遠くにいる静止した観測者から見れば落下速度はゼロになる。」が答です。  一般相対性理論の教えるところによれば、重力が大きい場所では時間の進行が遅くなります。この効果は様々な実験で確認されている。そして、事象の地平線(event horizon)とは、外部から見て時間の進行が止まってしまう位置でもあります。  一方、ブラックホールに落ちていく物に固有の座標系では、有限時間で事象の地平線に到達し、その瞬間に特別なことは起こらないようです。  事象の地平線から下がどうなっているか、は観測できない(だからblack hole)訳ですが、数学的には「時間と空間が役割を入れ替える」という世界に繋がっている。もはや経験からの類推で考える訳には行かない時空です。従って精密に数式を追いながら「大きさって何」という所から問い直さねばなりません。特異点そのものは何とも.... 実は以下のような質問をupしようかどうしようか迷っていた所なんです。 ●ブラックホールはどうやって太る?  俗に「ブラックホールは何でも吸い込む」と言います。しかし遠くの観測者から見ると、ブラックホールの事象の地平線に近づいた物はそこで静止してしまう。時間の進行がないからです。つまりブラックホールは(外部の観測者の固有時間で見て)有限時間以内には何も吸い込むことができない。事象の地平線の上に物質が積み重なっていくものの、それ以上落ちることは出来ず、従って、ブラックホール自体は出来た瞬間からそれ以上重くなれないのでしょうか?だとすれば、そもそも一体いつブラックホールになったんでしょう?その「本体」の質量はどうやって決まるでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもご回答ありがとうございます。 補足のほうもお読みください。

質問者からの補足

>「光速を越えるどころか、遠くにいる静止した観測者から見れば落下速度はゼロになる。」 ということは、こちらの(事象の地平線やエルゴ球に影響されることない)世界では、ブラックホールに落ちてゆくものなど何もないということでしょうか? 例えば、以下のような思考実験ではどうなるでしょう? 「ある宇宙飛行士が事象の地平線を越えてブラックホールに突入した。この宇宙飛行士は甚大な潮汐力や重力波に打ち勝つことができる。さてブラックホール内部で彼(彼女)はとどまり、外に向かって光を発した。するとどういうわけか、彼が今無事に通ってきたはずの事象の地平線の手前で光は止まってしまう。」 これは正しいでしょうか(内側の世界が時間と空間が逆になっているとのことですが)? つまり、事象の地平線を境にしてこちら側とそちら側では互いに影響を与えることができない。なるほど。だから「事象の」地平線なんだ! あと、「数学的な点」の解釈の仕方についてもご教示いただければ幸いです。

  • 回答No.1

 はじめまして   相対性理論では質量がある限り光速で運動することは出来ないとだったのではないでしょうか  逆をいえば質量があっても光速に限りなく近いエネルギーはだせると・・?  E=mc2    エネルギーは質量×光の速度ですよね  物質自体は大変なエナルギーを持っている  ブラックホールはたくさんの物質が超新星の爆発によって圧縮された重量がものすげ~~!!! っと、わかりきってますよね~ 光より早いものは在ります  宇宙です  宇宙は光より早い速度で広がっています(だから黒い) って、わかりきってまっすよね~  光さえ脱出できないブラックホールからある物質が加速度を得て飛んでくることはただの推測・・  って、知ってますよね~ 宇宙は遠い未来(我々の宇宙)はめちゃめちゃ小さくなる!  m(__)mスマン!!  愚答でしたね・・・ ですが、本当の答え知りたいです ホーキンスはどう言ってるんですか? (自分に)便乗、補足質問か~~~~い!!!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもご回答ありがとうございます。 補足のほうもお読みください。

質問者からの補足

私の特殊相対性理論の理解は、「いかなる物質も加速することによって真空中の高速度を越えるためには無限大のエネルギーを要する」です。 そしてブラックホールの理解は、「いかなる物質も、たとえ光でも、逃れられないほど強力な重力を持つ天体」です。 そして疑問は、「加速して真空中の光を追い越すことはできないのに、ブラックホールでは例えば鉛直上向きに発した光も下に戻ってくる(つまり逃げられない)とは矛盾しているのではないか?」ということです。 >物質自体は大変なエナルギーを持っている ということと、光さえ逃れられないことはどのように結びついているのでしょうか? >宇宙は遠い未来(我々の宇宙)はめちゃめちゃ小さくなる! これはフリードマンモデルのうち、物質量が多い場合のビッククランチに至る過程のことをおっしゃっていると理解しますが、未だ観測事実はそのことを裏付けていない(と言うよりダークマターの関係等でわからない)と思っていましたが??

関連するQ&A

  • ブラックホールと特異点について

    全くの素人です。 星に関する本を読んでいて疑問に思ったことがあるのですが、教えて下さい。 太陽より数十倍もの質量を持つ恒星は、晩年期に超新星爆発を起こし、ブラックホールを形成すると、説明されています。 ブラックホールとは恒星が爆縮を起こして形成されたなんらかのコア(縮小しきれなかった星は中性子星ですよね?)からの重力の影響範囲の一部であって、光すら脱出できない部分のことですよね? では、ブラックホール程の重力を形成するに至ったコアの部分は理論的にはどれ位の大きさなんでしょうか?(観測できないからブラックホールなんでしょうし、理論で結構です) また、どんどん縮小していって今の科学理論が追いつかなくなってしまう部分からを特異点と理解しているのですが、どれくらいの大きさからなのでしょうか? 私の頭では無限大に小さくしてしまうと物体そのものが完全に消えてしまい、ブラックホールそのものもないじゃん!ってことになってしまうものですから。。。 私の理解で間違っている部分の指摘も宜しくお願いします。

  • 光速

    特殊相対性理論の質量の増大から光速を超えるのは無理だといいます。でもなぜ光速に近づけば近づくほど質量が増大するかわかりません。 また、前方に光を照らしそれを光速を超えた宇宙船(それがあるとして)で追いかけたとき、光速より速いわけだから前方の光を追い抜くはずです。しかし光速度不変の原理より宇宙船から見た光は常に等速・・・追い抜けないことになります。 本当に光速を超えるのは無理なのでしょうか?

  • なぜ電子は光速で動く?

    中学の時に、理科で電子は光速で動くと教わったんですが、光速以下の速度で動かないんですか? 光も同じなのでしょうが、光も電子も、素粒子が動くときは光速度で固定なんですか? でも、原子は光速で動きませんよね? 電子って質量持ってますよね、光速で動くときには、加速するときに無限のエネルギーが要るんじゃないですか?そのエネルギー源はなに? 電子って生まれたときから永遠に光速で動きっぱなしなんかな?停止することはない?それなら加速エネルギーはいらないのかな?

  • 相対論のパラドックスを2つ考えました

    相対論のパラドックスを2つ考えました。karat_321さん 相対論のパラドックスを2つ考えました。 ・時空図と光時計のパラドックス 縦軸が時間、横軸が空間のグラフがあります。 このグラフ上では光速は45度の直線になります。 グラフを見れば、光速でも時間は過去から未来へ流れています。 この線の傾きが水平になると、速度は無限大で時間経過は0になります。 宇宙船の後方から光を発射して、前方の鏡で反射して戻ってきて1秒の光時計があります。 宇宙船が光速に近づくと鏡は光から少し遠ざかるので、1秒以上長くなります。 もし、宇宙船が光速で動くと光は永遠に鏡に到達できないので、光時計の時間経過は0になる。 しかし、時空図の光速は時間経過は0にはなっていない。 いったい、どちらが正しいのか? ・タキオンと加速器の存在パラドックス 長さ100光年の加速器があるとする。 タキオンはこの加速器の内部で自由に操作することができるとする。 加速器は2100年に存在しているとする。 タキオンは100光年の距離を移動し、2000年へタイムトラベルしたとする。 その場合、加速器の存在はどうなるのか? 加速器も一緒に2000年へタイムトラベルするのだろうか? しかし、動いたのはタキオンの方である。 結局、タキオンはタイムトラベルできるのだろうか? よろしくお願いします。

  • ブラックホールに落ち込む過程の解釈

    思考実験として、物質がブラックホールに落ち込むことを考えてみました。 物質はブラックホールに近づいていき、事象の地平面に近づきます。 そしてついには事象の地平面に差し掛かるわけですが、この様子を外部から見たとしたら、物質はいつまで経っても事象の地平面に到達しないかもしれません。 しかし落下する物質の視点では他の天体に落下するのと同様に、何事もなく事象の地平面に近づいていくわけです。 慣性質量と重力質量が完全に一致するなら、事象の地平面に到達した時点で落下する物質と外部の観測者との間の相対速度は光速度に達すると思われます。 外部の観測者にとっては落下する物体はいつまで経っても事象の地平面に到達しないのですが、これを物質の視点から見るなら、物質が事象の地平面に到達した瞬間に、事象の地平面の外側の時間経過が無限大になることを意味するはずです。 もしブラックホールは蒸発するというのが事実であるなら、どのような質量のブラックホールも有限の時間内に蒸発してしまうはずです。 ですから物質が事象の地平面に到達する直前に、まず外側で非常に長い時間が経過し、蒸発が進むと思われます。 蒸発が進んで事象の地平面の大きさが小さくなると、物質にとっての地平面外部の時間経過の早さが緩むことによって、遠のいた地平面に近づくことが可能になり、再び地平面に向かって落下するものと思います。 そしてまた地平面の直前まで落下したところで外部では大きな時間が流れ、蒸発が進み、以下同じ過程を繰り返すことによって、最後はブラックホールとともに蒸発するのではないでしょうか? もちろん実際にはこのように断続的な過程を経るわけではなく、事象の地平面に到達するか、あるいは直前の位置で、ブラックホールが蒸発するのに合わせて連続的に特異点の方向に向かっていくものと思います。 このような解釈は正しいでしょうか?

  • 特殊相対性理論についてあまり知らないのですけど

    「特殊相対性理論で質量のある物体の速度は光の速度に近づくと物体の時間の進み方は遅くなり、光速に達すると時間は止まる。光速で動く物体が時間が止まった状態だとすると、それより速いニュートリノは時間をさかのぼれる」って、つまりはただ単に「ニュートリノの速度に達すると時間は止まる」っていう定義に変わる(ずれる)だけじゃないのですか?

  • マイクロブラックホールの蒸発について

    先日ホーキングによって提唱されたブラックホールの蒸発について書かれた本を読んでいて、疑問が生じました。 その本には、「マイクロブラックホールは最後にガンマ線バーストを起こして消滅する」と書かれていました。 しかし、ブラックホールの蒸発が進んで直径がプランク長レベルになった時、その事象の地平線上で粒子・反粒子の対形成が起こりうるのでしょうか? 感覚的には、針の穴から物質と反物質でできた象が出現するのと同じように思えて、いまひとつ実感がわかないのです。 この分野に詳しい方、回答よろしくお願いいたします。

  • 相対論的効果と宇宙線の加速機構

    なぜ光速を超えられないか、そして宇宙線の加速機構について私見を述べますのでご意見ご感想をお寄せください。 素電子、光の発生については過去の質問 https://okwave.jp/qa/q9560257.html https://okwave.jp/qa/q9565848.html https://okwave.jp/qa/q9567951.html を参照してください。 素電子プラズマは、光速より遅い荷電粒子を加速し、光速より速い荷電粒子を減速する性質を持つ。 宇宙線は、宇宙空間を満たす素電子プラズマによって、荷電粒子が加速されたものである。 素電子プラズマによる加速度を超えて加速すると抵抗が生じ、この抵抗が、質量の増大として観測される。 電子が光を発生するには、静止または減速して、ある程度以上の素電子を集める必要があり、運動中は光を発しない。電磁場が、光を生成する前に崩壊するからである。

  • 光速度と運動速度について

    光速度と運動速度について     よく誤解されることがあるので予め...     私は反相対論者などではありません。 何とか理解しようと努力しているのですが     考えれば考えるほど疑問が出てきてしまいます。 それを質問させていただきたいの     です。   (1)アインシュタインの特殊相対性理論では、いかなる観測者からも光速は不変という    ことのようですが、「MM実験の結果を受け入れれば」という仮定であって、なぜそうな    るのか?については言及していないそうです。    考えては見ましたが、全く不可解で、波の伝播のようでもあるし、動いている系では    ベクトル合成しているようにも見える。 しかしどの系からも光速Cで観測される。    この理由(なぜそうなるのか)?について、研究又は言及されている方はいらっしゃい    ますか?   (2) 光は電磁波と同じもので波長が異なるだけだと言います。     従って真空の場合はその誘電率と透磁率から計算すると光速Cの値がポンと出て     きてしまいます。(私も計算してみました)      (ただ何故そのような値をとるのか?は全く理解できませんでした。)        誘電率は電場になりやすさ、透磁率は磁場になりやすさですから真空にはこれらの     逆数に相当する抵抗があって、それが光速を固定してしまうことは理解できます。     しかしこれは光を波とした場合の「伝播速度」で隣接への影響が1秒間でどこまで     伝わるか? ということだと思います。     一方「運動速度」というのは、単位時間内にどれくらいの距離を移動したか?です。     この二つの速度を直接比べるというのは変ではないか?と疑問を抱いたのですがい     かがなものでしょうか?     確かに単位は同じですが、事象の本質が全く違うような気がするのですが...     「如何なるものも光速を超えられない」というのは光に質量が無く他のものに質量が     あれば最も動かしやすいのは光しか無いので頷けます。     ただこれは光を粒として見て、質量のあるものと競争させることが出来た場合で、波     の伝播速度と運動速度を直接比較するというのは違和感があります。   

  • 物質中の光の速さ

    光(電磁波)の速度は、c=299792458[m/sec.]でmが定義されていると思います。 Q1.物質中では光の速さは変わるものでしょうか?その他、電磁場中とか、光の速さが変わる事象は在り得るのでしょうか? Q2.光の速さは、何の速さとして定義されているのでしょうか?Maxwell方程式から導かれる波動方程式から、誘電率×透磁率の1/2乗でしょうか? Q3.質量ゼロの粒子の速度が光速度c未満になることは在り得るでしょうか? よろしくお願いします。